2007年7月の日記



 7月31日(火)

「弾き語りフォーユー」
手のひらを太陽に/元気をだして(垣内磯子・詩 小原孝・曲)/守ってあげたい

NHKの収録日。ついに梅雨明けしないまま7月が終わるんだな〜、今年はどんな夏になるんだろうか。参院選が凄い結果に終わり、何か変わるのだろうか。太陽も情熱も熱く燃える8月に期待したいな。クラブ80ジル通信8月号発送しました。この夏の小原イヴェント情報で満載です、一緒に音楽で盛り上がりましょう!夜は1500メートル泳ぐ。



 7月30日(月)

「弾き語りフォーユー」
サッちゃん/おはなしゆびさん/おもちゃのチャチャチャ/かんぴょう/大きな古時計

早起き(いつもは寝る時間!)してクラブ80ジル通信の原稿を仕上げる。国立音楽大学夏期講習会のポピュラーピアノ講座最終日。四日間、小ホールの美しい響きの中でレッスンしていると、やはり驚くほど皆さんの音色が変化していく。ポピュラー音楽を弾くときもただ楽しいだけでなく、美しい音で弾くと世界が広がるのが良くわかる。受講生の皆さんお疲れ様でした、聴講生の方は来年はぜひ弾いてね。聴いてるだけより何倍も面白いと思いますよ。夜はEMIのスタジオで鈴木慶江さんのレコーディングに参加。初顔合わせのセッションだったのに波長が良くよく合うのか、とても楽しく演奏できた。慶江さんは歌声も音楽も容姿もとても魅力的な方ですっかりファンに。



 7月29日(日)

国立音楽大学夏期講座3日目。受講生の皆さんもエンジンがかかってきてレッスンにも熱が入る、今日は連弾も取り入れて沢山の曲を弾いていただいた。早くも明日が最終日、発表会に向けてのまとめも考えなくては・・4日間は長いようであっという間だ。急いで帰って雷雨でびしょびしょに濡れながら選挙に行き、夜は2000メートル泳ぐ。



 7月28日(土)

横浜みなとみらいホールで開催された第40回カワイ音楽コンクール全国大会の審査員。全国各地の予選を勝ち抜いた子供たちが、頑張って演奏しているのを楽しくきかせていただいた。終わってから、環境問題などの話が盛り上がり、審査員みんなで打ち上げ会。先生方の興味深いお話が聞けてそちらも有意義だった。帰ってから再び講座の準備などに取り掛かる。



 7月27日(金)

国立音楽大学夏期講習会2日目。今年からスタートが30分遅くなったんで朝が少しだけ楽になった。この時間の30分は大きい、と思っていたら受講生の皆さんも同じように思っていたらしく、良かった。講座は楽しいけど、長丁場なので終わると疲れがど〜っと押し寄せる。帰りの電車でついつい爆睡・・。教えるのは本当にパワーが必要だ。夜はさらにレッスンしてから1800メートル泳ぐ。



 7月26日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART65 パガニーニの思い出(ショパン)/ねこふんじゃったスペシャル特集@〜ねこけんかした/ねこのブギウギナイト/ねこおやすみなさい

毎年恒例の国立音楽大学の夏期講座ポピュラーピアノ講座が今年もスタート。毎年参加してくださる方も多く、今回も最初から和やかな雰囲気でスタート。中一日挟んで4日間楽しく充実した講座にしたい。同じく夏期講座を担当している河原忠之先生にも久々に逢った。終わってから本の打ち合わせ。帰ってから1200メートル泳ぐ。



 7月25日(水)

「弾き語りフォーユー」
牧場の朝/靴が鳴る/かもめの水兵さん/なつまつり〜雲にのって(作詞・垣内磯子 作曲・小原孝)

