日本脳炎ワクチンのその後


 厚生労働省が「日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて」との通達を出したのは2005年5月30日、それから早くも2年経ちます。この間多くの地方自治体は「中止」と住民に説明をしました。この事は各検索サイトで「日本脳炎ワクチン 中止」と入力すれば明らかです。しかし完全には中止になっておらず、希望者は医師から説明を受け、同意書に記入する事で接種可能です。ただ、二重三重の足かせで、多くの方は「受けない方が安全」と思う仕組みになっています。そもそも「積極的勧奨の差し控え」という表現自体が如何にも官僚的で、しばしば議員が謝罪すべきところを、「遺憾である」と話しているのに似た苛立たしさを感じます。何故このような事態になったのかを筆者なりに考えてみます。
 先ず、日本脳炎ワクチンは、それに反対する方々から従来からしばしばやり玉にあがっていました。これはウィルスの培養にマウスの脳細胞を用いる為で、高度に精製されほとんどのマウス細胞成分を除去しても、微量に残留しているかも知れない細胞成分が特殊な脳脊髄炎(ADEM)を起こす可能性があると指摘されてきたためです(ちなみに麻疹、風疹、インフルエンザワクチン等は鶏の有精卵を用いて作られます)。そのため厚生労働省としてもこのワクチンに関して、消極的になっていたと推測されます。そこへ2004年に山梨で発生したワクチン後の重症ADEMに対して疾病・障害認定審査会が因果関係を肯定する論拠がある旨の答申を出したため、「積極的勧奨の差し控え」通達の発動に到ったと考えられます。
 ちょっと話がそれますが、その日筆者は通勤途中にラジオでこのニュースを聞き、びっくりして医院に着くなりインターネットで検索しました。しかしそれらしき情報は全く見つからず、午前中は「日本脳炎ワクチン希望者が来たらどうしようか?」と困っていました。昼近くになり、医師会からFAXが届きました。そこには「日本脳炎ワクチン中止」と大きく見出しのついた読売新聞のコピーと、「現在事実関係を調査中である。」との医師会コメントが記されていました。当日新聞に掲載したのは他に日経新聞があったそうです。本来は事前に厚生労働省から各医師会に通達を出し、それを各診療所に連絡するべきです。私は1993年のMMR(麻疹風疹おたふく)ワクチン中止の時を思い出しました。その時は当日からの「完全中止」だったのに医療機間は事前に何も知らされませんでした。殆どの医師は新聞1面のトップに掲載された記事を読む事で、一般人と同時に知ったのです。当然、新聞やテレビ、ラジオを見ていない医師は知らずにワクチンを打ち続けた筈です。この時、全国の医師は厚生省(当時)に対して激怒しました。だらだらと愚痴のような事を記載しましたが、このような厚生省の対応のまずさだけは知っておいて頂きたいです。今回の日本脳炎ワクチン騒動でも事態は全く変わっていません。
 先日まで私は日本脳炎ワクチン接種について質問されると「自分の子供なら打つけれど・・・・。」と消極的推奨をして来ましたが、先日から各医学誌に掲載されている内容等から、基本的には接種を薦める事にしました。その理由は

  1.「マウス脳による製法の日本脳炎ワクチンと重症ADEMとの因果関係を肯定」とした委員会判断に科学的根拠がない、或いは記載されていない。因果関係あり、と書かれてもそれだけでは納得できない。
  2.マウスの脳を用いない新型ワクチンを開発中というが、当初開始予定から1年経ち現在、まだ実現まで数年かかるとの情報が殆ど。ワクチンメーカーに確認しても同様の返答。発熱、局所の腫脹等が強く、使い物にならないらしい。この件に関しても厚生労働省はだんまり。
  3.通達から2年経ち、ワクチン打ち残し例が相当数にのぼるが、これに関して、新型ワクチンが出来たとき経過措置(規定年齢を過ぎても無料接種が出来る)はどうなっているか、厚生労働省からの説明なし。ですから私は「恐らく有料でしょう」と話しています。
  4.熊本、広島で小児の日本脳炎患者が発生したが、これも厚生労働省の説明なし。熊本に関しては隅から隅まで見たら小さく記載されているのをようやく見つけた。熊本の例は3歳で、幼児の患者発生は16年ぶり。保護者の判断で接種するかどうかを決めるように、というのは正確な情報が知らされているかどうかが大前提、それがなされていない。

 結局、厚生労働省の態度への不満から薦める形になってしまいましたが、勿論それだけではありません。日本脳炎の効用を信じているからです。日本脳炎の世界的分布や、日本におけるワクチン開始後の患者数の減少をみるとき、接種は妥当な選択だと考えます。
 ワクチン接種後に健康被害にあわれた方々にはワクチン接種は到底認められないかも知れませんが、あくまで一般論として考えて下さい。交通事故で身内を亡くされた方は「自動車など無くなってしまうとよい!」と思われるかも知れませんが決してそのような事にはなりません。ワクチンも「絶対安全なもの」など無いのです。

最後に「日本脳炎ワクチンをうけるかどうか」はあくまでもご両親の判断で決めてください。私自身はワクチンを薦める立場ですが、反対の立場をとる方々もおられるので、参考にされると良いと思います。私の書いたことを含めてインターネットには「間違った情報」も含まれている可能性があります。くどいようですが最終判断は保護者がするしかありません。医療の素人だから、と思うかも知れませんが、少なくともご両親は子育てのプロですから・・・・。最後に三重県小児科医会は日本脳炎ワクチンを積極的に推奨している事を加えておきます。

 参考
     厚生労働省検疫所 海外感染症情報:日本脳炎
     IDWR 感染症の話:日本脳炎
     日本小児科学会日本脳炎ワクチン質問書

                                               (2007年5月26日記す)


   もっと本音で語る