読んでおきたい定番麻雀マンガ

ここでは麻雀初心者でも楽しめる麻雀の定番漫画を紹介してみようと思います。とりあえず流行っているとかを越えて名作と呼ばれるようなもので、かつあまりルールを知らない状態でも、それなりに楽しめるような感じのやつです。

麻雀のルールを完全に理解していなくても、麻雀マンガって楽しめるもんなの?

麻雀マンガでも分類は可能だと思いますが、マニア向けの闘牌シーンで楽しませるものや、ルールの盲点をトリックに使ったりするやつは、まあ最低限のルールを知っておいたほうがいいみたいな感じもします。

ここで紹介するのは、そういうルールを知らなくても、そこそこキャラクターや勢いで楽しませてくれるような作品です。例えばぜんぜん麻雀を知らない友達に貸しても、まあまあ「なんだかよくわからない部分もあったけど面白かった!」といってもらえるような作品を集めてみましょう。

アカギ―闇に降り立った天才 (近代麻雀コミックス)

原作は福本伸行さん。有名作品なのでゲーム化、アニメ化、パチンコ化などさまざまなメディアミックスも行われています。ネットをうろうろしていると、濃いセリフのパロディーなんかもよく見かけます。定番中の定番としてあげておきましょう。

要約するとどういう話なんだ?

えー天才的、悪魔的な麻雀の腕を持つ主人公、赤木しげるの少年時代から大人になっていく過程での麻雀勝負を描いているという感じ。魅力的な敵キャラと、トリッキーな麻雀バトル、印象に残るような濃いセリフなど麻雀を知らなくても楽しめる要素は多い。

赤木しげるは元々は「天」の登場人物だったんだよな?

初登場は同じ福本伸行さんの麻雀漫画「天」で、こちらに登場するのは晩年の赤木しげるであり「アカギ―闇に降り立った天才」はその青年期を描いた作品といえるでしょう。

晩年の赤木は確かに麻雀の腕は強いのですが、青年期に比べるともう少し人間臭い感じがしますな。赤木の最後のシーンなどは麻雀マンガの名シーンとしても取り上げられますし、多くの人生的な教訓を示唆しているといえるでしょう。

哲也~雀聖と呼ばれた男 (少年マガジンコミックス)

作画が星野泰視、原案はさいふうめい。雀聖と呼ばれた実在の雀士「阿佐田哲也」氏の青年期のエピソードを、少年誌向けにコミカライズしたと表現するのが妥当でしょうか。週刊少年マガジンに長期連載されただけあって、麻雀を知らなくても楽しめる要素が多いです。

阿佐田哲也って坊や哲のことだよな? 麻雀放浪記の。ドサ健とか出てくるやつ。

この漫画の原作にあたるのが阿佐田哲也さんが書いた小説「麻雀放浪記」です。こちらもピカレスクロマンの小説、悪漢達が戦後の舞台で活躍する物語として麻雀小説という枠を越えて愛されています。

漫画・小説ともに人気作品ですのでゲーム化、アニメ化、文庫化、パチンコ化などさまざまなメディアで展開されています。どちらもおすすめですので、麻雀マンガの入門として推薦いたします。

咲ーSakiー (ヤングガンガンコミックス)

原作は小林立、連載はヤングガンガンにて行われている、近年の麻雀マンガでは異例のヒット作といえるでしょう。麻雀マンガといえば登場人物はおっさんが多い、主人公もせいぜいカッコいいお兄ちゃんが主でしたが、この作品は登場人物がすべてかわいい女子高生なのも人気の原因でしょう。

アニメ化もされたし、うちのサイトでも麻雀解説をやったよな。

ゲーム化やキャラグッズも非常に多いです。麻雀シーンに関しては、個々の能力をうまく表現した能力バトルに近いものですが、玄人好みの麻雀描写もあってルール等を知っていればなお楽しめる作品です。主人公の咲さんをはじめ、部長あたりもキャラが立って魅力的なのもいい感じです。

ムダヅモ無き改革 (近代麻雀コミックス)

原作は大和田秀樹、連載は確か近代麻雀オリジナルだったように記憶しています。OVAにアニメ化もされています。上にあげた作品と比較すると世間一般に認知されているかといえば少し勢いは落ちますが、作品の破天荒なストーリーやキャラがウケて、ネットを中心にすごく盛り上がっておりました。

これアレだ、政治家のパロディーとかがなぜか麻雀で政治決着つけるやつだろ?

小泉純一郎のパロディーの主人公が、政敵とのトラブルを麻雀で解決していくという展開なんですが、その展開がむちゃくちゃだという話です。ただストーリーに勢いがあるので、なんとなく読ませてしまうエネルギーがある点も魅力でしょうか。どこかからクレームが入っても不思議ではないですし、まさに「奇作」と呼ぶにふさわしい漫画でしょう。

近代麻雀 [雑誌]

麻雀マンガ雑誌として、現在日本で唯一の専門誌といえるのが竹書房発行の「近代麻雀」です。通称は「キンマ」過去には日本に複数の麻雀漫画雑誌があったのですが、現在のところ残っているのは竹書房の近代麻雀のみです。毎月1日・15日の月2回発行。

どこに売ってるの?コンビニとかに置いてる?

コンビニとか駅のキオスクとかに普通に置いています。が、置いていないコンビニもけっこうあるみたいです。買う人は買うのですぐに売り切れる、けど数は多くないみたいな。アカギの連載やむこうぶちなどの人気作品のほかにも、活字の読み物なんかも充実しています。本当に数少ない一般消費者が読める専門誌です。

姉妹誌の「近代麻雀オリジナル」通称キンオリなども発行しています。他にも過去の作品を読みきりの形でコンビニに分厚い本を置いたり、日常生活で触れることができる麻雀雑誌です。何かの機会に定期的に購読してもいいんじゃないでしょうか!

麻雀マンガに関するリンク

ネット上にある麻雀漫画関係のサイトなどをリンクしてみます。いろいろなサイトで、お気に入りの漫画を見つけてください。麻雀マンガはそれこそ「劇画」の時代からジャンルとして成立している歴史あるマンガといえましょう。


2010年の麻雀マンガ事情

月刊ネットマージャンに起稿されたコラム。タイトルの通り麻雀マンガの2010年時点での取り巻く状況などを紹介している。さまざまな出版社のマイナーな情報にも触れている。


近代麻雀漫画生活

いのけん氏による個人運営のブログ。長く雑誌「近代麻雀」に独自の採点をつけるレビューを行なっている。他にも咲関連の情報や麻雀漫画関係のイベントレポなども掲載されている。


ブラコンJKの天鳳反省帳

いのけん氏の影響を受けた女子高生による麻雀漫画のレビューが掲載されている。


麻雀漫画wiki

有志による麻雀漫画のwikiサイト。麻雀劇画の頃の作品を含めて幅広い作品を網羅している。

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