コードの使い方と性質

とりあえず聞いてみて・・・

コードの名前

使い方

コードの名前

音を聞いてみよう

性質と使い方

音を聞いてみよう

major Chord

C major  最も安定した響きを持ち、major KeyのTonicやSub-dominantになる。また、minor Keyの副和音としても使用される。  

6th Chord
major7th Chord

C6
Cmaj7
 major chordと性質が似ている。  

7th Chord
9th Chord
11th Chord
-9th Chord

C7
C9
C11
C-9
 性質がハッキリしていて、Keyの関係をハッキリさせる。4度上のコードに結びつく他に長2度上のminer chordや、短2度上のmajor chord、短2度下のmajor chordにも進行する。 G7→C
G7→Am
G7→Ab
G7→F#

augument Chord
augument 7th Chord

Caug  ファンタジックなムードを出す音です。半音変化した音は、もう半音その方向に移行します。4度上のコードに行きやすい。 CCaugF
AmAbaugC

6-9th Chord

C6-9  major chordに6thと9thの音を付加して作った音で、主にEndingの最後の音として使用する。 G7→C6-9

minor Chord

Cm  major chordに次いで安定した響きを持っている。major chordが明るい感じであるのに対し、暗く、淋しい、静かな感じである。minor KeyのTonicやSub-dominantになる。  

minor 6th Chord
minor major 7th Chord

Cm6
Cm maj7
 5度上のmajor chordに進行するときれいになる。 Dm6A

minor 7th Chord

Cm7  4度上の7th chordに進行することが多い。 CDm7G7

minor -5th Chord
diminished Chord

Cm7-5
Cdim
 とても緊張感のある響きで、次のコードに進行して安定する。短2度上のコードに進行することが多い。 Bm-5C
BdimC

minor 6-9th Chord

Cm6-9 minor chordに6thの音を付加して作った音で、Endingの最後の音として使用する。 G7→Cm6-9

suspended Chord
suspended 7th Chord

Csus4
C7 sus4
 suspendedされた音は、半音か全音下がり、major chord、minor chord、7th chordに入る。
Dm7G7sus4G7C

直前のページへ戻る