2013年6月の日記



 6月30日(日)

南大沢文化会館交流ホールで開催された「リトルピアニスト&JOYJOYミュージックファミリー「逢えてよかったね友だちプロジェクト応援コンサート」に行きました。子供たちが実に伸び伸びと音楽して、ご家族の方も客席の皆さんも一体になった素敵なコンサートでした。みんなで何回も色々な形の「逢えてよかったね」を歌って、子供たちも募金に協力してくれました(^^♪大谷よしみさんのプロデュース&指導、ゲストは岡崎裕美さん、秋に舞台をご一緒する女優の和泉ちぬさんと市原康と急遽トークも。今日も楽しかった〜夜は60分ウォーキング。



 6月29日(土)

東京オペラシティーリサイタルホールで開催された野崎由美ソプラノリサイタルに出演。珍しい山田耕筰作曲のドイツリート、畑中良輔先生の作品、木下牧子さんの委嘱作品「野梅」など濃い内容のリサイタル。新作は2週間前に出来上がったばかりですが、集中して練習したので本番は緊張感溢れる演奏になり、大好評。超難曲ですが、これから多くの皆さんに歌って戴けたら幸いです。木下先生もご機嫌で打ち上げも大盛り上がり〜、楽しかった(^^♪帰ってからは30分ウォーキング。



 6月28日(金)

仕事三昧〜楽譜の校正無事に終了〜CDマスタリングいい感じに仕上がっています〜何とか予定通りに発売できる予定です。バースディカードを制作、小原孝お便り倶楽部「クラブ80」7月号も無事に発送できました。もちろん練習も頑張りました、明日は演奏に集中しよう!



 6月27日(木)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集G〜シェルブールの雨傘/明日は晴れかな曇りかな(佐藤恵津子)/虹の彼方に

午前中レッスンした後、小原孝のお便り倶楽部「クラブ80」ジル通信7月号の原稿を書き上げる。午後からは練習日、6/29「オペラシティー」と7/3「ティアラこうとう」のプログラムを丁寧に練習し直す。全曲やったら6時間以上かかった・・。夜は1200メートル泳いだ後、楽譜集の校正チェック。波乱のウィンブルドンが気になる・・ナダルもフェデラーもシャラポワもランキング100位以下の選手に敗退、人間だからどんな一流選手だっていつも完璧なわけじゃない、敗れ去ったチャンピオンたちがこれからどう立ち直っていくのか、その精神力に注目したい。そんな中でわれらが伊達様が17年振り&圭くんが2年連続3回戦進出素晴らしい!応援します(^^♪



 6月26日(水)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集F〜初恋の通り雨/つゆのあとさき(BABY BOO)/六月しとしと涙雨(弾き歌い)

楽譜集の原稿とCDのライナーノートの原稿を書く。夕方から野崎由美さんとリサイタルの通し稽古。出来たてのほやほや木下牧子さんの委嘱新曲(超難曲)も何とかまとまってきたかな、あと数日頑張ります♪



 6月25日(火)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集E〜てるてる坊主/雨降りお月さん/あめふりくまのこ/雨だれ(ショパン)/城ケ島の雨

NHKの収録日、歌謡コンサートに出演する神野美伽さんがスタジオに遊びに来てくれましたが写真撮り忘れました〜♪楽譜集の校正チェックと雑誌掲載の原稿も仕上げる。締切だらけの怒涛の一週間頑張ろう(^^♪



 6月24日(月)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集5〜雨のバラード/雨/小雨降る径/雨にぬれても

午前中レッスンした後、自分の練習と楽譜チェックや原稿に取り掛かる。勝負の週にやってきた〜頑張ります♪ 夜は岩崎宏美さん&神野美伽さんと打ち合わせ。みんな忙しくて、中々スケジュールが合わず漸く逢えました〜何の打ち合わせかはまだ内緒ですが、素敵な音楽が出来そうです(^^♪



 6月23日(日)

午前中ゆっくりして温泉に入る。午後は昨日に引き続き那須MUSEで「小原孝ピアノサロンコンサート2013」を開催。満員でかなり近い距離に客席ががあったのでちょっとドキドキしました。さらに昼のコンサートで見晴らしが良いホールなので星や月の名曲も、明るい中で演奏(笑)いつもと違った雰囲気になりました。昨日のメンバーには「逢えてよかったね」「逢えてよかったね2」の2曲を合唱して戴きました。とてもアットホームで和やかな演奏会になりましたね、スタッフの皆様ありがとうございました。終演後はホールのオーナー阿部さん他の皆さんと食事しながら、今後の計画など話しました。それにしてもこの二日間美味しいもの沢山食べ捲ったな〜(^^♪



