2005年9月の日記



 9月30日(金)

午前中、自宅でレッスン。午後は佐藤恵津子さんと伴奏合わせ、今日はリサイタルのプログラム全曲通した。文学的な香りのするステージになりそうだ。夕方から合唱曲のアレンジを一曲仕上げて自分の練習2時間。夢中になって仕事していたので食事をするのをすっかり忘れていて、言われて初めて気付いた(笑)。夜は2000メートル泳ぐ。クラブ80の皆さん、ジル通信10月号無事に発送しました。今回は特大号でお届けしましたので、どうぞお楽しみ下さい!



 9月29日(木)

「弾き語りフォーユー」
乗馬(ブルクミュラー)/乙女の祈り(セミナー形式)/たわむれ(小原孝)

午前中レッスンした後、午後は自分の練習2時間。この所時間が無くてなかなか出来なかったジル君チャリティーBOXに送られてきた切手やカードの整理をする。夜は目黒パーシモンホールで木下牧子さんのとても楽しい“オペラ不思議の国のアリス”に行く。主役のアリスが本当にチャーミングで知らぬ間に物語に魅きこまれる。充実した音楽と出演者の日本語の言葉さばきも高いレヴェルに感心。アンコールの時、客席の子供たちが舞台に向かって夢中になって手を振っていたのが印象的だった。是非今後も上演を重ねて多くの人に楽しんで欲しい作品だな。夜は1800メートル泳ぐ。



 9月28日(水)

「弾き語りフォーユー」
面影/北上夜曲〜さくら貝のうた/秋の気配

今日は自宅でレッスン&自分の練習2時間。残っていた連載エッセイの原稿を1本仕上げる。夜はオペラシティーの近江楽堂で塚田佳男&安田祥子コンサートを聴く。リードオルガンの伴奏で名曲の数々を演奏、ピアノとは全く違う表現力があり僕にとってはとても新鮮な発見が沢山あった。永年一緒に音楽活動をしている安田祥子さんとのコンビは自由自在、小さなスペースなので間近でそれが感じられ楽しかった。オルガンは塚田先生の音楽の原点のような存在、いつかはこんな演奏会を開くのが夢だったそうだ。どんなに忙しくても常に自分の夢に向かって進化し続ける先生はやっぱり凄い。帰ってから2000メートル泳ぐ。



 9月27日(火)

「弾き語りフォーユー」
どうぞこのまま/サンキュー・フォー・ザ・ミュージック/上を向いて歩こう

NHKの収録日。先週は収録をお休みしたからリクエストが沢山届いていて嬉しい悲鳴。今日も秋にぴったりの曲をいっぱい演奏した。夜は2000メートル泳ぐ。クラブ80のジル通信、次号はスペシャル特大号をお届けする予定。只今みんなで発送準備に奮闘中です、どうぞお楽しみに!



 9月26日(月)

「弾き語りフォーユー」
ケ・セラ・セラ/小さい秋見つけた/誰もいない海/ビリーヴ

午前中連載楽譜の原稿を仕上げる。午後は畑中更予先生のレッスンに伺いブラームスの歌曲を12曲弾く。帰りに古本屋に寄ったらずっと探していた本が一辺に3冊見付かってラッキーだった。帰ってから自分の練習2時間した後、再び別の原稿に取り掛かる。夜は1800メートル泳ぐ。僕のCD“鍵盤詩集”にも参加していただいた藤岡宣男さんの突然の訃報には驚いた。ご冥福をお祈りいたします。



 9月25日(日)

午前中いつもお世話になっている国立楽器の音楽教室“国立音楽センター”のオープン記念レセプションに出席、3曲ほどお祝い演奏をした。大学関係の先生方や音楽業界の皆さん、そして地元の方々が集まり、出来上がったばかりの美しい教室で和やかな会が開かれた。駅から近くて便利だし設備も整っているので、ここで習う人たちはきっと良い環境で音楽できるだろうな。帰ってからレッスンをした後、今日は原稿をひたすら書き続ける。いくつかの原稿チェックしてから連載エッセイを一つ、クラブ80ジル通信、ジル通販の新しいカタログも仕上げる。その後、連載楽譜のアレンジを考える。



 9月24日(土)

国立楽器で“小原孝の歌うサロン”の第2回目。“一緒に秋を歌いましょう”と題して秋の歌を歌い捲くる。この会は僕のピアノに合わせて会場の皆さんが歌う新しいタイプのコンサート。今回は合唱をやっている皆さんも多く参加していたようで、ホール自体がとても充実した響きで包まれた。各曲のエピソードも紹介しつつ音楽で秋を充分感じる事ができた。次回は2月に冬の曲をテーマに開く予定です、どうぞお楽しみに!夜は2000メートル泳ぐ。



 9月23日(金)

毎年恒例の川崎市民マスターズに参加。今回我がチームは珍しく大勢参加したので盛り上がって楽しかったな。今日の結果は25メートル背泳ぎ20秒38、100メートルバタフライ1分35秒44、どちらも同じ年代の出場者が一人だけだったから金メダルでした(笑)。今回はスタートとターンが珍しく上手く行ったのとバタフライが初めて最後まで溺れずに泳げたので、自分的には色々と収穫があった。帰ってからレッスンをした後、呑み会に参加。久し振りに騒ぎました!



