2010年9月の日記



 9月30日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座<小原孝の楽しいピアノレッスン>VOL.31 かやの木山の(山田耕筰)〜山の枇杷(金子みすゞ・木下牧子 歌・野崎由美)〜秋風よ(中田喜直)/別れの曲(ショパン)

午前中からレッスンをする。午後からはレコーディングの準備、資料作りやアレンジなどを急ピッチで行う。夜は1400メートル泳ぐ。小原孝お便り倶楽部「クラブ80」メンバーの皆様、ジル通信10月特大号は本日発送を開始致しました。新しい更新グッズも何年か振りに間に合って(笑)、美しいオリジナル切手が出来上がりました。ただ、ジル通販の新カタログはまだ完成していないので、しばらくは今お手元にあるカタログをご使用ください(全部手書きなのでもう少し時間がかかります・・)。10月から入会の皆様はこれから新しい会員証の製作に入りますので、後ちょっとだけお待ちください(これもお手製なので)。どうぞ宜しくお願い致します。



 9月29日(水)

「弾き語りフォーユー」
月の沙漠/誰もいない海/なつかしい時間(HARAHARA倶楽部)

さいたま市文化センター大ホールで「宝くじおしゃべり音楽館〜想い出のスクリーンミュージック」に出演。コンサートはもちろん大盛況で楽しかったけれど、抽選コーナー(何と10人に一人の確率で素敵なオルゴールが当たる!)でいつも行う島田歌穂さんとのじゃんけんゲームが中々決着が付かずかなり焦る。司会進行役の清水ミチコさんに「何やってるの〜?」の呆れられてしまいました。今日は終演後、3人で写真撮影があったので僕もヘアメイクさんについて戴いてお洒落に決めてみる(あくまで本人が思っているだけですが)。昔の明星や平凡の表紙のような雰囲気で撮りたいと言うカメラマンさんの意向でしたが、果たして・・?夜は85分ジョギング&ウォーキング、自宅から出発して多摩川の河川敷を東名高速の下から第三京浜の下まで初めてノンストップで走りました!何キロ位あるのかな?



 9月28日(火)

「弾き語りフォーユー」
霧の摩周湖/ブルーライトヨコハマ/京都慕情/京都物語

NHKの収録日。つい先日まで30度を超えていたのに、一気に15度くらい気温が下がって寒いくらいの毎日。急に秋のリクエストが増えて来ました。音楽って生活に密接しているんだな〜と実感。夜はレコーディングの準備。ところで美味しいうどんやさん、見つけました。洛中おうどん「げた屋さん」さん、特製のしじみうどんが美味しかったですが車で連れて行ってもらったので場所が良く分かりません。



 9月27日(月)

「弾き語りフォーユー」
小さい秋見つけた/九月の雨/セプテンバー・ソング/セプテンバー

午前中レッスンした後、午後はクラブ80の原稿を仕上げる。夕方歯医者に行ってから夜は自分の練習2時間した後1400メートル泳ぐ。深夜になってからレコーディング準備を始める。今日はかなり頑張ったので、仕事も順調に捗りました!気分爽快ですね。



 9月26日(日)

少し仮眠をした後、再び校正とアレンジ。頑張った甲斐があって、大分目処が立って来ました。昼間は久しぶりにマスターズ練習に参加して2000メートル泳ぐ。帰ってからレッスンした後自分の練習2時間。夜になってクラブ80ジル通信10月号の原稿書きを始める。今日も徹夜かな。



 9月25日(土)

午前中レッスンした後、午後からはいよいよ切羽詰って締切関係と立ち向かう。まずは来月発売の楽譜集の校正作業と連載楽譜のアレンジを並行して進める。夜は1400メートル泳いだ後、自分の練習2時間。深夜になって再び校正とアレンジ、朝まで頑張りました。



 9月24日(金)

