博 多 日 誌

そこらにいる准教授の戯言です。
正式なブログにしちゃうと、毎日書き込むのが面倒なのと、
レスを書き込むのが面倒のダブル面倒なために、
好き勝手に日記・雑感・時事評・愚痴などを書き連ねて行きたいと思います。

14日(木)
 福岡も2度目の緊急事態宣言エリアに含まれまして、なかなかに憂鬱です。この間の小康期にそれなりの買い溜めはしてありますので、食料にしろ日用品にしろ、慌てて買わなければならないものはありませんが、街自体が沈鬱な状況になるのが嫌なところです。前回の緊急事態宣言の間に、お気に入りのお店の閉店とかあったために、今回もそれが加速するのではという心配もあります。協力金1日6万円とからしいですが、家賃や人件費だけで焼け石に水的なところがありますし、街が寂れるのは嫌だなぁ。

 それにしても、本当に1か月間の緊急事態の要請で、それなりにコロナ感染者数が沈静化するか否かというのは分かりません。中途半端なところで宣言を解除すると、すぐに元の黙阿弥なってしまって第4派がやってくる可能性があります。だからといっていつまでも緊急事態宣言を出し続けていたら経済に大打撃です。ほんと、進むも地獄、退くも地獄の、難しい状況ですね。何か活路はあるのでしょうか。

 しかしこうなってくると、冬は魚の脂がのって美味しい季節ですので、ナメロウが美味しくなる一方です。ナメロウの叩きをするのはかなりの重労働だとカミさんに言われますが、しかし美味い。これが美味い。本当に美味い。緊急事態宣言で飲食店に魚がまわらないと、自然とスーパーマーケットへと高品質の魚がまわって来まして、これを堪能しない手はありません。僕は今年度、人生で最もよく魚を食べているんじゃないかというくらい、刺身にナメロウに、アラ炊きに焼き魚にと、がッついている状況です。

 ナメロウの味噌も、わざわざ実家に頼んで岐阜から取り寄せている状況でして、赤味噌も混ぜ合わせてあるナメロウは本当に美味しい。緊急事態宣言で憂鬱になりますが、そんな感じで小さな幸せを探し歩いているのです。



2021年1月

2020年12月   2020年11月    2020年10月  2020年9月   2020年8月   2020年7月

2020年6月    2020年5月   2020年4月    2020年3月   2020年2月   2020年1月

2019年12月   2019年11月    2019年10月   2019年9月   2019年8月   2019年7月

2019年6月     2019年5月    2019年4月   2019年3月   2019年2月   2019年1月

2018年12月   2018年11月   2018年10月    2018年9月   2018年8月    2018年7月

2018年6月    2018年5月    2018年4月   2018年3月   2018年2月   2018年1月

2017年12月   2017年11月    2017年10月   2017年9月   2017年8月   2017年7月

2017年6月    2017年5月    2017年4月    2017年3月   2017年2月    2017年1月

2016年12月   2016年11月   2016年10月   2016年9月    2016年8月    2016年7月

2016年6月   2016年5月    2016年4月     2016年3月    2016年2月    2016年1月

2015年12月   2015年11月    2015年10月   2015年9月    2015年8月    2015年7月

2015年6月    2015年5月   2015年4月    2015年3月    2015年2月    2015年1月

2014年11/12月     2014年10月    2014年9月    2014年8月    2014年7月

2014年6月    2014年5月    2014年4月    2014年3月    2014年2月   2014年1月

2013年12月   2013年11月   2013年10月   2013年9月   2013年8月    2013年7月

2013年6月    2013年5月    2013年4月    2013年3月    2013年2月    2013年1月

2012年12月   2012年11月   2012年10月   2012年9月    2012年8月    2012年7月

2012年6月    2012年5月    2012年4月   2012年3月    2012年2月    2012年1月

2011年12月 2011年11月   2011年10月   2011年9月    2011年8月    2011年7月

2011年6月    2011年5月    2011年4月    2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月   2010年11月   2010年10月    2010年9月   2010年8月    2010年7月

2010年6月    2010年5月    2010年4月  2010年3月    2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月    2009年10月    2009年9月   2009年8月    2009年7月

2009年6月   2009年5月     2009年4月    2009年3月    2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月    2008年10月   2008年9月   2008年8月  2008年7月

2008年6月    2008年5月     2008年4月    2008年3月    2008年2月  2008年1月

2007年11・12月  2007年10月   2007年9月   2007年8月   2007年7月   

2007年6月    2007年5月    2007年4月    2007年3月  2007年2月   2007年1月

   2006年12月    2006年11月

2006年10月   2006年9月   2006年8月    2006年7月    2006年6月







院生時代・助手時代の過去倉庫