Home | 古代史の論点 | 大宝以前の逸年号 | 1.逸年号史料 | 2.試論 | Appendix


大宝以前の逸年号-逸年号論序説-

日本列島において、「大化」や「大宝」以前から年号が存在したとする史料が数多く存在します。ある論者はこれを「偽作」といい、ある論者は、天皇家以外の公権力の定めたもの、といいます。ですが、まず、「逸年号史料」の史料性格を知っておく必要があります。そこを基点に、「逸年号」について考えてみたいと思います。
本稿執筆後、丸山晋司氏『古代逸年号の謎』に本稿で論じた『和漢年契』『襲国偽僭考』について同趣旨の指摘がなされていることを知りました。同書は、他にも「逸年号」に関して注目すべき論考を多く含んでおり、「逸年号」を論じるにあたっての必須論文です。丸山氏の研究に深い敬意を表すと同時に、期せずして同じ分析に至る先学の存在をうれしく思います。01.10.13 かわにし

目次

  1. 逸年号史料
    1. 『二中歴』
    2. 『和漢年契』
    3. 『襲国偽僭考』
  2. 試論
    1. 「法興」
    2. 「白鳳」「朱雀」
    3. 「大化」
    4. 「善記」「明要」「僧聴」「定居」
  3. 付録-逸年号史料集成

ブックガイド


Home | 古代史の論点 | 大宝以前の逸年号 | 1.逸年号史料 | 2.試論 | Appendix


This is Historical. Japanese only.
Author: KAWANISHI Yoshihiro
Created: September 9, 2001
Revision: $Id: NENGO.htm,v 1.5 2006/11/26 11:26:33 yokawa Exp $

Valid XHTML 1.1! Valid CSS!