東府中と笹塚の間 〜方向幕色々〜

 京王車の方向幕は、大別して

1.6000系地上編成用
2.6000系30番台用
3.7000系用
4.8000系用

の4種類がある(6000系地上用と7000系は共通と思われがちだが、幕装置の指令方式が異なるので完全に別物)
 ところが実際には、上記1〜3にワンマン幕があったり、7000系に分割編成幕があったり、6000系30番台用でも更新時期によっては分割幕が装備されているものもある。
 ここでは、上記1〜3のバリエーションを紹介したい。

 ※ここで紹介する内容は、現車調査(回転中に確認、即売会で購入)および対照表を参考にしている。
  特に表題とした東府中と笹塚の間の2コマにバリエーションがあるので、出来るだけコマ通りに紹介したい。
  なお、実際に確認したい場合は、橋本(6000系30番台の乗り入れ運用)および府中競馬正門前(新線新宿行きの競馬急行)で確認が可能である。

 ・6000系地上用1
 ・6000系地上用2
 ・6000系地上用3
 ・6030系1
 ・6030系2
 ・7000系標準
 ・7000系英字入り字幕
 ・7000系英字入り字幕(7006F側面)
 ・英字入り字幕 

 

京王車両分類学へ

TOPへ

公開:2004年05月01日