 6月22日(土)

栃木県那須のMUSEで昨年に引き続き「小原孝のピアノで歌う会」を開催。中村芳子さんの門下の皆さんが発表会で演奏した曲をさらにクオリティーを上げて勉強する会。一度歌ったことがある曲だけに皆さんともリハーサルもスムーズで、練習しているうちにどんどん演奏が変化していく。しかし今日になって再び移調した曲もあり、僕は結構ひやひやものでした。今回はピアニストのレッスンも加わって、大変楽しい有意義なレッスン&演奏会になり打ち上げも大盛り上がりでした〜がやはりかなり疲れてホテルに着いたら爆睡でした。



 6月21日(金)

午前中レッスンした後、午後からはひたすら(笑)練習日。明日那須で開催される「小原孝のピアノで歌う会」はおなじみの曲が多いのだが、移調譜が沢山あるので移調のトレーニングにもなっています・・。結局、原稿は全て来週回しになりました・・すみませんm(__)m。



 6月20日(木)

「弾き語りフォーユー」
父の日名曲特集C〜私のお父さん(プッチーニ)/お父さんの足音(バイエル)/歌のある限り(雪村いづみ)

6/29東京オペラシティーリサイタルホールで開催される「野崎由美ソプラノリサイタル」で初演される木下牧子さんのの委嘱作品のリハーサル。楽譜が届いたのがギリギリになったので、今日は作曲家自身のご意見を伺いながら急ピッチで仕上げています。ピアノのパートが超難しいから、あと一週間頑張って練習します・・が今週末は別の演奏会もある。合理的な練習時間作りが目下のテーマです。



 6月19日(水)

「弾き語りフォーユー」
父の日名曲特集B〜野風増/退職の日に(さだまさし)

午前中、PTNA音楽総合力UPワークショップに参加。今回は打楽器奏者の藤本隆文さんの楽しいお話とと学生たちの素敵な演奏で、リズム感やグルーブ感、そして打楽器や打楽器奏者に関する奥深い話を沢山伺い、目から鱗状態。とても楽しい時間でした。最後に演奏された作品が、偶然にも一緒に聴いていた多喜靖美先生が初演の時に楽器手配に関わっていた想い出深い曲だったそうで(しかも手配だけ手伝って聞いたのは今回が初めてだそうです)、そういった偶然の巡り逢わせも音楽の素敵な繋がりですね(^^♪ 午後からは久しぶりに2台のピアノのレッスン、曲は三善晃作品の「唱歌の四季」でした。美しい作品だけに熱の入ったレッスンに、少しアドバイスするだけで演奏が見違えるほど変化するので音楽の様々な可能性を探りながら楽しくレッスンしました。夜は自分の練習をした後、50分ウォーキング、このところの運動不足を何とか解消しなければ・・。



 6月18日(火)

「弾き語りフォーユー」
父の日名曲特集A〜娘へのバラード/くちなしの花/くちなし(伊藤京子)/ゆりかご(平井康三郎)

NHKの収録日。「逢えてよかったね友だちプロジェクト」の反響が続々と届いています。可愛いラジル君グッズもゲットしましたよ〜(^^♪ 仕事は何もかも切羽詰っていますが(笑)、頑張ってます。



 6月17日(月)

「弾き語りフォーユー」
父の日名曲特集@〜娘よ/オー・マイ・パパ/パパの歌/うちのお父さん(かぐや姫)

午前中東京戻り、午後から塚田佳男先生のレッスンに伺った後、歯医者へ。なかなか時間がタイトなので色々と予定が重なりあちこち移動しました〜目が回りそう(笑)。夜は自宅に戻り自分の練習した後1000メートル泳ぐ。



 6月16日(日)

