2008年6月の日記



 6月30日(月)

「弾き語りフォーユーイン京都@」
私のお気に入り/女ひとり/京都の恋/川の流れのように

午前中レッスンした後、昨日に引き続きアレンジ、作曲、原稿書き、自分の練習、レコーディング準備などなどずっと部屋で仕事。夜は1500メートル泳ぐ。今日で6月もおしまい、今年も半分終わりましたね〜。下半期も新しい挑戦へのステップが沢山待ち受けているので体力をつけて頑張ります!クラブ80の皆さん、ジル通信7月号発送しました。今回はお知らせが多くて90円(色々な切手を組み合わせて)で発送しています。それも楽しんでください。



 6月29日(日)

レッスン室のオーディオの調子が悪いので(音資料が上手く聴けない)ので午前中急遽電気屋さんに行く。電気屋さんってアミューズメントパーク化していて今や家族みんなで楽しめる娯楽施設だな。色々興味のある製品が沢山あったが、時間が無いので一番操作の簡単なデッキを購入して来た。その後は部屋で引き続き仕事三昧。アレンジ、作曲、レッスン、自分の練習、楽譜の整理などなど・・。外は雨が音を立てて降っていたが結局深夜まで部屋から一歩も出なかった。レッスン室から自宅へ帰る時ふと見ると、玄関の紫陽花がここ数日で日に日に鮮やかにそして大きくなっている事に気付く。雨に打たれながらこそ成長する花もあるんだね。



 6月28日(土)

今週は久し振りに家でゆっくり過ごす週末。といってもお休みでは無く、エッセイの原稿書き、アレンジ、新しいプログラムの譜読み、レコーディングの準備などなど、やらなきゃいけない事が目白押しだ。久し振りに自分の練習の為にピアノに向かったら、指の筋力が落ちていて後半バテバテだった。仕事では毎日弾いているけど、やっぱり基礎トレーニングを怠ってはいけないね。夜は1200メートル泳ぐ。



 6月27日(金)

今日は「童謡の謎」の音合わせ&リハーサル。アレンジやサイズを確認しながら合田道人さんと打ち合わせをする。日替わりのゲストコーナーを設けて、往年の童謡歌手の方やクラシックの方などをお迎えする事になり、あらゆる角度から童謡を追求する中身の濃い舞台になりそうだ。僕とっても大変勉強になる。また、苦労の甲斐があって出演者の皆さんの個性を十分に生かすアレンジが出来上がった。これから手直しに入る予定。皆さん、是非来てくださいね!



 6月26日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流続ピアノよ歌え音楽講座Part22 今週のクラシックな2曲〜あめのおと、あまぐつのおと/片足の鳥居(佐藤敏直)/雨のち晴れ(桜井和寿)

午前中レッスンした後、午後から引き続き舞台用のアレンジ。夕方は日本ALS協会にでかけて、3月の「モリー先生との火曜日」の公演での収益金と、その時に会場で販売したCDの売り上げを出演者代表としてお渡ししてきました。舞台の感動と共に、病気と戦う皆さんのご苦労をお聞きして、再演に向けてまた頑張りたいと改めて思いました。帰ってからクラブ80ジル通信7月号の原稿に取り掛かる。もう、そんな時期か、1ヶ月経つの速いなあ〜。



 6月25日(水)

「弾き語りフォーユー」
夏は来ぬ/赤い靴(伊藤咲子)/七里ヶ浜の哀歌〜砂山(山田耕筰)〜砂山(中山晋平)

午前中、原宿のアコスタジオに出かけ2台ピアノのレッスンをする。以前に一度演奏会を経験しているペアなので、大分息が合ってきた。経験って大事だね。終わってから渋谷でCDを探してから、麻布のクリーニング店に衣装を取りに行く。夕方からはずっと「童謡の謎」の舞台用のアレンジ。今回はいつに無くアイディアが次々と浮かんできて順調。かなり捗ったが、またまたペン凧が痛い(笑)。夜は1200メートル泳ぐ。



 6月24日(火)

