2005年7月の日記



 7月31日(日)

夏期講座最終日。今回非常にレヴェルが高くて、皆さんこの4日間で驚くほど進歩した。最後の発表はとてもいい演奏だったのでとても満足した。受講生のチームワークも他の講座には見られない良さだそうで、音楽の輪が確実に広がっている。来年、もっといい講座になるように又考えたい。皆さんお疲れ様でした!



 7月30日(土)

夏期講習3日目。それぞれの課題や目標が定まってきてレッスンにも力が入る。それにしても皆さんパワフルだ。今日は夜、塚田先生のレッスンに伺う。暑さと早起き(笑)で少々バテ気味だが、自分でも充実した勉強だが出来た一日だった。



 7月29日(金)

国立音楽大学夏期講座の2日目、今日から本格的なレッスンを始める。クラシックな技法を生かした小原流ポピュラーピアノ演奏法、この講座はリピーターが他のどの講座より多いそうで皆さん毎年どんどん上達しているのがわかり、とても嬉しい。河原氏の講座にはピアニストの谷真人さんも参加していて研究熱心に学ばれていた。暑い夏、キャンパスは素敵な音楽を目指す熱気で溢れている。クラブ80の皆さん、ジル通信8月号、無事に発送しました。



 7月28日(木)

「弾き語りフォーユー」
四季から”夏 第一楽章〜冬 第二楽章”(ヴィヴァルディー)/インヴェンション第一番(バッハ)セミナー形式〜シフ/あそぼう(Harahara倶楽部 樹原涼子&小原孝)

国立音楽大学の夏期特別講座が始まる。大学で別講座を担当する山下洋輔さんと河原忠之さんと久しぶりにお会いする。今回から聴講生もいるのでいつもより人数も増えて賑やかな感じで進行。この講座は何といっても小ホールの広い空間とピアノを利用して最高の環境で出来ること。今回もみんなにとって有意義な時間になればいいな。夜は1700メートル泳ぐ。



 7月27日(水)

「弾き語りフォーユー」
TSUNAMI/ゴンドラの歌/小さな世界〜夢はひそかに

台風一過で一気に真夏がやってきた!とにかく暑かったね。外にいる番犬たちもハアハアしていて息苦しそうだった。昼間に銀座に買い物に出かけるが、行くだけでバテた。帰ってからクラブ80ジル通信8月号の原稿を仕上げる。夜は2200メートル泳ぐ。明日から国立音大の夏期講座がスタート、早起き頑張ろう!



 7月26日(火)

「弾き語りフォーユー」
NAGISA(小原孝)/ゴリラのジジ(小原孝)/花のワルツ(チャイコフスキー)

NHKの収録日。台風だから早めに出発したら道路は逆に超空いていて、とても順調な一日だった。夜は2000メートル泳ぐ。



 7月25日(月)

「弾き語りフォーユー」
夏の思い出/うみ〜我は海の子/椰子の実(伊藤京子)

文京シビックホールで毎夏恒例のピアノランドコンサートにゲスト出演。ピアノのお兄さんをしたり、生徒役をしたり(年齢的にちょっと無理があるが・・)楽しいコンサートになった。第2部はソロとHarahara倶楽部のステージと本当に様々な小原を自分でも楽しみました。来年は15周年という事でまた盛り上がりそうだな。夜は2200メートル泳ぐ。



 7月24日(日)

午前中連載楽譜の原稿を仕上げる。午後はレッスンと自分の練習2時間、夜は2000メートル泳ぐ。J−WAVEの“MARUNOUCHI Classy Cafe〜小原孝流 ピアノに愛される方法〜”が放送された。ナビゲーターの金子奈緒さんはとても聡明で魅力的な女性。話が盛り上がった雰囲気がそのままオンエアーされたみたいで自分で聴いていて思わず笑ってしまった。



 7月23日(土)

今日はずっとピアノに向かい、作曲や編曲をする。連載楽譜のアレンジが仕上がりそうな時、地震があった。かなり大きい揺れ(12年ぶりの震度5)だったから一瞬“この原稿もう仕上げなくてもいいかも・・”と淡い期待を描き(?)テレビを付けたが、普通だったので再びピアノに向かう。交通はマヒ状態になったけど、ほとんど被害は無かったようで一安心。夜は2000メートル泳ぐ。



