2007年2月の日記



 2月28日(水)

「弾き語りフォーユー」
モリー先生との火曜日 時のモチーフ(小原孝)/マイ・ギフト・トゥー・ユー/約束の場所(ケミストリー)

今日も午前中からレッスンした後、部屋で自分のためにピアノに向かう。自分の練習2時間、作曲の譜面を仕上げる、原稿のチェックなどなど。夕方、本屋さんに資料を探しに出掛けるが余計なものも沢山買ってくる。最近行きつけの本屋さんが次々と閉店してちょっと寂しいが、本の業界も華やかなようで大変なのかもしれないなあ。発表会の申し込みが殺到してしてしまい、(例年より枠を増やしたにも関わらず)どんな形でに開催するか悩む。今年はすでにホールを4日間借りているが、時間を更に延長しないと入り切らない状態。皆さん、本当に熱心だなあ。



 2月27日(火)

「弾き語りフォーユー」
いい日旅立ち/夢をあきらめないで/くるみ(ミスターチルドレン)

NHKの収録日、今日は少し早めに行って打ち合わせもする。“みんなのうた”関係でかつて放送された曲にリクエストが集まっているが、古い曲は意外と資料が残っていなくて探すのに大苦戦。新しいスタッフにとても詳しい人がいて、これからは心強い。夜は1600メートル泳ぐ。クラブ80のジル通信3月号発送しました。



 2月26日(月)

「弾き語りフォーユー」
うぐいす/早春賦/梅のうた/女性(南沙織)/早春の港

午前中からレッスンした後、今日は自分のためにピアノに向かう。昨晩(というか早朝まで)原稿類を全て仕上げたので、じっくりと譜読みや資料作りなどをした。夜は1800メートル泳いだ後、クラブ80のバースディーカードを書く。今年のカードはお名前と日付けと両方書いているので、メンバーの中に僕と同じ日が誕生日の方が数名いらっしゃるのを発見、何だか嬉しかった。(一緒に歳を重ねましょう!)



 2月25日(日)

今日は来月オペラシティーコンサートホールで開催される東北大学OB合唱団・Chor青葉の東京演奏会2007のリハーサルを葛飾シンフォニックヒルズの大ホールで行う。人数が多いのでリハーサルもホールでやるのだ。今回は“時”をテーマにしたステージと安野光雅さんと森ミドリさんの新作合唱組曲“津和野”演奏。これが、シンプルで実に味わいのある作品なので演奏会当日がとても楽しみだ。夜は、連載エッセイと連載楽譜とクラブ80ジル通信3月号の原稿を一気に仕上げる。2月はいつもより短いから締め切りも早く迫ってきて(全然間に合ってないのだが・・)本当に困る!



 2月24日(土)

浜松のアクトシティー大ホールでジャズ6連弾ツアー3日目。先日のサントリーホールの時は風邪気味で打ち上げも泣く泣くパスした僕だったが、今日はエンジン全開(オープニングのソロはピンクレディーのUFOで決めました!)大いに楽しんだ。ステージで山下洋輔さんの(二日早い)バースディーをお祝いする。他の5人で内緒でずっと計画していたのでした。6月に浜松でリサイタルが決定したので、楽屋で取材も受ける。それから会場での限定販売CD“風のメロディー”が売り切れてしまったようで、ごめんなさい。もしご希望の方がいたらこのホームページで注文できますのでご連絡くださいね。終演後、山下さんは京都へ、僕と塩谷君は東京へ、島さん佐山さん国府さんは浜松で盛り上がったんだろうな〜。



 2月23日(金)

午前中レッスンした後、今日は自分の練習3時間。連載エッセイや楽譜の原稿のための資料に取り掛かる。暖冬のせいでしょうか?家のベランダでは苺に続いて薔薇の花も咲き始めました。でもあまりにも雪が少ないと逆に夏の水不足が心配になってくるかも・・。自然とは不可思議なものですね。夜は1800メートル泳ぐ。



 2月22日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART43 私を泣かせてください(ヘンデル)/ザ・ローズ