「弾き語りフォーユー」
夕焼け小焼け/大きな古時計(弾き歌い)/故郷

NHKの収録日でしたが、まず午前中に連載楽譜の原稿を仕上げる。「えっ!あの曲を」と言う曲を「えっ!こんなアレンジで?」と言う感じに仕上げました。。。その後舞台用のアレンジを何曲か仕上げてからNHKへ。隣のスタジオでは島健さんが収録中だったのでご挨拶する。今日はNHKホールでは神野美伽さん、秋川雅史さん、天童よしみさん、知っている方が大勢出演なさっていましたが、すぐ近くにいたのに時間が無くて後からメールでご挨拶、ニアミスに終わり残念残念。再びスタジオに戻っての収録は何だか懐かしい感じがしました(笑)。夜は1500メートル泳ぐ。



 6月23日(月)

「弾き語りフォーユー」
ローレライ/約束は心の中に/浜辺の歌(野崎由美)

今日は姿月あさとさんと7月の舞台のための音合わせ。彼女は本当に音域が広く加えて感性が鋭くて感心する。譜面も強いし存在感のある歌声、きっと素敵な舞台になりそうだ。あさとさんの歌う曲は童謡+クラシック曲の小原らしいアレンジになる予定。どうぞお楽しみに!午後は畑中更予先生のレッスンに伺う。帰ってから連載楽譜の原稿に取り掛かり、夜は1500メートル泳ぐ。



 6月22日(日)

午前中少しゆっくりして昼間のマスターズ練習にでて2000メートル泳ぐ。午後レッスンした後に国立へ出かけて、7/21に第一生命ホールで開催される佐藤敏直作品の演奏会のリハーサル。子供たちのための曲集の中から自然や平和をテーマにした作品を選んで「地球」の組曲を作ってみた。朗読やパフォーマンスも付くので、曲の中のメッセージやストーリーが上手く伝わるステージになったら嬉しい。リトミックの中館栄子先生や佐藤敏直先生の奥様もいらしてくださったので、色々敏直先生の想い出話など伺いながらイメージを膨らます。何だか楽しみになってきた。



 6月21日(土)

朝の新幹線で東京へ戻り、そのまま川越へ。川越市市民会館で武州ガス主催の小原孝ピアノリサイタル。会長ご夫妻が音楽好きで、僕のコンサートに足を運んでくださいます。それがご縁でいつもコンサートを開催して頂けて感謝です。何しろ今回も5000名を越える応募があったとか(抽選に外れた皆様ごめんなさい、またの機会に!)。満員のお客様に囲まれてとても暖かい演奏会になりました。移動スケジュールはハードでしたがホールのスタッフや調律の方も覚えていて下さったのでスムーズに楽しく演奏でき大満足でした。サイン会で「子供の時、僕のコンサートを聴いたのがきっかけで音大大学院まで行って勉強しています」と話してくれた人が居ました。何だか嬉しかったです。帰ってから1500メートル泳ぐ。



 6月20日(金)

午前中に京都へ移動、東福寺霊源院に寄り知人の墓参りをする。にこにこ微笑んだ可愛らしいお地蔵さんがいっぱい見つけた。今日は同志社女子大学栄光館ファウラーチャペルで「弾き語りフォーユー」初の公開収録。雨の中大勢の方が(それも全国各地から)聴きに来てくださり感激。初めてだったからお客様もスタッフも緊張気味にスタートしたけど、徐々にペースがつかめてきて、放送には使われないアトラクションも含めて楽しく収録できた。この模様は6/30〜7/3(再放送は7/1〜7/4)に放送される予定です、由緒ある素敵なチャペルからの一味違う放送をどうぞお楽しみに。スタッフ及び関係者の皆さん御世話になりました。守衛さんがいつも番組を聴いて下さっている話を聞いて嬉しかったです。終演後は賀茂川の流れを見ながら打ち上げ&今後の計画なども話し合う。色々な場所でできたらいいなあ〜。



 6月19日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流続ピアノよ歌え音楽講座Part22 今週のクラシックな一曲〜雨だれのプレリュード(ショパン)/仔ねこの情景(小原孝)

