2007年9月の日記



 9月30日(日)

那須野が原ハーモニーホールで中村芳子さんのリサイタルに出演。生憎の天気だったが、地元の方の話にによると雨で稲刈りの作業が出来なかったので、かえってお客様が増えたそうだ。そういうシーズンなのですね。今回は19回目のリサイタルだそうで積み重ねの大切さをひしひしと感じるし、早くも次回20回目に向けての計画をもあるようでご本人はもちろん、後援会の皆さんも燃えていた、凄いパワーですね。何回も伺っているホールだが、今回初めて車移動。思ったより近い気がした。



 9月29日(土)

国立楽器で久しぶりの秋のピアノコンサート(ニューイヤーコンサートは20年以上続いているが)、今回は先日発売した「童謡画集+CD@&A」の発売記念コンサート。ゲストに「とだこうしろう」さんと「川島由美」さんを迎えて童謡画集の世界を満喫。特にとだ先生とのコラボのステージは凄かった。僕がスタニヤン・ストリートを演奏しているときステージで絵を描いていただいた。筆を使わず指と絵の具だけで見事な作品を音楽に合わせて仕上げて感動した。一流のアーティストとの共演は本当に刺激的だ。夜は自分の練習2時間して1600メートル泳ぐ。



 9月28日(金)

今日は自宅で明日からスタートする秋のコンサートの準備。資料を揃えたりプログラムの順番を考えて練習してみたり・・、今年の秋はひとつとして同じプログラムのコンサートがないので、途中混乱しながらも作業を進めていくが時間がかかる。夜は三軒茶屋のパブリックシアターに話題の舞台“ロマンス”を観に行く。大竹しのぶさん松たか子さんはじめ素晴らしく芸達者な役者さんと井上ひさしさんの本の面白さに魅せられて、長い作品なのにあっという間に終わった。音楽もピアノだけで構成大変参考になった。クラブ80の皆さん、ジル通信10月特大号を発送開始しました。新しいジル通販のカタログを含めて、かなり頑張って原稿を書きましたのでお楽しみに!



 9月27日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART74〜へ調のメロディー(ルビンシュタイン)/アゲハ蝶/今夜月の見える丘で

今日はリハーサル日。まず畑中更予先生のお宅に伺い、中村芳子リサイタルの通し稽古。こちらも昨日のコンサートに負けない程の曲目なので(しかも一人で)体力勝負だな。夜は11月の舞台コールポーターの顔合わせとKEYあわせ、今日は男性陣が集まる。大人の魅力の大澄賢也さん、実力派の泉拓充さん、美形でパワフルな越中睦さんとそれぞれ個性的なメンバーで面白そう。声を聞く前に想像でアレンジした曲も奇跡的にほとんどKEYを変えずに済んだ!帰ってからあスポーツクラブに駆け込み1400メートル泳ぐ。



 9月26日(水)

「弾き語りフォーユー」
コブクロ特集〜君という名の翼/蕾/ワインディング・ロード(綾香&コブクロ)

今日はグループ・ロブの10年ぶり復活コンサート。数日前に朝日新聞の記事に載ったお陰でチケットが売り切れ状態の大盛況だった。直前のリハーサルでは暗譜事故が続出、曲目も急に変更になるやらてんやわんやで、どうなることかとぎりぎりまでどきどきしていたが、蓋を開けたら大成功!皆さんの心臓の強さにはほとほと感心する。見習わなければ・・。終焉後じゃない終演後の打ち上げでは、すでに次回の計画をしていたから、恐るべしパワー。何歳になっても楽しく音楽したいね〜皆さん!



 9月25日(火)

「弾き語りフォーユー」
(午前5時〜) 逃避行/つぐない/やさしく歌って/友達の詩
(午前11時30分〜) 松任谷由実特集〜ヴォイジャー/埠頭を渡る風/ずっとそばに

NHKの収録日。秋は連休が多く放送が休みの日があるので、今日は3本録り。いつもより少しだけ減っただけなのにずっと楽だった。体が仕事をするペースのリズムを覚えているのかな。夜は1800メートル泳ぐ。



 9月24日(月)

午前中レッスンした後、午後はグループロブ演奏会のリハーサル。僕はほとんどステージ上で弾きっぱなしなので、とても沢山の体力が必要な演奏会という事がよく判った・・。頑張りま〜す!ジル通販の新しい「おばらカタログ」の原稿を仕上げる。クラブ80の皆さんには10月特大号で一緒にお届けしますね。



 9月23日(日)

