まずは麻雀牌の種類から


そろそろ人も集まってきたのではじめようかなー。潤一郎、ならびに、このカルチャー講座を見ている受講生の諸君、これからしばらくの間、よろしく。ゆっくりとこのページを見ていけば、簡単に麻雀が覚えられるぞぃ。ちなみにスマフォ版がオープンしているので、見づらい方はスマホ版にいってもらってかまわん。書いている内容は一緒じゃよ。

初心者のための麻雀講座スマホ版|まずは麻雀牌の種類から(同じページ)

ワシは早口じゃから、たまに間違いを言うかもしれん。誤字・脱字、間違いに関しては、ちょっと目をつぶってくれ。定期的に調べて修正していくつもりではあるんじゃが。

まずは… 潤一郎は麻雀をどのくらい知ってるんじゃ?
ちょっとくらい知ってるんじゃろう?

まったく知らないから、こうやって講座を受けに来たんじゃないですか。確かに牌を見たことや、ポンとかチーとか言葉は聴いたことありますが、意味は知りませんよ。だから、まったく知らないといっても間違いじゃないです。

うんうん。イッキに説明はできんから、順番に説明していこうかぃ。

「麻雀」とは基本的に「だれが一番に「完成の形」にもって行けるのか?」ってスピードを競うゲームといってもいい。自分にとって必要のない牌を1枚ひろって、1枚捨てる。これを繰り返して「あがり=完成」の形にもっていくんじゃな。

もちろん一番早く完成させた人が勝ちで点数がもらえる。

じゃあ、その「完成の形」ってどんなんですか? そもそも、いったい何枚の牌をもってゲームをやるんです? そのあたりからちゃんと教えてくださいよ。

うんうん。まずはこれを見てみろぃ。これが完成の形じゃな。

    (14枚で完成)

これは自分が持っている牌だけじゃが、ゲーム全体ではこんな感じじゃな。

これは最近オープンしたゲーセンでも有名なセガのネット麻雀「MJ」の画面。

MJの画面

(麻雀としてプレイに必要な情報は絶対に画面上にあります)

下の画面は雀龍門3のプレー画面なんじゃけど、どの麻雀ゲームをやっても基本的に画面から得られる情報とかは全部、一緒なんじゃよ。

雀龍門の画面
(雀龍門3のプレー画面)

雰囲気はサイトによって特色がある。グラフィックの綺麗さや操作性、おまけの機能なども違う。これは桃色大戦ぱいろんじゃが、基本は麻雀なんで一緒じゃよな。

必要のない牌を1枚捨てて、1枚拾う。これの繰り返しじゃ。先に紹介した14枚は、すでに完成しているから捨てなくてもいいが「拾う」「捨てる」を繰り返して 完成の形に近づけていくんじゃ。

1枚1枚入れ替えていく。いらない牌は画面のように自分の目の前に捨てる。

さて、どうやって牌を集めるか?という問題じゃが、3枚1組のグループを作るといった感じじゃな。麻雀の完成形は3枚1組みのグループが「4つ」必要じゃ。

    (14枚で完成)

一番右のは2枚しかないが、それは後で説明しよう。

麻雀で使う牌の種類

まずは牌の種類をみていこうか。

おっと、その前に注意しておくが 麻雀は中国から伝わったものじゃから、麻雀固有の発音をするものが多いわけじゃな。たとえば麻雀の世界では「東」を「ヒガシ」とは言わずに「トン」と言うし「西」は「ニシ」と言わず「シャー」と言う。

「平和」も麻雀の世界では「へいわ」ではなく「ピンフ」と読むわけじゃ。普段 耳にしないような言葉が多いんじゃ。

これらの名称は別に無理して覚えなくてもいいぞぃ。覚えないと麻雀ができないということはない。ただ、友達との会話の中でてきたり、麻雀本なんかを読んでいると、なんの説明もなしに普通に書かれている場合が多いから、覚えておいた方がいい、程度のものじゃ。

まあ、麻雀をやっていたら知らない間に覚えているはずじゃから、無理して暗記する必要などないぞ。

みんな、トンナンシャーペーとか呪文のように言ってますよね

別に頭の中で「ヒガシ」「ニシ」「ミナミ」と思ってもかまわんよ。誰に迷惑がかかるわけではないしな。さて 話を戻そう。牌は大きく2種類にわけることができるぞぃ。

数牌(数字の牌)」と「字牌(漢字が書かれた牌)」じゃな。
これらを駆使してグループを作るんじゃ。

そこから数字の牌は3種類あるんじゃが「数牌」というだけあって、単純に数字の「1」~「9」までを表しておる。


(萬子(マンズ)または万子)

これが「萬子(マンズ)」たまに「万子」と書かれる数牌じゃ。萬子は比較的わかりやすいぞぃ。おもいっきり漢字の数字が書かれているからな。数字牌は全部1~9まであり、これは順番に1~9を表している。

