2006年5月の日記



 5月31日(水)

「弾き語りフォーユー」
冷たい雨/アルルの女〜メヌエット(ビゼー)/遥かなる友に

午前中レッスンした後、午後はソプラノ酒井沃子さんと伴奏合わせ。10年以上前に共演した大中恩作品(寺山修司と江間章子さんの詩による)を再演することになった。譜読みをしていて何だか懐かしい気分と新鮮な気分と両方ある。帰ってから自分の練習2時間、夜は1800メートル泳いだ後、連載コーナーも原稿チェック。



 5月30日(火)

「弾き語りフォーユー」
遠くで汽笛を聞きながら/母が教えた歌(ドボルザーク)/ステイン・アライブ

午前中残りの原稿を仕上げる、今月はレギュラーの連載以外の物も多かったので、際どかったが何とかメドが立ってきて良かった。 NHKの収録日、スタジオではそろそろワールドカップの準備が始まりだした。クラブ80ジル通信6月号の発送を開始しました。



 5月29日(月)

「弾き語りフォーユー」
いいじゃないの幸せならば/ひとり上手/おいしい時間(Harahara倶楽部)

朝一でクラブ80ジル通信6月号の原稿を仕上げる。午前中、レッスンした後、国立に出掛けアンサンブルのレッスン、その後渋谷に移動して早くもクリスマスコンサートの打ち合わせ、クロマティックハーモニカ奏者の和谷泰扶さんとお逢いする。CDショップで資料探しをした後、自宅に帰って自分の練習2時間。夜は2000メートル泳ぐ。



 5月28日(日)

第17回奏楽堂日本歌曲コンクール本選会。予選を通過した作曲部門8曲(応募86曲中)、歌唱部門11名(応募218名中)が集い午前中から演奏。今年は両部門に参加したので長い一日となった。結果は作曲部門で中田喜直賞、歌唱部門で優秀共演者賞(2年連続3度目)を受賞。CD“花の街”を一緒にレコーディングした野崎由美さんが3位入賞、頑張って取り組んだ成果が形になって良かった。作曲での受賞は初めてなので、これを励みにみんなに歌っていただける作品をもっと沢山作りたい。共演者賞は3度目で次回より候補者リストから外れるので、また新たな気持ちで研究を続けたい。“今日は一日日本歌曲三昧”という感じで充実した一日が過ごせて本当に良かった。審査員の先生方、スタッフの皆様、お世話になりました&長い時間お疲れ様でした。 



 5月27日(土)

静岡AOIでフルートの佐藤充一さんのリサイタルの伴奏。今回は誰もが知っている名曲を中心に親しみ易い曲目のプログラム。クラシックの名曲からお嫁サンバ・見上げてごらん夜の星をなどヒットナンバーまで、楽しく演奏できた。東京・横浜・名古屋など遠方から聴きにきて下さった方も多く、嬉しい。先日の特番を聞いてくださった人も多かったようだ。終わってから打ち上げをして深夜に車移動。無事に帰って来れた。



 5月26日(金)

静岡のライブハウス“もでらあと”で2回目のコンサート。狭いスペースでのコンサートも熱気が伝わってきて中々楽しい。今日はピアノの位置を少し変えて、背後からも視線が感じられて何だか痛かった。まだレコーディングしていないヴォーカル曲なども沢山披露、かなりマニアックなプログラムだったけど、盛り上がったようだ。



 5月25日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座F〜花の街(野崎由美)/STORY

久しぶりに太陽と青空を見た気がした。今日は午前中から自分の練習をして、午後は奏楽堂で日本歌曲コンクール作曲部門のリハーサル。今回応募して作曲部門は事前にホールリハーサルが出来る事をはじめて知った。演奏部門はいつもぶっつけ本番だからなあ。コンクールの本番では緊張してよく判らないのに、今日は自分達の音がステージ上で伸びやかに美しく聴こえた。この違いは精神的なものなのかも知れない。その後塚田先生のレッスンに伺う。夜は2000メートル泳ぐ。