初台のライブハウスDOORSで泉見洋平マンスリーライブ第3夜にゲスト出演。レミゼラブルのマリウス役などで2枚目役で大活躍の洋平君のライブは多分いつもはバンドと一緒にノリノりのステージなのだろうけど、今日の前半はキーボード一台だけのシンプルなステージで僕の「ピアノ詩集」の中から歌ってくれました。今日は慣れないデジタル楽器を弾くので緊張するかなと思ったのですが、スタートしたらとても楽しくてプログラムに予定されていなかった事も沢山やりました、というかやらせました(笑)。アイドルからスタートして(今でも十分可愛いが)実力派のミュージカル俳優として活動する彼には熱心なファンの方々が大勢いらして、客席の雰囲気も僕のコンサートとは全然違いました。後半はペンライトや掛け声などスタンディングで大盛り上がり、僕のステージの時は静かに聴いて下さって本当にありがとうございました。洋平君は「ピアノ詩集」シリーズをとても気に入ってくれたので、また次のチャンスを見つけてこの続きを是非やりたいですね。そうそうオープニングで「逢えてよかったね」を一緒にデュエットしたんですけどコブクロになった気分に浸れました。



 9月23日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座<小原孝の楽しいピアノレッスン>VOL.30 夕顔〜夏の夕暮れ〜海と涙と私と (木下牧子)/赤とんぼ/さよなら音楽の森(小原孝)

那須野が原ハーモニーホールで中村芳子ソプラノリサイタルの伴奏。あいにくの悪天候、東北自動車道走っている時は稲光と雨が凄くて果たして到着できるのか不安でしたが、無事に演奏会は開催。生誕200年のシューマン、ショパン、生誕100年の平井康三郎の作品を中心に生誕50年の僕のソロ演奏も聴いていただきました!?。毎回の事ながら後援会の皆さまのチームワークが素晴しく、とてもアットホームなコンサートになりました。亡くなられた畑中更予先生が残されたお言葉「本当の音楽は60歳を過ぎてから始まるの、そこから85歳までが一番いい音楽が出来るのよ」を実践すべく今後も頑張りましょう!僕らはまだまだ先が長いですね〜。



 9月22日(水)

「弾き語りフォーユー」
バットマンのテーマ/鉄腕アトム/宇宙少年ソラン/マグマ大使/魔法使いサリー/猿飛びエッちゃん

午前中久し振りのレッスンをした後、午後は歯医者へ行きその後月刊ショパンの取材。新しいデジタルピアノのレポートを実際に楽器を弾きながら試してみる。デジタルスコア(楽譜)のどんどん進化して使いやすくなって来た。新しい時代の流れはもうすぐそこまで来ているのかも。取材後、日本橋人形町にあるお気に入りの洋食屋さん「キラク」へ行く。ここのポークソテーが最高に美味くて大ファンなのです。久しぶりに食べる事が出来て超ご機嫌で帰り、明日のコンサートの準備をする。



 9月21日(火)

「弾き語りフォーユー」
ムーンライト・セレナーデ/涙のトッカータ/オリーブの首飾り/ひとりぼっち(小原孝)

NHKの収録日。今日のスタジオはとても寒かったです。先週までの地獄のような(笑)スケジュールを無事を切り抜ける事ができたので漸く次の仕事の準備に取り掛かることが出来そうだ。遅れを取り戻すために頑張っています。夜は1400メートル泳ぐ。



 9月20日(月)

「弾き語りフォーユー」
エメラルドの伝説/会いたい/逢いたくて逢いたくて/ファイト!

午前中は自分の練習2時間した後、午後からはソプラノ中村芳子さんのリサイタルのリハーサル。更予先生がいなくなった今、歌曲のレッスンもして欲しいというリクエストも多数届いているのですが、今の時間的にかなり厳しい状態かも。じっくり取り組みながら考える事にします。夕方からはミュージカルの泉見洋平さんとライブのリハーサル。今回僕はゲストなのですが、かなり沢山の曲を共演することになって楽しみ。各曲のキーも無事に決まって、というか全曲移調をこれからする事に・・、頑張ります。帰ってから10月発売予定の新しい楽譜集の為の原稿を仕上げて、更にその後連載エッセイの原稿も仕上げる。漸く涼しくなってきたので深夜のジョギング&ウォーキングを再開、今日は80分久々に体を動かしたらとても気持ちが良かった。



