2012年9月の日記



 9月30日(日)

利賀山房で「音楽朗読劇・モリー先生との火曜日」を上演。台風が心配だったがヴァイオリンの真部裕君も無事に到着、モリー先生・光枝明彦さん、ミッチ・吉原光夫さん、ジャ二ーン・土居裕子さん、そして僕の5人で初の生音・生声での公演に力を合わせて挑戦しました。外は嵐の中でしたが満席のお客様、PA無しの公演は予想以上に反響が大きくて驚きました。この公演の新しい形を探る第一歩になったのではと思います。関係者の皆様、遠くからお越しの皆様本当にありがとうございました!終演後は再びバスで再び延々と山を下り、打ち上げ会場に着いた時はみんなへとへとでしたが、美味しいお料理とお酒ですっかり元気を取り戻しましたが、外は暴風雨。遠方からお越しの皆様大丈夫でしたか?



 9月29日(土)

富山県利賀に移動。すぐ隣のホールで開催される邦楽公演のメンバーと一緒に空港からバスで山を登って行く。Facebookですでに友人だった尺八の藤原道山さんとお逢いする。共通の友人も多く初対面なのに初対面じゃない感じで話が弾む。さすが邦楽界の貴公子、上品でカッコ良いですね〜(^^♪利賀芸術公園に到着後はじっくりと稽古、芸術公園という名前がピッタリのとても素敵な場所です。夜は温泉に入った後は宴会〜〜。周りは何もない(車で30分走ってもコンビニどころか信号もない)ので二次会は無しでみんな早めに寝たようです。



 9月28日(金)

今日は午前中から音楽朗読劇「モリー先生との火曜日」の富山公演に向けての最終稽古。ヴァイオリンの真部裕さんも加わって総仕上げをしました。稽古は順調でしたが台風が心配だな〜。チケットは完売だそうなので無事に開催されますように!午後からはひたすら原稿書き。連載エッセイを仕上げて、ジル通信10月号の原稿とバースディカードの制作もするがペンだこが痛〜い。夜は1100メートル泳ぐ。



 9月27日(木)

「弾き語りフォーユー」
バートバカラック特集〜遥かなる影/ニューヨークシティーセレナーデ/MAKING LOVE/愛のハーモニー

浜松アクトシティーで「小原孝ピアノリサイタル」を開催。今年2回目の浜松でのリサイタルはゲストに秋川雅史さんを迎えて、ベーゼンドルファーのインペリアルピアノを使用して豪華に華やかにお届けしました。共演した「瑠璃色の地球」は京都のリサイタルで歌って戴いたのがきっかけで秋川さんのニューアルバムに収録されるそうで、この共演がお互いに良い刺激になっているのかもしれない。秋川さんの観客を魅了するオーラは圧倒的な力があり、大変勉強になります。このシリーズは来月名古屋でも開催、今日も大盛況でしたが次回も残席わずかのようです。まだ共演曲目は確定していませんが(いつもぎりぎりに決定するのです)とても楽しみです♪



 9月26日(水)

「弾き語りフォーユー」
ハイケンスのセレナーデ/丸竹夷/パリの空/接吻KISS

本日は練習日。午後は川崎市民ミュージアムで会議に出席。メンバーは映画監督の武重さん、リブロアルテの一花さん、タマジンの阿佐美さん、違う分野で活躍している方々の話を伺うのは楽しくて刺激になる。ここ川崎から色々な事が発信できるようにみんなで色々計画できたら良いですね。帰ってからは再び練習練習練習・・。



 9月25日(火)

「弾き語りフォーユー」
秋の気配/もう恋なんてしない/街の灯り/風立ちぬ

NHKの収録日。本日は収録後に久し振りにスタッフとの呑み会を開催。毎週収録があるから毎週逢っているにも拘らずゆっくり話す機会が無いので、ある意味仕事場以外で逢うのは貴重な時間です。一緒に飲んだり食べたりしていると、人柄や性格も見えてくるので楽しいですね〜。新しいアイディアや企画も案外こういった時間から生まれてくる可能性が高いのです(^^♪制作スタッフの平均年齢も考えてみれば、今までで一番若い!「弾き語りフォーユー」でもこれから色々と楽しい事考えたいですね(^^♪皆さんも良いアイディアがあったら是非、番組宛にお寄せください!