 5月24日(水)

「弾き語りフォーユー」
スティル・クレイジー・フォー・ユー/ハナミズキ/花水木

午前中レッスンした後、部屋で原稿と練習に明け暮れる。夕方から突然大嵐になり雷も凄かったから、仕事で ずっと部屋にいなくちゃいけなくて返って助かったかも。夜は2000メートル泳ぐ。試しに薔薇の写真載せてみたらとても綺麗に写っていたね。携帯のカメラも最近は随分進化しているようだ。(だがしかし相変わらず便利な機能は使いこなせていない・・)先月咲いてた牡丹の花も載せてみるね。 



 5月23日(火)

「弾き語りフォーユー」
谷山浩子特集〜しっぽのきもち/お早うございますの帽子屋さん/神様〜まっくら森の歌

NHKの収録日。今日もまた雨になった。5月は爽やか系の曲を多く選曲したのに、うっとうしい毎日が続きますね。そろそろ青空が恋しくなってきました(ベランダに咲いた薔薇は随分長持ちしているけれど)。収録後、急いで帰り原稿に取り組む。メッセージ原稿と連載講座の原稿を仕上げる。途中で30分だけプールに行き1000メートル泳ぐ。



 5月22日(月)

「弾き語りフォーユー」
別れの曲(ショパン)/夕陽/光る星があったから(Harahara倶楽部)

今日は佐藤充一さんとフルートの伴奏合わせ。歌曲と器楽の伴奏は似ているようで微妙に違うから、僕にとって両方をいっぺんに練習するのは結構大変。でも今回はアレンジも頑張ったので、どんな風に仕上がるか当日が楽しみだ。原稿関係は佳境に入るが中々ペースが上がらず、部屋中に緊張感が漂う(というか資料でごった返している・・)。夜は1800メートル泳ぐ。



 5月21日(日)

午前中、神野靖子さんと伴奏合わせ。今年の奏楽堂日本歌曲コンクールは演奏部門と作曲部門の両方にエントリーして、本当に良い勉強になった(まだ終わっていないけど)。金子みすずの詩に作曲した僕の曲もソプラノに歌って戴くと名曲に聞こえるから不思議。当日がとても楽しみだ。昼間のマスターズで2300メートル泳いだ後、自宅でレッスン。夜は、谷山浩子さんのレコーディングに参加。先日、番組にゲスト出演して下さったご縁で嬉しいチャンスが広がった。大好きな曲を一緒にレコーディングできて感激だ。思いのほか順調に終わったので帰ってから連載楽譜の原稿を仕上げ、さらにエッセイをひとつ仕上げた。今日は充実していたな〜。



 5月20日(土)

第17回奏楽堂日本歌曲コンクール2次予選。一次を通過した50名が演奏して11名が本選に進んだ。残念ながら本選に進まなかったが年配やベテランの方々が歌う味わい深い歌が、とても印象的だった。年齢に関係なく音楽に対して真摯に取り組む姿勢は素晴らしいと思う。僕が担当した3名の内、昨年CD“花の街”を一緒にレコーディングした野崎由美さんが本選に残った。本選では今回の審査委員のお一人でもある木下牧子さんの作品をご本人に聴いて戴く事になるので、しっかり演奏したい。終わってから6月2日の合唱のコンサートの打ち合わせ。“願い〜クリスマスの日に”の合唱アレンジの譜面が出来上がってきた。こちらもとても楽しみだ。



 5月19日(金)

今日は自宅でOFF日。といっても譜読みを中心にずっとピアノに向かっていた。子供の頃、僕は練習嫌いだったのに、今は練習大好きに180度大変身。変われば変わるものだと我ながら驚いている。練習嫌いのお子さんの事で悩んでいる皆さん、ご心配なく!人間やる気が起きればちゃんと変わりますよ〜(笑)。また、アレンジをいくつか手がけるが仕上がるところまではいかなかった。ゆえに原稿類は火の車状態。これは毎月相変わらずで進歩が無い・・。夜は2000メートル泳ぐ。