 9月19日(日)

フィリアホールで「とにかくおもしろいコンサートPART2」に出演。16年振り?に再演となったこのコンサート。酒井沃子さん、篠崎義昭さん、安田直弘さんそして僕というグループロブのメンバーの中でも特に変な(笑)4人が集まったコンサート。本番直前のリハーサルさえもうまく行かず結局ぶっつけ本番になってしまった部分も多数あり、しかも誰も曲順を覚えていないし・・、という危険な状態だったにも拘らずコンサートは大成功で、本当に皆さん芸達者ですね。最初から最後まで笑いっぱなしだった客席の皆さまも本当にお疲れさまでした!楽しく打ち上げをした後は原稿関係に取り組む。連休明けにはリミットの仕事が沢山ある恐怖の週が来る〜。



 9月18日(土)

広島県福山市で神野靖子ソプラノリサイタルに出演。東京でも是非やって頂きたい位、大変充実したプログラムを大変充実した演奏でとても素晴らしかったです。客席には合唱団の方も多く聴きにいらしていたようで、元々が合唱曲だった作品は特に反応が鋭かったです。終演後サイン会→打ち上げ→空港と慌ただしく移動して、夜は帰ってから明日の面白いコンサートの練習、忙しかったけど楽しい一日でした。



 9月17日(金)

午前中練習してから、午後は福山へ移動。夕方から神野靖子さんとリサイタルのリハーサル。夜は僕が校歌を作曲した尾道学園の方を交えての食事、校歌は全校生徒、毎週必ず歌って下さっているという嬉しい報告もありました。教育論など熱く語っていたらあっという間に時間が経ち、気がつけば深夜。夜は原稿を書く予定で仕事の資料を沢山持って来ていたのですが・・、すぐに寝ました。



 9月16日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座・小原孝の楽しいピアノレッスンVOL29〜モルダウの流れ(スメタナ)/いつか見る虹(イルカ)/ボレロ(ラヴェル)/運命(ベートーヴェン)

レコーディング2日目、最後はへとへとになりながらも、比較的消耗度も少なく落ち着いて録音に取り組むことができる。今日も頑張りました!終わってからみんなで美味しいロシア料理を食べながら打ち上げ。夜は1200メートル泳ぐ。



 9月15日(水)

「弾き語りフォーユー」
故郷/青い地球/銀河鉄道999/舟唄(高津佳)/美しき天然

本日より三鷹芸術文化センター風のホールでレコーディング。ソプラノ野崎由美さんと木下牧子歌曲集の第2弾。美しい曲、楽しい曲から難解な曲まで、様々なタイプの曲を録音するので楽しい。初日は超順調で10曲仕上がる。いつもこのホールに行く時は吉祥寺からタクシーに乗るけれど、意外と場所を知らない人運転手さんが多い。とても使い勝手の良いホールなのでもっと知られてほしい気がします。



 9月14日(火)

「弾き語りフォーユー」
忘れな草をあなたに/宵待草/舟唄(美空ひばり)/夜来香

NHKの収録日。各々の練習も佳境に入り、ここ一週間は毎日8時間位ピアノに向かっている。学生時代にこれだけまじめに練習していれば相当上手くなっていたのになあ〜っと今になって思う。明日からのレコーディング、頑張ります!



 9月13日(月)

「弾き語りフォーユー」
チェリー/オネスティー/舟唄(八代亜紀/小原孝)

今日も自宅で練習日。途中、会社の会議も行う。音楽業界、どんどん予算がカットされているようでどこも大変の様子、若者たちの就職難はどの世界も同じです。。仕分けや不況の影響などが芸術やスポーツに降りかかるのを何とか阻止したいですね。夕方からは、木下牧子さん野崎由美さんとレコーディングの打ち合わせ&リハーサル。夜は1200メートル泳ぐ。



 9月12日(日)

本日も引き続き集中練習。「とにかくおもしろいコンサート」の通しリハーサル、盛り沢山のプログラムで曲順を覚えるのも大変状態です(笑)。内容は当日のお楽しみですが、それにしても皆様芸達者です。後は体力勝負、とにかく頑張ります!