午前中レッスンした後、午後はピアノランドフェスティバルの通し稽古。明日から毎年恒例の国立音楽大学の夏期講座がスタートするため、早めのリハーサルとなった。まもなく発売になるCD「ピアノランドコンサート」の曲はもちろん、HARAHARA倶楽部の新曲もうまくいけば披露できるかも?でもテンポよく進行しないと、相当長いコンサートになりそうな予感も(笑)。帰ってから自分の練習2時間、夜は1600メートル泳ぐ。



 7月24日(火)

「弾き語りフォーユー」
やさしさに包まれたなら/スコール/真夏の果実

NHKの収録日。別番組の打ち合わせもする、連載楽譜の原稿チェック。今日は久しぶりに強い陽射しで夏の気配が(番組はとっくに夏ですが・・)、この夏は大変なスケジュールになりそうだから、今から体力を充分に付けて頑張ろうと思ったのに、帰ってからうたた寝をしてしまい泳ぎに行けなかった。



 7月23日(月)

「弾き語りフォーユー」
新旧アニソン特集〜愛に向かって/鉄人28号/魔法使いサリー/マグマ大使/ガッチャマンの歌/ウルトラマンの歌

午前中、自分の練習2時間。午後はコンペに向けてのレッスンした後、9月のグループロブ(塚田先生の同級会、僕はお手伝いで出演)の10年ぶりの復活コンサートの打ち合わせとリハーサルだったが、スタジオの空調が故障中で地獄のような暑さ。汗だくの体育会系のリハーサルでした(笑)。何だかすごいコンサートになりそうです。夜は1200メートル泳ぐ。



 7月22日(日)

午前中ゆっくりして、久しぶりに昼間のマスターズ練習に参加、2000メートル泳ぐ。午後は受験生のレッスンをして自分の練習1時間。夜は8月に出演するピアノランドフェスティバルの打ち合わせ&リハーサル。HARAHARA倶楽部の新曲も3曲同時に出来上がる!またまたご機嫌な曲が生まれて、何だかうきうき気分!いつ披露するかは決まっていませんが、楽しみにしていて下さいね。



 7月21日(土)

「県民文化センターふくやま」で神野靖子ソプラノリサイタルに出演。7日の東京公演と同じプログラムだったが、地元ならではのまた違った雰囲気の演奏会になった。会場には作家の光原百合さんや尾道学園の先生もお見えになっていた。僕が初めて作曲した連作歌曲集“おはなしのうたの〜(詩・金子みすず)”も好評のようでとても嬉しい。またどこかで再演のチャンスがあったらいいな。打ち上げで美味しいお料理を戴いて、最終の新幹線で戻る。



 7月20日(金)

今日は午前中ジル通販予約分のサインなどをして、午後は福山に移動。夕方から神野さんと明日のリサイタルのリハーサルを行う。終わってから二人で活力を付ける為、美味しいステーキを食べに行き、前祝い(笑)。この気分のまま、明日も頑張ろう!



 7月19日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART64〜ペダルの話 ミシシッピー・マッド/スイレン/竹にそよぐ風(以上ギロック)/ケイトは歌う(小原孝)

今日は午前中に自分の練習を2時間して、午後からは熱海の戸田幸四郎絵本美術館へ出かける。2冊同時発売になった、とだこうしろう氏と川島由美さんとのコラボ作品「童謡画集+CD@&A」の出版記念パーティーで演奏。美術館の中の沢山の素敵な絵に囲まれて、和やかな会になる。熱海市長さんやNOKKOさんもお見えになっていた。全国の皆さんにこの作品の素晴しさを伝えたいと改めて思った。とても美しい本なので、全国の書店で是非手にとってごらん下さいね!