 9月24日(月)

「弾き語りフォーユー」
GOODBYE YELLOW BRICK ROAD/夜のしじまに/FLY AWAY(ジョン・デンバー&オリヴィア・ニュートンジョン)/緑の風のアニー

午前中レッスンした後、午後はひたすら自宅で仕事。充実していた週末の余波で、というか週末にやる予定で持って行った仕事を全く手付かずで帰って来たので、いくらなんでもやばいでしょ♪ってくらい仕事が溜まっている(@_@;)頑張ります。しかし一気に秋がやってきたな〜体調管理が大事な季節です。夜は1200メートル泳ぐ。



 9月23日(日)

福島県棚倉町文化センター倉美館で開催された「蛍の光音楽祭」に出演。被災地から浪江高校、地元の修明高校、福島学院大学、棚倉と姉妹都市の川越から尚美学園大学の仲間が集まって、更には小西貴雄&Z−funkの皆さんの楽しいパフォーマンスもあって充実した演奏会でした。僕は中西圭三さんとアメイジング・グレイス/ショパンの別れの曲/圭三さんのオリジナル曲2曲を共演、さらにピアノソロで瑠璃色の地球とボレロ、圭三さんとデュエットで「逢えてよかったね」も歌いました。圭三さんの兄・光雄氏が「蛍の光」の作詞者稲垣千頴さんの研究をされていたことから始まったこの音楽祭。圭三さんとはfacebookを通じて知り合い、音楽の輪が不思議な形で広がりつつあります。今日のコンサートの入場料は、今もなお厳しい状況で頑張っている浪江高校音楽部の皆さんに渡されました。「逢えてよかったね友だちプロジェクト」のCDと楽譜もお渡しする事が出来ました。この演奏会がきっかけでさらに音楽の輪が広がって行くなら、音楽で出来る力もそう捨てたものではないと感じた一日でした♪



 9月22日(土)

茨城県つくばにある素敵なサロン「Saal194」で「小原孝のピアノ詩集コンサート」を開催。このホールが出来たのは昨年、初めてのコンサートが3/12の予定でしたがその直前に震災の被害を受け延期に・・という所からスタートしたそうです。個人のお宅でホールを経営するのはとても大変ですが、音楽が身近な場所で楽しめる事はとても大事ですね。客席と演奏する場所があり得ないほど近いのもサロンコンサートの楽しみの一つ。一緒に演奏会を作る一体感が味わえます。今日は開演1時間前から人で溢れていましたが、皆さん楽しんで下さったようで良かったです。今後もこういった空間ならではの企画が出来たらいいな、スタッフの皆さんありがとうございました!終演後は福島県棚倉に移動、高速を降りたらひたすらくねくね山道を走る事1時間。霧も出たので結構スリルがあったな〜外の気温は15度くらい、一気に秋を感じます。音楽祭の交流会の最後の5分に間に合いました。その後圭三さんや地元の方と打ち合わせがてらの食事会、長〜い一日でした。



 9月21日(金)

午前中からレッスンした後、午後は中西圭三さんと「蛍の光音楽祭」のリハーサル。「タイミング」や「Choo Choo TRAIN」など数々の大ヒット作を生み出している圭三さん、僕の中ではポップなイメージでしたが、アコースティックなサウンドも良く似合う幅広い表現力のシンガ―でした。ショパンの「別れの曲」を何と原曲のキ―のまま歌って頂く事に、これは凄い事になりそうで本番が楽しみです。「逢えてよかったね」もデュエットで歌って戴ける事になってこちらも嬉しいです。初共演、楽しい演奏会になるように頑張ります♪夜は再び自分の練習した後1200メートル泳いで、旅の準備をして青山の事務所に移動。



 9月20日(木)

「弾き語りフォーユー」
新・ピアノよ歌え音楽講座〜小原孝の楽しいピアノレッスン〜秋の空/花林(畑中良輔)/赤とんぼ/こだまでしょうか(金子みすゞ作詞・中田喜直作曲・関定子ソプラノ)

今日は来月に音友ホールで開催する「小原孝日本歌曲アラカルト」のリハーサル。企画・構成から始めているので、今日実際にそれを音をしてみて改めて楽しい演奏会になる事を確信できた!から嬉しかったです。今回のテーマは「詩人、金子みすゞ」。塚田佳男先生に朗読でサポートして頂き、関定子さん・神野靖子さん・北島都也さん、松下のぞみさん、実力派ソプラノ4人による演奏。ソロ・合唱・朗読を交えて多彩なアプローチでみすゞの世界を描きます。是非是非聴きにいらして下さいね(^^♪帰ってからは再び自分の練習〜時間がいくらあっても足りないよ♪



