初心者のためのマージャン講座 ルールと役の解説

TOP > 勝つための麻雀講座 >第12話 相手を観察する
麻雀は情報の戦いであるとはいったが、情報をえることができるのは「捨牌」だけでなく、人間そのものからもイロイロなことがよみとれるぞぃ。

たとえば「ツモ切り」と「手出し」の違いがある。
これは「牌を捨てる」時のことじゃ。「ツモ切り」はツモした牌を自分の手の中に入れることなく、そのまま捨てることじゃ。

逆に「手出し」とは、ツモした牌を自分の手の中に入れて、手の中にある不要牌を捨てることじゃな。つまり、牌を交換したわけじゃ。

それでいったい何がわかるのですか?

この「手出し」「ツモ切り」の違いは、けっこう重要じゃ。コンピュターゲームなんかでも、ちゃんと再現されているから、よく画面をみておかないといけないぞぃ。

ゲームがはじまって配られた時点(配牌/ハイパイ)の時点では、平均あがりの5〜6個手前の状態じゃと前に言ったじゃろう。相手が、その状態からずっと「ツモ切り」しているとしたら、どんな状態が予想できる?

そうですね。あまり手が動いていない。つまり、テンパイは遅くなりそうということが予想できます。
さすがじゃな。逆に手の中にどんどん入っていっていたら、テンパイは早くなりそうだと予想できる。また、こんな状況でも「手出し」と「ツモ切り」が重要になってくる。

         

3つ鳴いている状態じゃ。ここまでくると、これだけで相手はテンパイしているとみていいじゃろう。この上に相手がずっと「ツモ切り」をしていたら、ほぼ「あたり牌」をまっている状態と予想してもOKじゃな。

さらに、この状態で相手が「手出し」で何かを捨てたとする。どう予想する?

そうですね…相手がもし、テンパイしていなかったら「手出し」をした時点で「テンパイした」ということですか?
そういう見方もできるし、「待ちが変わった」とも予想できる。「タンキ待ち」が「リャンメン待ち」になったかもしれんし、「カンチャン待ち」が「リャンメン待ち」になったかもしれん。つまり、待ちが変わったということは、一順前にはロンされなかった牌が、次に同じ牌を捨てたらロンされる可能性もあるわけじゃ
ああ、なるほど。そこまで予測できるのですね…
注意深く観察しないといけないぞぃ。またコンピュターでの対戦では無理じゃが、人間相手なら、その人のクセや表情なんかも重要な情報じゃよ。

良い牌が来ると顔に出る人もいれば、テンパイするとタバコを吸いはじめる人、役満をはったり大きな手をテンパイしだすと急に無口になる人、まあ、そのへんはイロイロあるわい。

相手がうっかり倒してしまった牌なんかも、重要な情報じゃな。チラっと持っている牌が見えたりする。わざとそういう行為をしてはいかんぞ。それはれっきとした「イカサマ行為」じゃからな。不可抗力ならしかたない。

そこまでしないといけないのですか? なんか卑怯ですね・・・
なにをいうとる!それも重要な情報じゃよ。
まあ、友達とやる時は、冗談も通用するわい。

「リーチのみ」の1000点の手でも、「大きいぞぉ〜」といったり・・・・こういったのは「ブラフ」と言って「はったり」を意味するんじゃな。知らない人とやる時はマナー違反じゃが、友達同士なら問題もないじゃろう。

そういった冗談めいたやりとりができる麻雀も、また面白い。

駆け引きも麻雀の面白さですね。
INDEX TOP 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14