 9月22日(木)

「弾き語りフォーユー」
勿忘草(リヒナー)/花火(グリッサンドのセミナー)/甃のうえ(小原孝)

新潟音楽鑑賞会の例会最終日、3日間で計4公演が無事に終了。こんなに会員数の多い、そして充実した活動をしている鑑賞団体も最近では珍しいのでは?僕も4回目の出演が出来るように頑張ろう。スタッフの皆さんお世話になりました!舞台裏の壁に過去の出演者がみんな寄せ書きをしているので、僕らも目立つスペースを見つけて二人でサインしてきた。佐山さん終演後に飛行機で大阪へ向かい相変わらずのハードスケジュール。僕は新幹線で東京に戻り、夜はプールに行き500メートルだけ泳いでからだをほぐす。



 9月21日(水)

「弾き語りフォーユー」
九月の雨/すみれセプテンバー・ラブ/九月のエピソード(南沙織)〜哀愁のページ

新潟音楽鑑賞会の例会2日目。今日は昼夜2公演に挑戦。佐山さんとのプログラムはピアノ版異種格闘技戦と呼ばれる位激しいバトルになるので、2公演は体力的に大変かと思いきや楽しくてあっという間に終わった感じ。客席の反応のとても良く、ついついエキサイトしてしまう。合間に取材を2本、電話インタビュー形式だったが“今のファッションは?”と質問されて佐山さんは衣装だったのに、僕はジャージでくつろいでいたからとほほ・・でした。(ラジオだから判らないのに佐山さんがばらすから〜)



 9月20日(火)

「弾き語りフォーユー」
虫の声/アサガオ〜朝顔/小さな靴屋さん〜靴が鳴る

新潟音楽鑑賞会の例会で佐山雅弘さんと共演、ピアノでデュオ2005のプログラムを聴いていただく。この会に僕が出演するのは3度目、最初は塩田美奈子&錦織健&小原孝のトリオ、翌年にソロリサイタルを聴いていただいて以来久し振りだ。“りゅーとぴあ”という素晴しいホールで気分爽快に演奏でき、とても気分が良かった。以前出演した時は別のホールだったな。



 9月19日(月)

「弾き語りフォーユー」
大きな栗の木の下で〜どんぐりころころ/チロリン村くるみの木/くるみのお家〜森のよあけ

今日は自宅で自分の練習2時間と明日からのデュオコンサートの準備&レッスンも行なう。夜は2000メートル泳ぐ。毎度の事だけど原稿類が滞っているので、明日から新潟に資料を持っていって書く予定だけど、その資料集めが又大変で予想外に手間取り深夜までかかる。 



 9月18日(日)

午前中六本木に行き、花の手配をする。帰ってから昼間のマスターズ練習に参加、今日はスタート練習もする。帰ってから父の墓参り、みんなはてきぱきと掃除や草むしりをするが僕は足手まといだったかも・・・。その後、青山に行き家具を購入、再び帰ってきて仕事をした後、今度は広尾のスタジオで“Harahara倶楽部”のニューアルバムのマスタリング。とてもいい感じの仕上がり思わず聞き惚れてしまい(笑)忙しかった一日の疲れが吹っ飛んだ。10月の中旬発売予定です、どうぞお楽しみに!!



 9月17日(土)

午前中1800メートル泳ぐ。今日はNHKの臨時収録日。せっかく苦労して準備したのに番組で紹介する予定だったCDを部屋に忘れて出かけてしまい大慌て。NHKや近くのCDの探したり、構成を少し変更して無事に収録できた。番組で流すCDはいつも自分で聞き比べて選んだものを自分で持って行くのです。だから準備に時間がかかってしまうわけだけど、これが結構楽しい作業でしかも勉強になるのでついつい全部自分でやります。何をするのもアナログ派の小原です。



 9月16日(金)

今日は自宅で自分の練習3時間&盛岡の佐藤恵津子さんと伴奏合わせ。夕方2000メートル泳いだ後、夜は再び佐藤さんと塚田佳男先生のレッスンに伺い、武満徹作品と平和をテーマにしたステージを聴いていただく。とても充実したプログラムだから弾くのは大変だけど、素敵な演奏会になりそうなので楽しみだ。