 9月11日(土)

今日は塚田佳男先生のレッスンに伺う。昨日リハーサルした野崎さんと神野さんの二人分のレッスンでした、長時間かかりましたが色々なタイプの作品を聴いて戴いたので、とても勉強になる楽しい時間でした。畑中更予先生が亡くなられてからレッスンに行くチャンスが減ったので、勉強を続ける計画を今度は自分で作ろうと考え中です。夜は原稿の続き、こちらは大苦戦中です・・・。



 9月10日(金)

リサイタルが終わってから、今まで休んでいた仕事や練習を再開したのですが、予想以上に大変。起きている時間はほとんど仕事している感じです。今日は、野崎由美さんとのレコーディングと神野靖子さんのリサイタルのリハーサル。自分の練習も含めて6時間以上はピアノに向かっていましたが、意外にも集中力は切れませんでした。演奏会は2時間ですが、レコーディングは長時間かかるのでそのためのトレーニングも必要瀬ですね、頑張ります。夜は1400メートル泳ぐ。



 9月9日(木)

「弾き語りフォーユー」
ピアノよ歌え!音楽講座<小原孝の楽しいピアノレッスン>VOL.28 ノクターン作品第13番嬰ハ短調作品48−1(ショパン)/「ねこふんじゃったスペシャル」〜ねこ翔んじゃった(バーンスタイン)/ノクターン作品9−2(ショパン)

午前中レッスンした後、午後からのリハーサルが中止になったので今日は予定を変更して練習日に。譜読みにじっくりと取り組む。夜は1400メートル泳いだ後、新しい楽譜集の原稿書きに取り組む。大ホールリサイタルだったので、アンケートも未だに半端じゃない数が届いている。秋川雅史さんの「愛の讃歌」はとても評判良いみたいで、挑戦して良かったな!



 9月8日(水)

「弾き語りフォーユー」
恋する夏の日/プレイバックパートU/渚のシンドバット/白いパラソル

今日は9/19の「とにかくおもしろいコンサート」のリハーサル。リハーサルの段階からおもしろすぎるので、本番はどうなることやらです。是非ともお運びください。それにしても、キーが中々決定せずコロコロ変わるから譜読みが更に大変な事に・・。



 9月7日(火)

「弾き語りフォーユー」
おもいでの夏/夏の日の想い出/8月のクリスマス/少年時代

NHKの収録日。早くもリサイタルの感想が沢山届いていた、本当に有り難い事です。原稿関係や譜読みは中々捗らず、ちょっとヤバい感じです。夜は1400メートル泳ぐ。



 9月6日(月)

「弾き語りフォーユー」
金魚の昼寝/ほたる〜ほたるこい〜花火/蛍/ラジオ体操の歌/栄冠は君に輝く

今日は朝から宮崎に移動、10/24に開催される「宮崎はまゆうコーラス40周年記念演奏会」のための練習に行く。40周年は本当に凄いことで、20周年はホッとするのはまだまだと感じさせる皆さんの歌声。メンバーの平均年齢が高い!と事前に伺っていたのですが、全然そんなことを感じさせない美しい歌声、きっと先生の厳しい指導とトレーニングの賜物ですね。今回は40周年記念にアレンジした「水色のワルツ(生誕200年ショパン風)」と「願い〜コンサートの日に(はまゆう版)」、そして「逢えてよかったねU」をご一緒いたします。口蹄疫問題があったため、宮崎のすべての団は今年の合唱大会を辞退したそうですが、今はその分パワー全開の様子。僕のソロコーナーもありますので、宮崎に来れる方は是非応援しにいらして下さいね。それにしても台風の影響で飛行機、揺れました。



 9月5日(日)