 5月18日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座E〜真珠(ブルクミュラー)/ハノンはお好き?(小原孝)

午前中レッスン、午後は自分の練習4時間、夜は塚田佳男先生のレッスンに伺う。一日中ピアノ三昧していた。弾き語りフォーユー内で音楽講座を週に一回ペースでやっているが、予想以上に反響がある。ラジオで判り易く説明したりや弾きながら教えるのは、それなりの工夫が必要なんでこちらも毎回勉強になるし、ピアノや音楽の楽しみ方が確実に広がっているなあ・・と改めて思う。デヴューの頃はアンコールでポピュラー曲を弾くだけで批判された事もあったから、つくづく時代は変わったと感じる。



 5月17日(水)

「弾き語りフォーユー」
若葉の頃/芭蕉布(川嶋由美)/グリーンスリーブス

何だかすっきりしない天気が続きますね。まだ梅雨入りしていないのに傘が手放せない毎日です。今日は畑中更予先生のレッスンに伺い、帰りにCDショップへ寄り資料探し。帰ってから自分の練習3時間。夜は2200メートル泳ぐ。



 5月16日(火)

「弾き語りフォーユー」
風の名曲特集A〜風メドレー/そよ風のメヌエット/タラのテーマ(風と共に去りぬ)

NHKの収録日。収録後に先日の“今日は一日弾き語りフォーユー三昧”の反省会、というか打ち上げ会。とても好評だったらしく、素直に嬉しい。僕は余裕が無くて全く気付かなかったが、裏話や苦労話も沢山聞けて面白かった。終わった後に店を出たら、加羽澤美濃さんと偶然出逢ってびっくり。深夜の渋谷で再び盛り上がる。



 5月15日(月)

「弾き語りフォーユー」
風の名曲特集@〜風がはこぶもの/風の子守唄(高津佳)/風のメロディー(小原孝)

午前中レッスンをした後、午後は自分の練習4時間と原稿の資料集め・・などなど、ずっと部屋で真面目に仕事に取り組みました。その他、コンサートのアンケートの整理やクラブ80の新入会メンバーの会員証作りなど、滞っていた作業にも着手する。残っているのは部屋の片付けだが、特番を期に資料を整理しようと考えていた最初のもくろみは、思いっきり外れて未整理の資料が返って増えて泥沼状態と化している・・。夜は2000メートル泳ぐ。



 5月14日(日)

昼間のマスターズ練習に参加して2300メートル泳ぐ。午後から自宅でレッスンした後、今日は練習日。ずっとピアノに向かっていた。パソコンのプリンターを新しくする。ここ数年の間に性能の良い機種が安く手に入るようになっていてびっくり。便利すぎて機能を使いこなすのに時間がかかりそうだ・・。奏楽堂コンクールの一次予選は3人とも無事に通過、今回は200人以上参加して50人が二次に進んだとの事。次も良い状態で演奏できるように頑張ろう。



 5月13日(土)

奏楽堂日本歌曲コンクールの一次予選に参加。今日は冷たい雨が降り控え室やステージ裏で待っている場所がとても寒く、とても5月とは思えない感じだった。今年は作曲部門と演奏部門と両方参加しているので、色々と学び挑戦する機会にしたい。僕は3人の伴奏をしたが皆さん充実した演奏で弾いていて楽しかった。これまで何度も演奏したが、今までで一番落ち着いて音楽で出来たから自分的には良かった。今年は参加者も増えてコンクールも盛況のようだ。会場で知り合いにも大勢逢えて、それも嬉しかったな。



 5月12日(金)