 9月19日(水)

「弾き語りフォーユー」
アローン・アゲイン/色づく街(南沙織)/SWEET MEMORIES

午前中レッスンした後、午後は会社の決算会議。普段は数字を見るだけで眩暈がしてしまう頼りない僕ですが、会社が安定しないと支援活動もしっかりと取り組めないので、いつも以上に気合を入れて頑張りました。会社をスタートしてから22年目、こうして細々とですが演奏活動を続けて行けるのは皆さんの応援のお陰なんだな〜と感謝の気持ちでいっぱいです。夕方から歯医者へ行き夜は自分の練習〜頑張りましたよ♪



 9月18日(火)

「弾き語りフォーユー」
月の沙漠/うさぎ/かぐや姫(金子みすゞ作詩・小原孝作曲・神野靖子ソプラノ)/荒城の月

NHKの収録日。今年はいつまでも暑いせいか、秋のリクエスト曲の出足が遅いのです。なのですでに演奏してしまった曲に、沢山のリクエストが届いてしまう結果に・・何となく申し訳ない気持ちでいっぱいになります。中々秋は来そうにありませんね。夜は1200メートル泳ぐ。



 9月17日(月)

「弾き語りフォーユー」
(東京地区は放送されませんでした)ララルー/金魚の昼寝/どんぐりころころ/七つの子/夢の中へ

音楽朗読劇「モリー先生との火曜日」富山公演のためのリハーサルで新宿村スタジオへ、建て替え中で様子が変わりビックリしました。今回の公演は小さなホールでやるため役者も音楽もマイク無しの生音で上演します。そこで演出も音楽も手直し、どんな舞台になるか楽しみです。公演は9/30一回のみ、とやま舞台芸術祭2012「利賀芸術公園・利賀山房」で上演します。客席は椅子ではなく座敷だそうです。かなり山奥らしいですが、富山や高岡から送迎バスツアーが運転されるので、皆さん是非いらして下さい(^^♪



 9月16日(日)

朝、実家に戻ったら親戚が集まってお墓参りに来ていたので世の中連休中だと気付く。レッスンを一名した他は、引き続きじっくりと部屋で仕事に取り組む。レコーディング準備のための準備、来年出版予定の新しい書籍の準備のための資料集め、この秋に挑戦する様々なプログラムの点検と来年の新しいプログラムの譜読みなどなど。デ杯で錦織くんが勝利、シドニーマラソンで川内選手優勝、国体ではスーパー高校生が世界新、オリンピックに出られなかったりメダルが取れなかった選手たちの活躍が目立つこの頃、見えないところでの地道な努力って大切ですね!今日は随分捗ったけど、もうへとへとだぁ〜ZZZ・・。



 9月15日(土)

午前中レッスンをした後は、部屋でじっくりと仕事に取り組む。11/19に地元川崎市で開催されるモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき2012に出演します。ジャズを弾かなくて良いという事で引き受けましたが、出来上がってきたパンフレットを見たらもの凄いメンバーが出演することが判明。ミッシェル・カミロ、リー・リトナー、デイヴ・グル―シン、ジェファーソン・スターシップ、デビット・サンボーン、平原まこと&綾香、佐山雅弘、国府弘子、本田雅人・・・ここに自分の名前があるのはかなり場違いかも。と言う事で開き直り、先日共演した国立音大時代の同級生で元チューリップの丹野義昭君をゲストに迎えて大好評だった「オブクロ(オヤジ版コブクロ)」のステージをなんと2台ピアノ華麗に繰り広げる事にしました。ローランドのV-PIANOを搬入して、色々と挑戦してみようと思います。ジャズファンの方々からはきっと怒られると思うので、みんな応援しに来て下さいね〜(^^♪夜は1200メートル泳ぐ。



 9月14日(金)

午前中レッスンした後、引き続き家で仕事と練習の続き。途中髪を切りに代官山に出掛けようとしたら、突然の大雨(@_@;)しかも晴れていて太陽はギラギラと輝いているのにシャワーのようなスコール。雨が光り輝いて綺麗だったけどずぶ濡れになりました。水の滴るいい・・・(笑)。帰ってから再び仕事モード、連休中に何とか目処が立つように頑張ります。



