2011年3月の日記



 3月31日(木)

「弾き語りフォーユー」
愛のロマンス/逢えてよかったね(HARAHARA倶楽部)/さよなら音楽の森

午前中、小原孝お便り倶楽部「クラブ80」メンバーのバースディカード作りをしてからジル通信4月号の発送。先日もお伝えしたように今回は特大号ではなく通常号でお届けします。クラブ80のジル通信も今月で157号、つまり14年目に突入しました。この間さぼらずに毎月全て手書き原稿の会報を送り続けたのは、僕の一つの自慢です。時代に反したアナログな会ですが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!今日は本来なら府中少年少女合唱団の定演でしたが5月に延期になったため自宅で自分の練習2時間した後、復興支援コンサートの出演が急遽立て続けに3本決定したのでその準備を始める。まもなくホームページでもお知らせしますので、是非是非ご参加ください!夜は1400メートル泳ぐ。



 3月30日(水)

「弾き語りフォーユー」
負けないで/夜空でつながっている(松任谷由実)/守ってあげたい/星に願いを

震災復興支援CDのレコーディング。収録曲は弾き語りフォーユーや事務所に寄せられたメッセージを元に作った新曲と「逢えてよかったね」のみんなで一緒に歌えるヴァージョンほか。一日も早く完成させようと思います。夜は48分ジョギング+10分ウォーキング。



 3月29日(火)

「弾き語りフォーユー」
夢をあきらめないで/オレンジ/糸(中島みゆき)

NHKの収録日。番組スタートして13年目に突入するにあたって「弾き語りフォーユー」のホームページが出来上がりました。アドレスはhttp://www.nhk.or.jp/fm/hikigatari/です。これからも末永くお付き合いください、どうぞ宜しくお願い致します。夜はレコーディング準備。



 3月28日(月)

「弾き語りフォーユー」
卒業式の歌/YELL(いきものがかり)/今日の日はさようなら

今日も府中少年少女合唱団の合宿が中止になったのでOFFでした。小原孝お便り倶楽部「クラブ80」ジル通信4月号の原稿書き、4月号はスペシャル特大号をお送りする予定でしたが震災の影響で準備が間に合わず、急遽通常号に変更する事にしました。ご了承ください。その他自分の練習2時間、夜はレコーディング準備でアレンジと曲作り。



 3月27日(日)

来週の発表会に向けての「ホールでレッスン」。去年まで開催していた国立の音楽の森ホールが閉鎖されて、今年は無しの予定でしたが皆さんの熱意で場所を変えて開催の運びになりました。朝から夜までみっちりレッスン、東北から参加の方も含めて皆さん頑張っていますので来週の発表会は急遽「東日本大震災のチャリティコンサート」に変更して開催する事になりました。皆さん、心を込めて良い演奏が出来るように後一週間頑張りましょう!夜は43分ジョギング+10分ウォーキング。



 3月26日(土)

今日から府中少年少女合唱団の合宿の予定でしたが、3月だった演奏会が5月に延期になったのと、節電停電の影響で合宿自体が中止になってしまったので、突然のOFF日になりました。予定を変更して今日からレコーディングの準備、新曲の譜読み、資料整理、発表会の準備などなど、漸く滞り気味だった仕事・・と言うより自分関係の雑用に手を付ける事が出来ました。嬉しいような悲しいような気分で過ごしています。トイレは無事に直りました。普通に食べて寝て泣いて笑ってトイレに行って歯を磨いて・・それがどんなに幸せか強く感じる今日この頃です。



 3月25日(金)

午前中レッスンした後、午後は歯医者へ。首都圏の交通網は少しずつ混乱から回復していますが、節電で広告は消えエスカレーターも止まっていますが、年配の方々も黙々と階段使っている姿を見かけるとそれだけで気が湧いてきます。友人の話では関東でも液状化でマヒしている地区がやっと停電区域から外れたそうです。避難所ではなく自宅で被災した人達からも悲鳴が上がっていますし、これから徐々にひとりひとりのニーズに合った細やかな対応が出来るように、大きなニュースだけでなく小さな声にも耳を傾ける体制も大事になりますね。夜は来週急遽決まったレコーディングの準備で曲作り&アレンジをしています。夜は1400メートル泳ぐ。