 9月15日(木)

「弾き語りフォーユー」
エストレリータ(ポンセ)/酒とバラの日々(世良譲)/コロコロコロッケ(樹原涼子)

榛名でのレコーディング2日目。いつも弾いてる曲もマイクを通して改めて聴くと新しい発見も問題点も鮮明に浮かび上がってくるから色々と勉強になるな。今日は残り11曲を仕上げて2日間で何と予定されていた20曲すべて完成。集中力が切れそうになる寸前まで頑張れた(笑)。終わってから焼肉を食い捲くる。レコーディングは体力が必要なので毎食2人前ずつ食べてしまうから、ここ1ヶ月で2本もやって体重が再び上昇中・・やばいかも。



 9月14日(水)

「弾き語りフォーユー」
ラ・クンパルシータ/異邦人/茶色の小瓶

榛名のエコールでソプラノ野崎由美さんのCDレコーディング。日本歌曲の名曲を集めて中々充実した内容になりそうだ。今回はホール録りで、ピアノもベーゼンドルファーを使用するので普段とは違った音が作れて面白い。初日は9曲完成。夜はゆうすげに移動して温泉でのんびり・・・というか疲れて爆睡。



 9月13日(火)

「弾き語りフォーユー」
ランピールのプリマドンナ(サティー)/ムーランルージュの歌(オーリック)/逢えてよかったねPARTA(小原孝)

NHKの収録日。その他に午前中連載エッセイの原稿をひとつ仕上げてから歯医者に行く。今日は珍しく計画的に時間を有効に使う事が出来たと思う。クラブ80の更新グッズ(現在はオリジナルの缶バッチ)の制作道具がモデルチェンジで手に入らなくなって、急に変更を余儀なくさせられた。只今色々考え中だけど来月に間に合うかは未定、ちょっと困っている。夜は1800メートル泳ぐ。



 9月12日(月)

「弾き語りフォーユー」
カチューシャの歌/若い季節/五木のこもりうた(関定子)

今日は午前中会社の決算で担当会計士の方と打ち合わせ。ジルは来期より消費税の計算の仕方が変わるとの事で、帳簿のつけ方など細かくチェックを受ける。音楽に打ち込もうと思って会社を設立したが、やってみると意外とめんどくさい雑用が多くて大変だ。特に数字系が苦手な僕にとっては(笑)。午後は野崎由美さんと伴奏合わせ、その後自分の練習3時間。夜は2000メートル泳いだ後連載エッセイの原稿を書き始める。



 9月11日(日)

新所沢にある松明堂音楽ホールで、2時から“小原孝流もっとピアノと仲良くなるための特別講座”、5時から“小原孝流ピアノ名曲サロン”と子供向けと一般向け2つのプログラムで演奏会をする。両方聴いた人は目一杯僕のピアノを楽しんだ事でしょう。ダブって弾いた曲は1曲だけ、頑張って様々なレパートリーを披露しました。体力的には大変だったけどいい経験になった。今日はこじんまりとしたいい響きの中で久し振りにべヒシュタインのピアノで演奏、いつもと違った音作りで新しい発見が多かったな。帰ってから選挙報道を見る。僕は支持政党は無いが政党政治はバランスが大事だと考えているから余りの大差にびっくり。前回地元から若い有能な代議士が二人当選(一人は比例で返り咲き)したが今回は一人だけになってしまって残念。



 9月10日(土)

午前中レッスンした後、今日も自宅で自分の練習3時間、明日のコンサートの準備などをする。途中抜けて選挙に行ってきた。不在者&事前投票所は大混雑で注目度の高さが伺われる。投票後に駅に向かったらどの候補者も最後のお願いでテンションが上がっていた。それにしても選挙も音楽の世界と一緒で最近はビジュアル系の政治家が増えてきたな。夜は用賀に行き2000メートル泳ぐ。何かの大会前なのかな?マスターズの練習の人たちは飛び込みの練習をしていてちょっと羨ましかった。



 9月9日(金)

午前中レッスン。午後は歯医者と本屋に行った後、自宅に戻り引き続き自分の練習3時間&原稿書き、アレンジも途中までやる。夜は2000メートル泳ぐ。今日は不在者投票に行こうと思っていたけど結局時間が無くて行けなかった。明日は何とか仕事の合間に行く時間を作りたいな。



 9月8日(木)

「弾き語りフォーユー」
ムッシュ・ラヴェル(アンリ)/じゃれ猫ジル(小原孝)

午前中からレッスンその後、合唱のアレンジを一曲仕上げる。夕方から自分の練習3時間。とにかく暑い一日のようだったが僕は一日中部屋で仕事していたので無事でした。大分捗ったけど、今日やった10倍位の仕事がまだ残ってるなあ・・。夜は残念ながら間に合わず泳ぎに行けなかった。



