思い出のリゾート石鹸

泊まったホテルの石鹸を持ち帰っています。

集め始めたのは、もう20年くらい前。なので、たくさんの石鹸が我が家にあります。
ガラスの瓶に詰めて、インテリアとして飾っていますが、たまに取り出して泊まった時のことを
思い出すのも楽しいものです。ロゴが入ったもの、きれいなプラスティックケースに入ったもの、
その地域で作られる石鹸を使っているもの、さまざまなものがあります。

石鹸は使えなくはなりますが長く保存しておけるものなので、旅行の記念に一つ持ち帰って
みてはいかがですか?

そんな石鹸たちの中から、少しだけピックアップして、リゾートでの思い出を振り返ってみます。



憧れのHAWAII

初めての海外でハワイへ訪れてから、ビーチリゾートのとりこになった私。
そのせいか、ハワイのリゾートへの想いは人一倍あると思います。
そんなハワイのお気に入りの石鹸を、いくつかご紹介します。


イヒラニリゾート&スパ

オーストラリアのシドニーからハワイ入りしたので、リゾート
に到着したのは、深夜2時。外は真っ暗で何も見えなかったので
朝起きて、窓の外に広がる真っ青な美しい入り江を見た時の
感動は忘れられません。
CDプレイヤーがホテルに部屋に置かれだしたのもこの頃。
張り切って私は杏里の「OPAS21」というベストアルバムを持っていき、
目の前の景色をベランダから眺めながら、繰り返しこのCDを聞いて
いました。
石鹸は透明なフェイスソープとスクラブのあるボディソープの
2種類が備え付けられていて、さすがホテル名にスパを名乗るだけの
ことはある!と感心してしまいました。今では普通ですが、この頃に
名前にスパがつくのは珍しかったのです。
今はマリオットに系列が変わったので、この石鹸ではないと
思いますが、この石鹸を見ると、あの青い海と青い空。
そして杏里の曲が頭の中で流れてきます。

イヒラニリゾート&スパの旅行記はこちら。。。
シェラトンモアナサーフライダー

憧れのサーフライダーに泊まったのは、ハワイ2回目の時。
前回来て、その優雅な佇まいのホテルを見た時にいつかここに
泊まってみたいなぁと思っていました。それが意外に早く夢が
叶ったのは旅行代理店に就職して、格安のプランを利用できたから。
当時はまだ社会人2年目で、海外で豪華なホテルに泊まるのは
初めての経験でした。古い建物なので、部屋はビジネスホテル並み
に狭くてちょっとがっかりしましたが、重厚なロビーやバニヤンツリー
を囲むプール、海を見ながらアフタヌーンティができるコロニアル
なラウンジなど、洗練された空間に身を置くことで、自分も優雅な
気分になれることを知りました。旅の印象はホテルで大かた決まる
ということを、若いうちに知ることができたのは、とても良かったと
思っています。このホテルに泊まって以来、旅行のホテル選びは
かなりうるさく、こだわりを持つようになりました。
オーキットアットマウナラニ
シェラトンマウイ


ハワイが大好きなので、ハワイらしいロゴの入った石鹸があると
嬉しくなります。シェラトンハワイではウクレレの絵が入ったもの、
そしてオーキットアットマウナラニではホテルのロゴでもある蘭
の花のロゴが入っていました。
オーキットでチェックイン後、案内された部屋は何と!スイート。
旅行会社勤務であり、ホームページも持っていることを知った
ホテルのセールスマネージャーのはからいで、アップグレード
されていたのです!同行の友人はその豪華さにしばらく緊張
していました(笑)旅行の仕事は辞めたので、こんなおいしいこと
はもうないでしょうね。。。。
スイートのお部屋には、AVADA,で統一されたアメニティが置かれ
石鹸もAVADAのフェイシャルバーがありましたが、それとは別に
写真のロゴ入り石鹸もありました。トイレもゲスト用とメイン寝室
と2箇所あって、それぞれにこの石鹸があったのですから、いかに
贅沢かわかりますよね。
オーキットアットマウナラニの旅行記はこちら。。。


2ページ目に続きます →→→