2006年3月の日記



 3月31日(金)

今日は朝から府中少年少女合唱団の定演のリハーサル。午前中はドリームホールで舞台稽古。午後は生涯学習センターに移動して音楽稽古と最後の仕上げに励んだ。場所を移動する時ちょっと遠回りして散歩しながら、つかの間の花見を楽しむ。桜だけでなくヒヤシンスやクロッカスも綺麗に咲いてた。クラブ80の皆さん、ジル通信4月特大号発送しました。お便りクラブ80もいつのまにか9年目に突入。ささやかな活動ですが、マイペースで続けて行こうと思いますので、これからもどうぞ宜しく!



 3月30日(木)

「弾き語りフォーユー」
オペラ トゥーランドット〜誰も寝てはならぬ(プッチーニ)/蛍の光/ふるさと(朝崎郁恵)

今日は午前中からレッスン、夕方から新しい衣装を選びに表参道に出かける。あまりの寒さに思わずコートも買ってしまう。桜は満開なのに北風が吹き荒れて何という不思議な天気だろう。これではお花見は無理だね。夜は2000メートル泳ぐ。



 3月29日(水)

「弾き語りフォーユー」
イフ/タイム・トゥ・セイ・グッバイ/逢えてよかったね(Harahara倶楽部)

今日は府中少年少女合唱団の合宿に参加。直前に控えた定期演奏会に向けて子供たちの練習も気合が入ってきた。僕のオリジナル曲“よろしくね”の新しい合唱ヴァージョンもとてもいい感じなので嬉しい。帰ってからソプラノの神野靖子さんと伴奏合わせ。奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門で本選に残っている作品を歌って欲しいなっと思って連絡をとったら、偶然東京に来ていらして超ラッキー。僅か2分足らずの作品なので、あっという間に合わせは終わり、後はおしゃべりタイムでしたが(笑)。でも自分が作った曲がこうして形になるのはやっぱり嬉しい。今日は2重の喜びだった。夜は2000メートル泳ぐ。



 3月28日(火)

「弾き語りフォーユー」
制服/なごり雪/微笑がえし

NHKの収録日。スタジオの同じフロアで収録していた別番組のオーケストラのメンバーの中に、懐かしい仲間が大勢いてちょっとした同窓会ムードになった。3/30にBSで先日の“ふれあいホール〜ピアノでトリオ”が再放送に、また4月からは“弾き語りフォーユー”が週に1本だけ日曜の深夜25時35分から再々放送になります(4/9から)。ジル通信4月号の原稿が仕上がる。今号はおまけプレゼントが盛り沢山の特大号なんでクラブ80の皆さんはお楽しみに!



 3月27日(月)

「弾き語りフォーユー」
ジャニーズ系名曲特集〜サクラ咲け/青春アミーゴ/トライアングル

今日も昨日に引き続き午前中からレッスン。その後、自分の練習3時間、ジル通信の原稿書きと合唱アレンジの続き。両方とも大分出来上がってきた。夜は2200メートル泳ぐ。仕事の合間に世界フィギュアを観る。オリンピックで良い結果を出せなかったり出場できなかった人が、メダリストよりも上位になるケースも多く興味深い。スポーツは本当に精神面が大切なんだな。そう言えばオリンピックのゴールドメダリストは一人も出場しなかった。長期間モチベーションを維持するのは、きっと大変なんだね。村主選手のちょっと悔しい銀メダルを地元で凱旋パレードをしていた荒川選手はどんな思いで観ていたのだろうか?同じように努力して頑張っても、歩む道はそれぞれ全く違うものだ。



 3月26日(日)

今日は午前中からレッスン日。恒例の発表会が迫ってきているのでみんな気合が入って来た。今年は参加者が多いので直前の“ホールでレッスン”も3日間にわたりみっちりやる事に。毎年積み重ねていくと、みんなどんどん欲が出てきてレッスンも充実するけど、体力勝負だな。その後、自分の練習3時間。夜はジル通信の原稿書きと合唱曲のアレンジに没頭。



 3月25日(土)