午前中、国立楽器で会員制セミナー“小原孝のぴあのサロン2007春”を開催。今回は昨年秋に出版した楽譜集“華麗なるピアニスト”シリーズから卒業シーズンの名曲を取り上げた。再放送が決定した“モリー先生との火曜日”のために作った曲も紹介。特に宣伝しているわけではないのに、いつも新しいメンバーが加わって広がりを見せている。夜は紀尾井ホールで畑中良輔先生の85歳メモリアルコンサート、盛り沢山の素晴しいプログラムで感動の嵐だった。いつまでもパワフルな音楽活動を続ける先生は本当に素敵だな。客席は知人や著名人が大勢見えていて、挨拶にてんやわんや(笑)。終わってから塚田佳男先生と食事をする。



 2月21日(水)

「弾き語りフォーユー」
冬の星座/白い想い出/心の窓にともしびを/暖炉の部屋で/スキー〜スキーの歌

午前中レッスンした後、今日は作曲をする。何と4曲も出来上がる、ペン凧は痛いけど良い曲が出来上がったのでかなりの満足感だ。夜は2000メートル泳ぐ。帰ってから連載関係の原稿に取り掛かるが、ペン凧が痛くて鉛筆が持てないのでので、資料用のビデオやCDなどをチェックする事に。



 2月20日(火)

「弾き語りフォーユー」
白い道(ヴィヴァルディー)/てぶくろ(小原孝)/雪月花(松任谷由実)

NHKの収録日。やはり今日もチョコレートが沢山贈られてきていました。担当者の話では、若者向けの番組ではほとんど送られててこないのだそうで、きっと若者たちは自分たちの恋愛に夢中だからなのか、みんなメールで済ませてしまうからかも?リクエストBOXがお便りで一杯になるアナログ派の番組ならではの賑わいのようですね。スタッフとみんなで美味しく戴きましたよ、ありがとうございました!



 2月19日(月)

「弾き語りフォーユー」
メロディーフェア/時には昔の話を/ムーン・リヴァー

午前中レッスンした後、畑中更予先生のレッスンへ伺うが、先生が時間を間違えていて不在。しばらく良輔先生の部屋で待たせて戴くが、その間またまた楽しいお話を沢山してくださった。その後、無事にレッスンをしてから神谷満実子さんのリサイタルの打ち合わせ。夜は1500メートル泳ぐ。



 2月18日(日)

午前中はゆっくり寝てのんびりと過ごす。午後からレッスンタイム。恒例の発表会(4月)に向けて、みんなの気合が入ってくる季節。選曲やレッスン計画などなど、今年も皆さん熱心なのでこちらも刺激になる。夜は自分の練習、作曲、編曲など今度は自分のためにピアノに向かっていた。昨日のコンサートの反響が沢山届いて嬉しい。僕の演奏は普段のコンサートではあり得ない位の変貌を遂げているらしい・・(笑)。



 2月17日(土)

待ちに待った、サントリー大ホールでジャズピアノ6連弾の演奏会。リハーサルをしていて6台のアンサンブルも、モニター無しの生音で演奏する事になった。本番満席の会場で弾いたらリハよりも、もっと自分の音が聞こえるようになった。何がどう違うのか判らないが、他のホールとは全然音が違うのにはビックリだ。演奏は最高に盛り上がる!和田誠さん、前田憲男先生、島田歌穂さん、小曽根真さんはじめ客席も華やか。実に満足感のある演奏会だった。



 2月16日(金)

今日はレッスンをした後、ずっと自宅で練習。先日注文した収納BOXが届いたので部屋や資料ををまた片付け始める。しばらく体を動かしていなかったので体のあちこちが痛い、夜は1200メートルだけゆっくり泳いだら調子が良くなってきた。



 2月15日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART42 音楽に寄せて(シューベルト)/赤とんぼ(セミナー形式)/鍵(HARAHARA倶楽部)

午前中レッスンをした後、午後からは自分の練習。ジャズピアノ6連弾のプログラムを楽譜通りに練習しているのは多分僕だけだろうな・・と思いつつ弾いていた(笑)。少々風邪っぽいので夜も部屋でおとなしくして、久しぶりにまとめて読書をする。素敵な本とたくさん出逢ったので、今度紹介しますね。



 2月14日(水)

「弾き語りフォーユー」
センチメンタル/僕がどんなに君を好きか、君は知らない/Boy, I’m gonna try so hard(鈴木雅之)

