2005年10月の日記



 10月31日(月)

「弾き語りフォーユー」
It's only a paper moon(イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン)/星影のワルツ/荒城の月

今日は本当によく仕事した。午前中レッスンした後、原稿チェックやコンサートのプログラムをいくつか決めてFAXする。合唱のアレンジを何と2曲も仕上げる(僕的には奇跡だ!)、その後自分の練習2時間。夜は1500メートル泳いだ後、さらに連載エッセイの原稿を一本仕上げる。やれば出来るじゃないか〜!



 10月30日(日)

昨夜は真っ暗で気付かなかったが、朝起きたらホテルはゴルフ場の中、紅葉が美しくて感激した。街中の木々でさえ都心と違って色鮮やかに見えるのは何故だろう。北海道はいつ行ってもとてもカラフルなイメージがある。帰ってから自分の練習3時間、合唱曲のアレンジや残りの原稿などをするがあまり捗らず・・。夜は1500メートル泳ぐ。



 10月29日(土)

羽田空港で森公美子さんと偶然バッタリと出逢う。相変わらずパワフルで元気をもらった。北広島市芸術文化ホール(花ホール)で佐山雅弘さんとピアノでデュオ2005のラストステージ。ツアー最終日についに北海道に上陸できて嬉しい。今日はクラシック曲でも佐山さんは絶好調でとても盛り上がった。ホールやボランティア・スタッフの方々もとても熱心でみんなで作り上げた暖かい演奏会になってこちらも感動した。このプログラムは最後になってしまったけど、またいつか再演したいなあ。次年度、北海道の文化財団の上演予定リストに入っているそうなのでまた行けたら嬉しいな。応援宜しくお願いいたします!



 10月28日(金)

今日は自宅でレッスン日。その後連載楽譜の原稿を一気に仕上げる、今まで最短記録でアレンジできた。自分の練習3時間、夜は1500メートル泳ぐ。クラブ80の皆さん、ジル通信11月号に発送しました。今月は新しいお知らせや80専用カタログなどお得な情報満載です。それから先月号で間に合わなかった新しい更新グッズも無事に出来上がりました。どうぞお楽しみに!



 10月27日(木)

「弾き語りフォーユー」
海のゆりかご(三善晃)/Everything/ジルのロックンロール(小原孝)

今日はレッスン日。終わった後、ジル通信の原稿、誕生日カードの制作、連載エッセイの原稿もひとつ仕上げる。その後、自分の練習4時間。夜は1200メートル泳ぐ。久し振りに陽平先生の背泳ぎのレッスンを受ける。お尻が沈みがちでまっすぐな姿勢になっていないからあまり進まないのだそうだ(もちろん他にもいっぱい課題はあるが・・)。背泳ぎは小学生の甥や姪たちに完全に抜かれてしまったので頑張って練習しよう(笑)。



 10月26日(水)

「弾き語りフォーユー」
ヘイ・ジュード/海辺のジャズ/たいせつな人

午前中レッスンした後、午後は尚美学園大学の特別講義、ピアノよ歌え演奏法Aとして“ポップスを弾こう”。クラシックの奏法を上手く導入しながら楽しくポップスを弾く方法を公開レッスン形式で行なう。受講生達は最初は戸惑いながらもよく理解してくれたようで、きっかけを作ると音が全く変わってくるから興味深い。大学内でこんなタイプの講義が出来るのは時代の変化を感じ何だか嬉しい。終わってからオーチャードホールに急いで駆けつけ、デューク・エイセス50周年記念リサイタルを聴く。和田誠さんの演出、佐山雅弘さんの音楽を含めすべてがとても充実した素晴しい演奏会で50年分の音楽の宝物を充分満喫できた。僕も50周年まで頑張れるかなあ?



 10月25日(火)

「弾き語りフォーユー」
カプリ島/赤とんぼ/ひこうき雲(雪村いづみ)

NHKの収録日。収録の前に朝礼二さんと来年一緒に出演する舞台のための撮影をする。しかし収録の準備が間に合わず少し遅れてしまった。夜は1500メートル泳ぐ。クラブ80ジル通信11月号の原稿を途中まで書く。



 10月24日(月)

「弾き語りフォーユー」
ピアノで民謡特集〜こきりこ/杓子売唄(関定子)/佐渡おけさ/ソーラン節

午前中連載エッセイの原稿をひとつ仕上げる。午後は畑中更予先生のレッスンに伺い、ブラームスの歌曲を聴いていただく。先生は足の調子が思わしくなくちょっと心配だ。帰りに久し振りにCDショップに寄り連載楽譜の選曲の資料探しをする。夜は2000メートル泳ぐ。



 10月23日(日)