 3月24日(木)

「弾き語りフォーユー」
アーティスト特集「山口百恵」〜最後の頁/絶体絶命/歌い継がれていく歌のように

午前中レッスンした後、午後からはこの秋に計画中の日本歌曲のコンサートの打ち合わせ。畑中更予先生が亡くなられてからレッスンに通えなくなってしまったので、これからも末長く勉強&演奏を続けたいと思い、漸く立ち上げる事にしました。詳しく決まりましたらお知らせしますので、是非是非ご協力&応援して下さい!帰ってから連載楽譜のアレンジ。震災の影響は音楽業界にも押し寄せていて、コンサートがキャンセルになるだけではなくて、CDなども次々と発売延期になっています。現在5月号の原稿ですが新曲が使えなそうなので「被災した皆さんに向けての応援ソング特集」となりそうです。僕はとっておきの曲、ユーミンの「守ってあげたい」をアレンジしました。夜は1400メートル泳ぐ。



 3月23日(水)

「弾き語りフォーユー」
大地讃頌/別れ/春の日の花と輝く/浜千鳥

本日は来月銀座博品館で行う「中島啓江の夢で逢いましょう」のリハーサル。でしたが出かける直前にトイレから水が噴水のように溢れ出るトラブル、階下の駐車場が水浸しになる位でした。調べたら地震でタンクに罅が入っていたそうです。暫らくはトイレも注意して入らなければ・・「トイレの神様」の歌を思いだしました。リハーサルは出演者全員集合しての音合わせ、オーケストラはピアノ・シンセ・ヴァイオリン・チェロ・パーカッションと小編成ですが、みんなで工夫して素敵な演奏になりそうです。中止になるイヴェントが多いですから、是が非でも成功させて「夢いっぱい」のステージにしたい、それが啓江さんの希望です。是非いらしてください。



 3月22日(火)

「弾き語りフォーユー」
いちご白書をもう一度/青春時代/友だちはいいもんだ(弾き歌い)/また逢う日まで

NHKの収録日。スタジオは相変わらず節電モードです。収録中にも地震があり、まだまだ予断を許さない状況が続きますね。そんな状態の中、すでに復興に向けての動きが着々と動く始めています。特に地元の皆さんの結束力は東北ならでは素晴らしい力のように感じ感動さえ覚えます。マスコミは大きなニュースを報道するだけではなく、困っている皆さんの細かい問題点や生の声などもきちんと伝えて、率先して改善出来るように取り組めるようになればと思います。夜は1400メートル泳いだ後、再びアレンジ作業に入る。



 3月21日(月)

「弾き語りフォーユー」
思い出のアルバム/TOMORROW NEVER KNOWS/人生の扉(竹内まりや)

本日から一応「弾き語りフォーユー」の放送は再開しました。緊急な情報などが入ると中断や中止になりますが、そんな事がなるべくないように祈ります。今日はレッスン日。午前中から発表会に向けてのレッスンをする。皆さんそれぞれ地震の影響を受けていますが、工夫しながら練習を続けています。発表会が無事に開催できる様に頑張りましょう。仙台から通っていた生徒はみんな震災の日は偶然ですが東京に居ました。先日一緒に演奏をした東北大学OB合唱団コール青葉の皆さんも無事という連絡がありました。無事とは言っても大変な状況であることには変わりありません。また一緒に歌う日を目指して皆さんファイトです。夜はアレンジに取り掛かるがとにかく予定や目処が中々立たずこちらも危機状態が続いています。頑張ろう。



 3月20日(日)