 7月22日(金)

午前中レッスンした後、今日は樹原涼子さんとピアノランドフェスティバルのリハーサル。毎年このコンサートだけは特別清らかで純真な子供の気持ちになってピアノに向かえるような気がします(笑)。歌ったりお芝居(?)したりも楽しみです。Harahara倶楽部の曲もパワーアップしてお届けします。こんな風にリハーサルも楽しいコンサートっていいなあ。夜は2000メートル泳ぐ。



 7月21日(木)

「弾き語りフォーユー」
“ノアの方舟”より“羊・鶏・象”(モンサルヴァーチェ)/我輩はジルである(小原孝)/我輩は子ジルである(小原孝)

今日も午前中からレッスンをして、その後は引き続き原稿書きと資料の整理。残っていた連載エッセイと最新版の“おばら新聞”の原稿を漸く仕上げる。最近やってる資料や楽譜の整理はこの夏に開催する“小原孝展2005”に向けてしているのだが、自分でも忘れていた面白いものが沢山発見できて、超楽しい。しかしこのペースでのろのろしていて、果たして間に合うのだろうか?夜は2000メートル泳ぐ。



 7月20日(水)

「弾き語りフォーユー」
クレア/フロム・ア・ディスタンス(COCORO*CO)/オール・アイ・アスク・オブ・ユー

今日は午前中レッスンした後、原稿書きと資料整理などの雑用をする。レギュラー以外の原稿を1つ仕上げる。夜は用賀へ行き2200メートル泳ぐ。暑さのためかプールの水が何となく生暖かく感じるなあ。



 7月19日(火)

「弾き語りフォーユー」
五番街のマリーへ/白いページの中に(柴田まゆみ)/やつらの足音のバラード(小原孝)

NHKの収録日。引き続き資料の整理と原稿書きもやっている。夜は2000メートル泳ぐ。



 7月18日(月)

「弾き語りフォーユー」
潮騒のメロディー/ココロツタエ/初恋(南沙織)/潮風のメロディー

今月はレギュラー以外にも原稿が沢山あって、書いても書いても締め切りが迫ってくる。作家さんの皆さんはこういう気分で毎日を過ごしているのかも。“音色”に関する講座を一本書き上げて、後はレッスンと資料の整理、部屋でずっと仕事をしていました。何だかいつの間にか梅雨が明けた感じですが、一日中缶詰だったので季節感がありません。この夏はいつになく仕事三昧になりそうな予感です。



 7月17日(日)

昨日の内に無事に大阪から帰ってこれたので今日は午前中から原稿書きと楽譜や資料の整理。溜まっている仕事をこなす。連載エッセイの原稿漸くを1本仕上げる。夜は東京体育館に行き、400メートル個人メドレーと200メートルバタフライを交互にのんびり泳いでみる。



 7月16日(土)

大阪なみはやドームで開催されているジャパンマスターズに出場。今日は100メートルバタフライを泳ぐ。昨年よりも少し上達したようで長水路での自己ベストを達成(1分33秒62)。いろいろあったが関係者のご尽力のお陰で無事に参加できて良かった。元スイム仲間で今は関西に住んでいるメンバーと久しぶりに楽しい時間を過ごす。みんながそれぞれの場所で頑張っている事がわかり嬉しい。つかの間の大阪だったがとても有意義な時間だった。最終の新幹線で戻る。



 7月15日(金)

午前中レッスンした後、午後はこの夏に計画している”小原孝展”の準備を始める。やる事は決めたのだが内容もチラシつくりもまだこれから、果たして間に合うか(笑)。夕方歯医者に行った後、東京へ体育館へ行き全日本武術太極拳選手権大会を観戦。ジルの千葉君が忙しい仕事の合間に練習に励み見事全国大会に出場。日頃の努力が見事に発揮されていて感動的だった。



 7月15日(金)