今日はずっと部屋にいて、連載エッセイの原稿を一つ仕上げた後、練習タイム。休憩を入れながら4時間位譜読みをする。ノルマ達成は成らなかったけどかなり捗る。やっぱり時間をかけてじっくりと取り組む事の大切さが身に染みた。先日の特番の影響だろうか、クラブ80やCD、仕事などのお問い合わせも多い。頑張った良かったな〜っとホッと一息。午後はクラブ80の向けの、母の日のフラワーギフトとそのプレゼント楽譜も制作(少しずつ作ってはいたのだが、残りを一気に作る・・)。無事に完成したので予約された皆さんには早速発送しました。どうぞお楽しみ!夜は2000メートル泳ぐ。



 5月11日(木)

「弾き語りフォーユー」
ここにしか咲かない花/新旧ラジオ体操の歌メドレー/NAGISA

今日は自宅でレッスン&伴奏合わせ&自分の練習3時間、一日中ピアノ三昧してました。浜辺の歌変奏曲のフルート版をアレンジ、なかなかの力作に仕上がった。静岡の佐藤充一さんのリサイタルで披露します(あれ、内緒だったかな?)楽しみだ。夜は2000メートル泳ぐ。



 5月10日(水)

「弾き語りフォーユー」
母の日特集B〜肩たたき/かあさんの歌/遠くで・・(コブクロ)

午前中レッスン、午後は伴奏合わせと自分の練習2時間。夜は塚田先生のレッスンに伺う。レッスン後に今後の計画など色々と相談に乗っていただく。帰ってから連載の原稿チェックなど、漸く普段の生活ペースに戻りつつあるが、気が付けば原稿の締め切りに追われる時期だ・・・。



 5月9日(火)

「弾き語りフォーユー」
母の日特集A〜母ねこのまなざし(小原孝)/ねむの木のこもりうた/夕方のおかあさん(伊藤京子)

NHKの収録日。先日の“今日は一日弾き語りフォーユー三昧”の反響がたくさん届いていてとても嬉しかった。頑張った甲斐があったなあ。スタッフの皆さんの間にも大仕事を無事にやり遂げた安堵感が漂う。改めて感謝の気持ちで一杯になる。夜は2000メートル泳ぐ。



 5月8日(月)

「弾き語りフォーユー」
母の日特集@〜母への手紙/ブラームスの子守唄/君は君のままで(樹原涼子)

午前中レッスンした後、午後は畑中更予先生のお宅に伺いブラームスの歌曲などのレッスンを受ける。午前中暖かかったから上着を着ないで出掛けたら何だか午後になってからどんどん天気が悪くなって肌寒かった。夜はNHK関係の資料整理と自分の練習2時間。この所忙しくて中々練習時間がとれず、ちょっと焦り気味だったが、特番でピアノを弾き捲くっていたせいか、指の調子は思いの外良かったからビックリ(笑)。やっぱり時間をかけてピアノに向かうのは大切な事だ。夜は2000メートル泳ぐ。



 5月7日(日)

バリオホールで開催されたピティナ・ピアノ・ステップにアドバイザーとして参加。子供から大人まで様々な年代の方が、色々な曲を演奏してとても楽しい一日だった。一人一人にコメントを書いているので段々ペンだこが痛くなって大変だったけど、一生懸命書きましたから字が乱れているのは許してね。それぞれの人がそれぞれのスタンスでピアノと付き合っていけるそんな時代がやって来ているんだな〜と実感。素晴しい才能を持った子供たちの演奏も聴けて大きな収穫があった。終了後にピティナやアドバイザーの先生方と今後の計画など話に花が咲く。明るいピアノライフの指針になればいいと思う。



 5月6日(土)

もちろん完全OFF日です。午後3時頃漸く起きて、資料を片付け始めるが、膨大な量なので整理するだけで数日はかかりそうだ・・とほほ状態。メールやFAXもたくさん届いて、感謝感激。応援、本当にありがとう!夜は2300メートル泳いで体をほぐす。最後に練習のための参考タイムを計る。200メートル背泳ぎ4分20秒、200メートルバタフライ3分50秒、400メートル自由形6分50秒、とても遅いですがゆっくり気長に練習しよう。昨日長い番組をやってみて、改めて体作りの大切さが良くわかった。