昨日に引き続きで暴風雨で、とりあえず鳥取空港に朝行ったが羽田発の便が到着しないと欠航との事。しばらく待機していたが何とか無事に到着してくれて、終わってみれば結局すべて予定通り順調に行動できた。羽田から六本木に移動して花の手配、その後三軒茶屋で前から注目していた餃子屋さんに寄る。噂通り美味しい!午後は自宅でレッスンした後、尚美学園大学の特別講義の準備。選挙(参議院の補選&川崎市長選)に行ってから夜は東体で2000メートル泳いだ後、連載エッセイの原稿書きを始める。



 10月22日(土)

兵庫県の香美町香住区中央公民館でリサイタル。日本海側なので鳥取空港から移動したが、天候が悪く大荒れの日本海上空で旋回。無事着陸してよかった。空港から1時間半位車移動して目的地に到着、気温は10度以下で暴風とひょうまで降るあいにくの天気の中、演奏会は暖かい雰囲気で素敵なコンサートになった。子供たちの姿も多かったが、みんな静かによく聴いていた。打ち上げで寿司屋に行き、ここは海辺の町だと初めて知る。お土産に頂いた“里芋の蔓の酢の物”(手作り)が美味しくて感動!深夜に再び悪天候の中鳥取まで移動、長い一日でした。



 10月21日(金)

今日は調布で佐山雅弘さんと“ピアノでデュオ2005”。佐山さんは現在調布市在住なので、ご近所の方が多くお見えだったらしい。客席にはジャズダンスの名倉加代子先生、僕の同級生や元生徒も何人か来ていてアットホームな雰囲気の中でのコンサートだった。佐山さんはモーツァルトの連弾(アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク)までアレンジし捲くりでスリルとサスペンスに満ちてドキドキしながら弾いた。サイン会の時佐山さんのピアノに感動した年配のご婦人が何故か僕のCDを買って佐山さんにサインを求めていた。多分間違えたのだと思うけど、大変申し訳無い事で恐縮した。しかし、ジャケット写真は絶対間違えないはずだと思うのだが・・。夜は用賀で2000メートル泳ぐ。



 10月20日(木)

「弾き語りフォーユー」
展覧会の絵から“プロムナード”(ムソルグスキー)/アメ−ジング・グレイス(トライトーン〜セミナー形式)/High noon(小原孝) 

午前中羽田に戻る。帰ってからアレンジや原稿に準備にとりかかる。自分の練習2時間した後、予約されていた新しいCDにサインをする。今週はスケジュールがタイトな上にすべて違うプログラムなので練習や準備がかなり大変だ。たっぷり睡眠をとって体調を整えよう。



 10月19日(水)

「弾き語りフォーユー」
星のセレナーデ/見上げてごらん夜の星を/星とたんぽぽ

福岡で樹原涼子さんとジョイントコンサート。今回はharahara倶楽部の新しいアルバム“光る星があったから”の発売記念に加えて、お互いのソロアルバムからとピアノランドのコーナーもありとても盛り沢山のプログラム。準備が大変だったけど、ステージが始まったらとても楽しくてあっという間に終わり、良い経験になった。レコーディングした新曲にもまた新しい生命が誕生した感覚で、嬉しい。さらにパワーアップするように回数を重ねてもっと色々研究したい。樹原さんとのコンサートは子供たちも多くいつもと客層が違うので、心なしか僕も若返る気がする(笑)。今回主催して下さった日本楽芸社は10年位前にセミナーコンサートに伺った事があり、久し振りに呼んでいただけて2重の喜びだった。



 10月18日(火)

「弾き語りフォーユー」
星屑のステージ/星空のドライヴ(松田聖子)/乙女座宮/地上の星

NHKの収録日。日曜日の夜に放送された“芸術劇場を観ました”のお便りが早くも沢山届いていたから、皆さん見てすぐ書いて下さったんだなあっと感激。ありがとうございます。夜は明日のコンサートの準備をしてから2000メートル泳ぐ。



 10月17日(月)

午前中ギロック研究会、いつのまにかもう8年も続けているそうだ。皆さんとても熱心です。午後はレッスンした後。樹原涼子さんと“Harahara倶楽部”のリハーサル。レコーディングした新曲のコンサートヴァージョンのアレンジを考える。ピアノを弾きながらハモるのは結構大変なので、練習が必要なのだ。CDのサンプル盤も出来上がってきたし、楽しいコンサートを目指して頑張ります。楽しみに待っていて下さいね!夜は1500メートル泳ぐ。もの凄いどしゃ降りで道路が川になっている。



 10月16日(日)

一関で佐藤恵津子ソプラノリサイタルの伴奏。三善作品、啄木作品、木下作品、武満作品、平和をテーマにした作品と実に多彩なプログラムで大変だったが、苦労した分充実した演奏会になって良かった。特に後半のステージは会場全体が一体感に包まれて平和へのメッセージが充分に伝わったと思う。また、地元のスタッフの皆さんの熱意も実り大盛況で素晴しいコンサートになった。皆さんお疲れ様でした。最終の新幹線で家に戻ったら、今日放送されたNHK教育テレビの“芸術劇場を観ました”の感想がいっぱい届いていた。ありがとう!