を「8かな?」と思ったりする人は深読みしすぎじゃな!麻雀のルールはややこしい部分もあるが、こんな嫌がらせみたいな難しさじゃないぞぃ。もっとシンプルに考えるんじゃ。昔のお金の単位がモチーフになっているらしいぞ。

続いていくぞぃ。


(筒子(ピンズ))

これが筒子(ピンズ)」じゃな。これもお金を表しているらしいぞ。これもわかりやすいほうかな。絵にある○の数を数えたらわかるじゃろ。古い麻雀小説とかに「トンズ」とふりがながあったりするが、今はそういう言い方はあんまりせんよ。


そして3種類ある数牌の最後

(索子(ソーズ))

これが「索子(ソーズ)」じゃな。これは「竹」の絵が書いてるぞ。これも同じように1~9を表しておる。これも、昔の穴あき硬貨を通す、竹がモチーフになっているらしいぞ。全部、お金に関係する図柄じゃな。

この鳥がソーズの「1」ですか。が「8」でが「9」ですか。

確かに、ソーズの牌には、絵をみただけではちょっとわからないものもあるな。鳥さんが「1」を表すってのは覚えておいたほうがいい。

なんかは実は良く見ると8本の竹がMの字に組み合ってるんじゃよ。他もちゃんと本数を数えたら数字に対応しとるよ。多少、ソーズが混乱するかな。まあ、この3種類が数牌じゃ。


麻雀牌の画像

それから重要なことじゃが、麻雀牌はまったく同じ図柄の牌が4枚あるんじゃよ。

麻雀牌を買ってきたら右の写真のようになるんじゃが、それぞれ同じ牌が4枚ずつあるわけじゃよ。これを使ってゲームを行う。

つまり1~9まであって、同じ牌が4枚あるから 「4枚×9種類」で合計36枚あることになる。

マンズ「1~9」×「各4枚」=36枚、
ピンズ「1~9」×「各4枚」=36枚、
マンズ「1~9」×「各4枚」=36枚、

なるほど、まったく同じ図柄の牌が4枚あるんですね。


うんうん、その通りじゃ。次に「字牌」を見てみようか。文字どおり「字」が書かれた牌じゃ。

字牌も大きく2種類にわかれる。

別に今は覚えなくてもいいが、「方角」が書かれているものは、字牌の中でも「風牌(かぜはい)」と呼ぶ。残りの3つは「三元牌(さんげんはい/さんげんぱい)」と呼ぶぞ。

 風牌      三元牌

呼び方は「東(トン)」「南(ナン)」「西(シャー)「北(ペイ)」
たまに「北(ペキ)」ともいうな。

三元牌は「白(ハク)」「發(ハツ)」「中(チュン)」が一般的じゃろう。

一般的な名前は今言った通りじゃが、ちょっとおじさんになるとをアカ、はアオ、をシロとか言う人もけっこういるわな。正式には「風牌」は「フォンパイ」、「字牌」は「ツーパイ」と発音するのが正しいのかもしらんが、普通は「かぜはい」とか「じはい」とか呼んでる。

正式には「緑發(リューハ)」「紅中(フォンチュン)」「白板(パイパン)」なんじゃが、さすがにこの呼び方を日常的にするケースは少ないぞぃ。ちなにみ中国における美人の三大要素を現しているという説もあるんじゃな。

だから、呼び方なんてテキトーでいいんじゃよ。中国語風に聞こえるが、日本語とかなりミックスされとるし「餃子の王将」的なもんで中国の遊びがベースになっとるのは事実じゃが、かなり呼び方もゲーム内容も本場からアレンジされとる。

結果的に麻雀はおめでたいものや、お金、美人、富などの「繁栄」を象徴するものを組み合わせるパズルで、儀式やお祝いの意味のこもった遊びに起源があるんじゃよ。

はあ… なんとなくわかります。

は何も書いてない真っ白ですね。もし1枚紛失した時のための「予備」の牌にもつかえるんですか? 自分で彫刻刀で彫ったりして!?

アホー。それもれっきとした「字牌」じゃよ。ま、ちょっと矛盾してるが、何も書いていないが「字牌」じゃな。決して「予備」の牌でもないし、ましてやマジックで書いて、勝手にピンズやソーズにしてはダメじゃ。その白だけ特殊に見えるかもしれんが、そういうデザインの「字牌」の一種にすぎんよ。

ドンジャラ(ポンジャン)みたいなゲームには「どんな牌にでも変身可能なオールマイティー牌」みたいなものがあるが、普通の麻雀にはそういった都合の良い牌はない。

当然、字牌もまったく同じ牌が4枚あるんですね?

もちろん、そうじゃよ。次回は「組み合わせ」を覚えようか。ただ集めればいいってもんじゃないからな。さて、そろそろみんなも集まってくるころじゃから、ワイワイとやっていきますかな~。

なんか、先が思いやられますね…





このページの先頭へ