2010年11月の日記



 11月30日(火)

「弾き語りフォーユー」
冬が来る前に/冬が来るまえに(オフコース)/残されたもの(松任谷由実)/旅立つ秋

  NHKの収録日、そして明日のコンサートの準備。CDデヴュー20周年記念全国ツアー「小原孝のピアノ詩集〜愛の讃歌〜」もお陰様で千秋楽を迎えます。明日の名古屋公演は初の地方自主公演なので、感慨も一入。皆さんの協力のお陰で漸くここまで辿り着きました。明日は心残りが無いように精いっぱい演奏します!夜は1300メートル泳ぐ。



 11月29日(月)

「弾き語りフォーユー」
時の経つまま/ろくでなし/山寺の和尚さん

  本日は自宅で原稿&アレンジ日。合唱曲のアレンジを一曲仕上げる。ピアニストの深町純さんが先日亡くなられた事を知りました(ネットでニュースを見つけました)。深町さんは様々なジャンルの音楽を操るまさに魔術師のような音楽家、一緒に仕事をした事はありませんでしたが、僕が駆け出しの頃、何故か空港や駅などで偶然に逢う事が多く色々と影響を受けました。それ以来隠れファンで沢山のCDを持っています。歌入りのものから中島みゆきさんのカヴァー、四季折々のイメージアルバム、そしてモーツァルトのキラキラ星変奏曲の変奏曲(笑)→このアルバムが一番好きです。そういえば、ここ何年かはお逢いしていませんでした、とても残念です。謹んでご冥福をお祈りいたします。



 11月28日(日)

高津市民館大ホール(ノクティー)で地元の高津文化協会が主催して下さる恒例のリサイタル。毎年リクエストコンサートをしていましたが、今年は20周年記念コンサートプログラムを聴いていただきました。昨日の京都は15回目でしたが、こちらも11回目、継続は力なりです。そうそう、昨日は終曲のボレロでピアノの弦が切れて客席に吹っ飛ぶというアクシデントがあったので今日は念入りに調整して頂き無事でした。自宅から一番近いホールなので、いつもながらのアットホーム雰囲気でコンサートは進行。更にビッグニュース、すでに来年12回目のコンサートも決定したそうです、感謝です。後残り一回で20周年コンサートもいよいよ終了間近、21年目に向けての準備はすでにスタートしています。夜はクラブ80ジル通信の発送準備と、ウォーキング&ジョギングを60分する。



 11月27日(土)

京都コンサートホールで15年連続15回目のリサイタル。同じホールで15年連続と言うのはここだけなので、とても愛着があるホールです。全国各地から聴きにいらして頂けるのも京都ならでは、今年は紅葉がとても美しい時期で堪能しました。隣のホールではマリンバの三村奈々恵さんが来ていて久し振りにお逢いしました。京都は毎年いつも本当に良いお客さんに恵まれて今回も素晴らしい演奏会になりました、皆さんに感謝です。そして毎年開催して下さった京都音協の皆様ありがとうございました。終演後、来年以降の計画など打ち合わせをして東京へ戻る。



 11月26日(金)

まずは連載楽譜の原稿を仕上げる。その後、クラブ80ジル通信12月号の原稿を仕上げる。その後、リサイタルの通し稽古をしてから青山の事務所に寄ってから京都へ向かう。東京も京都も週末は凄い人出ですね、年末モードが近づいている様子です。



 11月25日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座PART39 <小原孝の楽しいピアノレッスン>ボレロ(ラヴェル)/乙女の祈り(バダジェフスカ)

午前中レッスンした後、午後からはアレンジ。連載楽譜の原稿に取り掛かる。海老蔵さんどうしたのかな?よほどストレスやプレッシャーが溜まっていたのかも。



 11月24日(水)

「弾き語りフォーユー」
旅愁/枯葉/恋人よ/たき火

今日はコピスみよしで毎年行っている「尚美学園大学市民大学講座〜小原孝の楽しいピアノレッスン」、客員教授としての数少ない仕事を行う。前半は 公開レッスン形式、ショパンの名曲に挑戦するシニアとジュニア、二人とも大変立派な演奏でした。学生向けには、ドビュッシーの連弾曲とグラナドスの名曲「アンダルーサ」、短い時間でしたが皆さんとても反応が良くて、ちょっとしたアドバイスで演奏が見る見るうちに変化していき教えていてとても楽しかったです。後半のミニコンサートは今年発表した楽譜やテキストから、是非レパートリーに加えて欲しいお勧めの曲をレクチャーしながら演奏しました。夜はジョギング、今日は初めて80分ゆっくりですが休まずにずっと走り続けました。



 11月23日(火)

「弾き語りフォーユー」
女ひとり/京都の恋/大きな古時計(ZUZUバージョン/伊藤秀志)