 10月15日(土)

今日は自宅でずっと自分の練習(約4時間)や仕事関係の書類作り、楽譜の整理などしていた。夜は明日のコンサート(一関)のコンサートのために仙台まで移動。首都高が予想外に空いていたので、予定より早い新幹線に乗る事が出来てラッキー。でも仙台はどしゃ降りだったので牛タンを食べに出かけた以外は、ホテルの部屋でアレンジの仕事をしていた。



 10月14日(金)

午前中レッスンした後、自分の練習3時間。その後、おばら新聞の原稿書き。夜は東京文化会館で青山恵子さんのリサイタルを聴く。珍しい日本歌曲の数々で独自の世界を繰り広げて圧巻。和楽器とのコラボに新しい発見が多くあり興味深かった。会場で日本歌曲関係の演奏会企画のアドバイスをいくつか頂いた。奥が深い世界なので、シリーズ化して長いスタンスで勉強できるように計画をたててみたい。帰ってから2000メートル泳ぐ。



 10月13日(木)

「弾き語りフォーユー」
ブルクミュラー特集〜無邪気/スティリアの女/清い流れ

今日は自宅でレッスン、自分の練習3時間、合唱のアレンジを一曲仕上げる。原稿やアレンジは気分転換が上手く行かないため、どうしても一日にひとつしか集中する事が出来ず、中々捗らない。ピアノの練習だと計画的にもっとてきぱきとあれこれ出来るのになあ。そんな点が仕事がすぐに滞ってしまう原因なのかも知れない・・とちょっと反省しつつやっぱり出来そうにないな(笑)。夜は1800メートル泳ぐ。



 10月12日(水)

「弾き語りフォーユー」
秋風の歌/コスモス〜朝食(小原孝)/仔ねこの情景

今日は自宅でレッスンをした後、連載エッセイの原稿を1本仕上げる。その後、自分の練習3時間。夜は2000メートル泳ぐ。津波、台風に続いて今度はパキスタンの大地震、救援物資の不足から暴動まで起きているニュースを見たけれど、本当に気の毒だ。日本でチャリティー活動してもそれが現地に届くのはずっと後だからなあ・・。少しでも早く救援活動が進みますように!最近の地球は何故こんなに機嫌が悪いのだろう。



 10月11日(火)

「弾き語りフォーユー」
勝手にしやがれ/秋止符/しなやかに歌って

NHKの収録日だが、今日はレギュラー番組収録の前に教育テレビの“芸術劇場”の収録をする。新しいタイプのピアノ教則本の魅力を探る特集コーナーでゲスト出演、現場に行ったらスタッフの中に元生徒が二人もいてびっくり、みんなそれぞれに活動していて嬉しい限りだ。森田美由紀アナウンサーの的確な仕事振りはさすがで、色々と勉強になった。久し振りの全国放送のテレビ番組に出るので是非観てね!放送日は10月16日(日)夜10時からの予定です。夜は2000メートル泳ぐ。



 10月10日(祝)

「弾き語りフォーユー」
早起き時計/のほほん(ラグ・フェア)/メロディー&ハーモニー(小原孝)

この所雨が続いて肌寒い日が続いているなあ、今日もずっと部屋でレッスンと自分の練習4時間。夜は横国で2000メートル泳ぐ。横国の50メートルプールは今日で今季最終日なのでタイムを計る。400メートル個人メドレー8分5秒、200メートルバタフライ4分10秒、200メートル個人メドレー3分55秒。ゆっくり長くなら何とか泳げるようになったがどれも遅すぎる、どの種目も10秒くらいずつ縮めたい。小学生の甥や姪に抜かれるのももう目前だ(笑)。



 10月9日(日)

今日は自宅でレッスン&自分の練習4時間。夜は東京体育館まで出かけ2000メートル泳ぐ。昨日のコンサートの反響が続々と寄せられて嬉しい。地元でのコンサートがずっと続けられるように益々精進しよう。スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした、11月も宜しくお願いいたします!



