初心者のためのマージャン講座 ルールと役の解説


TOP
 > 麻雀関連の書籍


麻雀入門書 / 麻雀入門マンガ / 

麻雀戦術書(中・上級者向け)/ 麻雀関連マンガ/

阿佐田哲也関連 / 桜井章一関連 / 井出洋介関連 /

福本伸行関連 / 片山まさゆき関連 / その他 麻雀関連本 / 

管理人推薦(麻雀以外)/ 大阪を舞台にした本 /ネットの本屋さん

リニューアル時に情報を整理しました。
お探しの内容は新レイアウトの「個人的におすすめしたい本」のページにあります。
クリックしておすすみください。 




■管理人推薦の本(麻雀以外)
本はよく読むので今まで読んだ中で印象に残っているものを紹介します。
トップページでも気になる本を紹介していますが、ここはベスト版ですね。
とにかく面白い本が読みたい!趣味があいそう!なんて思う方はぜひ!


田宮模型の仕事
ラジコンやミニ四駆で有名な田宮模型の社長の自伝的な話です。仕事への果てしない情熱と、本田宗一郎氏との関係を代表に、心温まるエピソードに感動します。当時、ミニ四駆で遊んだ世代なら必見ですね。

ねぼけ人生
「げげげの鬼太郎」の水木しげる氏の自伝です。歳の離れた人とは笑いの感覚が違うだろうと思ったけど、本当に笑わせてくれます。いろんな意味で面白く読める一冊です。未読の方はぜひ。

セックスボランティア
障害者の性を扱ったものですが、そういう世界があるのを知らなかったので、とても衝撃的でした。内容のインパクトにおされていっきに読めてしまいます。

封印作品の謎
主に差別的な表現など、いろいろな事情により封印された作品のルポです。ウルトラセブンやブラックジャックなど、幅広いです。興味深い一冊です。

青が散る
宮本輝氏の小説。青春と恋愛を織り交ぜて、感動して涙をする話ではないですが、すがすしい読後感のある小説です。いい話を読みたいという人にはおすすめです。

グレート・ギャツビー
スコット・フィツジェラルドの名作。初めて読んだ時はつまらん!と思ったのですが、3回目にしてはじめて面白さに気づきました。読んだ年齢や心境によって感じ方がぜんぜん違います。生涯の愛読書として長く楽しみたい方にはおすすめ。

血と骨
時に強引とも思える筆力、圧倒的パワーでラストまで持っていく展開がいいです。映画は見てませんが原作はおすすめ。



めぞん一刻 (1)
もはや古典ともいえる漫画です。恋愛ものですが、キャラが立ってますね。名作です。漫画です。

用心棒日月抄
時代小説に興味がない人や敬遠している人にはおすすめです。ストーリーが読ませてくれるんですよ。このシリーズ最高に面白いです。



七瀬ふたたび
こちらもSFの古典ですね。主人公:火田七瀬の魅力がさえわたっています。超能力を扱ったバトルものとしてはさきがけのような存在ですね。理想の女性は火田七瀬という人もけっこういるかもしれません。