埼玉県三郷市瑞木小学校の体育館で地元の青少年育成会の皆さんが主催したコンサート(地域講演会)に出演。子供たちから年配の方まで、幅広い年代の人多くの皆さんが聴いて下さった。体育館なのでピアノをステージからフロアに自腹で降ろして、更に調律の方が掃除機もかけて、プロの方が「逢えてよかったね」の詩を朗読して下さり、吹奏楽の御礼演奏まで戴き、スペシャルの演奏会になりました、感謝です。その後NHKの収録、今日から改装した新しいスタジオに戻って来ました。色々と機材も変わりみんな手探りで試運転開始です。



 11月22日(月)

「弾き語りフォーユー」
ビギナー/蛍/あとひとつ(ファンキー・モンキー・ベイビーズ)

今日は連載エッセイの原稿を仕上げる。夕方から歯医者へ行き、夜は1300メートル泳ぐ。明日は仕事のダブルヘッターなのでコンサートの準備とNHK収録の準備を深夜遅くまでやる。



 11月21日(日)

昼間のマスターズに出て2100メートル泳ぐ。その後、午後からはコンクールを受ける子供たちのレッスン。今年、生誕200年のショパンコンクール、本家本元のコンクールは終わりましたが(日本勢は今回は残念な結果でしたね)、子供たちのコンクールはこれからが本番。本選課題曲は「幻想即興曲」だそうで、小さな手で良く弾けるな〜と感心する位頑張って弾いていました。やっぱりショパンの名曲の数々は、ちびっこピアニストたちの憧れです。夜は自分の練習3時間した後、原稿&アレンジタイム。



 11月20日(土)

本日はOFFと言うか自宅で仕事日。夕方から髪を切りに代官山へ、途中の自由が丘の駅で昔お世話になった懐かしい方とバッタリお逢いする。この所予期せぬ場所で20年振り位にお逢いする方が多くて、何だか嬉しい。髪を切っている間に何度も睡魔に襲われて、鼾をかいていない事を祈るばかりです(笑)。



 11月19日(金)

午前中レッスンした後、午後からは原稿やアレンジ・資料整理など部屋で仕事。自分の記事が出ている雑誌など山積みになっているので少しずつ眺めたりしているが、どこから手をつけていいやら・・。締め切りの迫っている仕事をリストアップして、優先順位を付けて計画的にやらないと、とても間に合わない。コンサートが無い日の方が忙しいかも・・、原稿関係はこの週末が一つの山場かな。早朝になって77分ジョギング&8分ウォーキング。



 11月18日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座<小原孝の楽しいピアノレッスン>PART38 病気のお人形〜人形のお葬式〜新しい人形(チャイコフスキー)/お嫁においで〜旅人よ〜夜空の星〜君といつまでも(セミナー形式)

今日はレコーディング最終日。今回はオリジナル全曲集のPART2で「モリー先生との火曜日」の為に作曲した作品を中心にヴァイオリンの真部さんと数曲コラボ、他にも朗読をしたり弾き語り曲も一曲。ピアノ以外は中々うまく行かなくて苦労しましたが、何とか無事?に終了しました。発売は来年の夏頃を目指していますので、詳しく決まりましたらお知らせしますね。夜は1500メートル泳ぐ。



 11月17日(水)

「弾き語りフォーユー」
どんぐりころころ/おすもうくまちゃん/祇園小唄/逢えてよかったね(小原孝)

今日は昭島にあるフォレスト・イン・昭和館の素敵なガーデンチャペルでチャペルコンサート。背景がガラス張りの素敵なステージで目の前に広がる自然を眺めながらのコンサートでした。皆さん、コンサートとともに美味しいお食事も楽しまれた様子で、ゆったり気分の時間を味わえたのではと思います。少し前まで暑い暑いと連発していたのに、気が付けば景色は冬の気配。20周年と張り切って準備してきた一年もあっという間に終わろうとしていますね。演奏しながらしみじみと感じました。チャペルコンサートはとても評判が良かったようで、定番になったら良いなあと思います。夜は歯医者で先日のオペの抜糸、経過は良好だそうです。帰ってからは明日のレコーディングの準備。またもやぎりぎりまでアレンジしています。



 11月16日(火)

「弾き語りフォーユー」
もう一つの土曜日/青春の輝き/ひとかけらの純情(南沙織)

NHKの収録日。来年発売の楽譜原稿を無事に手渡す。実はこれからの作業がもっと大変なのだが(笑)少しほっとする。夜は1300メートル泳ぐ。他の原稿やアレンジも頑張ろう。



 11月15日(月)

「弾き語りフォーユー」
真夜中のギター/題名不明のオルゴール曲〜おやすみなさい(ケーラー)/翼(佐藤恵津子)

午前中レッスンした後、午後からはアレンジ関係の原稿。夕方にリハーサルをしてから再び深夜まで原稿関係&資料整理。



 11月14日(日)

