Home | 古代史の論点 | 九州王朝とは | 1.魏志倭人伝 | 2.漢委奴国王 | 3.倭の五王 | 4.日出処天子 | 5.倭と日本 | 6.連鎖の論理


3.倭の五王

さて、『三国志』に続く史書、『宋書』には、有名な「倭の五王」が登場する。倭の五王は、応神(第15代)から雄略(第21代)の7人の天皇のうちのいずれかにあたると、従来言われている。

それを列記しよう。

(1)讃

  1. 履中(第17代)説 松下見林・志村[木貞]幹・新井白石・白鳥清・藤間生大・原島礼二
  2. 仁徳(第16代)説 星野恒・吉田東伍・菅政友・久米邦武・那珂通世・岩井大彗・池内宏・原勝郎・太田亮・坂本太郎・水野祐
  3. 履中もしくは仁徳説 津田左右吉・井上光貞・上田正昭
  4. 応神(第15代)説 前田直典

(2)珍

  1. 反正(第18代)説 前田直典以外
  2. 仁徳説 前田直典

(3)済

  1. 允恭(第19代)説 異説なし

(4)興

  1. 安康(第20代)説 水野祐以外
  2. 木梨軽皇子説 水野祐

(5)武

  1. 雄略(第21代)説 異説なし

(水野祐は『梁書』の「弥」を(1)と(2)の間に入れこれを履中とする)

この内、前田・水野の両説は異色の説であり、孤立している。したがって、他は(2)〜(5)については一定している。(1)の讃だけが各学者の意見が分裂しているのである。

さて、武が雄略に当たると言うのであれば、当然その4代前の讃は履中でなければならぬ。しかし、この比定には、重大な矛盾がある。

晋安帝の時、倭王賛有り梁書倭伝

(晋安帝、義熙九年)是歳、高句麗・倭国及び西南夷銅頭大師並びに方物を献ず晋書安帝紀

によれば、讃(賛)は東晋の義熙九年(413)に既に朝貢している。宋書に登場する元嘉二年(425)まで、少なくとも足掛け13年は在位していたことになる。さらに、次の珍は元嘉十五年(438)に貢献し、受号している(宋書文帝紀)。したがって、讃・珍の二代の在位年数の合計は少なくとも26年以上ということになる。讃は義熙九年(413)以前の数年を加えなければならないだろうし、珍も次の済の貢献年次(443)までの何年かを加えねばならぬ可能性が充分にある。ところが『日本書紀』によれば、履中(六年)・反正(五年)の在位年数の合計(11年)は、先の最小年数(26年)の半分にも満たない。一般に「書紀」の在位年数は「実数値より多い」のであって、これは矛盾である。そこで、讃=仁徳説が浮上するのである。だが、ここで新たな矛盾が生じる。『宋書』では、珍は讃の弟である。一方、仁徳は履中・反正との関係は親子である。

それで両者が激しく論争をするのだが、外から見れば、問題はハッキリしている。どちらも矛盾している。どちらの説も成り立たぬ。こうして、そもそも、「倭の五王」を「天皇家」に当てる試みは、正しかったのか?という問いに進まねばならないのだ。

さて、倭の五王のなかで、比定すべき天皇がもっとも確実だとされるのが「武」だ。ところが、「武」には奇妙な問題がある。『宋書』の次の『南斉書』『梁書』にも「武」が登場する。

建元元年(479)進めて新たに使持節都督、倭・新羅・任那・加羅・秦韓六国諸軍事、安東大将軍、倭王武に除し、号して鎮東大将軍と為す南斉書倭国伝

(天覧元年、502)鎮東大将軍倭王武、進めて征東将軍と号せしむ梁書武帝紀

日本書紀に依れば雄略の治世は456-79だから、梁書の「武」は雄略の治世をはるかにオーバーしてしまう。502年といえば、『日本書紀』なら雄略より4代あとの武烈の治世であり、「武」は雄略-清寧-顕宗-仁賢-武烈の各治世にまたがっている。このような事実が、「武」と雄略は同一人物でないことをハッキリ示している。

さて、「倭の五王」問題の根本は名前である。中国風の一字名だ。一般にこのように解説されている。

  1. 倭国側は記紀のように、倭名を表音表記したもので書いた(或は口で述べた)
  2. 中国側はこのような長い漢字の連なりを、人名にふさわしからず、として、これを中国風の一字名に書き換えた。
  3. その際、倭国側の書いてきた(或は口で述べた)「長たらしい名前」の一部を切り取るという手法を用いた。
  4. その際、中国側であやまって文字を書き換えたり、同じ意味の別字に書き換えたりした。(伝写の誤りも含む)

これは本当だろうか。『宋書』の夷蛮伝には数多くの夷蛮の人名が載っているが、それが3字だろうと4字だろうと、7字だろうと、原音のまま表音表記されている。これは、『南斉書』『梁書』も変わらない。『魏志倭人伝』も倭の女王の名は「卑弥呼」と記されており、一字を勝手に切り取って載せると言うことはしていない。後の『隋書』も同じだ(「多利思北孤」)。

では、一字名はどこから生まれたのか。百済伝・高句麗伝をみれば、その王達は「余映」「高[王連]」などの中国名を名乗っている。これらは自ら中国風の名を名乗ってきたのだ。(いわゆる「五胡」も、中国の文化を受容するにつれ、中国風の名称を用いるようになっていった)「倭の五王」もその例である。

宋書には倭王武の上表文が、長文引用されている。この中で、「東は毛人を征すること五十五国、西は衆夷を服すること六十六国、渡りて海北を平ぐること九十五国」とある。従来これを「近畿を中心とした倭国版の中華思想のあらわれ」と見なした。だが、これはふさわしくない。倭王武の上表文にあらわれるとおり、倭王は、中国(南朝)の臣下として、厳にその立場を主張している。当然、自らを「東夷」の一角におき、東夷の王として中国の天子の威徳が及ぶ範囲を、広げてきた、と倭王武は語っている。

王道融泰にして、土を廓き畿を遥かにす。累葉朝宗して歳に愆らず。

この文言がすべてを物語っている。ここで語っている、東西+海北の範囲は以下のようだ。

<図>衆夷(西)を中心に北と東へ。

したがって、倭の五王の居城は九州にあったと見なすのが、最も自然である。


Home | 古代史の論点 | 九州王朝とは | 1.魏志倭人伝 | 2.漢委奴国王 | 3.倭の五王 | 4.日出処天子 | 5.倭と日本 | 6.連鎖の論理


This is Historical. Japanese only.
Author: KAWANISHI Yoshihiro
Created: April 22, 2001
Revision: $Id: whatskyuusyuu3.htm,v 1.4 2006/11/26 11:26:28 yokawa Exp $

Valid XHTML 1.1! Valid CSS!