午前中レッスンした後、北千住のシアター1010で水前寺清子さんのアコースティックコンサートを聴かせて戴く。長いキャリアにもかかわらずこういったタイプのコンサートは初挑戦だそうですが、3時間近いプログラムで様々な曲を歌いこなし流石のステージ。歌だけではなくてトークや身のこなし方も本当に美しくとても参考になりました。終演後にお会いした時はあれだけのステージをした後なのに、疲れた顔もせずとてもお優しくて、ますますファンになりました。また、来月このホールでご一緒する合田道人さんは構成だけでなく、ピアノやその他の楽器まで演奏して大活躍だった。帰ってから明日の京都での公開収録や明後日の川越のコンサートの準備と練習をする。



 6月18日(水)

「弾き語りフォーユー」
わんぱくマーチ/ビューティフル・ネーム/いのちの名前/翼を下さい

今日は尚美学園大学の特別講座。「小原孝のピアノよ歌え演奏法〜華麗なるレパートリーを身につけよう!〜」リスト作曲のラ・カンパネッラ、ピアソラ作曲のリベルタンゴ、と僕の楽譜集からミスチルの「しるし」の3曲を取り上げた。かっこ良いレパートリーを身に付けつつ、それが良い練習曲になるのなら一石二鳥なのだ。副都心線に始めて乗ったが、遅れなければとても便利で快適だった。帰りは朝霞の「紅橋」(同級生のやってる綺麗なレストラン)に寄ってミニ同窓会。夜は1400メートル泳ぐ。



 6月17日(火)

「弾き語りフォーユー」
雨の遊園地/雨の街を/冷たい雨/さよならレイニーステイション(弾き歌い)

NHKの収録日。今日はいよいよ近づいてきた京都での公開収録の準備もあわせてしていたら、うっかり忘れ物をして大混乱。資料をファックスしてもらったり届けてもらったりしながら、結局時間通り無事に収録できた。お手数おかけしてすみませんでした。公開収録ももし好評だと他の地域でも出来そうなので、頑張ろう!



 6月16日(月)

「弾き語りフォーユー」
あざみの歌/花嫁人形/結婚しようよ/結婚するって本当ですか?

午前中レッスンした後、引き続き午後からアレンジや自分の練習などなど。夕方から代官山に髪を切りに出かける。知らなかったけど大井町線に急行が出来ていて、乗り換えのタイミングもうまくいったので(偶然だけど)30分かからないで行く事が出来た。便利になったな〜と思いきや新しく開通した副都心線が大混乱のニュース。便利と不便は常に背中合わせなのかも。夜は1500メートル泳ぐ。



 6月15日(日)

つかの間の北海道の夢から戻り、今日は再び現実的な生活へ。まずは久し振りに昼間のマスターズに参加して1700メートル泳ぐ。気分転換した後は、舞台のためのアレンジ・作曲に取り組む。普通だと仕事が立て込んでいる時はパニックに陥るのだが、今回は良いアイディアが沢山湧き上がってきているので楽しみながら5線紙とピアノに向かっている。地震のあった地域の知人や友人とも連絡がついてほっとした。被害がこれ以上広がらない事を願っています。



 6月14日(土)

金森(かねもり)ホールで函館の名所の金森赤レンガ倉庫の20周年記念コンサートに出演。とても良い雰囲気のある場所でいつもはオールスタンディングで盛り上がるタイプのコンサートが多いようですが、今日はみんなでゆったり楽しむプログラムを静かに聴いていただきました。「弾き語りフォーユー」を聴いて下さっている方が本当に多くて大感激でした。宿泊したホテルに北島三郎記念館が隣接していて、とてもインパクトがあったので「与作」も急遽アレンジして弾きましたよ。函館のコンサートでしたが、青森や札幌・苫小牧などなど、各地から集まって聴きに来てくださった方も多く、感謝です!北海道や東北地区のコンサートももっと沢山出来たらいいな〜。



 6月13日(金)

午前中、細々と仕事の整理(函館に持って行ってやる仕事と東京でやる仕事を分ける作業・・)をした後、函館に向かうが飛行機が大幅に遅れる。当日演奏じゃなくて良かった。夕方は少し函館の街並みを見学した後、夜はレッスン(函館から通ってきている方の)をして、その後そこのピアノを借りて練習をする。函館は思ったより肌寒くてびっくり、ステージ用に持って来たカラフルなスカーフが大活躍してまるで羞恥心状態でした(笑)。それにしても海の幸が美味しくて、大満足。先日プレゼントで戴いてチェックしていた五島軒ベルギーチョコもしっかりゲットしました。濃厚ですが美味しいですよ。



