第11回・「いいじゃない、JRA」


今回は99年度のJRAのCMについて。
皆さんもおなじみの木村拓也が踊り狂うアレです。
よく依頼受けたな・・・・断われよ・・・

春に鮮烈なデビュー(?)を見せた「ジュニア、いいじゃない。」

名馬の歴史は絶えてはならない
(じゃあどうすればいいの〜)
100頭以上に種付けするのさ〜


歌詞だけ見ると言っていることは正論ですが、
あの踊りのインパクトが強すぎて歌詞を正確に
覚えている人は少ないと思います。

そして春のG1戦線に突入して、視聴者を唖然とさせた
「女だけ、いいじゃない。」

そう!競馬に例えりゃ桜花賞
オンリー ジャスト ア ウーマン!!
女の馬を牝馬(ひんば)と呼ぶのさ
メスと呼ばないで〜アハン!アハン!
メスと呼ばないで〜アハン!!


しかもオークスでは「桜花賞」を「オークス」に変えて
使いまわす
始末。見た瞬間、爆笑しました。
JRAの易しい説明だと思えば納得できなくもないです。

が、そう思わせておいてこうきました。
「いーじゃない!スタミナ!」
空飛ぶボーリングのやつです。

スタミナNo1!競馬で言えば天皇賞
ロングディスタンス!!
ビビンバ、クッパ、スタミナ勝負
俺は汽車だ!(私を乗せて〜)
俺はトラックだ!(私を運んで〜)
俺はジェット機だぁぁ!!
(飛んでっちゃって〜)

・・・・何ですか、これ?

確かに春の天皇賞は3200m。スタミナ勝負です。
ですが関係ない単語があまりにも多すぎます。
「俺は〜」×3は理解不能です。よくやるよキムタク。
見所は「ジェット機だぁぁ!!」の時の
キムタクの恐いくらいマジな目です。

で、夏になると落ちつきます。
ドリームレースと言われる宝塚記念からはずっと
「いいじゃない、夢。」を使い続けるJRA。
「光る夢をつかめ、GET YOUR DREAM」のやつです。
わりとまともなので嫌い。次。

そしてそして。来ました秋競馬。
秋華賞も「女だけ」の使いまわしになったら本気で怒る予定
でしたが、ちゃんと最新版のCMが。
その名も「いいじゃない、まぐれ。」

まぐれ DE SORRY
まぐれ DE SORRY
大きな声じゃ言えないが
今のは完全まぐれです
競馬!思いもよらない結末
信じらんな〜い!OH MY GOD!!
でもまぐれもあるのさヘイ!ヘイ!ヘイ!


・・・・・・・・・・・・・・(脱力)
万馬券と拳法をかけて「万馬拳」かよ・・・
いいか、木村拓也。お前が何をしようと勝手だが
秋競馬を万馬券の嵐にするな!!

さらにCMは変わります。が、誰がどう考えても
「JCまでこれでもたせよう」という魂胆が見え見えな
「いいじゃない、国産馬」

国産 国産 国産馬
外国 外国 外国産馬
生まれた場所は違うけど 馬は馬 気にしない
国境越えていざ勝負 ガンバレ日本!
VIVA サンバ!
オーサンバ!サンバ!サンバ!
サンバ!!

「国産馬」と「サンバ」をかけたダジャレ。
それを勢いだけでごまかしているキムタクも凄い。
最後の「サンバ!!」のポーズが個人的にはお気に入りです。

さらに「VIVA サンバ!!」「ジャパンカップ!!」に変えて
使いまわす始末。絶対やるような気がしてたよ・・・・

そしてついにCMも最終回。
タイトルは最初にキムタクが叫んでいる
「いいじゃない、競馬」

今年最後のメモリアルレース
嬉しいけど寂しいね どうして?
だってこれでお別れだから
(セリフ)「どうして?」「だって契約切れたから」

OH!NO・NO・NO・NO!!
90年代最後のレース
Good bye! 1999!
一発派手にかまそうぜ!
Good bye! 1999!
オレがいなくなっても
競馬は永遠に不滅です!!

競馬〜 競馬〜 美しい〜♪
ヒャッホ〜ウ!!


「ジュニア、いいじゃない」
「いいじゃない、まぐれ」
「いいじゃない、国産馬」
「いいじゃない、夢」
「いーじゃない!スタミナ!」
「女だけ、いいじゃない」
・・・最後に映る今までのCMの数々・・・・感動です。
まさに今年一年を締めくくる「CM・オブ・ザ・イヤー」。
本当にビデオ出ないのかなぁ。

以上がJRA1999年度のCMでした。いざ終わるとなると・・・
寂しいね。まあ、契約切れたし仕方ないです。

松嶋奈々子、踊らないかなぁ。


※2006/12/9追記
このCMを実際に見たい方はこちらへ。


BACK