東京オペラシティーリサイタルホールで「野崎由美ソプラノリサイタル〜木下牧子をうたう〜」に出演。大変な時期にも拘わらず多くの皆さんが聴きに来て下さり、開催に踏み切って良かったです。木下牧子さんのトークコーナーを挟み、第一部は最新アルバム「花のかず」から、第2部はこれまでレコーディングした作品から名曲の数々を演奏。演奏は予想以上にうまくいった曲もあれば新しく問題が生じた曲もあり色々でしたが、木下歌曲はピアノの部分も大変美しいので本当に弾いていて充実した気持ちになりました。楽譜集も次々に出版されていますので是非是非多くの方に演奏して頂けたら良いですね。本日は震災のチャリティーコンサートになったので僕も最後にソロを弾かせて戴き、CDや楽譜の収益にジル君チャリティーBOXからの気持ちを加えて日本赤十字社を通じて義捐金として寄付いたします。ご協力ありがとうございました!帰ってから連載エッセイの原稿を仕上げて、42分ジョギング+10分ウォーキング。



 3月19日(土)

今日は第9回ローランドファンタスティックピアノコンクールの全国決勝大会の予定でした。審査員を頼まれていたしたが残念ながら中止に、地区予選・本選を勝ち抜いて準備なさっていた皆さんにはお気の毒でしたが、きっとまたチャンスは訪れると思います。東北地区から参加の皆さんの事も心配です、しばらくは音楽なんて出来ない状態かもしれませんが、音楽が支えになる時がきっときますから、諦めずに頑張って欲しいです!今日はこれからのチャリティーコンサート・CD制作の計画や準備などをする。午後からは歯医者へ行った後打ち合わせ。今困っている皆さんへの、緊急の支援と共に、これから始まろうとしている復興への長い道のりにも役立つような活動も視野に入れて考えて行ければと思います。



 3月18日(金)

午前中からレッスンした後、午後は野崎由美さんと伴奏合わせ。前回のリハーサルは震災当日で野崎さんは電車の中に缶詰め状態になり中止になっていました。あれから早くも1週間、色々協議の結果チャリティーコンサートとして開催する事になりました。演奏会に向けて最後のチェックをしました。夜は自分の練習をした後、今日から営業を再開したスポーツクラブに行き久し振りに1200メートル泳ぐ。プールも大変な事になっていたそうだ。東北地方で被災したスイム仲間も無事が確認されたそうです。又一緒に泳げる日が一日も早く来ますように!



 3月17日(木)

「弾き語りフォーユー」
(震災のために休止) 予定されていた曲目→続・ピアノよ歌え!音楽講座「小原孝の楽しいピアノレッスン」C〜小犬(と仔猫)のワルツ(ショパン)/別れのワルツ」作品69−1(ショパン)

午前中レッスンした後、午後は打ち合わせが二つあったがいずれも中止となったので自宅で練習。夜は赤坂ACTシアターで「マルグリット」を観る。初日から昨日まで休演していたので半分諦めていたのですが今日の昼の部からスタートしたそうです。とにかくミッシェル・ルグランの音楽が美しいと評判だったので堪能しました。美しいけど歌いこなすのはかなり難しい曲だと思いましたが、出演の皆さんは果敢に挑戦、漸くスタートした公演への熱意にも溢れていました。中でもアルマン役の田代万里生さんは歌はもちろんですがピアノ演奏もとても上手で才能豊か。主演の藤原紀香さんは役への真摯な取り組みが印象的で、もの凄い努力や工夫の跡が舞台のあちらこちらに感じられました。大変な役なので最終日まで声を大切に頑張ってほしいです。また終演後も今日の公演スタートと震災のチャリティー活動についての取り組みを真摯に語って下さり、ただカッコいいだけではなく大きな女優に成長するのではと、新たな期待と魅力を発見しました。今日は私たち音楽家がこの難しい時期にどんな風に活動したら良いか、色々考えるきっかけになるステージを観て貴重な経験をした誕生日になりました。

追伸 こんな時期ですが、多くの方からプレゼントやメッセージを頂きました、暖かいお心遣いに感謝です。皆様へのお礼は、バレンタインディのお返しと合わせて、ジル君チャリティーBOXを通して震災への義援金として役立てますね。本当にありがとうございました!



