京王電鉄井の頭線3000系

 
3001F(左)と3002F(右)     富士見が丘検車区(側道より撮影)

1962(昭和37)年にデビューした京王初のステンレスカー。ほぼ同時期に製造された東急7000系、南海6000系とともに、東急車輛製の初期のステンレスカーである。
1991(平成3)年までの長期にわたって製造されたので、いろいろなバリエーションがあるが、それについては「バラエティ」のページで紹介させていただく。
20m級の1000系が登場したのに伴い、1996(平成8)年の3001Fより断続的に廃車となり、一部が他社へ譲渡されている。また、残った車両も1000系登場にあわせてリニュウアル工事が行われた。

 

バラエティ    譲渡先の3000系

譲渡車一覧

京王車両分類学へ

TOPへ