初心者のためのマージャン講座 ルールと役の解説

TOP > 勝つための麻雀講座 >第8話 必殺のタンキ待ち
さて、今回は「タンキ待ち」の利点について説明するぞぃ。「タンキ待ち」はちゃんと覚えているかぇ?
はい。
      
      

こんな感じですね。最後に「雀頭」が完成する形です。

そうじゃ。このタンキ待ちはあたり牌が1種類しかない待ちじゃが、使い方によってはかなり有効につかえる。「ひっかけリーチ」なんかにも使えるが、タンキ待ちの最大の利点は「予測不可能」な点じゃよ。なにがあたり牌であってもおかしくないぞぃ。

たとえば、さっき説明した「ホンイツ・チンイツ」の捨牌を例にだしてみるかぇ。

まあ、この捨牌なら、誰が見ても「ピンズのホンイツ・チンイツ」系の手だと予想するわい。
じゃがしかし、「タンキ待ち」を使えば、極端な話じゃが
      
こんな手で待っている可能性だってあるわけじゃよ。本当に極端な話じゃが…。

今まで覚えてきた「スジ」も「壁」もまったく通用しないですね。

そうじゃ、この意味でタンキ待ちは「予測不可能」だといえるのじゃよ。

またタンキ待ちには、通称「地獄待ち」と呼ばれる待ち方がある。
これは場に2枚の同じ字牌がみえている時につかえるぞぃ!

を1枚捨てている。
を1枚捨てている。
そんな2枚見えている状況で
    
というタンキ待ちをするのじゃ!これが通称「地獄待ち」じゃな。

博士、どうしてこれが地獄待ちなんですか? 意味がわかりませんけど…
まず、字牌の使い道を考えてみると、この待ちの利点がよくわかるぞぃ。
字牌を手の中で活用しようと思ったら、
と雀頭にするか、もしくはと刻子にするかのどちらかしかないのじゃよ。
一部例外として「国士無双」という役では使えるが「例外」なので考えんぞぃ。

今、場に2枚見えている。そして、1枚は自分がタンキ待ちに使っている。つまり、4枚あるうちの最後の1枚を手にした人はその牌をどうやって活用する?

ああ、なるほど。最後の1枚を手にした人にはを活用する手段がないのですね。
雀頭にも刻子にもできない。つまりは、確実に不必要な牌であるから、捨てる可能性が高い!

けど、なんでこれが「地獄」なのですか?

そこじゃよ! 麻雀は全部の牌をツモすることはできんゲームじゃ。ドラを含めた最後の14枚(=王牌/ワンパイ)は、誰の目に触れることもなく終わってしまうのじゃよ。
その「王牌」の14枚は誰も見ることができないのですか?
そうじゃ!つまり、「地獄待ち」をしているが王牌の中にあったとしたら?
…これは永遠にあがれないというわけじゃよ。

誰かがツモすれば不要牌だから捨てる可能性が高い、しかし、王牌の中に埋もれていたらあがることは不可能 という究極の選択じゃ!

なるほど「天国か地獄か」みたいな感じで「地獄待ち」なんですね。
これも、戦略の1つとして覚えておいても損はないぞぃ。
INDEX TOP 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14