2008年8月の日記



 8月31日(日)

ハードスケジュールだった8月もようやく終わろうとしています。この夏はデヴュー以来一番忙しい8月でしたが、皆さんの応援のお陰で無事に乗り越える事が出来ました。でも頑張った分だけ得たものも沢山あります。ここ数日だけでも色々なタイプの演奏会に挑戦、曲作りやレコーディングも楽しかったです。ニューアルバムは11月発売が決定!楽しみに待っててください。今日はグループロブの演奏会のリハーサルに出かけた以外は、自宅で自分の練習2時間と郵便物の整理などなど、溜まりまくっている仕事をしました。9月も引き続き忙しい毎日ですが、更に頑張りますね。そうそう書き忘れましたがクラブ80ジル通信は8/29に発送済みです。今号はマル秘ニュースや情報も多く掲載されているのでどうぞお楽しみ下さい!



 8月30日(土)

2008ルネこだいら「芸術家と子どもたちとの出会いフェスティバル」に参加。ルネこだいら大ホールで「COCORO*CO&小原孝スペシャル〜ゴスペル&ピアノコンサート」に出演した。会場に着いたらホールの色々な場所で様々なイヴェントが行われていた。別ホールに出演していた打楽器のクリス&祥子夫妻にもお逢いできた。コンサートは久しぶりにねこふんじゃったコーナーで地元の子供と即興連弾。また今日のために結成したコロコロ隊のコーラスも加わりジョイントコーナーもとても盛り上がった。COCORO*COがカヴァーしてくれた「願い〜大切な日に〜」やオーハッピーデイなど僕も楽しく歌いました!今日も物凄い豪雨だったので残念ながら打ち上げに参加できず帰ってきたが、途中道路が湖になっていました・・。



 8月29日(金)

目白シンラート2008椿山音楽祭に出演。椿山荘オリオンの間で神野美伽さん・アントニオ古賀さんとラテンナイトと題したディナーコンサートに参加する。ラテンナイトといっても、「冬ソナ+北の宿から」「荒木とよひさ作詞・小原孝作曲の新曲〜私のバラード」「トルコ行進曲ジャズスキャット版」から「キエンセラ」などなどヴァラエティーに富んだプログラムを、ヴァイオリンの真部裕君も交えてセッションを楽しむ。客席もうつみみどりさんをはじめ華やかなメンバーで溢れていた。終演後のレセプションでもピアニストの橋本一子さんやソプラノ雨貝麻世さんもと久しぶりにお逢いしたし、途中に先日レコーディングしたニューアルバムの打ち合わせもする。様々な出逢いのあった一日だった。



 8月28日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流・続ピアノよ歌え音楽講座Part31 今週のクラシックな一曲〜大雷雨(ブルクミュラー)/荒れ果てた舞踏室(ギロック)/呼吸(小原孝)

朝、米子から戻る。今回はずっと天気が悪かったけど無事に予定通りスケジュールをこなせて良かった。帰ってから、自分の練習や資料整理などをしてゆっくりする暇もなく、夕方からCOCORO*COとのリハーサルに行く。ジョイントコーナーでは、「願い〜大切な日に〜」の大合唱や僕もゴスペルを歌ったりと地元の皆さんも交えて楽しいコンサートになりそうだ。リハ終わりに、メンバーと食事しながら今後のコンサートのアイディアを練る(なかなか斬新なアイディアも出たよ)。夜は1400メートル泳ぐ。



 8月27日(水)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る平和へのメッセージ特集L〜(ミスターチルドレン作品集)クロスロード/ギフト/トゥモロウ・ネヴァー・ノウズ

米子市文化ホールで昨日に引き続き小原孝「ピアノよ歌えハートフルコンサート」二日続けて聞いてくださる方もいたので曲目やアレンジも少し変更して演奏しました。 僕の見つけた鳥取のお勧め品です。@「梨ふわどら」(果肉入り)→鳥取の梨を使った「倉吉舎」オリジナルお菓子で、食感の味もソフトでとても美味しいです。楽屋でずっと食べていました。A山陰名物「吾左衛門寿し」→芸能人仲間にも大人気の一品です。ほかにもらっきょうや土蔵そばなどなど、美味しいものが一杯のツアーでした。また行けたら嬉しいな〜。