午前中レッスンした後、午後はこの夏に計画している”小原孝展”の準備を始める。やる事は決めたのだが内容もチラシつくりもまだこれから、果たして間に合うか(笑)。夕方歯医者に行った後、東京へ体育館へ行き全日本武術太極拳選手権大会を観戦。ジルの千葉君が忙しい仕事の合間に練習に励み見事全国大会に出場。日頃の努力が見事に発揮されていて感動的だった。



 7月14日(木)

「弾き語りフォーユー」
白鳥(サン・サ−ンス)/もっともっと(harahara倶楽部)/メロディー&ハーモニー(小原孝)

今日は六本木ヒルズに行き、JーWAVEで金子奈緒さんの番組にゲスト出演の収録。眺めも良くとても近代的で美しい放送局、初めてのJ−WAVE出演はとても気分が良かった。番組の方も話が弾んで楽しい収録になって放送が楽しみだな。帰ってから、自分の練習2時間と原稿の準備など。夜は辰巳に行き飛び込みと長水路プールでバタフライを泳ぐ練習を急遽する。とてもお腹が空いたので、焼肉をたらふく食べてパワーをつける。



 7月13日(水)

「弾き語りフォーユー」
白い花の咲く頃/チャペルの鐘/美しき天然〜故郷

午前中、国立楽器で会員制セミナー“小原孝のぴあのさろん”。今回は“ブルクミュラー”がテーマ、これまでになく多くの人が参加して下さり感心の高さが伺われる。今日はエディション研究を中心にお話しするが、小品ながら奥が深くて新しい発見も多い。帰ってから連載エッセイの原稿を1本仕上げ、自分の練習2時間。夜は1500メートル泳ぐ。



 7月12日(火)

「弾き語りフォーユー」
神田川/わが心のジョージア/ここにしか咲かない花(コブクロ)

NHKの収録日。収録後に弾き語りフォーユーの今後の行方と特番についてのミーティングをする。帰ってからスポーツクラブに行き、先日一度NGになったマスターズの大会に再度出場可能になった説明を伺う。再び気分を入れ替えて1500メートル泳ぐ。



 7月11日(月)

「弾き語りフォーユー」
空と海の輝きに向けて/幸せになるために/ついてゆくわ(松任谷由実)

今日は自宅でレッスン、夏以降のコンサートやイヴェントのプログラムや計画を準備する。夜は2000メートル泳ぐ。練習の最後に200メートルバタフライ×2本何とか泳ぐ(3分50秒で泳いで1分10秒休む)。このところいつも使っているパソコンのご機嫌が斜めで困っている。もう寿命なのかなあ?



 7月10日(日)

那須野が原ハーモニーホールで中村芳子ソプラノリサイタルの伴奏。回を重ねて今年で16回目だそうだ。普段の地道な努力が実り本番はとても充実した演奏になった、継続は力なりだ。また地元のスタッフの皆さんのパワーも素晴らしく客席も盛況だった。ここにはスタインウェイだけでなくとても良いベーゼンドルファーのピアノもあるけれどほとんど使われないそうで残念だ。(ピアノ庫にお邪魔してちょっとだけ触らしていただいた)チャンスがあったら是非ステージでも弾いてみたいな。



 7月9日(土)

午前中、母校の久本小学校体育館で子供達と一緒に作った50周年記念歌の発表会。会場に入りきれない位集まったご父兄の前で伸び伸びと演奏してくれた。僕が作曲した“みんなのたからもの”も子供達がすごく気に入ってくれてとても嬉しい。ずっと歌い継がれるといいな。
午後は第16回奏楽堂日本歌曲コンクールの入賞記念コンサートに出演。同じホールで演奏するのにコンクールの時と違って他の出演者(特にピアニスト仲間)や若い作曲家達とゆっくり話しが出来て待ち時間も有意義だったな。
帰りに神田で知人がやっている店“又佐”に行く。居酒屋だけどとにかく料理がとても美味しくて大満足。駅からも近いのでお勧めです!