石巻中央公民館で「小原孝弾き語りフォーユーピアノコンサート〜逢えてよかったね友だちプロジェクト」を開催しました。今回は石巻市芸術文化振興財団の皆さんが協力して下さり、ホールの手配チラシや整理券の制作や配布などお世話になりました。施設の子供たちやクミコさんの「きっとツナガル」つながりタイの皆さん、石巻だけで岩沼・栗原・県外からも集まって戴き、多くの皆さんに聴いて戴くことが出来ました。友だちプロジェクト合唱団には「アンサンブルフレーズ」の皆さん、メンバーのピアノ支援で繋がっている先生方のお声掛けでコンサートが実現したんです。合唱団の中には子供の時に僕の「ねこふんじゃったコンサート」を聴いて音大に行った人もいて感動。音楽の輪は確実に少しずつ広がっていますね♪つい最近楽器支援をして今は保母さんを目指して勉強を始めた方にもお逢い出来ました。演奏会の後は「石巻日日新聞」の武内宏之氏にお目にかかり大津波の事と復興に向けての問題や現状など貴重な話を沢山伺い、音楽で出来る心の復興支援はこれからがスタートだと改めて勇気を戴きました。その後ピアノのある小さなカフェ「川辺りの散歩道」によって急遽ミニコンサート、みんなで「逢えてよかったね」歌うことが出来ました♪石巻の皆さん、本当にありがとう!またきっとお会いしましょう(^^♪



 6月15日(土)

宮城県仙台に移動、新幹線の中でFB友だちの麻倉未稀さんと偶然お逢いする。シルバーセンター交流ホールで開催された全国大学音楽教育学会東北地区学会研究会で特別講演「音楽表現の可能性〜ピアノよ歌え!指導法&演奏法」をしてまいりました。東北の先生方にお目にかかるのは、震災の年に裏磐梯で開催された全国大会以来、それがきっかけで今回も繋がったのですが、あれから早くも2年・・。音楽教育の現場から新しい復興の力が生まれていくように願います。なお、講演タイトルは僕らしくなく?少々難しいですが、指一本シリーズ、ねこふんじゃった、ブルクミュラー&ギロック、ピアノ詩集を題材に演奏と講義。さらにはみんなで「逢えてよかったね」を歌って締めくくりました。以前、オルガン寄贈に協力をした塩釜の教会関係者にお逢いして話を伺うことも出来ました。お陰様で充実した講義になりました、関係者の皆様ありがとうございました♪夜は東北大学交響楽団の第160回定演聴きに川内萩ホールへ、今年の実行委員長が僕のピアノの弟子(上越の出身なのになぜか東北大学へ行った)、更にはいつもコール青葉の演奏会でお世話になっている岡崎光治さんが指揮、ソリストは大島洋子さん、永井和子さん、吉田浩之さん、多田羅迪夫さん、仙台ヴェルディー合唱団のメンバーにも知っている顔が大勢。偶然にも聞きに行くことが出来て良かったです。皆さんの思いのこもったヴェルディ-作曲レクイエムを祈りながら聴きました。



 6月14日(金)

午前中少しのんびり過ごした後東京戻り。夕方からは野崎由美さんと日本歌曲のリハーサル・・ですが、木下牧子さんの委嘱作品がまだ未完成なので途中まで練習する。果たして間に合うか、ドキドキですね♪夜は自分の練習を2時間した後1200メートル泳ぐ。



 6月13日(木)

「弾き語りフォーユー」
時の記念日名曲特集C〜今何時?(ラヴァーニュ)/TIME AFTER TIME/時をかける少女/WOMAN〜Wの悲劇

本日はOFF☆以前からの計画通り、大阪へ。スケジュールが合わず見逃した「マイケルジャクソン+シルクドソレイユ〜THE IMMORTAL ワールドツアー」を大阪城ホールで観てきました。マイケルの音楽が青春だった僕らの世代も、マイケルを知らない子供たちも一緒に楽しめる素晴らしい舞台、音楽も構成もパフォーマンスも最高なのはもちろんですが、何よりも愛に溢れたメッセージが実に感動的。僕も「ピアノよ歌え」シリーズのCDでピアノ曲にアレンジしてレコーディングいている「アースソング」ももちろん登場して思わず涙しました。この感動を胸に週末また宮城県に伺いますね!ホテルも予期せぬアップグレイドで眺めの良い部屋になり、つかの間ですが最高のOFFでした。



 6月12日(水)

「弾き語りフォーユー」
時の記念日名曲特集B〜シンコペイティド・クロック(アンダーソン)/早起き時計/時計をとめて/TOMORROW TODAY/YESTERDAY ONCE MORE

