V密会

 

作品紹介

‘妻が突然救急車によって、はこばれた’

翌朝、はこばれた病院にたどりついた僕の、奇妙な、

終わりなき‘妻さがし’がはじまる。

‘馬のいざない’

‘溶骨症の娘との出会い’

そして最後にたどりついた‘あらたなる妻’の姿・・・。

文学至上究極の愛の姿を、病院という現代社会の

‘シンボル’に描き出した、世界文学の『頂点』

 

作品の性質

1.神話の構造

2.「書く」という行為の追求、結果としてノートの形式を取る。

3.「副詞を削る」状況表現

4.生理への還元という一貫した、書き手の姿勢