 7月8日(金)

今日は午前中自分の練習2時間、午後は畑中更予先生のレッスンに伺う。帰ってから再び練習した後、スポーツクラブへ。エントリーミスがあって来週のジャパンマスターズに出場できなくなった話を聞く。僕はともかくとして優勝や記録を目指して練習していた人には気の毒だった。(今回は大阪大会だから気合が入っていただけに)僕は完泳目指して・・というレヴェルだが気を取り直して、1500メートル泳ぐ。



 7月7日(木)

「弾き語りフォーユー」
ジュピター/影踏み(一青窈)/星になって(小原孝)

午前中羽田に戻る。このところ飛行機は遅れ捲くりで、時間通りに移動できた事が無い。システムが便利になるとトラブルも増えるようだ。帰ってから歯医者に行き、その後自分の練習2時間。夜は2000メートル泳ぐ。プールが空いていたので200メートルバタフライ×2本(4分かかるが・・)泳ぐ。2本続けて泳げたのは初めてだから嬉しい。オリンピック誘致で沸くロンドンでは何が起こった??



 7月6日(水)

「弾き語りフォーユー」
サタディ・イン・ザ・パーク/こもりうた(ブルクミュラー)/ヒア・ゼア・アンド・エブリーホエア

小倉の九州厚生年金会館でアフラックのチャリティーコンサート最終日。ゴスペルグループCOCORO*COとの共演作った新しいプログラムはとても好評で良かった。またいつか皆さんに聴いて戴けるチャンスが出来たらいいな。今回も収益金(会場でのCDの売り上げも含めて)は小児がんに苦しむ子供たちとその家族の皆さんのために役立ちます。ご協力ありがとうございました!



 7月5日(火)

「弾き語りフォーユー」
霧の摩周湖/お笑い三人組のテーマ〜新日本紀行のテーマ/3分間ピアノのテーマ〜風のメロディー(小原孝)

NHKの収録日。今日はスタジオ内がかなり寒くて、ホットな夏の曲を弾く気分を出すのに一苦労した。気温も天気も不安定で調整が大変だな。スタジオでピアニスト&アレンジャー上柴はじめさんと逢う。この間雑誌で対談しているのを読んだばかりだったから、久し振りの感じがしなかった。帰ってから原稿類のチェックをした後、夜は2000メートル泳ぐ。



 7月4日(月)

「弾き語りフォーユー」
シェルブールの雨傘/雨降りくまのこ〜てるてる坊主/私の青空

午前中自宅でレッスンした後、午後は畑中更予先生のレッスンに伺う。帰りに本を沢山買い込んだらかなり重かった。夜は自分の練習2時間、その後2000メートル泳ぐ。



 7月3日(日)

今日は自宅でレッスン&自分の練習2時間、原稿や楽譜のチェック&整理などずっと部屋で仕事をしていた。夜は2000メートル泳ぐ。長嶋茂雄さんの回復ぶりは僕も嬉しかったけど、個人的には無理しないでもっともっとゆっくり休んでいて欲しいな思う。しかしお姿を見るだけで何かしらのパワーを感じるから、やっぱりカリスマなんだな。



 7月2日(土)

沖縄には何度も来ているけれどまだ一度も観光した事が無い。それこそホールとホテルと空港しか知らない。今日は飛行機まで少し時間があったので首里城と玉泉洞を見学。でも本当は名所や観光地ではなくてごくごく日常の自然な場所にこそ沖縄の良さがあるのかも。風に揺れるさとうきび畑やでいごの赤い花を実際に真近で見て色々感じる事があった。そういえば今年は終戦後60年、パスポート無しで自由に行き来できるようになってまだ30年余り。地元のテレビでも沢山の特集番組をやっていて興味深く見て、知っているようで知らない沖縄を学んだ。



 7月1日(金)

とても良い天気で午前中ホテルのプールでのんびり泳ぐ。沖縄コンベンションセンターでアフラックチャリティーコンサート2005“小原孝&COCORO*CO”に出演。偶然にも前回は1999年の今日だったそうだ。このツアーのためにアレンジした沖縄の歌メドレーを沖縄の皆さんに聴いて戴いた。オレンジレンジの“花”や大好きな“島人ぬ宝”も気持ちよく歌いました(笑)。サイン会の時に“沖縄の曲のCDをだしてください”と言われてとても嬉しかった。