今日は久しぶりに涼しかったから、秋分の日を境に急に秋が訪れたような気がした。昼間のマスターズ練習に参加して2000メートル泳いだ後はアレンジ、レッスン、自分の練習4時間とほぼ昨日と同じメニューで仕事をする。総裁選で麻生氏善戦197票のニュースを見る。たとえば僕の住んでいる神奈川県は50万票以上でも落選する選挙区だ。決して少ないとは云えない少数意見は多数決の世界ではいつも葬られる。数だけで決まっていく世界にいると、きっと政治家さん一人一人の良さや個性を発揮するするチャンスがないんだね。ある意味、国会が世の中で一番遅れている場所なのかもしれない。



 9月22日(土)

今日は自宅でレッスン、アレンジ、自分の練習3時間、夜は2000メートル泳ぐ。これだけであっという間に一日が過ぎる・・・、24時間って短いなあと思う今日この頃。



 9月21日(金)

午前中、会社(有限会社ジルの一応社長!)の会議をする。いつのまにか会社を始めて17年目、今期も無事に過ごせてホッと一息&来期に向けてのアドバイスや相談をする。午後は残りの仕事をした後、夕方から北千住のシアター1010に行き、コールポーターでご一緒する貴城けいさん舞台「愛、時をこえて」を観る。歌舞伎と宝塚が一緒に楽しめる不思議な世界。貴城さんの存在感は圧倒的で抜群にカッコいい。客席にも宝塚宙組の皆さんの顔がちらほら。華やかな舞台を堪能しました。



 9月20日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座Part73 ワルツ作品39−15(ブラームス)/ウィンナーワルツ(ギロック)/ノクターン作品9−2+ねこ踏んじゃった(ショパン・小原孝)

また夏がぶり返して35度近くまで上がったが、こういう日に限って部屋から一歩も出られない状態なのでラッキーというべきか?今日はずっと部屋でレッスンと伴奏合わせ。10月のフルートリサイタル(静岡)の第2部はリクエスト特集をするが、その候補曲の打ち合わせ、これだけでもリサイタルが何度もできるなあ〜っというくらい名曲がある。当日、会場の皆さんのリクエストでプログラムが決まるので是非ご参加下さい!詳しくはスケジュールページをチェックしてね。



 9月19日(水)

「弾き語りフォーユー」
小原孝未発表作品特集〜みんなのたからもの〜彼方へ/がんばりすぎないで/いつまでも

今日は国立楽器で会員制セミナー「小原孝のぴあのさろん秋号」。今回は僕のオリジナルソングブック“逢えてよかったね”をみんなで歌ってみた。ピアノの先生は中々声を出して歌うチャンスが少ない。声楽家のように上手に歌えなくても良いけど心をこめて自分の歌を伝えられられると、もっと自由にピアノも歌いだすと思う。帰ってから自分の練習2時間、夜は1500メートル泳ぐ。さてずっと計画していた「ジル君のミュージックショップ」がこのほど開店しました。小原孝作品(CDや楽譜)・グッズなどが注文できます。トップページにアドレスがあるので、覗いてみてくださいね。ご来店お待ちしています!



 9月18日(火)

「弾き語りフォーユー」
午前5時〜遠い世界に/ギミー・ギミー・ギミー/風の盆(高津佳)
午前11時30分〜トゥモロウ・トゥデイ/円舞曲/黄昏のビギン(ちあきなおみ)

NHKの収録日。今日は少し早めにスタートして収録後にスタッフと一緒に食事会。夏から計画していたがみんなのスケジュールがなかなか合わずに漸く実現した。途中でCDショップに出かけ資料探しもするが、見つからなかった。帰ってから明日のセミナーの準備。



 9月17日(月)

今日は特番のため弾き語りフォーユーはお休みでしたが、明日の早朝の放送はあります。(来週も同じパターンです)

午前中レッスンした後、自宅で自分の練習とアレンジ。練習に集中してるとピアノの弦が切れまくって、夕方から臨時に調律をお願いする。 今日は前から楽しみにしていた松任谷由実「シャングリラV」を観に行く、コンサートとサーカスとシンクロが融合したドリームプロジェクト。最高のパフォーマンスでした!長いツアーの最終公演だったのでWアンコールがあり最後は全出演者が舞台上に座ってユーミンが歌のプレゼント、本当に感動的でした。それにしても出演していたヴィルジニー・デデューの美しさは格別。ユーミンのCD「人魚姫の夢」初回限定盤に付いているDVDで観ることが出来るので、必見です!ユーミン、素晴らしいステージをありがとう〜!