 8月26日(火)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る平和へのメッセージ特集K〜ひまわり/花はどこへ行った/歌い継がれていく歌のように(山口百恵)

倉吉未来中心ホールで小原孝「ピアノよ歌えハートフルコンサート」。人口5万人位の都市なのにビックリする程P大きくて立派なホールがあって驚いた。響きもピアノも良くて、とても気持ち良く演奏できた。本日は地元の方だけでなく東京や大阪からも聴きに来て下さって嬉しかった。そうそう、行きの飛行機がTOKIOのメンバーといっしょだったので空港が女の子で一杯だったよ。



 8月25日(月)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集J〜17才/見上げてごらん夜の星を/イマジン

明日から出かけるので今日はNHKの臨時収録日。なぜかいつもより渋滞が激しくて、同じ時間に出発したにもかかわらず遅くなってしまったが収録は順調だった。オリンピックも終わりスタジオはやけにひっそりしていました。帰ってから、クラブ80ジル通信9月号の原稿を仕上げる。今号はニューアルバムマル秘情報やクラブ80マル秘優先チケット情報など盛り沢山です。どうぞお楽しみに!



 8月24日(日)

夏はどこに行ったの?と思うくらいの涼しさ。午前中にお墓参りに行って来る(お盆の時期にレコーディングで行けなかったから)。この時期でも結構人が大勢いました。昼間のマスターズ練習で2000メートル泳いだ後、自宅でレッスン。夜は来週のコンサートのリハーサル、来週は色々違う種類のコンサートがあるので資料をチェックしながら練習する。



 8月23日(土)

大分県日田市に新しく出来たパトリアホールで今年のピアノランドフェスティバルツアーの最終日。以前来た時は古い会館しかなかったが、立派なホールに変わっていて驚いた。以前ホールだった所は更地になっていて時の流れをしみじみ感じました。終演後は車で福岡に移動。道路が空いていたので予定よりも早い飛行機で戻れてラッキー。夏のツアーが無事終了です。



 8月22日(金)

朝の飛行機で熊本へ移動。益城町文化会館でピアノランドフェスティバル2008に出演。熊本のコンサートでお世話になった八戸澄江先生に久しぶりお逢いできた。しばらく入院なさっていたので心配していましたがとても元気になられていた。とても89歳とは思えないバイタリティーで素晴らしいお仕事をされている姿は本当に感動する。朝早かったので少し疲れていたが、お逢いしただけでその疲れが吹っ飛んだ。終演後は大分の日田に移動。途中物凄い豪雨にあったが無事に到着。日田でピアノランドフェスティバルの前打ち上げ、おいしい料理&お酒と温泉でくつろぎました。400メートルリレーの決勝をテレビで偶然見て感動!あきらめずに何事にもひたむきに挑戦することの大切さを学んだ。



 8月21日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流・続ピアノよ歌え音楽講座Part30 今週のクラシックな2曲〜リオのカーニバル(ギロック)/ブラジレイラ(ミヨー)/人魚の歌/とんぼ/はちどり(ギロック)/いつまでも(小原孝)

午前中レッスンした後、午後は神野美伽さん、アントニオ古賀さんとご一緒する目白シンラート音楽祭のリハーサル。演歌からクラシック、書き下ろしのオリジナル曲もありとバラエティーに富んだプログラムに挑戦、色々頑張ってアレンジしてみたが、実際に音にしてみたとても楽しいショーになりそうで何だかわくわくしてきた。帰ってから自分の練習2時間、夜は1400メートル泳ぐ。



 8月20日(水)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集I〜チャコの海岸物語/スカボロー・フェア詠唱/瑠璃色の地球(松田聖子)

午前中連載楽譜の原稿を仕上げて、グループロブ演奏会のリハーサルに出かける。まだプログラムが決まらない部分もあり、相変わらずごった返している感じだがとにかく楽しい演奏会になりそうだ。帰ってから野崎由美さんのソプラノリサイタルのリハーサル。今日は全曲通してやったが、こちらもかなりの体力が必要かも。木下牧子さんの新作は大分仕上がり面白くなってきた。その後、雑誌のアンケートや短いエッセイなどを書き、夜は1300メートル泳いだ後アレンジに取り掛かる。よく仕事した一日でした。