 3月16日(水)

「弾き語りフォーユー」
(震災のため放送中止) 予定されていた曲目→仔ねこの誕生日/ジルの誕生日/HAPPY BIRTHDAY TO YOU/流れかけの星(HARAHARA倶楽部)/いつまでも(小原孝)

本日はSTB139のバースディーライブが中止になったため、一日中家にいました。関係者の皆様と協議した結果、振替公演日として6月3日(金)に開催できそうです。バースディ―ライブでは無くなってしまいますが、震災のチャリティーコンサートとして出来ればと思っています。清水ミチコさんもスケジュールを調整して下さったので本当に有難かったです。詳しく決まり次第、お知らせ致します。テレビで惨状を見ていると、何も出来ないもどかしさをひしひしと感じます。原発も心配です。そんな中で被災地での新しい命の誕生のニュースを見かけました。甲子園球児たちが率先してボランティア活動をしたり、中学生が自分たちで出来ることを考え手実行する姿、悲惨な状況を成長の糧にしている子供たちの強さに勇気をもらいます。みんな頑張れ!



 3月15日(火)

「弾き語りフォーユー」
(今週は地震のために休止となりました) 予定されていた曲目→TIME TO SAY GOODBYE/YOU RAISE ME UP/THE ROSE

NHKの収録日。節電のためスタジオも電気を半分にしているため薄暗い。災害や安否情報をしている現場は常に緊張感が走っています。冷静に報道するのも難しいのではと思えるほど辛すぎるくらいの惨状ですが、皆さん頑張っています。「弾き語りフォーユー」の放送もいつから復活するのかは全く目処が立っていませんが、早くも被災者の皆さんへの応援メッセージが沢山届いていますので、収録だけは続けます。一日も早く番組が放送出来るような状況まで回復する事をただ今は願うばかりです。地震の前に出して下さった東北地方から届いたリクエストも沢山あったので胸がつぶれる想いでした。夜は42分ジョギング+15分ウォーキング。



 3月14日(月)

「弾き語りフォーユー」
(今週は地震のため放送休止になりました) 予定されていた曲目→旅立ちの日に/Believe/贈る言葉〜蛍の光

今日は計画停電が予定されていたので予定されていたレッスンや歯医者は急遽お休みしました。夜はミューザ川崎へ演奏会を聴きに行く予定でしたが、ホールの地震で天井に不具合が生じたとの事で演奏会は中止、ホールはしばらく休館するそうです。STB139もお店自体が今週は休業が決定と連絡が入り、3/16のバースディライブも急遽取りやめになりました。今日はJRも東急も運休が続き事務所に誰もいなかったので、僕がパソコンに向かいジルにメールで申し込まれた全員に一報をご連絡しました。楽しみにしていた皆さんごめんなさい。今、振替公演日を協議していますので決定次第またご報告いたします。もう暫くお待ちください。



 3月13日(日)

午前中名古屋から帰ってくる。昨日の騒ぎとは裏腹に東京は閑散としている分、何だか不気味な気がする。徐々に知り合いとも連絡が取れ始め、現地の状況がわかってきました。ニュースなどで取り上げらている以外の所でも大変な被害が出ています。取り急ぎ孤立している方の救助と、最低限のライフラインを!と切実な声に、出来る限りの節電、節資源に励みましょう!と思ったら停電のニュースが迷走。街のコンビニやスーパーから商品が消え、ガソリンも売り切れ、日本はどうなるのでしょうか?スポーツ界も為末大さんが呼びかけて動き出しているので、音楽家も是非とみんなで何かをと相談し始めています。リミット時間は刻一刻と迫っていますが、これからでも更に一人でも多くの命が助かる事を願いますし、無事だった皆さんは亡くなられた方の分までどうか決して諦めずに生き抜いて!夜は32分ウォーキング+10分ウォーキング。ここ数日激動だったので、さすがに疲れていつもよりさらに遅いペースになってしまいました。



 3月12日(土)