 6月12日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流続ピアノよ歌え音楽講座Part21 今週のクラシックな一曲〜私のお父さん(プッチーニ)/アラベスク第一番(ドビュッシー)/天使の声(ブルクミュラー)

午前中レッスンした後、明日のコンサートの練習やアレンジに取り掛かる。夜は新国立劇場で本日初日の「DRACULA〜ミュージカルロマンス ドラキュラ伝説」を観る。「モリー先生」でご一緒した高橋知伽江さんが脚本、光枝明彦さんと「コールポーター」でご一緒した大澄賢也さんが出演。客席では同じく「モリー先生」でご一緒している今拓哉さんにもお会いしたり、とにかく知り合いが多くて何だか僕も舞台の人になったみたいだった(笑)。知伽江さんの愛に満ち溢れた泣かせる脚本、松平健さんの圧倒的な存在感、光枝&大澄両氏の相変わらずの芸達者振り、音楽や演出も素晴らしく感動の嵐でした!帰ってから、1500メートル泳ぐ。



 6月11日(水)

「弾き語りフォーユー」
ON MY OWN/あの日の川/さくらんぼの実る頃

午前中レッスンした後、午後から舞台のアレンジ。夕方、新しい衣装を作りに青山へ出かける。今回はステージ用ではなく、講座やテレビ・ラジオ収録など用にちょっとイメージチェンジしたカジュアルな服に挑戦。果たして似合うか?その後六本木に移動して、プレゼント用の贈る花を選ぶ。各人のキャラクターやそのときの役によって色々想像しながら花を選ぶのは、結構楽しい作業だ。帰ってから、再びアレンジに取り掛かる。あれこれアイディアを練っているとあっという間に時間が経つ、またしばらくは昼も夜もなさそうだな。



 6月10日(火)

「弾き語りフォーユー」
雨がすぎても/ブラザー軒(小原孝)/くちなし(弾き歌い)

NHKの収録日。テレビでは現代を象徴するような悲惨なニュースが続いている。突然奪われた命、泣き崩れて謝罪する両親、あってはならない事件だった。そんな中で水着が自由選択できるニュースやバレーボールの頑張る選手をみていると、荒んだ心が和らぐ気がする。スポーツや音楽を通じて伝えられるメッセージはきっとあるはずだね。そんな事を考えながら夜は用賀で2000メートル泳ぎ帰ってから、7月の舞台のアレンジを始める。



 6月9日(月)

「弾き語りフォーユー」
おやじの海/悲しい酒/蛙の笛(川島由美)

午前中レッスンした後、午後からリハーサル&アレンジ三昧。音資料を作ったり聴いたり、部屋は再び凄い事になりだした・・。夜は7月の舞台「童謡の謎」の顔合わせ&音あわせ。姿月あさとさんは低音から高音まで音域が広くて驚いた。伊藤咲子さん、つのだ☆ひろさん、角川裕明さんと表現力豊かな皆さんが揃い、一味も二味も違う世界が生まれそうだ。合田道人さんは流石、ひとつひとつの歌の内容に詳しく、童謡の舞台を作るには最高のパートナーです。打ち合わせ後、同じく合田さんが舞台の構成を手がける水前寺清子さんとお逢いする。僕のCDを以前から聴いていて下さっていたそうで大感激!



 6月8日(日)

東京オペラシティーコンサートホールで錦織健&河原忠之両氏と共演、「初夏の夢」と題したコンサートに出演。山田耕筰作品からユーミン、クィーンまでスペシャルプログラムでお届けする。すべてこの日のためのアレンジだったからスリル満点、でも楽しかった。特に健ちゃんとは9年ぶりの共演、観客のハートを虜にするエンターティナー振りに磨きがかかって只々感心。河原氏はすでに巨匠の風格。2人の成長振りを間近で感じて、僕ももっと頑張ろうと心に誓った次第。夜は早速新しいプログラムの譜読みを中心に自分の練習2時間しました。



 6月7日(土)

午前中レッスンした後、午後からは演奏会の準備。並行して配布するDMやおばら新聞の準備やパソコンやプリンターなどの点検をする。仕事で送っていただく資料の開き方がわからない事もしばしばで、パソコンももう少し勉強しないといけないなあ〜。夜は1400メートル泳ぐ。