 9月13日(木)

「弾き語りフォーユー」
来生たかお特集〜スローモーション/シルエットロマンス/夢の途中/ぼくときみのラブソング/マイラグジュアリーナイト

午前中レッスンした後、引き続き家で仕事。新しい書籍の見本が出来上がって来てホッとした気分をもっと味わいたいところですが・・、今日からは来年に向けての仕事の準備に切り替える。まずはその前に、この秋は様々なタイプの演奏会に挑戦するので、プログラムの点検。なるべく早く終わらせて、来年4月のリサイタルの準備に取り掛かりたい、練習が予想通り予定より遅れ気味なので目下のところそれが頭痛の種だ。更には来年に出版予定の書籍の準備も始めたら、資料が散乱して部屋が大変な事になっておりまする・・・。夜は1200メートル泳ぐ。



 9月12日(水)

「弾き語りフォーユー」
虫の声/夏の想い出/小さい秋みつけた/夏色のおもいで/誰もいない海

PTNA音楽総合力UPワークショップ2012に参加、今回は作曲家・小山和彦さんによるブルクミュラー。お馴染の練習曲がなんとピアノトリオの美しい作品に変身、ヴァイオリンとチェロを交えて楽しく演奏、しかもレッスンにも役立つように工夫されている。これはお薦めの教材ですね〜PTNAの楽譜サイト「ミューゼ」で入手出来ます。しかしピアノの先生、室内楽に慣れていない方が多いようで皆さんあたふた・・きっと良い経験になったと思います。弦楽器と合わせると美しいフレージングやニュアンスが体感できるので、良く聴きながら合わせてみましょう♪夕方から歯医者へ、、帰ってからいよいよ新しい仕事の準備のための準備を始める(笑)。



 9月11日(火)

「弾き語りフォーユー」
ラルゴ(ヘンデル)/三日月/青い珊瑚礁/ブルーハワイ

NHKの収録日。この夏ずっと取り組んでいた長〜いタイトルの書籍「うまく歌える!演奏がうまくなる!楽譜が読める!音感スーパーレッスンCD付き」(ナツメ社)が漸く完成、出版社&編集の方が見本を届けて下さいました。ご機嫌の出来栄えで苦労した甲斐がありましたね〜頑張った分だけ喜びもひとしおです。9月中旬以降に書店に並ぶ予定ですので、お楽しみに(^^♪



 9月10日(月)

「弾き語りフォーユー」
ひばりの佐渡情話/つぐない/一週間/まつり

午前中からレッスン、午後は自分の練習をして夕方から歯医者へ。帰ってから再び練習して夜は1100メートル泳ぐ・・と日記に書く事が少ない日も僕にとっては大切な時間である事に書きながら気付く。



 9月9日(日)

那須野ヶ原ハーモニーホールで中村芳子ソプラノリサイタルの伴奏。もう20年以上続いているこのリサイタル、今回のテーマは「母と子の絆〜子守歌とアヴェマリア」の特集。前半の子守歌のステージでは、これでもか〜と言うくらい「眠れ眠れ〜♪」と歌いかけてしかもPPの連続でした。でも改めて子守歌の名曲は多いのだな〜と感じましたが、昔からの日本の子守歌には母と子を歌ったものは少ない事に気付きました。来年は大ホールがオルガン設置の工事のために使えないそうですが、次回さらには25周年に向けての計画も立てている様子で改めて継続は力なりです。またいつも手伝って下さるスタッフの皆さんにも感謝、これも長く続けて行くには欠かせない力ですね。



 9月8日(土)

午前中病院へ行き検診を受ける。事務所のあるマンションから歩いて60秒という超ラッキーな位置にあるからぎりぎりに起きて行こうとしたら、外は滝のような豪雨。仕方なく部屋に傘を取りに行き再び出かけようとエレベーターを降りると雨は止んでいた。採血をした後、再び部屋に戻り仕事をして、診察の時間に出掛けると今度はギラギラ熱すぎる太陽が!短時間で激し過ぎる変化を見せる青山という山の天気でした。午後からは溝の口に戻り練習三昧、夜は1200メートル泳ぎ、翌朝の準備をして再び青山の事務所に移動。



 9月7日(金)