三重県伊賀市文化会館さまざまホールで「宝くじおしゃべり音楽館」に清水ミチコさん・島田歌穂さんと一緒に出演。朝早く移動してどうにか東京駅に辿り着いたけれど東京駅は大混乱で新幹線のホームに行くまでにすごく時間がかかりました。その後は順調で無事に伊賀まで行ってから待機、検討の結果やはりコンサートは開催する事が決定、最初に黙とうしてプログラムも少し変更して急遽震災のチャリティーコンサートとしてロビーに義援金箱を設置して開催させて頂きました。急な決定でしたが皆様の暖かいご協力、本当にありがとうございました!東北から離れた場所で被害を受けた皆さんに出来る事は何か、色々思案しつつ今後予定されているコンサートでも可能な限り開催の方向で協力出来たらと思います。



 3月11日(金)

午前中レッスンした後、検診に行き青山の事務所に寄った所で大きな揺れが。高層ビルが不気味な音を立てて揺れました。ふと窓の外を見たら他の沢山のビルがまるで玩具のようにガタガタと振動しているし、上を見上げたら窓を清掃中のゴンドラが宙吊りに、本当に怖かったです。大渋滞で2時かかって自宅に戻ると本棚やCDが見るも無残に崩壊していました。すぐに東北地方の関係者に連絡をとってみましたが全く繋がらず、一人でも犠牲者が少ない事を祈ります。



 3月10日(木)

「弾き語りフォーユー」
アーティスト特集「ゆず」〜栄光への架け橋/からっぽ/Hey 和

今日は練習日、自宅で譜読み・アレンジなどずっとピアノに向かっていました。一日じっくり取り組んだにも拘らず、やらなきゃいけない仕事がまだまだ山積み・・ですがついつい睡魔に負けてしまいそうになりますが頑張っています。夜は1200メートル泳ぐ。



 3月9日(水)

「弾き語りフォーユー」
乾杯/3月9日/いい日旅立ち(矢野顕子)/さよならの向こう側

午前中レッスンした後、午後からは自分の練習2時関した後歯医者へ行って今後の治療のスケジュール打ち合わせ。中々捗らないですが焦らずのんびりやる事にしました。夜は42分ジョギング+15分ウォーキング。



 3月8日(火)

「弾き語りフォーユー」
手紙〜拝啓十五の君へ/春なのに/なごり雪

NHKの収録日。収録前に秦万里子さんとコンサートの打ち合わせ。「歌うコンシェルジュ」として大活躍の秦さんは大学時代の先輩、しかも同じ門下生なのです。この度4月に念願の初共演する事が決まりました!秦さんが開催するスペシャルコンサートにゲスト出演します(東京と浜松)。もう2度と菅野洋子先生に聴いて頂けなくなってしまったのが残念ですが、厳しくて優しかった先生のレッスンを想い出しながら練習に励もうと思います。菅野先生の教えは我々の中で素晴らしい宝物になっています。きっかけは別々に共演していたヴァイオリンの真部裕くんが、二人の音色が似ていると言ってくれた事。彼は我々二人が同じ門下とは全く知らずにそう感じてくれたのですから・・。良い師にめぐり逢うことの有り難さ改めて強く感じています。



 3月7日(月)

「弾き語りフォーユー」
明日/トゥモロウ/明日ハ晴レカナ、曇りカナ(佐藤恵津子)/明日に架ける橋

朝起きたらまた雪景色、でも今日の雪は何となく春が近づいてきた事を感じさせる雪でした。午前中レッスンした後、午後からは自分の練習を2時間して夕方から伴奏合わせ。その後、アレンジや原稿書きをして夜は1200メートル泳ぐ。



 3月6日(日)

東京オペラシティーコンサートホール タケミツメモリアルで開催された東北大学男声OB合唱団Chor青葉の東京演奏会2011に出演。今年で何と7年目、あの大ホールがステージ裏席まで満員という大盛況という演奏会でした。今回のテーマは「一期一夢」、僕は千原英善さん作曲の「良寛相聞」と「小原孝のピアノと合唱でつづる「ゆめ」という2つのステージを担当。「良寛」は真面目に、「ゆめ」は楽しく全く違うタイプのステージを経験させて頂きました。アマチュアの団体ですから技術的には色々と問題があったかもしれないけれど、歌を愛する気持ちや音楽に託したメッセージは十分に伝わったのではないかと思いました。合唱団も年を重ね高齢化が進むようですが、皆さん元気で歌い続けましょう!と励ますまでもなく2年先の計画まで決まっているようです。今年は7月に別企画の演奏会も控えていますし、恒例の打ち上げも演奏会以上に盛り上がっていましたから(笑)僕もみんなからパワーをお裾分けしてもらおうっと。皆さんお疲れさまでした!