 5月5日(金)

NHK−FMで“今日は一日弾き語りフォーユー”を生放送。NHKふれあい広場から昼の12時15分から深夜1時まで超長い番組に挑戦。でも終わってみると楽しくてあっという間だったな。ラジオを聴いてくださった全国のリスナーの皆様、会場まで来てくださった皆様、リクエストお寄せ戴いた皆様、大勢のスタッフの皆様、みんなに支えられて無事に終了しました、本当にありがとうございました。素敵なゲストの方々、のっぽさん・バニラムード・谷山浩子さん・楊興新さん・ペギー葉山さん・ダークダックス・金丸淳一さん、そして超頼りになるパートナー後藤繁榮アナウンサー、番組を盛り上げていただき感謝です。絶対ひとりでは出来なかったですね。120曲近く弾いたのに、リクエストいただいた曲のほんの一部しか演奏できなかったので、残りはレギュラー番組で少しずつチャンスを作って演奏します。後藤アナウンサーのプロの仕事振りはさすが。色々と勉強になったから今後の活動に是非活かしたい。NHKのホームページには全曲目なども載っていますのでそちらも是非ご覧ください。聞き逃した方は日曜の夜に最後の2時間が再放送されますよ!軽く打ち上げした後、午前2時過ぎに自宅に帰るが興奮して眠れず・・朝を迎えました。
http://www.nhk.or.jp/zanmai/
http://www.nhk.or.jp/zanmai/k/(携帯用)



 5月4日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座D〜渚のアデリーヌ/甃のうえ(小原孝)

茅ヶ崎市民文化会館で小川美鈴&千織バレエコンサートに出演。リベルタンゴやボレロなどダンスにちなんだ曲と“ねこふんじゃったスペシャル”の曲がピアノの音色とともに素敵な舞台作品に仕上がった。特に自作曲“スタニヤン・ストリート”は美しい振り付けが付いて弾きながら感動したなあ。アンコールでは僕も踊る(笑)。わずか数分の振りを覚えるのも大変だしかなり汗をかく。ダンスはやりたいけど向いてないな〜。帰ってからいよいよ明日に迫った“今日は一日弾き語りフォーユー三昧”の準備。今夜は徹夜だ!



 5月3日(水)

「弾き語りフォーユー」
愛を感じて/よろしくね(小原孝)/NAKED LOVE〜亜麻色の髪の乙女(バニラムード)

茅ヶ崎で明日のバレエコンサートの舞台稽古。子供たちも頑張っていてとても楽しいステージになりそうだ。明日はこれに照明が入るので、どんな雰囲気になるのか楽しみだ。帰ってからずっとNHKの準備。やってもやっても時間が全然足りないなあ・・・。



 5月2日(火)

「弾き語りフォーユー」
茶つみ/アップタウンブルース(ギロック)/ごはんができたよ(矢野顕子&YUKI)

NHKの収録日。収録後に5/5の打ち合わせ、いよいよ熱気を帯びてくる。遅くまでかかったので急いで帰り、スポーツクラブへ行き1500メートル泳ぐ。次回の大会のエントリーをする。昨日の真夏暑さに比べて今日は雷と冷たい雨で随分寒く感じた。体調管理が大変ですね、皆さんゴールデンウィーク中に風邪などひかないように気をつけましょう!



 5月1日(月)

「弾き語りフォーユー」
小鳥のうた/いのちの名前/グラスホッパー物語

今日は早起きして真鶴に出掛け、5/4のバレエ公演のリハーサル。“ねこふんじゃったスペシャル”に振り付けが付いて楽しい作品に仕上がりそうだ。このCDを発売したのはもう12年も前だけどいまだに人気があり、こうして様々な形で広がっていくのはとても嬉しい。当日が待ちどうしいな。帰ってレッスンした後、ずっと部屋で仕事中。部屋の中は資料などでものすごい事になっている・・・。夜は1800メートル泳ぐ。