 8月19日(火)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集H〜スコール/糸/NOBODY IS RIGHT/ヘッドライト・テールライト

NHKの収録日。放送センターはオリンピックモードでみんな忙しそうだ。今日はスタジオ内で、なぜかパキっという雑音が度々入っていまい収録が中断。みんなで原因を探したが分からなかった。一体何だったのだろう?お盆だったからスタジオに見えない誰かが遊びに来ていたのかも・・という結論で一件落着(笑)。夜は1400メートル泳ぐ。



 8月18日(月)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集G〜海に恋してる/風に立つライオン(沢知恵)/祈り/アメージング・グレイス

午前中レッスンした後、午後からは日比谷の松尾スタジオでグループレッスンをする。国立音楽大学の夏期講座がスタートした時のメンバーが集まって毎年研究会を開催している。確かに講座は役に立つとは思うが、数日間で全てが解決するわけはないので、こうして毎年続けていくと積み重ねの大切さが良く分かる。今日もジャズ講座の話が出る。ジャズは先生によって全く教え方が違うから迷ってしまうらしいが、ある意味それは当然かも。メソードが確立しているわけでもないし、一人一人違うところが面白いのだから。色々ある中から自分にあった学び方を見つけるのが大切なのでは。



 8月17日(日)

レコーディング最終日。ピアノの状態がとても良かったため初日に録った曲も取り直しをして、無事に終了。極限まで頑張ったのでパワーを使い果たし、まったりして日記を書いてます。今回は久しぶりに「ピアノよ歌え!」シリーズがスタートした当初のスタッフが集まり、懐かしさと充実感で一杯のレコーディング。「ピアノよ歌え」を更に発展させた新しいCDを年内にはお届けできそうです。とても素敵なアルバムになりそうなので、どうぞ楽しみに待っていてくださいね!



 8月16日(土)

レコーディング2日目。ピアノの状態も上がってきて順調に進行しています。女子レスリング伊調千春選手、アテネの時は厳しい表情だった彼女が北京では表彰式で微笑んでいた。同じ銀メダルでも意味や重みが全く違うんだ。結果だけでなく中身や過程が重要なのはどの世界も一緒だね。



 8月15日(金)

「弾き語りフォーユー」
(午前5時) 小原孝流続ピアノよ歌え音楽講座Part29 今週のクラシックな一曲〜田舎の夕暮れ(佐藤敏直)/音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集F〜片足の鳥居(佐藤敏直)/ウェストミンスター寺院の鐘の音(鵜崎庚一)/願い〜大切な日に(小原孝・詞/樹原涼子・曲/COCORO*CO・歌)

レコーディング初日、今日はピアノの調整を確認しつつ順調にスタートしました。オリンピックではずっと応援していたスイマーピアニスト、背泳ぎの入江陵介選手が5位入賞。最初に彼を知った時は中学生だったが、この5年間で見事に成長してオリンピック出場の目標を達成(あの頃は次のオリンピックを目指していたけど、それよりも早く達成!)、今回の貴重な体験や悔しい想いを是非次に繋げて欲しい。それにしても入江選手の200メートルのタイムと僕の100メートルのタイムはほぼ同じ、似て非なるものとはこの事だな〜。夜はめげずに(笑)用賀に出かけ1500メートル泳ぐ。



 8月14日(木)

「弾き語りフォーユー」
(午前5時) 音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集E〜戦争を知らない子供たち/死んだ男の残したものは(石川セリ)/さとうきび畑

レコーディング準備中。並行して連載楽譜の原稿にも取り掛かる。頑張ってます!