 3月5日(土)

いよいよ目前に控えた東北大学男声OB合唱団Chor青葉の演奏会のリハーサル。普段は東京、仙台、いわきに別れて練習しているので出演者全員フルメンバーが集まるのは今日と明日のみ、総勢150名近くの声が集まると壮大な音楽になる。今日は古いピアノで音がボロボロだったが、明日オペラシティーの美しい響きの中でどんな音楽が出来るのか楽しみだ。今日は川崎市内の家から比較的近い練習場所だったのに、大渋滞で移動にとても時間がかかった。夜は自分の練習3時間。



 3月4日(金)

午前中からレッスンした後、夕方から北千住のシアター1010へ向かう。「小原孝のピアノシアター〜童謡の謎」をした思い出深いホールで、今日は島田歌穂さん主演の「蝶々さん」を観る。美しい島健さんの音楽に載せて、可憐で凛としたマダム・バタフライを演じる歌穂さんは本当に素晴らしかった。SAXの本多俊之さんもお見えになっていてご挨拶する、奥様が国立音大で僕の一級上だそうです。更に教え子の名前が演出スタッフにあってビックリ。世の中狭いですね〜。



 3月3日(木)

「弾き語りフォーユー」
続・ピアノよ歌え音楽講座〜小原孝の楽しいピアノレッスンB 短くも美しく燃え(モーツァルト)/木曾節/赤い靴

午前中レッスンした後、午後から塚田佳男先生のレッスンに伺い野崎由美さんのリサイタルで演奏する木下牧子歌曲を聴いて戴く。いずれも既にレコーディングしている曲ではあるがレッスン受けると色々と新しい発見があるから楽しい。帰ってから自分の練習した後、夜は1300メートル泳ぐ。



 3月2日(水)

「弾き語りフォーユー」
おひなさま/うれしいひなまつり/早春賦(関定子)/どこかで春が/春よ来い

午前中レッスンした後、午後からは発表会やホールでレッスンの準備。時間割を決めたりお便りを書いたりしていました。その後は練習日、中々譜読みの時間が取れないのでどんどん溜まってしまい、このままでいると大変な事になっていまいそう、今が頑張り時です。また以前にレコーディングしたり演奏会で弾いた曲も再び譜読みから始めていますが、前に弾いた時には気付かなかった発見が沢山あって、練習が楽しいです。今日は夜遅くまでずっとピアノに向かっていました。昨日お知らせしたNHKの「さらさらサラダ」ですが、またまた国会の雲行きが怪しくなってきました。果たして一体いつ放送になるかドキドキです(笑)。



 3月1日(火)

「弾き語りフォーユー」
春の予感/風になる/雪月花/春よ、来い

NHKの収録日。今日はちょっと変わったお知らせを、最近ピアニスト山下洋輔氏の本を片っ端から読んでいますが、その中の一冊「山下洋輔の文字化け日記」(小学館文庫)に何と自分が登場していてビックリ。思わず声をあげてしまいました!今は懐かしいジャズピアノ6連弾の事が書いてあります。それからもう一つお知らせですが、先日国会のために放送中止になっていたNHK名古屋の「さらさらサラダ」ですが、3/4(金)午前11:30からの放送予定(国会中継が無ければ・・)です。愛知・三重・岐阜の皆様、運が良ければどうぞご覧ください。僕は見れないので感想など是非お寄せ下さい!小原孝お便り倶楽部「クラブ80」メンバーの皆さん、ジル通信3月号は本日発送しました。夜は1200メートル泳ぐ。