午前中のんびりした後、昼間のマスターズ練習に参加して2000メートル泳ぐ。午後は一人レッスンした後は、新曲の譜読みと昨日のリサイタル関係の片付け。有り難い事にレッスン室は花やプレゼントで埋まっています。アンケートもファックスやメールで引切り無しに届いて、本当にやり遂げて良かったな〜と今日になって満足感が湧いて来ました。朝早く松山に向かった秋川雅史さんからもメール戴き、感謝。ビッグに成長して忙しくても気遣いを忘れず後輩の面倒見も良いし、本当にいい奴です。「千の風」がヒットし始め頃は「行ける所まで頑張る!」と控えめに語っていた彼ですが、本当に行ける所まで行ってビッグになった今は更に色々とチャレンジするために沢山勉強しているようで、今回「愛の讃歌」をフランス語で歌ってくれたのもその一つ。共演してステージ上で学ぶ事が沢山あり、勇気を持って頼んで良かったなあ〜とこれまた改めて思いました。



 9月4日(土)

ミューザ川崎シンフォニーホールで小原孝CDデヴュー20周年記念リサイタルを開催。2年がかりで準備してきた演奏会も終わってみればあっという間でした。今日は、最高の響きと超満席でぐるりと囲まれたステージの中で、本当に気持ち良く演奏する事が出来ました!スペシャルゲストの秋川雅史さんとのコラボ(千の風になって・愛の讃歌・翼を下さい)も大好評、ショパンやモーツァルトからピアノ詩集の世界、カンパネラ、ボレロ、そして客席全員の大合唱で「逢えてよかったね」まで盛り沢山のプログラムでしたが、最後まで無事に辿り着きました。日ごろのトレーニングの甲斐があってか、以前より体力や集中力が付いたのかもしれませんね。客席には阿部川崎市長、山田太一さん、人形作家の与勇輝さん、作曲家の湯山昭さん、木下牧子さん、歌手の庄野真代さん、西島三重子さん、モリー先生で共演した光枝明彦さん、土居裕子さん、お世話になったお先生方、懐かしい仲間たち、そして本当に全国各地から聴きにいらして下さった皆様、ただただ感謝です。終わってから打ち上げ、明日が早いのに最後まで秋川さんは付き合って下さいました。長年お世話になっているスタッフ皆さまにも改めて感謝。20周年で漸く自分らしい音楽活動へのスタートラインに立てた気分です。これからも精進しますので、どうぞ宜しくお願いいたします!



 9月3日(金)

本日も調整日。夕方は60分ウォーキングがてら、父の墓参りに行く。それ以外は部屋で練習、弾いても弾いても問題が生じるなぁ(笑)。夜は1400メートル泳ぐ。



 9月2日(木)

「弾き語りフォーユー」
愛と平和へのメッセージ2010特集O〜コラールプレリュード(ギロック)/フロム・ア・ディスタンス/子守 唄〜地球は悪いところじゃない(高津佳)/アース・ソング

今日から調整日。本当は練習に専念したいところだけれど、思いのほかやらなきゃいけない仕事が沢山ある。でも細かく分析しながら練習し直したり、原稿をチェックしたり、何となく慌しく過ごす。夕方から髪を切りに代官山へ、九月なのに酷暑が続いている事を実感したので、いつもよりすっきりした髪形にしました。



 9月1日(水)

「弾き語りフォーユー」
音楽で綴る愛と平和へのメッセージ2010特集N〜君の友達/天の涙(クリストファー遥盟・尺ハ/小原孝・ピアノ/ライマン・作曲)/ウィー・アー・ザ・ワールド

国立音楽大学集中講義最終日。今日は学生たちの演奏を聴きながら公開レッスン形式で、講義を進める。今年の学生たちはとても反応が良くで、将来クラシックもポピュラーも楽しく演奏&指導できる柔軟な感性をぜひ活かした音楽活動をして欲しいなと思いました。三日間は長いようであっという間、少しでも役に立つ事が伝えられたら嬉しいです。帰ってから、少し練習した後、溜まっている原稿関係に取り掛かる。