今日は一日中原稿チェック、途中でマスターズ練習に参加、2000メートル泳ぎました。頑張って22曲×2パターン=44曲分、何とか仕上がりましたよ。但し他の仕事は全く手がつけられなかったので、明日から超ヤバい日が続きます(笑)。



 11月13日(土)

午前中、残りの採譜楽譜が出来上がってきたので、チェックのピッチを徐々に上げて行来たいところだが、中々大変で思うように進まない。午後からもレッスンを一名した後再び早朝まで仕事。



 11月12日(金)

午前中レッスンした後、午後からは来春発売の楽譜集のチェック。先日レコーディングした音源の採譜が出来上がってきているので自分で弾きながら再チェック。今回のCD+楽譜集は聴いても弾いても歌っても楽しめる作品に仕上がると思うので、作業はいつもより2倍大変だが頑張ろう。夜は1000メートル泳いだ後、再び仕事をしてから早朝に76分ジョギング+6分ウォーキング。土曜日の朝はいつもより走っている人が多くて、抜かれまくっていましたが(笑)。



 11月11日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座<小原孝の楽しいピアノレッスン>PART37 エリーゼの為に(ベートーヴェン)/ゴリラのジジ〜あげます(小原孝)

本日は自宅で原稿&アレンジ日。途中で歯医者に行き、昨日のインプラントオペの消毒と点検をしてもらうが傷跡は順調との事。少し脹れているが痛みも全く出ないので、経過は良好です。それにしても都内は厳戒態勢、良くこれだけの警察官を集めたな〜と感心する位大勢の方が働いています。都心はきっとしばらくは安全な毎日ですね。夜も引き続き原稿&アレンジ。今日もスポーツはお休みです。



 11月10日(水)

「弾き語りフォーユー」
街の灯り/空がこんなに青いとは/サン・トワ・マミー(後藤真希〜忌野清志郎〜小原孝)

今日は2本目のインプラントのオペをしました。何故か今回は採血に失敗、両手とも血管が細すぎて良いポイントが見つかりませんでした。手術自体は順調に終わり、今日はスポーツが出来ないので帰りにスポーツショップに寄って、ジョギングシューズや冬用のウェア等を買いました。帰ってからは少し休んで深夜になって原稿・アレンジ関係に再び取り組み始めています。仕事も佳境を迎える時期なので、この機会に少しでも捗れば良いなあと思いますが果たして。



 11月9日(火)

「弾き語りフォーユー」
シャル・ウィー・ダンス?/オールド・ブラック・ジョー/赤いサラファン

NHKの収録日。終わってから夜は1300メートル泳いだ後、原稿関係の仕事をして早朝に80分ジョギング&ウォーキング。今日は家から東名高速まで行き、多摩川を第三京浜まで行き、また戻るルートを久し振りに73分超ゆっくりながら走り続ける。トライアスロンも夢じゃない?・・って自転車不得意だし、走っていると言ってもほとんど早歩きと同じ状態だけど(笑)。夜明けと日の出が本当に美しかったです。



 11月8日(月)

「弾き語りフォーユー」
かなりや/庭の千草/MESSAGE/シェフ(工藤慎太郎)

本日は久しぶりのOFF日。ずっと家にいたのでじっくり時間ををかけてこの後のツアープログラム以外のコンサートのプログラムを決めていました。コンサートの長さや対象者が様々なため、どのコンサートにも少しずつ新しい要素を取り入れ、全て違う構成にチャレンジする事になり楽しみです。夜は1300メートル泳ぐ。



 11月7日(日)

浜松福祉交流センターホールでCDデヴュー20周年記念リサイタル「小原孝のピアノ詩集〜愛の讃歌」。浜松は最近毎年連続してリサイタルを開催しているので、すっかり根付いたようで今日も素晴らしいお客様に恵まれて気持ちの良く演奏できました。地道に活動を続ける事の大切さと、楽しみに聴きに来て下さる皆さん、スタッフの皆さんの応援や協力があってこその20年を強く感じたコンサートでした、本当に感謝です。20周年ツアーも残り僅かになって来ましたが、すでにその先の準備や練習もスタートしていますので、これからもずっとずっと宜しくお願いいたします!今日は新横浜から新幹線でいったのですが、横浜はAPECがスタートするため全国各地から物凄い人数の警察や警備の方が集まっていました。厳戒態勢だったせいかかえって道路は空いていてスムーズでしたが。



 11月6日(土)

