鼻歌にコードを付けよう

実践編(2)

 曲を作って、コードを付ける。そのコード進行には絶対にこうしなければいけないというような決まりはない。しかし、「こうしたほうがいいよ」と言うような、セオリーとか経験則みたいなものはたくさんある。一般に名曲と言われるものや、気持ちよく聞ける曲、ヒット曲などは理論的に納得できる手法が使われているものだ。
 ここでは、おとの「秋風の街」と言う曲のエンディングのメロディーを使って、簡単なコード・進行の理論を当てはめてみる事にしよう。
 この曲を聞いたことのない方は、CDを販売しております。よろしかったら、聞いてみて下さい。

 

ノンダイアトニック・コードでのアプローチ

楽譜をクリックすると音がでます。

 さて、前のページでダイヤトニック・コードを使ったアプローチを解説してきた。一つのメロディーに対して様々なアプローチが考えられる。しかし、どうも響きがいまいちだなと感じるならノン・ダイアトニック・コードを使ってみるしかないだろう。まさしく、ダイアトニックに含まれないノートを使ったコードの意味で、簡単言うとコードの中に#やbなどの臨時記号が含まれるのである。もっと、簡単に言うとギターではメチャ押さえにくいコードを使うと言うことで、ギターで作曲やアレンジをするときには、なかなか発想として出にくいコードである。そう言う意味でもMIDIは素晴らしい。
 なんのこっちゃ???(By ギターしか弾けないおとより)。

 「秋風の街」のオリジナル・キーはEメジャーだが、ここからの楽譜はCメジャーに移調したもので解説する。

サブドミナント・マイナー・コード

  4度のサブドミナントをマイナーにして、サブドミナントの代理をさせる。

 3小節と7小節の3拍目のコードを見て欲しい。キーはCメジャーなのにラにbがついている。このFmがノン・ダイアトニック・コードである。このFmのように、4度のサブドミナントをマイナーにしてサブドミナントの代理をさせたものIVmをサブドミナント・マイナー・コードという。一般的には、IV→IVm→V7かIV→IVm→Iと使う。
 Fmaj7のAから、A→Ab→Gと半音ずつ下降していく特徴があり、コードの回転によって、この進行を目立たせるのも良い。

 

セカンダリー・ドミナント・コード

 前のページ「”いち・ろく・にい・ごう”の定番のコード進行」では、Dm7への強進行となるようにAm7を挿入したが、ここをA7で代用しても機能的には何ら問題はない。

 まず、”いち・ろく・にい・ごう”の定番のコード進行をもう一度確認しよう。

 この時、Dm7への導入のためにAm7を挿入して強進行を作った。このAm7をA7で代用しても、機能的には問題がない。ただし、A7はCメジャーのドミナント7thではない。しかし、間接的にドミナント7thの働きをしているので、”セカンダリー・ドミナント・コード”と呼ばれている。では、どのような場合に使えるのか、理論を少し説明しよう。

この楽譜、”セカンダリー・ドミナント・コード”を見てみよう。注目すべきは、2から3小節、または6から7小節を見よう。2または7小節のDmをトニックと考えるとA7→Dm7は完全なドミナント・モーションになる。つまり、Dmを導くコードとしては、Am7よりもA7の方が強力だ。このような考え方をしていくと、結構、面白いノンダイアトニック・コード進行が作れる。

 

パッシング・ディミニッシュ・コード

  1小節目のCと3小節目のDを半音で経過させてスムーズに結ぶディミニッシュ・コード。

 1小節目と3小節めのルートは、CとDで長2度離れている。5〜7小節も同じだ。長2度離れていると、半音で経過させて円滑にコードをつなぎたい衝動に駆られる(おとだけ?)。こんな場合、ふたつのコードの中にディミニッシュ・コードを入れて結ぶ手法がある。このコードを、”パッシング・ディミニッシュ・コード”と呼んでいる。
 特徴は、何と言っても半音で上がっていくベース音だ!。
 もう一つ、C#dimは、前回のA7(セカンダリー・ドミナント・コード)と同様にトライトーン(増4度)を持っている。C#〜Gがそれだ。なに!A7の時には説明がなかった??ごめん!。そうすると、不安定なので当然落ち着きたくなる。ある意味では一種のドミナント・モーションを構成していると言える。

 さて、コードの基礎とコード進行の実践は如何でしたか?。もっと、多くの理論が有るのですが、これを機会に少し勉強してみるのも良いかもね。ピアノとか、ギターとか、楽器を鳴らしながらコード・アレンジしていくと、自分の手癖とか出てどれも同じ様になりがちです。それは、自分流とか個性とかで良いのでしょうけど、MIDIで打ち込んでみて理論的にコードを付けていくと、自分の曲でありながら第三者的に聞こえるので、また違った曲が発送できるかも知れません。

 取りあえず”鼻歌にコードを付けよう”は、これで終了です。あとは、これをふくらませていくか・・・おとしだい。またの機会にSee You!!

  



HOMEはおとのサイトのMIDIのMENUに戻ります。

Copyright (C) 2004 Kawahagi-3-Cycle