 9月16日(日)

昼間のマスターズ練習に参加して2000メートル泳ぐ。その後、部屋でアレンジと自分の練習をした後、グループロブのリハーサルに行く。相変わらず賑やかなリハーサルだったが、あまりにもヴァラエティーに富んだ盛り沢山のプログラムなんで、果たして時間内に納まるのだろうか?ちょっと心配ではある。聴いているほうは楽しいと思うけど。



 9月15日(土)

昔なら今日が敬老の日だが、今は連休の初日。残暑が戻って暑い一日だったね。今日も遠方から一人レッスンに来た以外は部屋で練習&アレンジをしていた。原稿は相変わらず手書きだけど、前よりペンだこが痛くないから、鉛筆の持ち方が上手になったのかも(笑)。しかし部屋は資料で最悪状態に・・。夜は2000メートル泳ぐ。



 9月14日(金)

午前中レッスンした後、午後は渋谷のYMM(ヤマハミュージックメディア)に行き会議の中で演奏。いつもお世話になっている各地のお店のス タッフや編集部の皆さんの前でミニ・コンサート。朝からずっと真面目な会議をしていた中なので、演奏するのはかなり違和感があったが(笑)、もしかしたら現場で音楽の仕事をしている人たちが音楽を楽しむチャンスが少ないかも知れないね、ふと思った。新しい企画も進行中なのでスタッフともチームワーク良く良い作品を作りたい。



 9月13日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座PART72〜あしあとさがして/チューリップ/海のメドレー(小原孝リリックピアノ版)

午前中レッスンした後、午後からは自分の練習3時間とアレンジ、原稿、郵便物の整理などなど真面目に仕事に取り組む、っというよりかなり切羽詰まっているのでサボると後が大変な状態なのだ。でも途中で投げ出すのは良くない事だもんね。夜は1600メートル泳ぐ。



 9月12日(水)

「弾き語りフォーユー」
童謡画集プロローグ〜エピローグ(小原孝)/あわて床屋(川島由美)/遠き山に日は落ちて〜ふるさと

午前中レッスンした後、午後からは畑中更予先生のレッスンに伺い中村芳子さんのリサイタルの通し稽古。「歌の宝石箱」というタイトルなので名曲揃いのプログラムなので弾いていて楽しいけれど、曲数が多いからペース配分が大変だ。夜はフォンテックのスタジオに行き11月に発売される野崎由美さんの2枚目のCDのマスタリング。こちらも名曲揃いだが、僕の自作曲も良い仕上がりで発売が待ち遠しい。



 9月11日(火)

「弾き語りフォーユー」
鈴懸の径/水色のワルツ/マルセリーノの歌(コシミハル)

NHKの収録日。今日も集中豪雨で不安定な天気、酷暑の夏の後に台風が過ぎたら一気に秋が来た感じだ。悪夢の同時多発テロから6年、まだまだ遺骨が未確認の人が1000人以上いたり、救助活動に参加した消防士の多くの方が有害物質に夜病気に苦しんでいるなど、後遺症はずっと続いているそうだ。ニュースで報道される以外、その周辺にも悲しい想いをしている人は大勢いるんだ。夜は1500メートル泳ぐ。



 9月10日(月)

「弾き語りフォーユー」
雲にのりたい/愛の迷い子/白い靴下は似合わない/陽の照りながら雨の降る

午前中レッスンした後、午後は自分の練習2時間。夕方からニューオータニへ行き先日亡くなられた阿久悠さんを送る会に出席。さながらスター誕生の同窓会のようにテレビでお見かけするあの人もこの人もいらしていて、それぞれ思い思いに故人を偲ぶ。湯川れい子さんや岩崎宏美さんともご挨拶。記念にいただいた小冊子を読むと改めて故人の偉大さをひしひしと感じたし、本当にまだ信じられない気持ちだ。夜はグループロブの演奏会のリハーサルと取材。阿久先生の作品のメドレーも急遽演奏することになった。



 9月9日(日)

今日は昼間のマスターズ練習に参加2000メートル泳ぐ。午後からはレッスンした後、自分の練習2時間&アレンジの続きと連載エッセイの原稿をひとつ仕上げる。夜はジル君チャリティーBOXに送られてきた切手類の整理などもする。この活動もささやかながら10年以上も続いていて、ご協力いただいている皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。時代とともに使用済み切手の集まりは減少、テレカの収集は終了・・。でも逆に未使用の切手やテレカは以前より多く送られてくるようになりました。(詳しくはチャリティーコーナーを覗いてみて下さい)まもなくスタート予定のジル君ミュージックショップでは過去のチャリティーグッズなども紹介するので、これからもどうぞよろしくご参加ください!