フィリアホールで「とにかくおもしろいコンサート」2回公演。ついに本番直前のリハーサルでも通らず、恐ろし過ぎる〜。直前になってもオペラの衣装が決まってない人もいて大変な騒ぎ。ところが本番は不思議と上手く行くのがこの方たちの良いところなのか悪いところなのか??しかしもうすぐ70歳になる各大学の偉い教授の皆さんがAKB48の曲を歌って踊るとは・・挑戦する勇気だけでも称賛に値するかも?とにかくおもしろいコンサートは何とか無事に終わりました〜(^^♪



 9月6日(木)

「弾き語りフォーユー」
新・小原孝のピアノよ歌え音楽講座〜小原孝の楽しいピアノレッスン SUMMER TIME(ガーシュイン)/小犬のワルツ(ショパン)/フランス人形(ギロック)

午前中レッスンした後、午後は中村芳子さんとリサイタルの最終稽古。今回は子守唄とアヴェマリアの特集、前半のプログラムで一体何回「眠れ〜」と呼びかけるのかな?しかし名曲揃いです。



 9月5日(水)

「弾き語りフォーユー」
風が吹いている/心の中の金メダル(HARAHARA倶楽部)/始まりの歌(小原孝)/YESTERDAY ONCE MORE

とにかくおもしろいコンサートの最終リハーサル・・なのに全く通し稽古が出来ない状態。いつもの事ながら、どうなることやら不安極まりないですね。僕はと言えば「フィガロの結婚」で人数が足りずにさらに役が増えていた〜。6重唱の伴奏を弾きながら歌う羽目に、練習しなければ。



 9月4日(火)

「弾き語りフォーユー」
九月の雨/SEPTEMBER/9月のエピソード(南沙織)/哀愁のページ

NHKの収録日。数日間いつもとは違った生活をしていたので、何だか不思議に久しぶりにピアニストに戻った感がありました(笑)。音楽朗読劇「モリー先生との火曜日」富山公演の打ち合わせもやりました。狭い会場で小さなピアノを運び込んでの公演ですが山奥なので調律師さんの手配が難しいとの事、ピアノの弦が切れないか心配かも、そ〜っと弾くしかないかな?



 9月3日(月)

「弾き語りフォーユー」
少年時代/悲しいほどお天気(松任谷由実)/HELLO,MY FRIEND/夏の終わりのハーモニー

国立音楽大学集中講義最終日。終わってみると三日間はあっという間、今日は学生の公開レッスン形式で実際にみんなの演奏を聴きながらの講義。最後は僕のミニコンサートと恒例のサイン会+写真撮影会。この三日間の講義がみんなの将来に役だつなら早起き頑張った甲斐があるな。明日から普通のピアニスト?生活に戻りま〜す。夜は中西圭三さんとお逢いする。もちろん以前からファンでしたがツイッタ―&FACEBOOKを通して知り合い、念願の初顔合わせ。音楽談義に花を咲かせましたが、意外と共通項が多い事も発見。これから楽しいコラボが実現しそうな気配。何だかとっても楽しみです(^^♪



 9月2日(日)

本日は束の間のOFF。一日中CDなどの資料整理をしていました。500枚程整理したのですが・・・、その結果わかった事は多分この部屋には一万枚以上のCDがあるらしいという事実。だってほんの1コーナーしか片付きませんでしたから。「弾き語りフォーユー」で紹介している音源は基本的には全部自分で購入したCDなので増え続ける一方なわけです。したがって書籍の整理は全く手付かず。実は震災の時に崩壊したままの我が家の本棚も復興のめどが立っておらず、気長に少しづつ片付けて行こうと思っていますが、もう疲れたのでまた次回〜(^^♪



 9月1日(土)

国立音楽大学集中j講義二日目。まだ後期の授業が始まる前に集中講義をするから、ほとんど大学では誰にもお逢いしません。したがって僕が母校に務めている事もほとんど知られていないかと思います(笑)。今年の学生は超真面目で、ほとんど欠席者も無く講義は順調に進んでいます。昼休みに他の講義を担当している先生方から、「国立の学生はみんないい子たちだね〜」と褒められて何故だか嬉しくなりましたよ。防音されている密室の中にずっといるので雨が降っている事にも全く気付きませんでした。今日はギロックやブルクミュラーの紹介、ポピュラーピアノ演奏についてのレクチャ―もしました。即興アンサンブルなども交えながら楽しくやってます。