朝、毎日新聞の方と打ち合わせ&原稿のチェックをする。関西版で4月に連載される垣内磯子さんの素敵な作品に可愛い曲を作曲してみた。ローランドのオーデション3日目。子供たちの審査はついつい甘くなる僕だが、教育の現場で活躍する人への審査は逆に厳しくなる。というのも先生が成長すれば、その先生に習っている生徒みんなの音楽人生が明るくなるのだから、本当に有意義な事だと思うからだ。夕方自宅に戻り、自分の練習2時間。夜は1800メートル泳いだ後、再び原稿に取り掛かる。



 3月24日(金)

朝、広島に移動してローランドのオーディションの審査。普段は教える立場の先生方も、審査される側になると大緊張して震えている。判るなぁ〜あの気持ち・・と思いつつ、演奏からは様々な課題が見受けられる。終わってから大阪に移動、夜はスタッフの方々やオルガン審査の先生と食事がてらディスカッションする。夜はホテルで滞り捲くっている原稿と大格闘する(笑)。



 3月23日(木)

「弾き語りフォーユー」
“僕の指から愛のうた”特集A〜今何時?(ラヴァーニュ)/僕の指から愛のうた(小原孝)/ムーランルージュ(オーリック)

午前中レッスン、午後は自分の練習2時間。その後、ゲートシティー大崎のアトリウムで樹原涼子さんとのユニット“Harahara倶楽部”の初イベント。オープンスペースでの演奏はドキドキしたが、僕らの事を知らない人や普段コンサートに来れない人にも聴いていただけたので良かった。終演後、SHIBUYA−AX へ移動して谷山浩子さんのコンサートを後半だけ聴く。夜は2000メートル泳ぐ。



 3月22日(水)

「弾き語りフォーユー」
“僕のゆびから愛のうた”特集@〜あなたが大好き(サティー)/鳩(メシアン)/ランピールのプリマドンナ(サティー)

今日はローランド音楽教室内の講師の皆さんのレヴェルをチェックするオーディションに審査で参加。初の試みだそうで、演奏だけでなく一般知識や人間性など総合力が問われる現代のニーズに合わせ、ピアノ教師の仕事の幅や質もどんどん変化してきているから、先生方も研鑽をつんで日々レヴェルアップする時代がやってきた。これがきっかけで新しいピアノ講師像を目指す指針となるなら、大変意義のある試みだと思う。ところで最近、携帯を新機種に変更したが、便利になってもぜんぜんそれが使いこなせていない。時代にあわすのは結構難しいのだな・・。夜は2000メートル泳ぐ。



 3月21日(火)

「弾き語りフォーユー」
わかれ/仰げば尊し/みんなのたからもの〜川崎市立久本小学校50周年記念歌

今日は府中の森芸術劇場で第11回こどものコーラス展に参加。府中少年少女合唱団の伴奏で、僕のオリジナル合唱曲“バクの仕事”と“ぞうのクリーニング屋さん”を初披露。子供たちはのびのびと歌ってくれて、とても楽しい演奏になった。主催の童謡協会には知っている方も多く、久し振りにイヴェントに出演した事もあってたとえば作曲家の湯山昭先生には“何故君がここにいるの?”不思議そうな顔して聞かれてしまった(笑)。帰ってから頭を切り替えて、夜は樹原涼子さんとコンサートのリハーサル。移動の途中に電車内でつい寝てしまい、慌てて降りたらお気に入りのマフラーを紛失、ショックだ〜。



 3月20日(月)

「弾き語りフォーユー」
ゴッドファーザー愛のテーマ/あの素晴らしい愛をもう一度/愛のロマンス

午前中レッスンした後、午後からNHKの臨時収録日。4月からコーナーなどを少しリニューアルする予定なので、その準備や計画を練る。また、まだ内緒だが(内緒になってないって・・)久しぶりの特番も計画中、乞うご期待!夜は用賀で2000メートル泳ぐ。



 3月19日(日)