 7月18日(水)

「弾き語りフォーユー」
すみれ色の涙/君のすきなとこ/海に来て(松任谷由実)

午前中レッスンした後、午後から自分の練習やアレンジなどをしていたが、突然思い立って途中で渋谷に出かけ資料のCDを探す。久しぶりだったんので沢山買いました、じっくり聴きたいな。夜は1600メートル泳ぐ。



 7月17日(火)

「弾き語りフォーユー」
美空ひばり特集〜東京キッド/リンゴ追分/みだれ髪/お祭りマンボ

午前中連載楽譜のアレンジを仕上げる。NHKの収録日、今日は首都高が事故渋滞でとても大変、いつもほぼ同じ時間に出発するのに到着時間はその日によって全然違うなあ。でも、頑張って終わりの時間はほぼ予定通りだったよ。社内は移動の時期なので担当の交代などの報告があり何かと慌しい。夜は1500メートル泳ぐ。



 7月16日(月)

「弾き語りフォーユー」
椰子の実/夏は来ぬ(川島由美)/千の風になってメドレー

今日もジャパンマスターズにエントリーしていたが、仕事がたんまり残っているので残念ながら棄権。新曲を2曲作曲、連載楽譜のアレンジ、自分の練習4時間、その他夏の講座やこれからのコンサートの準備などなど、かなり一生懸命頑張る。夜は2500メートル泳ぐ。台風の次は地震、被害の状況が心配です。新潟の知人友人やファンの方々に中々連絡が繋がらなかったけど、夜になって向こうからメールが届きだした。無事で何よりですが、十分に気を付けてくださいね。



 7月15日(日)

一昨日に続き辰巳国際水泳場でジャパンマスターズ2007に参加。今日は100メートル背泳ぎに初挑戦。後半もばてずに気持ち良く泳げて1分46秒72で無事完泳出来ました。練習を開始した頃25メートル泳ぐのがやっとだった事を思い出しちょっと嬉しかったです。この大会は世界新や日本新を狙うスイマーから90才以上の方も、そして僕のようにようやく泳げるようになって挑戦するマイペーススイマーも、それぞれの人がそれぞれのレヴェルで楽しめる大会なので大好きです。今日の50メートル自由形は何と3000人がエントリーして台風にも係わらず大賑わいでした。明日の種目は棄権するので大会の雰囲気を満喫してから仕事に向かったら、台風の影響で中止。帰って自分の練習3時間した後、作曲とアレンジに取り掛かり、夜はスイムチームの打ち上げに顔を出して、再び五線紙に向かっています。



 7月14日(土)

第18回奏楽堂日本歌曲コンクール入賞記念コンサートに出演。歌唱部門で見事に第2位と奥田良三賞をW受賞された小松由美子さんの伴奏で、山田耕筰作曲の“幽韻”を全曲演奏。台風が近づく大荒れの天候の中、とても多くの皆さんが聴きにこられていた。著名な先生方も大勢お見えになっていたようで、客席もとても華やかでした。作曲部門の歌唱を担当していた、大学の後輩でオペラで大活躍の小林菜美さんと楽屋で話が盛り上がり、終演後菜美さんお勧めのイタリア料理を食べに行く。とても美味しくいただいたのだが、お店の名前をチェックしてくるのをすっかり忘れていて、思い出せない・・。



 7月13日(金)

辰巳国際水泳場で開催されているジャパンマスターズに出場。今日は50メートル背泳ぎを泳いだ。平日だけど、水泳好きの方が熱心集まっていて、大会でよくお逢いする何人かの方とご挨拶する。今日は46秒75とまずまずの泳ぎ。でもやっぱり長水路プールは長いなあ、滅多に泳ぐチャンスがないから、ゴールがやけに遠く感じる。帰ってから、小松由美子さん、神野康子さんと伴奏合わせ。夜は自分の練習2時間して1200メートル泳ぐ。



 7月12日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART63 君を知るや南の島(トーマ)/あの素晴しい愛をもう一度/もっともっと(樹原涼子&小原孝)

今日はエポック中原で川崎童謡の会の15周年記念コンサートで、高津佳さん&青山恵子さんと共演。お祝い演奏をする。第2部は倍賞千恵子さんのステージ、照明やトークの構成がうまく作られていて参考になる。初めて出演させていただいてからあっという間に15年たったんだな〜。改めてこつこつと続けることの大切さを感じた。スタッフの皆様お疲れ様でした。帰ってから自分の練習2時間した後、1500メートル泳ぐ。