本日はバレンタインデイ、沢山のプレゼント&メッセージが贈られてきて感謝感激です。いつも応援ありがとうございます!お返しのキャンディ代をいつものようにチャリティーBOXで活用させる手配をいたしますので、今後もどうぞよろしくお願いします。今年はチョコレート以外のプレゼントも多かったようですが、これもひとつの時代の流れなのかな?夜はミューザ川崎へコンサートを聴きに行く。先日共演した中鉢聡さんや大親友のピアニストの河原忠之さんらが華麗なステージを展開。来月ここで開催する僕のコンサートは、自分の誕生日の翌日なのでみんなでパーティーみたいに音楽を楽しもうと思って“小原孝のピアノパーティー”とタイトルを付けました。今からとても楽しみです。是非遊びに来てくださいね!



 2月13日(火)

「弾き語りフォーユー」
三日月/誰かの願いが叶うころ/愛はめぐり逢いから(南沙織)

NHKの収録日。今日はリクエストとともにチョコレートも沢山贈られてきていた。もう、そんな季節なんですね〜。ベランダの苺にどんどん実が成っているんですけど、これも暖冬のせいかな?



 2月12日(月)

「弾き語りフォーユー」
イフ・ウィー・ホールド・オン・トゥゲザー/愛は勝つ/ラブ・ウォーズ(松任谷由実)

今日はレッスン日、連休なので遠くから来る生徒さんをレッスンする。その後、コンサートのパンフレットを整理する。サボって3年分やっていなかったから、とても大変だった。ファイルすると凄い量で自分でもビックリ。



 2月11日(日)

昨日に引き続き辰巳国際水泳場で新春マスターズに参加。今回珍しくスケジュールが空いたので2日連続出掛けたが、さすがに昨日の疲れが残っていて体のあちらこちらが痛い。今日は200M個人メドレーに出場。ちゃんと練習していたバタフライと背泳ぎは巧く泳げたが、まだ手をつけていない平泳ぎとクロールで抜かれ捲くる(涙)。後半ばてて3分37秒かかった。4種目バランスよく泳ぐには明らかに練習不足なんで、これから又じっくりをかけて取り組みたい。今日は少人数なのでちょっと洒落た店で上品(笑)打ち上げ、帰ってから連載エッセイの原稿を仕上げる。



 2月10日(土)

辰巳国際水泳場で開催された新春マスターズに参加。以前の大会では雪が降っていたこともあったのに今年は本当に暖かい。今日はリレーを含めて3種目に出場。25M背泳ぎ19秒92で自己ベスト達成。初めて20秒をきる。200Mメドレーリレーでバタフライを泳いだ後、200Mバタフライは途中泳法違反をとられてまたも完泳出来ず残念だった。帰りがけ、木原光知子さんとお逢いして”がんばってね!”と声をかけていただいた。夜は恒例のスイムメンバーの呑み会、今日は人数が多かったから盛り上がる。



 2月9日(金)

今日は午前中レッスンした後、雑誌“ピアノ・スタイル”の取材。まずは、スポーツクラブで撮影して、その後自宅でインタビュー。スポーツクラブは混んでいて中々撮影場所を見つけるのが大変(他の方に迷惑がかからないように)、そして部屋は片付けが大変だった(笑)。が話の方は盛り上がりとても楽しい時間になった。カラーページだそうなので皆さんお楽しみに!夜はその流れで資料の整理の続きをする。



 2月8日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART41 金婚式(マリー)/男はつらいよ

午前中レッスンした後、午後から久しぶりに時間ができたので資料整理をじっくりとするが、やはり途中で終わる(笑)。夕方、代官山に髪を切りに行き帰りに桜新町に寄り、お気に入りの坦々麺を食べる。考えてみたらこれも久しぶりだったな。やっぱり美味しかった〜!夜は1500メートル泳ぐ。



 2月7日(水)

「弾き語りフォーユー」
寒い朝/終着駅/ノーサイド(麗美)

