MIDIについての基礎知識

第3幕

MIDIメッセージの分類
下に表があるので、知りたいメッセージに飛べます。飛びます(by ハコ)
MIDIメッセージの分類
 ノートオン/ノートオフのページを読まれた人は、MIDIメッセージにチャンネル指定があることに気づいただろう。MIDIメッセージは、大きくMIDIチャンネル概念が必要なメッセージと必要でないメッセージに分けられる。MIDIチャンネル概念が必要なメッセージは、個々のMIDI機器をコントロールするためのメッセージでありをチャンネルメッセージと呼ぶ。MIDIチャンネル概念が必要でないメッセージは、MIDIシステムをコントロールするためのメッセージでシステムメッセージと呼ぶ。
チャンネル・メッセージ 
 チャンネル・メッセージには、同一システムの中で個々の機器や音色を個別にコントロールすることを可能にするためにMIDIチャンネルという概念が投入されている。ノート・オン/オフやプログラム・チェンジ、ピッチ・ベンドといった演奏の情報は、ほとんどチャンネル・メッセージに含まれる。
 チャンネル・メッセージは、さらにボイス・メッセージとモード・メッセージに分けられる。ボイスメッセージは、ノート情報をはじめとする通常の演奏情報、先ほどのノート・オン/オフやプログラム・チェンジ、ピッチ・ベンドなのでわかりやすい。
 モード・メッセージは、ほとんど使う機会がないと思うが、モノフォニックとかポリフォニックとか、ボイス・メッセージをどのように受信するかを決める働きをしている。
システム・メッセージ
 システム全体のコントロールをするために用意されたもので、チャンネルの概念は持っていない。一番わかりやすいのは、シーケンサーなどの同期のためのメッセージが含まれると思ってもらえればいい。たとえば、キーボードからMacのシーケンスソフトにスタート信号を送る。これには、チャンネルの概念は必要ないだろう。また、フォーマットの統一できないメッセージもシステムメッセージに含まれる。
 同期関係のメッセージは、コモン・メッセージとリアルタイム・メッセージに分けられる。両方の組み合わせで使用されている。リアルタイム・メッセージはすぐに処理しなければならないメッセージで、MIDIシーケンスのスタートやストップ信号、タイミング・クロックなどがある。
 エクスクルーシブ・メッセージは、「MIDIで音源の音色を変えたい」とか統一できないものを送るために用意されたメッセージで、パソコンの音色エディット・ソフトはたぶんこのメッセージを音源に送っているのだろう。
MIDIメッセージのバイト列
 ステータスは、どこかのページで説明したと思うが、ステータスバイトのビット7はデーターバイトと区別するため"1"と決まっている。したがって、"80H〜FFH"の範囲が可能である。チャンネル・メッセージは下位4ビットがチャンネルナンバーに使用されているので、上位4ビットが事実上のステータスを示す。これらが下の表のように決められている。
 一方で、システム・メッセージは、チャンネルの概念が無いののだが、チャンネル・メッセージと区別するためか、上位4ビットは全てFHで、つまりF0H〜FFHが使用できる。これも下の図のように決められている。
 これらのMIDIメッセージは、その後にデーターバイトを持つものと持たないものがあって、持つものも1バイトのデータまたは2バイトのデータ、エクスクルーシブ・メッセージのように決まったバイト列を持たないものまである。

MIDI メッセージのバイト列

メッセージの種類

ステータス(n=0H-FH)

1バイト目データ(00H-7FH)

2バイト目データ(00H-7FH)











ノート・オフ

8nH
ノート・ナンバー ベロシティ
ノート・オン

9nH
ノート・ナンバー ベロシティ
ポリフォニック・キー・プレッシャー

AnH
ノート・ナンバー プレッシャー値
コントロール・チェンジ

BnH
コントロール・ナンバー データ
プログラム・チェンジ

CnH
プログラム・ナンバー

-
チャンネル・プレッシャー

DnH
プレッシャー値

-
ピッチ・ホイール・チェンジ

EnH
下位値(LSB) 上位値(MSB)










エクスクルーシブ・メッセージ

F0H
IDナンバー 任意のデータ・バイト数
MIDIタイムコード

F1H
時/分/秒/フレーム

-
ソング・ポジション・ポインター

F2H
下位値(LSB) 上位値(MSB)
ソング・セレクト

F3H
セレクト・ナンバー

-
チューン・リクエスト

F6H

-

-
エンド・オブ・エクスクルーシブ

F7H

-

-
タイミング・クロック(MIDIクロック)

F8H

-

-
スタート

FAH

-

-
コンティニュー

FBH

-

-
ストップ

ECH

-

-
アクティブ・センシング

FEH

-

-
システム・リセット

FFH

-

-



HOMEはMIDIのMENUに戻ります

Copyright (C) 2000 Kawahagi-3-Cycle