 9月8日(土)

外はフェーン現象でもの凄く暑かったようですが、今日はずっと部屋に閉じこもりっきりでピアノに向かっていました。大学に出勤すると自分の時間が全く取れないので、気が付けば仕事で溢れていてかなり緊迫した状態です(笑)。演奏活動と教える事を両立するのは、よほど時間の配分を上手にやらないと難しいですね。あっという間に時間が過ぎて、気付いたら外は暗かった。夜は2000メートル泳ぐ。



 9月7日(金)

国立音楽大学集中講義3日目というか最終日。夜中に台風が直撃したが、朝六時に通常通り授業がある事が大学のホームページで発表された。今はそういう時代なんですね。学生の中には小学校時代に僕のコンサートを聴いた事がある人や、大学時代の同級生のお嬢さんもいて、やはり時の流れを感じてしまう。でも僕が学生時代に素晴らしい先生方から学んだ音楽を、次の世代に伝えて行く仕事はとても大切なんだなと再認識。この3日間が少しでも役立ったなら嬉しい。帰りに、携帯電話を新しくする。こちらもちょっと時間が経つとすぐに新しい機種や機能が登場していて驚く。アナログ派の僕にはとても使いこなせないが・・。



 9月6日(木)

「弾き語りフォーユー」
小原孝流ピアノよ歌え音楽講座Part71〜ビギン・ザ・ビギン/レッサーピョン/幸せになろう

国立音大集中講義二日目。毎年やっていると微妙に学年毎にカラーがある事に気付く。今年の学生たちはとても真面目だが少々大人しいかも。是非是非積極的に参加して欲しいな。台風の影響か、とにかくもの凄く蒸し暑くて汗だく状態。シャツはシースルーに、スーツもぐしょぐしょに。でも明日、休校になる可能性もあるので話の内容も工夫しながら一生懸命頑張りました。夜は1500メートル泳ぐ。台風なのでプールは空いていました。



 9月5日(水)

「弾き語りフォーユー」
阿久悠特集PartA〜また逢う日まで/どうにもとまらない/北の宿から+津軽海峡冬景色+ショパンのピアノ協奏曲(小原孝)/北の蛍

国立音楽大学の集中講義がスタート。数日前から早起きの練習をしていたので(笑)、無事に起きる事が出来ました。今年も抽選で選ばれた60名の学生たちと一緒に(今回は何と全員女性)、楽しい授業になるべく頑張っています。僕としても年に一度の貴重な体験なので色々と勉強にもなるし、若者たちの意識をリサーチするチャンスにもなります。ここ数日間だけ規則正しく出勤する予定。でも慣れないので帰ったらグロッキー状態で、自分の練習が出来ませんでした。



 9月4日(火)

「弾き語りフォーユー」
阿久悠特集Part@〜UFO/ジョニィへの伝言/もしもピアノが弾けたなら

NHKの収録日。いつも同じ時間に家を出発するのだが、今日は首都高が超空いていてとても早く到着した。いつもこうだといいのになぁ。今日から新しいピアノになったから音の感じが少し変わったかも知れないけど、気付く人いるかな?夜は2000メートル泳ぐ。昨日と同様に100メートル×10本(1分50秒サークル)、最後にゆっくり400メートル個人メドレー(只今練習中)も泳ぐ。



 9月3日(月)

「弾き語りフォーユー」
夏の終わりに/夏色の想い出/ようこそ輝く時間へ(松任谷由実)

今日は午前中からレッスンをして、その後、アレンジ&原稿チェック&資料整理&自分の練習4時間。この所思うのは、コンサートなどで外出しているより自宅にいる日の方が数倍忙しいような気が・・。世界陸上の記事をチェックしていたら、マリーンオッティー選手(47歳)現役ランナーとして出場100メートル11秒56。音楽の世界では我々の年代はまだまだ雛っこだが、短距離ランナーとしては前代未聞なのでは?毎日のトレーニングが大切なんだね。ということで夜は2000メートル泳ぐ、100メートル×10本を1分50秒サークルで練習しました。あれっ、何か僕間違ってるかな〜?



 9月2日(日)

何だか9月に入ったら急に涼しくなったな。朝、世界陸上の女子マラソンを見る。土佐選手の最後の粘りはいつもながら本当に凄い。すっかり刺激を受けて、午前中からピアノに向かってアレンジと自分の練習2時間。途中レッスンを挟んで夜も同じ時間割で仕事と練習をする。最後まで諦めないで、自分のやるべき事はちゃんとやらなきゃいけない。わかってはいるのだがなかなかできない。



 9月1日(土)

今日も自宅で自分の練習4時間と原稿、アレンジ類をする。夕方から銀座に出かけ、井料瑠美さんのライブを聴く。劇団四季出身の見事な歌唱で、シンプルなステージなのにちゃんとミュージカルの世界が広がって見える。エレクトーンによるひとりオーケストラも勉強になった。帰ったらちょうど世界陸上やっていた。日本新記録でもメダルや決勝に手が届かないなんて、コンマ差を争う勝負の世界は厳しさを実感。クラブ80の皆さん、ジル通信9月号発送しました。