初心者のためのマージャン講座 ルールと役の解説

TOP > 勝つための麻雀講座 >第11話 状況判断
さて、入門編でもちょっとふれたが「1位」と「2位」では、点数に大きな差がでることは知っておるじゃろう?
そうですね。麻雀は4人のうちで「1位」にならないと意味がない… 
ということでしたね。

そうじゃ。だから、問題なのは「点数の多い役」をあがることではなく、「1位」をとるということじゃよ。

今、こんな状況じゃったとしよう。
南四局  自分 32000点  1位の誰か33000点

南四局ってことは、最終ゲームですね。
そうじゃ。そして今、自分が「子」じゃったとしよう。つまり、自分があがればゲーム終了じゃ。そして、今自分は1000点の差で「2位」のポジションにおるぞい。

ここで、こんな感じじゃったとしよう。
    

を捨てればリーチをできますね。
けどを捨てていけば「ホンイツ(字牌+一種類の数牌)」の手に広がりそう。
その通りじゃ。ここで問題なのは「ホンイツにする意味が本当にあるのか?」という部分を考えねばならないのじゃよ。
仮に、このままを捨ててリーチする。そして、あがることができれば
リーチ(1ハン)+役牌(1ハン)+役牌(1ハン)=合計3ハン/3900点じゃ。

それで十分じゃろう? 3900点あれば、自分が逆転トップじゃし、自分があがった時点でゲーム終了じゃよ。別に高い手を狙わなくてもいいじゃろう。

高い役をつくることは大切じゃし、多く点数を得ることは麻雀の基本でもある。
しかし、状況によっては必要のない場合もあるわけじゃな。

今、一位は誰で何点差なのか? 何点あれば逆転できるのか? 1位の人からロンを直撃しないといけないのか? 自分がツモするだけで逆転できるのか? などなど、点数の動きを計算して、状況に応じた戦略をとらないといけなぞぃ。

また自分が1位の時は、誰にロンされると逆転されてしまうのか? どうやったら逃げ切れるのか? 高い点数をあがる必要が本当にあるのか? よく考えて麻雀をしないといけないぞぃ。

残り3000点しかない人間がおるとすると、その人間がロンされたりするとゲーム終了になってしまう。つまり、状況によっては、その残り3000点の人間を狙い撃ちするようなタンキ待ちをしたりするのも良い。また場合によっては、当たり牌を捨ててくれたのに、自分がトップになれない、ゲーム終了になってしまう、という状況なら、あたり牌を見逃してみるのもいいかもしれん。

この意味で「状況判断」ですね。場合によっては高い手は必要のないこともあるという。
そうじゃよ。麻雀は相手とやっているわけであって、1人で役をつくるわけじゃないぞぃ。
その意味をちゃんと考えないといけんぞぃ。
 INDEX TOP 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14