先週に引き続いてHARAHARA倶楽部、歌のレコーディング第2日目。残りの曲を無事に仕上げました♪何と7月のピアノランドフェスティバルに間に合わせようと、この先急ピッチで作業が続く予定に・・頑張ります。もう一点CD「弾き語りフォーユーBEST〜ランチでピアノ」の中から楽譜出版が決まった「カッチーニのアヴェマリア」と「ラヴェルのひとりボレロ」の校正もスタート。頑張りますね♪レコーディングの後、グラミー賞受賞の栄誉に輝いたローランド創始者「梯郁太郎」氏の受賞記念パーティーと演奏会に出席。会場では作曲家の富田勲(以下敬称略)服部克久、渡辺俊幸、千住明、ピアニストの前田憲男、宮谷理香、幅しげみ、演奏会出演は加羽沢美濃、高橋多佳子、木住野睦子、橘ゆり・・多くの著名人の皆さんと夢のような時間を過ごしました。梯氏の業績と世界の音楽界に与えた影響力、更には楽器や仕事に対しての今尚ほとばしる情熱と真摯な姿勢は本当に素晴らしい限り♪そんな方と一緒に音楽が出来て幸せです(^^♪



 6月11日(火)

「弾き語りフォーユー」
時の記念日名曲特集A〜柱時計と腕時計(ギロック)/チクタク時計(ツェルニー)/AS TIME GOES BY/大きな古時計(弾き歌い) NHKの収録日。早くも盛岡や宮古のコンサートの感想が届いていて、時代がか変わったな〜と思いつつ、頑張って開催してよかったな〜と改めて思いました。逢えてよかったね友だちプロジェクトを通して見たり聞いたり感じたりしたことは、番組でも必ず皆さんに伝えますね。



 6月10日(月)

「弾き語りフォーユー」
時の記念日名曲特集@〜東京曲第101番〜時計(ハイドン)/時の踊り〜歌劇ジョコンダより(ポンキエッリ)/時の過ぎゆくままに/時間よ止まれ/時の流れに身をまかせ

午前中東京戻り、午後からは演奏会の後処理と今週末の演奏会&講演の準備と練習。さすがにレンタカー移動の疲れが出たのか家でのろのろと休みながら仕事をしていたのであまり捗りませんでした・・。



 6月9日(日)

岩手県宮古市陸中ビル3Fホールで「小原孝・弾き語りフォーユーピアノコンサート〜逢えてよかったね友だちプロジェクト」を開催、友だちプロジェクト合唱団には、宮古市木曜会/女声合唱団不来方エコー(盛岡)/おたまじゃくしで遊ぶ会(岩泉)/エーデルワイス(一関)/地元高校生有志 の皆さんが参加して下さり今日だけの美しいハーモニーで「逢えてよかったね」「願い〜震災を乗り越えて」を歌って下さいました。今回は全くの手作りコンサート、ホールを借りるところから当日会場の椅子並べまで合唱団の皆様が協力してコンサートが無事開催出来た事、心より感謝致します。客席には仮設住宅にお住いの方も、大槌町から「キッズコーラスあぐどまめの指導者」児玉先生も来られて、サントリーホールではゆっくりお話しできませんでしたが、今回は色々話を伺えました。コンサートの前後には大津波の被害がまだまだそのまま残る津軽石や田老地区、知人宅のあるお隣岩泉町の小本地区に行きました。今は瓦礫が無くなり草が生えていますが、そこに多くの方の生活空間があった事を思うと信じ難い景色です。音楽で出来る事はとても小さいけれど、小さい事を積み重ねて行くのが大切だと実感した一日でもありました。協力&聴きにいらして下さった皆様、本当にありがとうございましたm(__)m



 6月8日(土)

岩手県民会館中ホールで女声合唱団不来方エコー第10回演奏会にゲスト出演。指揮の佐藤恵津子さんとは奏楽堂日本歌曲コンクールがきっかけでご一緒してCD「武満徹作品集SONGS」をレコーディング、こちらはレコ芸特選盤となっています。それがご縁で今回のゲスト出演、僕のソロコーナーは弾き語りフォーユースタイルで、更には何と小原孝合唱作品集のステージで7曲歌って下さいました。感激です♪客席には先日サントリーホールで友だちプロジェクト合唱団として歌ってくれた「大槌童謡の会」「東北大学男声OB合唱団CHOR青葉」のメンバーの方も来て下さって、着実に音楽の輪が広がって行くのを実感しました。打ち上げでは、合唱団の皆さんがこの演奏会のためにどれだけ熱心に取り組んだか丸秘エピソードも沢山聴けて楽しかったです。素晴らしい歌声、ありがとうございました&お疲れさまでした。