川崎市総合教育センターで公開教養講座「小原孝のピアノよ歌え!音楽講座〜音楽はいつも心に優しい〜」を開催。実はこの会場はいつも多摩川でジョギングした帰りに通っているが(今朝も午前5時頃走り抜けました)、中に入るのは初めて。設備の整った素敵な施設で普段は教職員の研修に使われているそうです。教養講座はこれまで多くの著名人がなさっていて、その中で僕は一番地元に身近だったかもしれませんね。今日は一般向けでいつもと違って、年代や世代もさらに幅広くしかもピアノを弾かない人も多かったので(学校の先生も多かったけど)、話の内容や選曲も工夫して講座をしてみました。自分としては上手く出来て充実した感触を受けましたが、いかがでしたでしょうか?これから講座や講演活動も増えていったら、コンサートには興味のない方々や中々足を運べない皆さんにも音楽の素晴らしさを伝えるチャンスが広がるから頑張ろうと思います。母校、久本小学校の先生・生徒もきてくれたので久し振りに「みんなのたからもの〜久本小学校50周年記念歌」を歌いました。何でもあの有名なこども店長くんも通っているそうで、もしかしたら歌ってくれているかも?帰ってからレッスンした後、夜は1400メートル泳ぐ。



 11月5日(金)

午前中連弾のレッスンをしてから、午後からは自分の練習3時間。明日の講座と明後日のリサイタルのプログラムや内容を検討する。引き続き原稿&アレンジ関係に取り組み、夜になってNHK「弾き語りフォーユー」のリクエストの整理と資料整理も行う。今日は泳がないで早朝ジョギング&ウォーキング70分、57分まで続けて走りましたがゆっくり走ったので足が痛くなる事もなく、夜明けや朝陽を感じながら朝を迎えました。



 11月4日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座<小原孝の楽しいピアノレッスン>PART36 秋の空(畑中良輔)〜秋の歌(伊藤京子)〜落葉松(小林秀雄)/別れの曲〜前奏曲作品28−7〜ノクターン作品9−2(ショパン)

午前中、YAMAHA名古屋店で「ピアノよ歌え!音楽講座〜レッスンで役立つやさしいアレンジ導入法!」を開催。良い練習曲やアレンジ曲が見つからずに困っているなら、自分のアレンジで作ってみようという講座。アレンジのコツやアレンジしたものを美しく弾くコツなどを取り上げたのだが、僕が普段考えたり教えたりしている事を話しただけで「目から鱗です」などと感想いただいたりすると何だか不思議な気分。ちょっとした工夫で驚くほど素敵な演奏に仕上がるので、是非是非役立てて下さい!講座終了後、水谷映美さんとリサイタルのリハーサルをした後CBCラジオに生出演。伊藤秀志さんがパーソナリティーを務める「ゴゴいち」という番組、先日「弾き語りフォーユー」で伊藤さんのCD「案山子(ZUZU版)」を紹介したのがご縁での出演。美人アナウンサー青木まなさんを交えて活気のあるトークが楽しかったです。聴いて下さった方いますか?持参した伊藤さんのCDにサインをいただいて帰りました。終了後は東京に戻り、再びアレンジや原稿チェック。夜は1300メートル泳ぐ。



 11月3日(水)

「弾き語りフォーユー」
落葉のコンチェルト/さわると秋がさびしがる/秋だったよ(由紀さおり)/波の話〜スタニヤン・ストリート (小原孝)

今日は川崎市民マスターズにエントリーしていましたが残念ながら不参加で、引き続きセミナーの準備とアレンジに取り組む。夕方まで頑張って名古屋へ移動、名古屋でかつての音楽仲間と久し振りに逢って想い出話とこれからの計画などを語り合う。みんな責任ある仕事を任される世代に突入、これからが楽しく音楽できる時間になる予感で元気が出て来ました。夜はホテルで仕事するために資料を沢山持って来ていたのですが、爆睡しました。



 11月2日(火)

「弾き語りフォーユー」
ありがとう/あぁ人生に涙あり/太陽にほえろのテーマ/サインはV

NHKの収録日。「逢えてよかったね」特集の反響が沢山届いていたので、ご要望にお応えして小原の「一人ピーナッツ版アレンジ」に挑戦してみました。多重録音はとても楽しかったです、放送をお楽しみに!帰ってからはアレンジ・セミナーの準備、合唱曲のアレンジの続きなどなど、先週までの遅れを取り戻すべく本日は貫徹体制で頑張ります。体力を維持するため早朝に70分ジョギング&ウォーキング、今日は35分ずつ軽めにトレーニングしました。



 11月1日(月)

「弾き語りフォーユー」
知床旅情/岬めぐり/瀬戸の花嫁/浜辺の歌(菅原洋一)

午前中レッスンした後、午後からはアレンジ三昧。夕方は中島啓江さんと来年の「夢で逢いましょう」公演の打ち合わせ、何だか凄い事になりそうだ。夜は1200メートル泳ぐ。小原孝お便り倶楽部「クラブ80」ジル通信11月号発送しました。新しい「小原カタログ2011」も同封しています。