 8月13日(水)

「弾き語りフォーユー」
(午前5時) 音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集D〜ビリーブ/かぐや姫(金子みすず作詞・小原孝作曲・神野靖子歌)/エボニー&アイボリー(朗読付き)

今日はレコーディングのためのアレンジと自作曲の作曲の手直しなどを中心にずっと自宅で仕事。合間に演奏会を控えた生徒のレッスンもする。夕方迎え火をたく、いつの間にかお盆ですね。



 8月12日(火)

「弾き語りフォーユー」
(午前5時) 音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集C〜イムジン河/月光ソナタ(ベートーヴェン)/長崎の鐘(高津佳)

本日もレコーディング準備。途中、神野靖子さんと秋のリサイタルのリハーサルもする。夏の公開レッスンや講座・コンクールに参加した皆さんから、次々と感想が届いている。ジャズの講座を受けた方々からは「ジャズは面白いけどなぜ美しい音色で弾かないのでしょうか?」と質問を何通かいただいた。多分、その日のピアノのコンディションが悪かったか、慣れなくて音色までコントロールできなかったかではないでしょうか?ジャズやポピュラーピアノでも美しい音色で弾く事は、とても大事だと思います。夜は用賀で2000メートル泳ぐ。



 8月11日(月)

只今、レコーディング準備中。今週の弾き語りフォーユーの放送は甲子園の高校野球実況放送のため流動的です。午前5時の放送は通常通りしていますので、よろしければ早起きして聞いてくださいね!北島選手の素晴らしい泳ぎに超感動しました。レース直後、ハンセン選手がわざわざ北島選手のコースに行って祝福していたのを見て、ほんのコンマ差を競う競技の厳しさと繊細さを感じました。



 8月10日(日)

午前中からレコーディングの準備。昼間のマスターズで2200メートル泳いだ後、再び自分の練習をする。夜はレッスンをした後、塚田佳男先生のレッスンに伺い、木下牧子さんの新作歌曲を聴いて頂く。とても素敵な曲なのでどんな風に仕上がるか楽しみです。 オリンピックでは同じ競技でメダリストになったグルジアとロシアの選手が互いに友情を育んでいる記事を見つけた。スポーツが政治を超えた瞬間だったように思える。



 8月9日(土)

ツアーから戻り、本日よりレコーディング体制に入る。忙しくて資料集めやアレンジもあまり捗っていないため、漸くピアノに向かってじっくり煮詰める時間が取れて良かった。オリンピックをチラチラ見つつ、ずっとピアノを弾いていた一日でした。惜しくも3連覇を逃した谷選手、敗れた後の気持ちの切り替えやコメントが強く印象に残った。ずっと世界のトップで活躍している人はやはり人間の大きさが違う。失敗した時にこそ自分をどう奮い立たせるかが大事なんだ。



 8月8日(金)

倉敷市芸文館でピアノランドフェスティバル2008を、昨年に引き続いての開催。3月にもジャズピアノ6連弾で来たので、何だか街並も見慣れた感じに思えた(といってもホールの周辺の美観地区しか知らないけど・・)。さすがに3日連続の演奏は大変だが、本番が始まると子供たちからのパワーが伝わってきて疲れも吹っ飛ぶ。同じプログラムなのに毎日違った出来栄えになるのもコンサートの楽しい所。トークの方も関西のステージで鍛えられて、吉本並みにパワーアップ?してきたようだ。これでツアー前半は無事に終了、家に着いたら北京オリンピックの開会式が始まった。平和へのメッセージに溢れた演出が素晴らしかった。スポーツや音楽を通して何を伝えられべきか、改めて考えたい。



 8月7日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流続ピアノよ歌え音楽講座Part28 今週のクラシックな一曲〜ノクターン遺作 嬰ハ短調(ショパン)/コンスタント・ベイス(ギロック)/お陽様の下で(小原孝)

兵庫県西宮にある兵庫県立芸術文化センターで開催されたピアノランドフェスティバル2008に出演。噂に聞いていた通りの素晴らしい設備の整ったホールでした。今日はいつものスタインウエイではなくてベーゼンドルファーでの演奏。ピアノの音色が全く違うので音楽作りも自然と昨日と違うものに出来上がり、とても楽しく演奏できた。樹原さんもとても気に入っていた様子で早速来年のスケジュールを調べていた。終演後、大ホールや中ホールも見学させていただいた(いずれも感動的に素晴らしいホール)。また何かのチャンスに演奏出来るチャンスがあったらいいな。演奏中は雷や雨が凄かったですが帰る頃には晴れていたのでラッキー。夜はホテルに戻り、プールで2000メートル泳ぐ。