 6月7日(金)

午前中レッスンした後、週末のコンサートの準備を色々とした後、夜は塚田先生のレッスンに伺う。5月はずっとシューベルトを練習していたから日本歌曲を弾くと何だか新鮮な気分がした。レッスンの後打ち合わせをして、帰ってからコンサートの準備をして深夜に青山の事務所に移動。いよいよずっと計画していた「逢えてよかったね友だちプロジェクト東北編」が始動します(^^♪ 



 6月6日(木)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集C〜雨のステイション/青いエアメイル/冷たい雨/水の影(松任谷由実)

ソプラノ野崎由美さんとリサイタルのリハーサルをしましたが、委嘱作品はその後まだ出来上がって来ていないようです。今までの木下作品とは趣の違う意欲作なので、楽しみでもあり不安でもあり・・ドキドキです。夜は1200メートル泳ぐ。



 6月5日(水)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集B〜レイニーブルー/みずいろの雨/雨やどり/六月しとしと涙雨(作詞・垣内磯子 作曲&ピアノ・小原孝 歌・野崎由美)/かたつむり

今日はレコーディング、樹原涼子さんとのユニット「HARAHARA倶楽部」8年ぶりのCDの歌入れでした。伴奏はピアノだけとシンプルですが、コーラスパートも自分たちの声を重ねて二人だけの世界を丁寧に作っています。「弾き語りフォーユー」で話題になった村上信夫さん作詞の作品も収録しました。順調に進んでいます・・いくつか宿題ができたので続きはまた来週。



 6月4日(火)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集A〜雨のエアポート/京のにわか雨/雨の慕情/六月しとしと涙雨(作詞・垣内磯子 作曲・ピアノ 小原孝 歌・大和田りつ子&岡崎裕美)/雨ふり

NHKの収録日。渋谷はサッカーで凄い騒ぎになってました〜W杯出場決定良かった、本田選手の集中力さすがです。テニス全仏オープン、錦織圭選手の頑張りも良かったけど、男子8強に30代選手が4人、女王セリーナも90年代から活躍している。クルム伊達選手は別格としても長くプレイする選手が増えましたね〜僕もまだまだ頑張ろう☆スポーツから学ぶこと多いです♪



 6月3日(月)

「弾き語りフォーユー」
雨の名曲特集@〜雨の日と月曜日は/おたまじゃくしはかえるの子/かえるの合唱/蛙の笛/六月しとしと涙雨(作詞・垣内磯子 作曲・小原孝 歌・土居裕子)

本日はOFF・・・というより家で溜まり捲っている仕事を頑張りました〜。かなり頑張ったけどやってもやってもまだまだまだやることがある〜〜という状態です。クローズUP現代に出演の桑田真澄さん、東大野球部の改革に取り組んでいる。頭を使って工夫した練習、集中力、自分を信じる強い心、常識に捉われない発想、野球だけでなく音楽に役立つ話が沢山あり参考になった。桑田さんはピアノもセンスが良くて素晴らしい(^^♪夜は自分の練習2時間した後、1200メートル泳ぐ。



 6月2日(日)

野崎由美さんと、リサイタルのリハーサル。漸く木下牧子さんの委嘱作品が半分位(!)出来上がってきました。想像していた曲調と違うので少々驚きの展開、出来上がりが楽しみです。他にも山田耕筰の作ったドイツ歌曲や畑中良輔先生と作品も、初めて演奏する曲が多いので気を引き締めて練習しよう。



 6月1日(土)

オーチャードホールで藤澤ノリマサさんの5周年記念コンサートを聴いてきました。第一部は新境地に挑戦でピアノと朗読の会(笑)、ストーリーと絶妙にマッチングした選曲にハマりました。今回のピアノは武部聡志さん、ユーミンのファンクラブに入ってからずっと聴き続けている武部さんのピアノは本当に美しくて、心安らぎます。今回も素晴らしかった、終演後に初めて武部さんとお話させて頂けて感激しました〜(^^♪ 客席では神崎ゆう子さんとお隣の席、ESCOLTAの吉武君と万里生くん、渡辺俊幸先生、村松崇継さんとお逢いしました。帰り際、握手会の物凄い列に遭遇・・みんな果たして帰れたのでしょうか、ちょっと心配になりました。ノリマサ君とは7月の下関のコンサートが楽しみです。