 7月11日(水)

「弾き語りフォーユー」
風/ブラザー軒(小原孝)/おとうさん

午前中レッスン、午後は自分の練習3時間&アレンジ、資料整理などなど、かなり一生懸命仕事をしたがあっという間に時間が過ぎる。メールやお便りの返事などもなかなか書けないなあ。夜は1500メートル泳ぐ。ジル通販で品切れしてしまいお問い合わせの多かった、CD“僕のゆびから愛の歌”は再度入荷見込みになりそうなので、詳しく決まったら予約待ちの皆さんにはご連絡しますね。



 7月10日(火)

「弾き語りフォーユー」
魅惑の宵/海ほおずきの歌/さびしいかしの木(高津佳)

NHKの収録日。今日は先日共演した岩崎宏美さんもNHKホールにいらしていたのだが、ニアミスでお逢いできず残念だった。収録後は、青山恵子さん&高津佳さんと伴奏合わせ。収録が少し遅れてしまったので、夜遅くまでリハと打ち合わせをする。



 7月9日(月)

「弾き語りフォーユー」
青い目のお人形/お菓子と娘(関定子)/シェルブールの雨傘

午前中から譜読みを中心に練習、午後は畑中更予先生のレッスンに伺う(途中で良輔先生と偶然お逢いする)。帰ってから再び譜読みとアレンジをする。夜は1600メートル泳ぐ。ジル通販では童謡画集の発送スタートしました。普通のCDと違ってかなりの重量感があるから、発送も準備結大変ですね。ほとんど全員の方が2冊同時に注文なさっているので・・、2冊で20曲分どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!



 7月8日(日)

今日は自宅で自分の練習3時間&レッスン。夜は横浜国際プールに出かけて、1500メートル泳ぐ。帰ってから“童謡画集”の予約分にサインやメッセージを書き入れる。明日から発送開始しますね。甥っ子が水泳のジュニアオリンピックに出場できる事になったそうだ。各地のピアノコンペティションに挑戦中の生徒たちからも続々と知らせが入る。本当に子供たちはきっかけ次第でぐ〜んと伸びるんだなあ。コンペのための指導は全くしていないに、それぞれみんなが目標に向かって自主的に進んで成果をあげて行くのは、僕にとっても刺激になる。



 7月7日(土)

音楽の友ホールで神野(かんの)靖子さんのソプラノリサイタル。広島から熱心にレッスンに通っていた成果が見事に発揮されて、大変充実した演奏だった。高田三郎作曲“啄木歌曲集”、清水脩作曲“在りし日の歌(中原中也)”の名曲とともに、小原孝作曲の新作“おはなしのうたの(金子みすず)”も歌っていただけて大満足。とても好評のようで嬉しかったな、まだ福山公演もあるので、お聴きになりたい方は是非いたしてくださいね!打ち上げでおいしいお料理をいただいた後、夜は2000メートル泳ぐ。



 7月6日(金)

今日は午前中からずっと部屋で仕事。明日のコンサートの準備や自分の練習、@エリーゼにアップする新しいアレンジ曲の楽譜チェックなどなど。夜は、東京文化会館で塩田美奈子さんのスペイン歌曲リサイタルを聴く。父がギタリストだったから子供の頃からスペインの曲は大好きだったが、改めて素敵な曲が沢山あることを知った。なかなか弾くチャンスが少ないが僕もまた弾きたくなった。美奈子さんはステージに華があり、情熱的なスペイン歌曲の世界を見事に描いていた。フリオ・ムニョス氏のピアノがとても素晴しく良い伴奏者の存在ががいかに重要かも再確認した。ロビーでは久しぶりにお逢いする方が大勢いらしたので大忙し(笑)



 7月5日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART62〜ペダルについて〜マドンナの宝石(ヴォルフ・フェラーリ)/月の光(ドビュッシー)/黄昏(小原孝)

午前中連載エッセイの原稿を仕上げる。午後はレッスンした後自分の練習3時間と神野靖子さんとリサイタルのリハーサル。全曲通して練習するとやはりかなりのヴォリュームがある、本番に備えて体力作りも頑張らねば。夜は1800メートル泳ぐ。とだこうしろう先生とのコラボ作品“童謡画集+CD@&A”が出来上がってきた。ケースもついて立派な本、製作に時間がかかっただけの事はある素敵な出来栄えです。本屋さんで見つけてみてね!