 6月6日(金)

午前中、家で仕事した後午後からは錦織健&河原忠之両氏とリハーサル。前回のリハの時はどうなるかと思ったが、2台のピアノ+声のアレンジもまとまってきて(かなり斬新)、本番が楽しみだ。その後、TOKYO FMホールに移動して「LivingTogether×TOKYO FM×ぐるりのこと。 ポエトリー・リーディング〜Think About AIDS」に出演。佐藤江梨子さん、橋口良輔さん、リリーフランキーさんの朗読に即興生演奏でピアノ伴奏する。江梨子さんは抜群のスタイル&とても素直で魅力的。僕のCDを差し上げたら、サイン入りのカレンダーを頂きました(プレミアもの!)。橋口監督は話の途中で涙する、繊細な感性の持ち主。フランキーさんは頭の回転が速すぎてほとんど台本通り進まず、大変長いイヴェントなりました。この模様はそのうち特番で放送される予定です。



 6月5日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流続ピアノよ歌え音楽講座PartS 今週のクラシックな一曲〜サマーの夢(ロリン)/シェルブールの雨傘(ジェシィノーマン)/HIGH NOON(小原孝)

午前中レッスンした後、午後からは神野美伽さんと打ち合わせ。近くまで行きながら思いっきり道に迷って、神野宅周辺をぐるぐる・・。迷っている間に雨が降らなくて良かった。久しぶりの共演なので、色々と楽しい計画をしてみたいね〜と話が盛り上がる。帰ってから、自分の練習とアレンジなどなど。夜は1500メートル泳ぐ。



 6月4日(水)

「弾き語りフォーユー」
ユーミン特集〜ひこうき雲/緑の街に舞い降りて/水の影

  茨城県取手市の宮和田小学校で音楽鑑賞会に出演。いつもは段上にあるピアノを体育館のフロアに下ろして、子供たちのすぐ側で演奏。1年生も上級生と同じように90分間、床に座ったまま真剣に聴いてくれたから驚いた。ピアノ探検隊とピアノの中を探検したり、各学年からのリクエスト曲を演奏したり、僕も色々と普段は出来ない新しい試みに挑戦してみた。子供たちに音楽の素晴しさが伝わったら嬉しい。早起きをしたので帰ってから昼寝。夕方から漸く仕事に手を付ける。夜は1300メートル泳ぐ。



 6月3日(火)

「弾き語りフォーユー」
四つ葉のクローバー/ジルの誕生日/六月しとしと涙雨(野崎由美)

NHKの収録日。合間に京都の公開収録の打ち合わせや、取材もする。最近、収録した直後に同じ曲にリクエストが届くパターンが何故か増えている。そんなタイミングだとすぐには演奏出来ないけれど、リクエストは没にせずにちゃんと次の機会までキープしていますので、気長にお待ち下さいね。夜は1500メートル泳ぐ。



 6月2日(月)

「弾き語りフォーユー」
青い山脈/青い影/青いエアメール/青葉城恋歌

今日は自宅でレッスン、資料探し、原稿チェック、自分の練習、演奏会の準備、などなど家で仕事。演奏会のある日の方がそれに集中しているから、返って楽なのかも。いつも演奏会の翌日は何から手を付けていいかわからない程、仕事が溜まっていていて、あっという間に過ぎるのです。夜は1500メートル泳ぐ。梅雨に突入しましたね、外はずっと雨・・・。



 6月1日(日)

地元ノクティーのホールでリサイタル。今日は民謡の伊藤多喜雄さんをゲストに迎えて、本当にスペシャルな今日だけの特別なプログラム。ソーラン節・貝殻節・木曾節・牛追い唄・金毘羅さん〜5曲をピアノとヴォーカルだけのシンプルなステージお届けした。ジャンルは違えど音楽に対する想いは一緒。演奏はもちろん生き方も魅力的でとてもカッコいい!リハーサルや終演後の打ち上げでも色々とお話してくださり、感激でした。これを機会に又是非共演したいです。こんな素敵なチャンスを作ってくださった地元高津区の文化協会の皆様に感謝。