 10月8日(土)

今日は地元で自宅から一番近いホール、高津市民館ノクティーでリサイタル。今年で3年目だが、諸事情で昨年までと違い有料化となった。しかし地元の高津文化協会の皆さんの熱心な取り組みと応援に支えられてチケットは早々完売。全国各地から聴きにいらしていただき本当に嬉しかったな。今日ほど多くの皆さんに支えられてこそ初めて音楽活動が出来るんだと実感した事はなかった。感謝感激です!!久本小学校の子供たちにゲスト出演してもらい、一緒に作った“みんなのたからもの”を披露、とても好評だった。最前列にスポーツクラブのメンバーがずらっと勢揃いしていてびっくり、ちょっとドキドキしながら弾きました(笑)。11月10日に追加公演が決定しているので又、頑張ろう。夜は久々カラオケに行く。



 10月7日(金)

午前中川崎市市民文化大使の委嘱式に出席。僕は2期目だが、今回からは以前から親しい山田太一さんや成田真由美さんが加わってくださり、文化大使同士の輪も広がりそう。色々計画できたら良いな。午後はNHKに向かい芸術劇場の打ち合わせ。その後髪を切りに行く。帰ってから自分の練習3時間、夜は2000メートル泳ぐ。



 10月6日(木)

「弾き語りフォーユー」
練習曲R(ル・クーペ)/明日に架ける橋/仲直り(小原孝)

今日は佐藤さんと最後のリハーサル、彼女はここ一週間盛岡と東京を行ったり来たりで大変だったと思うが、仕上がりは絶好調なので良い演奏会になりそうで楽しみだ。夜は浜離宮朝日ホールで音中時代からのクラスメイト山田昌宏氏(現在、聖徳大学助教授)のリサイタル。少年時代から真摯に自分の音楽を追求していたのを良く知っているだけに、そのまま成長&円熟して自分の世界を見事に築いていて感動した。常に進化&努力し続けるクラスメートを持って誇りに思うし、とても刺激になった。会場は同窓会状態で懐かしい顔でいっぱい、聴きに行って良かったなあ。帰ってから1500メートル泳ぐ。



 10月5日(水)

「弾き語りフォーユー」
夕焼けジル君/秋桜/夏陰

今日は本当に久し振りのOFF。という事で一日中部屋に居た。リクエスト葉書や楽譜の整理、自分の練習4時間(新しいプログラムに向けての譜読みが中心)などなど、この所忙しくてやり残していた仕事を手掛ける。全然OFFじゃなかったな(笑)。クラブ80の特大号の感想が沢山寄せられて嬉しい。今月号は準備に苦労したから喜びも一入ですね。夜は1800メートル泳ぐ。



 10月4日(火)

「弾き語りフォーユー」
ビートルズ特集〜ロング&ワインディング・ロード/イエスタディー/僕の指から愛の歌(小原孝)/ノルウェーの森

NHKの収録日。今日は準備に時間がかかり、間に合わないかと思ったがぎりぎりセーフ。この所ますますリクエスト曲がヴァラエティーに富んできているので、構成や選曲を決めるの事を楽しく悩んでいます(笑)。収録後にスタジオを出たら数日前の暑さが嘘のような秋雨が降っていた。夜は1800メートル泳ぐ。



 10月3日(月)

「弾き語りフォーユー」
紅葉/女ひとり/ここはどこだ(デュークエイセス)

午前中レッスン、午後は佐藤恵津子さんと伴奏合わせ。昨日レッスンで指摘された部分を中心に、もう一度練り直す。ちょっとしたアドバイスを受けただけで随分と雰囲気や印象が変わるものだなあ。夕方から自分の練習4時間、忙しくて中断していた新しいプログラムに向けての譜読み練習を再開する。夜は2000メートル泳ぐ。



 10月2日(日)

真夏の暑さ(34度)だった熊本から戻る。佐山さんは大阪空港から熊本入りして、コンサート後は朝まで飲んで広島に旅立って行った(らしい)。本当に凄い体力だな。帰ってから雑用と自分の練習2時間してから、夜は塚田先生のレッスンに伺う。先生は新潟から、佐藤さんは盛岡から、そして僕は熊本から(途中事故で電車が止まって少し遅刻したが)みんな無事に東京に集まってのレッスンだった。終わってから食事会、やっぱり美味しい食事と良い音楽は大切な宝物であると実感。



 10月1日(土)

今日から10月ですね、ホームページも秋色にリニューアルしてみました。今日は熊本県立劇場で佐山雅弘さんと“ピアノでデュオ2005”。熱心に応援してくださるお客様が多く、会場は大盛り上がり。こちらもテンションが上がっていつもよりかなり長いプログラムになった。演奏する曲数は同じなのに不思議です。今回からモーツァルトの連弾がソナタからアイネクライネナハトムジークに変更。これも弾いていてとても楽しい。以前ピアノを教えていて熊本に引っ越した生徒が聴きに来てくれたけど、綺麗なレディに成長していてびっくり。可愛い小学生だったのにな〜。