 7月4日(水)

「弾き語りフォーユー」
渡る世間は鬼ばかり/負けないで/永遠にともに

今日は川崎市立日吉小学校で音楽鑑賞会をする。2年前にも行ったが、この学校は校長先生、音楽の先生、そしてPTAの方々が非常に熱心で協力的で再度のコンサートが実現した。(調律もPTAの方がやってくださった)。今回はあえて子供向けの曲ではなくいつもコンサートで演奏している曲を弾いてみたが、曲によってそして学年によって様々な反応があり興味深い。一年生や障害を持つ子供たちも最後まで聴いてくれたようだ。子供たちの詩の朗読に即興で音楽をつける即興コーナーも楽しかったし、“逢えてよかったね”をみんなで歌ってくれたのもとても嬉しかった。終わってから六本木へ向かい演奏会に贈る花を選ぶ。帰ってからレッスン&練習をするが、さすがに早起きしたのがたたってか泳ぎにいけず寝るzzz・・・。



 7月3日(火)

「弾き語りフォーユー」
世界にひとつだけの花/シンク・オブ・ミー/オペラ座の怪人〜オール・アイ・アスク・オブ・ユー

今日はまず朝から連載関係の原稿チェックや資料整理などなどやりつつ、収録の準備。先日の頼近美津子さんとの対談原稿が出来上がってくる。とても上手にまとめてあり、感心した。さすがO女史(ムジカノヴァ8月号お楽しみに!)。夕方からNHKの収録、夜は2000メートル泳ぐ。



 7月2日(月)

「弾き語りフォーユー」
学生王子のセレナード/京のにわか雨/夏の思い出/たなばたさま

午前中レッスンした後、午後は神野靖子さんと伴奏合わせ。夜は塚田佳男先生のレッスン、神野さんのリサイタルのプログラムを昼夜あわせて2回も通し稽古したわけで、こちらもかなり体力が必要な事を再確認。リサイタルは個々の曲を練習している時と違い、トータルなペース配分や集中力のキープなども必要なのです。ところで、昨日放送になった“BS日本のうた”の感想がたくさん届いています。僕は残念ながら見れなかったのですが、美川憲一さん&天童よしみさんとのコラボは画面でも充分お楽しみいただけたようですね。まだ再放送が2回ありますので、見逃した方は是非ご覧くださいね!(放送スケジュールはトップページで確認してください)



 7月1日(日)

高砂市文化会館大ホールで開催された三菱重工チャリティーコンサートに亡くなられた故・羽田健太郎さんのピンチヒッターとして出演。ゲストに岩崎宏美さん、男性合唱団“風”の皆さんをお迎えして、ハネケンさんもきっとどこかで聴いていて下さると思って、みんなで頑張りました。宏美さんのステージはドラムの武田光司さん、ベースのクリス・シルバスティンさんとセッション。何もかも初挑戦だったが、素晴らしい実力のミュージシャンに支えられて、本当に気持ち良く演奏できた。宏美さんの歌声と僕のピアノが一緒に音楽しているんだと思ったら感謝の気持ちでいっぱいになった。僕にとって一生の思い出になるステージだった。そして改めて羽田健太郎さんの活動の懐の広さを知り、とても学ぶ事が多かった。今日感じた事は、きっとハネケンさんが僕に残していった大きな宿題なんだろうな。これから自分のピアノを通して答えを見つけて行きたいと思います。