AUSTRALIA    
REPORT NUMBER15   アビービーチリゾートマーガレットリバー
リゾートデータ:
 行き方:パースから車で約2時間30分
 リコメンドシーズン:12月から3月
 リコメンドポイント:ワインの産地としても有名なマーガレットリバーですが、ワイン以外にも
 見所の多いナチュラルなリゾート地です。。

  訪れた時期:2006年02月


←ビーチリゾート好きの当HPの筆者が主宰する、海の見えるアロマサロンです。


ホテルからビーチへの入り口
パースの空港に降り立ったのは3度目。
2回とも海で泳げる暑い時期ではありません
でしたが、今回は2月ということで西オーストラリア
南西部のきれいなビーチで泳ごうと張り切って
いました。が、外に出ると何故か寒い。
昨日は37度まで上がったけど、今日はなんと
23度までしかいかないらしい!この気温差
って一体?と思いましたが、これがオーストラリア
だと思いなおし、車を南へ走らせました。
パースの南東部にあるマーガレットリバーは
ワインの産地としては有名ですが日帰りが大半で
日本人にはあまり馴染みがないかもしれません。
が現地の方にとても人気のあるリゾート地です。
私も以前パースに行った時、バスのドライバーに
次回は絶対に行ったほうが良いと太鼓判を
押されたのが今回訪れたきっかけでした。

今回泊まったホテルはマーガレットリバーへの
玄関口にあるバッセルトンという町にあります。
海に向かって2.5kmも延びる桟橋が有名で
あの「千と千尋の神隠し」のモデルになった
と言われているように、桟橋なのに何故か
観光列車が桟橋の先まで走っているのです。
宮崎駿さんの映画はほとんど見たことがない
のですが、今回の旅行のためにDVDを借りて
予習をした私達は、列車の姿をカメラに収め
ようとさっそく桟橋に向かいました。
桟橋入り口にはチケット売り場の文字も
あります。到着すると、列車の姿はどこにも
なく、代わりにメンテナンス中の文字が。。。


チケット売り場はこの先かと思いきや....



これにはがっかりでしたが、とりあえず往復
5kmの道のりを歩くことにしました。
実際に歩いて見ると、その桟橋の古さに
驚きました。桟橋の床は木をまくら木のように
組み合わせているだけなのですが、その木も
朽ち果てているものが多く、中には間から
海が見えているところもあります。また
歩いているとミシミシを音をたててグラグラと
揺れたりもしているのです。こんな状態だった
ので、列車が動いていなくて良かったと逆に
考えてしまうほど、歩くだけでもちょっとスリルを
味わった道のりでした。

桟橋の横はビーチになっていて、透明度
が高くとてもきれい。桟橋入り口にある
青い建物がとても絵になる雰囲気で、
この風景を絵にしたポストカードもたくさん
売られていました。この景色を十分堪能
できるのが、桟橋正面にある「GOOSE」と
いう名のレストラン。ディナーを食べようと
サンセットの頃にもやって来たのですが、
ゆるいカーブのある桟橋に一つ一つ外灯が
灯りとてもロマンチックな雰囲気を窓越しに
眺められます。人気があるので、週末は
予約をしないと入れないようです。


桟橋のある風景はとても絵になります。海もすごくキレイ。






←カーブのある桟橋に規則正しくつく外灯。金曜ロードショー
の最初の画面に似てるとウチの旦那が申しておりました。
<古いけどわかる方います?>


桟橋から泊まるリゾートまでは車で15分
くらいのところにあります。マーガレットリバー
へ続くバッセルハイウエイに入る手前に
あるので、マーガレットリバーへ行くにも
便利だし、目の前が穏やかなビーチの
ジオグラフィックベイというのが選んだ
理由でした。値段がとてもリーズナブル
なのに、池の広がる広大な敷地の中に
ゆったりと建物が建てられ、部屋は45uと
広く、プールやレストランなどの施設も
素晴らしく、とても快適に過ごせました。





プールの先には池が見え、その先には海が見える。
リゾートの王道を行く大好きな設計。



気持ちの良いテラスで朝食を。
今日は日曜日なのでギャラリーもオープン。




リゾートの中にはジョニーさんという地元の
アーティストのギャラリーもあります。その関係で
部屋の絵やレストラン、ロビーに至るまで全ての
絵はジョニーさんのもので飾られています。
リゾート内に絵やポストカード、版画などが
売られているギャラリーがあり、週末のみ
オープンしていました。前述のバッセルトン
ジェティ
(桟橋)の絵もいくつかあり、
桟橋のショップでも見かけたので、地元では
有名なアーティストなのだと思います。
明るいリゾートの雰囲気にぴったりの絵でした。


部屋はゆったりとしていて、電子レンジや
トースターなどの簡易キッチン(キチネット)も
備えつけられています。朝食が内容の割りに
高めなので、近くのスーパーなどでパンや
フルーツなどを買っておいて部屋で食べると
良いと思います、
また、部屋にはCDプレイヤーもついて
いますし、バスルームはシャワーとバスタブが
別の仕様になっていて、ファイブスター並みの
豪華な部屋の作りでした。驚いたのは
広いバスタブ。3人は入っても大丈夫なくらい
の大きさになんとジャグジーまで付いて
いました。全ての部屋についているわけでは
ないようですが、これで1泊1万円ちょとは
絶対に安いと思います。





  
キッチン用具もバッチリ。  
  
   ジャグジーもついている広いバスタブ




目の前のビーチもバッセルトンジェティと
同じくらい透明度があってきれいです。
気温が低かったので泳いでいる人はまばら
でしたが、ペリカンが優雅に泳いでいるかと
思ったら、遠くから黒い影がやってきて、
良く見るとエイだったり、波打ち際でのんびり
佇んで海を見ているだけでも楽しめました。
地元では人気のある観光地とは言っても
小さなリゾートが点在しているだけののんびり
した町なので、大自然に囲まれてゆったりとした
時間が過ごせると思います。






次はマーガレットリバー周辺の観光スポット巡り。森に癒される休日、是非見てね。→