午前中レッスン、午後は府中少年少女合唱団の臨時練習。定演と児童合唱のイヴェントと二つのステージを控えているから練習も大変だが子供たちも頑張っている。それにしても今日は風が強かったな〜。晴れているのに空が茶色で、洗車したばかりの車も砂まみれ。真っ直ぐ歩くのも困難だった。夜は久しぶりに横国プールに行き2000メートル泳ぐ。



 3月18日(土)

今日は第一生命ホールで第4回RMSファンタスティックピアノコンクールに審査員として参加、全国の予選を勝ち抜いた40名の演奏を聴く。2年前にゲスト演奏をしたこのコンクールは、ポピュラーピアノを課題にした珍しいタイプのコンクール。審査員には前田憲男さん、服部隆之さん、田代ユリさんと超豪華メンバーが。本選はオケ伴付きなので出場者にとって、貴重な体験になったと思う。皆さんもぜひ参加してみてはいかがですか?熱演が続き聴きごたえがあったし、惜しくも賞には入らなかった人の中にも良い才能の持ち主が大勢いた。終わってから前田先生や田代先生と食事、楽しい&珍しい話を沢山聴くことができて僕にとっても貴重な時間だった。



 3月17日(金)

午前零時を過ぎた直後から“誕生日おめでとう!”のメッセージが続々と届く。時代が変わったんだなと思う。事務所(実家)に戻ったら、プレゼントやカード、FAXに電報に花と嬉しいメッセージで溢れていた。特別何もしない予定だったけど皆さんのお陰で充分に素敵な誕生日を迎えることが出来たよ、ありがとう!感謝の気持ちは音楽で届けるね。 午前中久本小学校の卒業式典に出席。一緒に“みんなのたからもの”を作った子供たちもいよいよ卒業だ。昔と同じ場所にある体育館でみんなの涙を見ながら“僕にもあんな頃があった”とふと思った。帰ってからレッスン&自分の練習3時間、夜は1800メートル泳ぐ。



 3月16日(木)

「弾き語りフォーユー」
歌の翼に(メンデルスゾーン)/ワルツ作品69−1(ショパン)〜セミナー形式/ウィンナーワルツ(ギロック)

今日は自宅でレッスン&自分の練習2時間。発表会で“浜辺の歌変奏曲”をピアノと三味線で親子アンサンブルするチームがあり、レッスンしながらアレンジを一緒に考えていく。いい感じに仕上がりそうで楽しみだ。連載楽譜の原稿を仕上げる。夜は2000メートル泳ぐ。春の嵐で道路上もゴミじゃなくてゴミ箱が宙を舞っていた!



 3月15日(水)

「弾き語りフォーユー」
いい日旅立ち/卒業写真(浜崎あゆみ)/おもいでのアルバム

午前中国立楽器で会員制セミナー小原孝のぴあのサロン。今回は“春を弾く”がテーマで“朧月夜・なごり雪・空気の精/ブルクミュラー”の3曲を取り上げる。朝、富士山がとても綺麗だった。早くも咲きかけた桜も見かけたし、本格的な春もそこまで来ている。帰ってからレッスンをして、その後原稿のための資料整理を始めたらどうしても見つからない物があって、結局原稿に取り掛かれずに深夜までずっと整理している羽目に・・。バースディーカードやプレゼントが届きだして、今年も誕生日が近い事に気付く。



 3月14日(火)

「弾き語りフォーユー」
星のドライヴ/振り返ればティオ/風に吹かれて

NHKの収録日。先月に引き続きトリノパラリンピックの放送スタジオが同じフロアにあるが、通常モードで比較的静かだった。今日はホワイトディー、例年通りお返しのキャンディーを購入する予算を感謝の気持ちを込めてジル君チャリティーBOXで活用致しますね。いつも、ありがとう。夜は2000メートル泳ぐ。



 3月13日(月)

「弾き語りフォーユー」
卒業/春なのに/贈る言葉

今日は畑中更予先生のレッスンに伺う。昨日と一転して真冬の寒さ、体調を崩している人も多いようですが、皆さん気を付けてくださいね。帰りに楽譜やCDを探す。最近また新しいお気に入りのラーメン屋を六本木に見つけて、結構ハマっている。昨日の夜行ったら閉まっていたので今日はリベンジ!夜は2000メートル泳ぐ。その後、連載エッセイの原稿を仕上げる。