おとといの続きで樹原涼子さんのピアノランドコンサートのレコーディング。今日も順調で歌のパートまで無事に終了。コーラスのパートを急遽付け加えたりして楽しく仕上がりそうだ。それにしても、音が少ない分だけひとつひとつのタッチの種類などをより明確に弾くなど気を使う点も多く、こちらも大変勉強になったし教材研究の大切さも改めて感じた。終わってから渋谷で資料(書籍&CD)を探す。新譜の発売日なのに今日のCDショップは本当に閑散としていて、若者たちのCD離れは更に進んでいるんだなと思った。



 2月6日(火)

「弾き語りフォーユー」
越冬つばめ/恋人よ〜枯葉/珍島物語

NHKふれあいホールで、“しぶやライブ館〜シング・シング・シング”の公開収録に出演。先日、多岐川舞子さんと共演した時とは、また違った雰囲気で今回はオペラ歌手の幸田浩子さんと中鉢聡さんの組み合わせ。斉藤ネコさんのアレンジで指揮者なしの室内楽編成で演奏。とてもユニークな試みで僕は演奏はもちろん合図をだしたり、タイミングを指示したりと大忙しだったが、非常に良い経験になった。もう一本の出演がラグフェアだったから会場は若い子たちで一杯だったけど、段々と惹き込まれて熱心に聴いてくれるのが演奏していてよくわかった。苦労した甲斐ががあったな。放送日はトップページでお知らせします。是非、観てくださいね!夜は1500メートル泳ぐ。



 2月5日(月)

「弾き語りフォーユー」
我輩は仔ジルである(小原孝)/もうひとつの千の風になって(キャサリン・ジェンキンス)/モリー先生との火曜日・愛のテーマ(小原孝)

  今日は樹原涼子さんの人気曲集“ピアノランド・コンサート”シリーズのレコーディングを古賀政男音楽博物館のけやきホールで行う。子供達やピアノの先生方のための模範的演奏なので、いつもと違って楽譜に忠実に(笑)慎重にレコーディングしているが、順調に仕上がりそうだ。手拍子や足拍子なども録音。シンプルなものほど緊張するなあ〜。帰って自分の練習1時間した後、夜は1600メートル泳ぐ。



 2月4日(日)

今日は午前中自分の練習1時間した後、午後は葛飾シンフォニックヒルズで東北大学OB合唱団のリハーサルに参加。今回は僕のアレンジ曲は少ないが森ミドリさんの新作を伴奏できるのでとても楽しみだ。弾きながら、このホールは以前に塩田美奈子&河原忠之さんと3人でコンサートをした事を懐かしく思い出した。練習後、帝国ホテル光の間で開催された“石井好子84.5歳!バースディーパーティー”に出席。さすが石井先生、多くの有名人の方がお祝いにいらしていて華やか、ちょっと芸能界気分を味わう。そして歌声は相変わらず力強く僕もずっとずっとピアノを弾いていたいと改めて思う。



 2月3日(土)

ジャズ6連弾(佐山雅弘、国府弘子、島健、塩谷哲、山下洋輔、小原孝)ツアー初日。2年ぶりのの再演は満員のよこすか芸術劇場大ホールでスタート。ステージ上に花びらのように並んだ6台のピアノを眺めているだけで壮観だ。でも皆さん凄いパワーだしバチバチのバトルなので、正直ピアノが壊れそう(笑)。でも弾いていて気持ち良かった〜!僕は楽譜を忘れて途中で高速を引き返すミスをしたが、ラッキーにも道路が超空いていて余裕で間に合う。帰りもスイスイで横須賀は案外近かった。



 2月2日(金)

午前中レッスンした後、午後は樹原涼子さんとレコーディングの打ち合わせ。帰ってからは自分の練習3時間。夜は2000メートル泳ぐ。いよいよ明日は6連弾の再演、楽しみだけど不思議なもので一人で練習していても、どうも調子が出ないな〜。



 2月1日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART40 金婚式/オネスティー(セミナー形式)

午前中レッスン。ピアノの先生たちもそれぞれ色々な悩みを持っていて、ピアノが弾けなくなる位の状態になる人も多い。でもピアノに戻ってくると音楽がリハビリになったり元気の素になったりするのに気付くみたいだ。みんなそういう年代なんだね、ともに頑張りましょう。午後から昨日の続きで原稿チェックや自分の練習3時間など。夜は1800メートル泳ぐ。