初心者のためのマージャン講座 ルールと役の解説

TOP > 博士のMaru-Jan体験記
お父さんさっきから何やってるの? 
ふふふ… 前々から話題になっていた「MARU-JAN」をやっておったんじゃよ。
画面がものすごいリアルで、本格的な麻雀ゲームってやつですね。
そうじゃ。たまたまやってみたんじゃが、これがなかなか良くできておるんじゃよ。別に宣伝が目的というわけでもないんじゃが、このページの読者の方にもぜひ紹介したかったんじゃが…。こういうのって画像がないと伝わらんじゃろ? で、メールで質問してみたら、なんと画像の使用を認めてくれたので、ここぞとばかりに紹介しよう!ありがとうございます。
へえ、すごいですね。で、どんな感じのゲームですか?
画面としてはこんな感じじゃな。画面がリアルなのは別に説明もいらんと思う。見たらわかるじゃろ。特徴としてはけっこうあるんじゃよ。
まずは「チャットがない」ということかな。まあ、チャットしながら楽しい麻雀もいいんじゃが、こうやって静かにゲームだけに集中できる環境というのもすばらしいと思う。

牌のなる音や、卓に牌を置いた時の音などもあって、なんというか「重い雰囲気」が漂っているんじゃよ。緊張感があるんじゃな。話し掛けられたするのがいやで、ストイックにゲームに集中したいという人には、おすすめかもしれん。
へえ〜重苦しそうね。けど、ゲームをやるにはお金がかかるんでしょ? ネットには東風荘とか、ハンゲームとか無料のゲームもあるし、それでいいんじゃないの?
確かにメルの言うことももっともじゃな。無料でも良質のゲームは溢れておる。
最初は200ポイント分の体験版がついてくるんじゃが、これが200円に相当するんじゃな。ここまでは無料じゃが、その先はお金がかかるんじゃよ。1000円・2000円・5000円・10000円とチケットがあるから購入するんじゃな。

東場だけの東風戦には80ポイントが必要じゃ。半チャン、つまり東場と南場の東南戦には150ポイントかかる。これを高いと見るかどうかは人それぞれじゃな。セガワールドとかにある麻雀ゲームでも1回100円はするし、最近流行のネットワーク麻雀とかなら200円ぐらいするわけじゃから、比較してもそう高くはないと思うぞぃ。むしろ、このクオリティーなら安いかもしれん。
負けたらお金を請求されたりするんですか?
いや、賭け麻雀ではないからそれはないぞぃ。自分が買ったポイントだけ使用することになる。
じゃから、今月の予算は1000円まで!とか決めて、1000円でどこまで生き延びれるかとか、そういう
風にやったいいんじゃないか? それにTOPになった人はゲーム代を免除されるんじゃよ。
つまり、トップであり続ければ永遠にゲーム代がかからんのじゃよ。まあ、どこまで持つかを腕前の指標にも
できるわなぁ。今月は20日まで耐えた!とか、繰り越したぜ!とか。

それに、ギャンブルの本質につながるかと思うのじゃが、何かを支払っている、何かを手に入れる、という
要素は、画面のリアルさと相乗効果で緊張感を生み出してると思うぞ。

無料の麻雀ゲームはすばらしいのじゃが、こうやって1回に80円相当のお金を支払って、トップになれば
ゲーム代が免除されるので、やっぱり必死になってトップを狙うわけじゃよ。そうなった時に生まれる緊張感や
達成感はやっぱり無料では感じられない部分じゃとわしは思う。1打1打に不思議と真剣なんじゃよ。
それは実際にやってみたらわかるじゃろう。その真剣さは、やっぱり「面白い」につながる。
生活費のすべてをつぎ込むのはどうかと思うが、ちょっとしたおこずかいならいいと思うぞぃ。
プレステのゲームを一本買ったと思えば、そう悪くはないと思うんじゃがな。
けど、やっぱり私には1位とか無理よ…。みんなうまい人ばっかりなんでしょ?
腕前がなくても楽しめるように配慮がされてるぞぃ。
右のような大会がいくつも用意されてるんじゃよ。
例えば

なら「あがった回数」−「振り込んだ回数」で勝敗を決めたりするんじゃな。つまり、文字通り鉄壁の守りを見せれば勝つチャンスもあるわけじゃな。一発の多さで勝敗を競ったりとか、なんだかんだで200位ぐらいまで特典があるぞぃ。

いろいろな大会が楽しそう…
「東西戦」とかは、登録した人の地元を東西にわけ全員で勝負を競うわけじゃよ。
勝ったほうの軍団に所属してる人には全員に500ポイントもらえたりとか、景品はもちろん、ポイントも
大会に参加すればけっこう手に入るし、買わずに済むかもしれんぞい。
何も腕前だけがすべてはないんじゃな。ラッキーでもいいんじゃと思うぞ。
へえ、なんだか楽しそうですね。
そんな大会ならチャンスもありそうですよ。
その反面、全自動卓による牌の偏りまで計算した設計になっていたり、
牌をビシっとたたきつける「強打」の機能があったり、玄人ごのみの機能もあるんじゃよ。
牌の記録も見れるし、自分のレベルがあがって行くのを見るのはけっこう面白いぞぃ。
お父さんはやってみたんでしょ? どうだったのよ?
何? ワシか? 実はさっきオーラスで39000点のトップじゃったんじゃよ。
で、「このまま行けばもう一回できるぞ…ぐふふ」と思ってたら、最後に神奈川の人に倍満をつもられて
2着じゃたんじゃよ…。油断したわしが悪いんじゃ!。滝本誠じゃないが「MARU-JANなめてました!」じゃな。

今から小僧どもにリベンジをしてこようと思う。
無料のポイントもあるし、メールアドレスさえあれば簡単にゲームができるので、そう恐がらずに気軽に
やって見るのがいいと思う。会員も4万人を突破したそうで、これからもっと増えていくじゃろう。
何よりあの緊張感を味わってもらって、麻雀の楽しさが伝わればいいと思うぞぃ。
ポイントを買ってお金を払う価値があるかどうかは、無料体験版の後でゆっくり考えたらいいんじゃよ。

迷わず行けよ!行けばわかるさ!ありがとう。
究極の麻雀ゲーム「Maru-Jan」
究極の麻雀ゲーム「Maru-Jan」
管理人君は「黄金牌を巡る物語」というハンドルで戦って、ランキングや大会の上位に名前をつらねることで
みずからがこのサイトの広告塔になろうかとたくらんどるよ…。見かけたらよろしくお願いするぞぃ。