 3月12日(日)

東京オペラシティーコンサートホール・タケミツメモリアルで“東北大学男声OB合唱団・Chor青葉 東京演奏会2006「風をみる」〜小原孝とともに〜”にゲスト出演。昨年に引き続き2度目の参加だが、200名の大合唱団と共演するのはもの凄いエネルギーが必要だ。声のヴォリュームだけでなく、歌への想いをステージ上で直に感じるから余計燃える。今回は“風”“だれかが風の中で”“北風小僧の寒太郎”“春一番”“島唄”“風に吹かれて(訳詞も)”“逢えてよかったね”7曲を合唱アレンジ、色々挑戦できて良い経験になった。打ち上げは例年通り大盛り上がり。全くどこにそんなパワーが潜んでいるのか、やっぱり音楽はエネルギーの源だと実感。



 3月11日(土)

午前中は府中少年少女合唱団の練習。ずっと伴奏しているが、今年は初の試みで自作の合唱曲も歌ってもらうから、本当に楽しみ。上手く仕上がると良いな。続いて午後は明日のコンサート、東北大学OB男声合唱団のリハーサル。随分調子を上げてきたが、“こんなに練習して明日は大丈夫?”って心配するくらい気合が入っていた。皆さん本当にタフです。帰ってから自分の練習2時間、夜は2200メートル泳ぐ。



 3月10日(金)

午前中からレッスンした後、今日も自宅で練習日。譜読みを中心に4時間した他に、書類の整理などを少しずつする。気が付けば部屋が恐ろしい状態になっているような・・・。でも片付ける時間ないからなあ。先日一緒に授業をした近所の小学校の子供たちが、みんなの寄せ書きを持ってきてくれた。子供たちにとっても良い想い出になったようで嬉しい。音楽ってやっぱり素敵だね!



 3月9日(木)

「弾き語りフォーユー」
夜の調べ(グノー)/トロイメライ〜セミナー形式(シューマン)/はなうた(シューマン)

今日は自宅でレッスンした後、練習日。新しいプログラムの譜読みを中心に頑張る。夜は2000メートル泳ぐ。毎年恒例の奏楽堂日本歌曲コンクール、今年は作曲部門に初挑戦したが、大好きな“金子みすず”の詩に作った曲が一次予選を通過したそうでビックリ。これを励みに、みんなに歌ってもらえるような楽しい曲を沢山作りたいなあ。



 3月8日(水)

「弾き語りフォーユー」
喫茶店の片隅で/ガラスの部屋/谷間に三つの鐘が鳴る

今日は自宅でレッスン&練習した後、銀座博品館で公演中の中島啓江さんの“夢で逢いましょうVol.13”を観に行く。毎年恒例のこの公演も今年で13回目、続けていく事や積み重ねていく事の大切さ強く感じた。今回はラジオがテーマだったので色々と勉強になったし、演出やネタの小さな工夫なども相変わらず上手い。アイディア満載のとても楽しいステージだった。終演後、啓江さんとひさしぶりにお逢いするが絶好調だった。



 3月7日(火)

「弾き語りフォーユー」
花かげ/小さな靴屋さん/なつかしい時間(harahara倶楽部〜樹原涼子&小原孝)

NHKの収録日。一気に春めいてきて花粉が飛んでいるせいか、今日は心なしか声が出難かったな。春一番が吹いて、重いコートを脱いで、3月に入ると気分が変わるね。帰ってから原稿チェックなどをするが、しばらく忙しかったので仕事が超一杯残っている事に気付く。だって本当に楽譜や資料が山積みになっているんだもん〜。



 3月6日(月)

「弾き語りフォーユー」
旅立ち(松山千春)/旅立ち(石井亨)/旅立ちの日に(岡本知高)