 9月7日(水)

「弾き語りフォーユー」
毬と殿様/結婚するって本当ですか/この広い野原いっぱい/オーシャンゼリゼ

今日は自宅で午前中レッスンをした後、自分の練習3時間&アレンジをする。夜は塚田佳男先生のお宅でレッスン。終わった後何と先生が手料理をご馳走して下さった。キッチンにたってとても手際良く料理をはじめたので、先生の知られざる一面を見つけてびっくり。短時間で4品、どれもこだわりの味で感激。あっという間に時間がたち、帰りは深夜になってしまった。



 9月6日(火)

「弾き語りフォーユー」
人生はメリーゴーランド〜カントリー・ロード/みんなのたからもの〜久本小学校50周年記念歌(小原孝)/翼を下さい

NHKの収録日。ニュースで見る台風の被害とは裏腹にこちらは穏やかな日で、かえってそれが不気味な感じ。コンサートで伺ったことがある地域でも被害が沢山出ているので、何だか人事とは思えずとても心配です。普段は気付いていない自然の威力をまざまざと見せつけられると、人間の力はあまりにも非力だと実感する。こんな時は危険が迫ったら、立ち向かわずいかにうまく避けるかが大事なのかもしれませんね。夜は1200メートル泳ぐ。



 9月5日(月)

「弾き語りフォーユー」
心の旅/ふるさとの燈台/知床旅情/岬めぐり

午前中レッスンした後、午後から“harahara倶楽部”のレコーディング。今日はスタジオに絵門ゆう子さんも来て、ご自身が作詞をした作品(絵本“うさぎのユック”のテーマ曲)を一緒にレコーディング。他の作品もいい感じに仕上がって、歌っていて感動の連続。早く聴いて戴きたい気持ちでいっぱいだ。急いで帰って1800メートル泳いだ後、NHKの準備に取り掛かる。



 9月4日(日)

超忙しかった夏が過ぎ去って漸く一段落。少しずつ片付けや溜まっている仕事に取り掛かる。昼間のマスターズ練習にも久し振りに参加、2300メートル泳ぐ。午後はレッスンをした後、久本小学校50周年記念歌“みんなのたからもの”アレンジ譜を仕上げる。夏休み中に練習したいから早く・・と言われていたのにごめんなさい!深夜に早速FAXした。外は暴風雨が吹き荒れている。



 9月3日(土)

宝塚ベガホールで佐山雅弘さんと“ピアノでデュオ2005”の初日。ステンドグラスが美しいとても雰囲気のあるホール。今日はスタインウェイとベーゼンドルファー両方のピアノを使い、とてもいい響きの中気持ち良く演奏できた。このデュオはピアノ版異種格闘技戦なので、練習では佐山氏はほとんど手の内を見せないから本番に賭けるしかないのだ(笑)。今日はいい対戦が出来たと思うよ。今回のツアーも楽しみだ。皆さんも是非聴きに来てね!夜は帰って部屋を片付けようと思ったが(小原孝展の荷物がまだそのまんまの形で残ってる・・)何から手を付けたらいいのかわからないうちに夜が更ける。



 9月2日(金)

国立音楽大学集中講義の最終日。今年も大変熱心な学生が集まり、3日間朝9時から夕方5時まで充実した授業になった。しかし年々体力的には厳しくなるなあ〜。今の所65名限定のクラスで、僕的にはもう少し少人数だとやりやすいけど、申し込み者が多く抽選になっているらしいから難しいのかも。楽しくてしかも役に立つ講義がどんなものなのか、さらに研究したい。終わってから学生達と毎年恒例のサイン&写真撮影会。その足で羽田空港へ向かい、夜は宝塚で佐山雅弘氏と合流。久し振りに一緒に食事をして楽しかった。



 9月1日(木)

「弾き語りフォーユー」
ボレロ(ラヴェル)/鍵(弾き歌い)/いつまでも(小原孝)

国立音楽大学の集中講義2日目。今日から9月だったから人も増えて電車もキャンパス内も賑やか。学生達は大人しいが非常に熱心で、長時間なのにみんな集中して聴いている。昨日は“小原孝物語”と題して、主に僕の子供や学生の頃の話を、今日はブルクミュラーやギロック、そして我“ねこふんじゃったスペシャル”の有効なレッスンでの活用法などを中心に公開レッスン形式で行なう。早くも明日が最終日、どんな演奏が聴けるか楽しみだ。夜は自分の練習2時間、その後2000メートル泳ぐ。100メートルバタフライ×4(2分30秒サークル)で練習。誰もこんなにゆっくりしたペースで練習する人はいないから空いてて良かった(笑)。