登場人物:ゲスト 現実世界の人々

1976年兵庫県生まれ。2001年東北大学工学部通信工学科卒業。2002年、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科中退。99年よりネット麻雀「東風荘」にデビュー。自身のウェブサイト「システマティック麻雀研究所」を立ち上げ、ツキや流れを排除した統計学に基づく科学的な麻雀理論を発表する。

2004年には初めての著書「科学する麻雀」を講談社現代新書より発売し、ベストセラーとなる。2007年には2冊目の著書「超・入門 科学する麻雀」を福地誠氏の編集にて上梓。現在は国家公務員をしながら、麻雀研究をライフワークとしている。

卓越した理論から多くの賛同者を抱える反面、アンチとよばれる人々も多く存在している。ネット上では「とつさん」「凸」の愛称で親しまれ、時折、芸人顔負けの軽快なトークを披露したり、様々な企画に挑戦するなど、コミカルな一面も見られる。

公式サイト:システマティック麻雀研究所
サイト内インタビューページ :とつげき東北さんロングインタビュー


1975年生まれ大阪府堺市出身。セガエンタープライゼス、ソニーコンピュータエンタテイメントでのゲーム開発を担当した後、株式会社シグナルトークを設立。高品質のオンライン麻雀ゲーム「MARU-JAN」を開発し、有料の麻雀ゲームとしては最大規模の20万人の会員を獲得する人気を得る。

一方でゲーム開発に日本でも珍しいプロジェクトファイナンス形式を持ち込み話題になる。クリエイター育成のプロジェクトを立ちあげるなど、起業家としての一面もクローズアップされている。現在もMARU-JANをはじめ、様々なゲームを開発し続けるゲームクリエイター。各種の講演会に呼ばれるなど、メディア上で様々な活動が見られる。

公式サイト:株式会社シグナルトーク
サイト内インタビューページ: 栢孝文さんロングインタビュー



年齢・出身地は非公開。強豪が集う全盛期の東風荘「超上級ランキング卓」において圧倒的な存在感を見せ付け、とつげき東北氏主宰のスコアランキングにて一位を獲得。名実ともに東風荘最強の一角としてその名をとどろかせる。ハンゲーム、RON2、天凰などオンライン麻雀ゲームが多様化した今でも、名立たる強豪雀士を抑えて「氷室最強説」は根強い。現在はプレイヤーとしての活動を控えているため復活が待たれる。

時折、麻雀関係の掲示板やBLOGに登場し、教えを請うものには気さくにアドバイスをする姿勢から人望も厚く人気のプレイヤーでもある。とつげき東北氏の理論を土台に、実戦では世界レベルで見ても麻雀戦術の最先端を行く。その実力はトッププロをしのぐとも噂される理論派の雀士。

公式サイト:ありません
サイト内インタビューページ: 氷室さんロングインタビュー


1965年生まれ東京都出身。東京大学教育学部卒。竹書房にて麻雀漫画誌編集に関わった後、フリーライターへ。麻雀の腕もプロ級で数多くの麻雀関連の著作、編集を手がける。代表作に「頭のいい人、悪い人の麻雀(近代麻雀にて連載中)」『アカギ悪魔の戦術 (近代麻雀コミックス)』『天 逆転発想の秘術 (近代麻雀コミックス)』など。とつげき東北氏『超・入門 科学する麻雀 (洋泉社MOOK)』の編集者でもある。

ネット麻雀では「バカセ」「ハカセ」の愛称で親しまれ自身のブログ「福地誠BLOG」では積極的な交流が行われている。またストリート系雀士としての一面も持ち、東京近郊の雀荘に匿名で赴き、実戦の場に身を置くことで大衆の麻雀戦術、麻雀文化の移り変わりを観察し続けている。

近年は独自の視点から教育問題に切り込み『教育格差絶望社会 (洋泉社ペーパーブックス)』『教育格差が日本を没落させる (洋泉社新書)』を上梓。各種メディアで取り上げられ大きな反響を呼んだ。教育問題の講演会に招かれるなど、新たな教育問題の論客としても注目を浴びている。

公式サイト : 福地誠BLOG
サイト内ページ : カンチャン待ち人生相談



黄金牌を巡る物語序章

登場人物 その1 谷町九丁目麻雀教室

登場人物 その2 九龍麻雀会

登場人物 その3 フィツジェラルド社

登場人物 その4 ゲスト/現実世界の人々
ストーリー紹介のトップへ