午前中からレッスン、その後、原稿チェックをして自分の練習3時間。夜は六本木のSTB139でアフラックチャリティーコンサートで一緒に活動しているゴスペルグループCOCORO*COの10周年記念ライブへ出掛ける。10年の想いが一杯詰まった熱いライブで、とても感動的だったな。両隣が庄野真代さんとマリンバ奏者の三村奈々恵さん、お二人とも初めてお逢いしたが思わぬ所でアーティストの輪が広がって楽しい出会いだった。僕も4月にライブハウスに初出演するから、ホール以外の空間でのコンサートも色々勉強になる。会場は熱心なファンの方々で満員、ともに歩むファンの存在の素晴しさを改めて感じた。みんなで一緒に音楽しているんだね。



 3月5日(日)

1月から続いていたハードなスケジュールも昨日で一段落。ここ数ヶ月で色々なコラボレーションが経験できて勉強になった。今日は4月の発表会に向けて本格的にレッスンをスタート。そして新しいプログラムに向けての練習も再開。両方とも計画よりもかなり遅れをとっているから、時間を有効に使おう。夜は2000メートル泳ぐ。CD“くにたちのサンタ”と“みんなのたからもの〜久本小学校50周年記念歌〜”が出来上がってきた。予約されていた皆さん、お待たせしました!



 3月4日(土)

多摩友の会主催のリサイタル“小原孝流ピアノ名曲サロンA”をアミューたちかわ大ホールで開催。ここの小ホールは中学高校時代にピアノ発表会で何度も演奏した事を思い出した。8年越しで念願のコンサートにこぎ付けたそうで、スタッフの皆さんの熱意が見事に開花して大盛況の素晴らしい演奏会になった。今日は車移動したが、同じ道なのに行きは渋滞にはまり2時間近くかかったが、帰りは1時間で着く。夜は2時間練習したあと、2000メートル泳ぐ。久しぶりに恵比寿の“KANABAR”に食事に出かける。美味しいワインとポトフとパスタでご機嫌。



 3月3日(金)

午前中レッスンした後、地元の下作延小学校の六年生の学習発表会に出席。授業に参加してみんなで作り上げた校歌のアレンジ組曲や、僕が校歌の詩に新しく作曲した合唱曲を発表した。子供たちはとても良く頑張って、純粋な気持ちが発表に表れていて本当に素晴らしかった。先生方も感動して涙ぐんでいた。卒業前の素敵な想い出になってくれたら嬉しい。夜は自分の練習3時間、その後2000メートル泳ぐ。



 3月2日(木)

「弾き語りフォーユー」
子供の音楽調 作品69〜マーチ/楽しいお話(ショスタコーヴィチ)/ソナタ ハ長調 K545 第2楽章(モーツァルト)/少年時代(小原孝)

青山円形劇場で“南の島のティオ”の舞台2日目。平日の昼公演にも拘らず、多くの皆さんが来て下さって嬉しかった。練習や準備には沢山の時間がかかるし、舞台を作るのは大勢のスタッフの力が必要だけど、本番はあっという間に終わるなあ〜っといつも思う。みんなに感謝の気持ちで一杯だ、チャンスがあればいつかまたやってみたい。昨日は尾崎紀世彦さん、トライトーンの皆さん、今日はサーカスの叶正子さんと色々な方に観て頂けて、それも励みになった。打ち上げで久し振りに飲んでほろ酔い加減で帰る。



 3月1日(水)

「弾き語りフォーユー」
どこかで春が/春よ来い/早春賦/嬉しいひなまつり

青山円形劇場で池澤夏樹原作“南の島のティオB〜ホセさんの尋ね人〜”に出演。照明や演出をつけての舞台は、初めてなのでとてもわくわくした。リハーサルと本番と2回通したら、さすがに終わった後はへとへと・・今日は痩せたかも(笑)。朝さんの朗読も絶好調で、生の舞台は超楽しい。明日も楽しみだ。新しい眼鏡が出来上がってきた。夜は2000メートル泳ぐ。クラブ80の皆さん、ジル通信3月号無事に発送しました。