 8月6日(水)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集B〜波乗りジョニー/奇跡の地球/一本の鉛筆(美空ひばり)

今年もピアノランドフェスティバル2008の全国ツアーがスタート。今日は名古屋、昨年とは場所を変えて電気文化会館ホールで客席は満席。子供たちのパワーに圧倒される。去年もそうでしたが名古屋の子供たちが一番元気かも?、でもだんだんコンサートに慣れてきて後半は静かに演奏が聴けるようになってきた。秋には同じホールで声楽のリサイタルに出演するので、終演後はそのリハーサルと打ち合わせをした後、大阪へ移動。甲子園の高校野球が中止になるほどの豪雨の影響で新幹線のダイヤも乱れていましたが、何とか無事にホテルにたどり着きました。



 8月5日(火)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集A〜ひまわり/ひまわり娘(伊藤咲子)/やつらの足音のバラード(弾き歌い)

今日はマンションの点検があるから早起きして部屋を(少しだけ)片付ける。NHKの収録日。スタジオはオリンピック体制に様変わり。今回も数々の熱い感動のプレイが生まれる事だろう、楽しみだ。今日も雷や雨が凄かったな〜、やっぱり地球は変だ!と思う。帰ってから、明日からのピアノランドフェスティバル全国ツアーに出かける準備と出かける前に仕上げなくてはいけない仕事の処理で大混乱。



 8月4日(月)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ特集@〜真夏の夜の夢/ディズニー友達の輪メドレーPARTT/ディズニー友達の輪メドレーPARTU

今日は横浜みなとみらいホールで第41回カワイ音楽コンクールのピアノ・ソロ部門全国大会の審査。5000人以上の応募者から見事決勝まで残った22名の演奏を聴く。松本日之春先生の作曲した課題曲は、アゴ−ギクやデュナミークなどニュアンスを自分で決める素晴らしいなアイディアの曲で、とても興味深かった。子供たちは頑張ったけど指導者の方に戸惑いがあったかも知れないと感じた。終わった後、審査員が集まり食事をご一緒したのだが、播本美恵子先生はエコ問題に真剣に取り組んでいて、こちらも非常に興味深く話を伺った。他の事を何も知らずにピアノだけが上手になっても駄目な時代に突入したのではないだろうか。コンクールを聴いて一番強く感じた感想だった。夜は1500メートル泳ぐ。



 8月3日(日)

今日は久しぶりにのんびり・・というか、久しぶりに家にいた気がした。まず、昼間のマスターズで2300メートル泳ぐ。午後は、コンクールの本選に残っている子供たちのレッスンをしてからピアノに向かってレコーディングの準備。まだまだ先だと思っていたレコーディングも気が付けばもう目前まで迫ってきている。なかなか時間がとれないから気合を入れて集中して練習しよう。



 8月2日(土)

国立楽器で夏休み恒例の公開レッスン。今回は、ブルクミュラーのバラード、ギロックの叙情小曲集、ピアノランドより連弾曲、そして僕の最新楽譜集「ミスターチルドレン」から名曲「抱きしめたい」、受講生も子供から大人までいつになく幅広い内容のレッスンになった。一生懸命教えていると時間が伸びてしまい、どうなる事か思ったがミニ・コンサートまで予定通りちゃんと出来て良かった。毎年楽しみに全国から聴きに来て下さる方も多くて嬉しい。暑い夏だからこそ沢山勉強しましょう!



 8月1日(金)

大田区民ホールアプリコ大ホールで「ピアノランドフェスティバル2008」の全国ツアー初日を迎えました。ツアーの形になって3年目、今年もピアノが大好きな子供たちと一緒にパワーを沢山頂いて元気に暑い夏を乗り切ろうと思います。今回のプログラムはクラシックの名曲や合唱曲などもあり家族みんなで楽しめる構成(それにしても凄い曲数ですが・・)。スケジュールはハードだけど頑張ります!終わってから即行で帰り、野崎由美さんと伴奏合わせ、作曲家の木下牧子さんを交えて委嘱作品のリハーサル。とても美しい新作歌曲に仕上がりそうです。ピアノのパートは難しい部分も多々ありますが頑張って練習しよう。夜は1400メートル泳ぐ。