2004年のライブ活動



今年のライブは42本でした。月に3本位でしょうか。
応援してくださった皆様、どうもありがとうございます。
また、やりま〜す。よろしく!!

★第13回 アコースティックライブ 昔夢ライブ

日時:2004年12月26日(日) 開演:16:00〜
場所:昔夢

1. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. クスの木の森で 作詞:笠木透/作曲:坂庭賢享
3. 遠い空を想う時 作詞/作曲:やなぎ
4. 銀河鉄道の夜 作詞/作曲:やなぎ
5. Twinkling Winter 作詞:北野緑子/作曲:石崎伸二

 今年の歌い納めです。1年間どうもありがとうございました。来年は、バンジョーの腕をもっとあげて、バンジョー用のオリジナルももっと増やさなキャーなんて思っています。

 

★Folk Night 30

日時:2004年12月11日(土) 開演:19:00〜
場所:Honky Tonk

1. Secret Agent Man  Words & Music by P. F. Sloan & S. Barry
   Japanese Lyrics by K. Imawano & R. Nakaido
2. 風の時代  作詞/作曲:吉田拓郎
3. ひとひら  作詞/作曲:下田逸郎
4. 踊り子  作詞/作曲:下田逸郎
5. 雪の降る朝  作詞:中原直美/作曲:三輪昌弘

 ホンキートンク・フォークナイト30回記念!!!ジャーン!
 ドミナント・メジャー・セブンと言う、いかしたバンドが参加した今回のフォークナイト。30回記念と言うことなのか、3回続けての2階でやりました。朝、練習したら声が出ない、坂庭省吾さんを歌いたかったのですが声が出ない。それで、今回はこの選曲になりました。いや〜楽しかったです。そうそう、ひながプチ・復活して、ひな・・・良いです。ほんと。あと、曲者(かんじろうさん達)がかなり良かったな。フォークナイトの皆さん、また来年。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年11月26日(土) 開演:20:00〜
場所:熊谷アコースティック葡萄館

1. そして満月  作詞/作曲:下田逸郎
2. 踊り子   作詞/作曲:下田逸郎
3. ひとひら   作詞/作曲:下田逸郎
4. そよ風の行方   作詞/作曲:下田逸郎
5. 爪  作詞:松本 隆/作曲:吉田拓郎
6. 明日は二十歳(仮題)  作詞:柴田隆之/作曲:石崎伸二
7. 遺言詩  作詞/作曲:三輪昌弘

 掲示板に「今日は行きますよ」って書いたら、結構人が集まった。出演者は、なんしー、モスリン、成田誠、長渕を歌ってたお兄さん、他にお兄さんのお友達+以前パワフルなボーカルとベース、パワフル・ギターのリハを聴かせて貰った二人。何故か、おとの横にすわって無口に只ひたすら飲んで行った若者。
 終わった後、大かぐや姫演奏会になった。覚えているようで、覚えてないもんだ。

 

ミューズパーク・ふるさと祭り
★MYUZU FOLK JAMBOREE 2 0 0 4
日時:2004年11月13日(土) 開場10:00 開演:10:30 
場所:ミューズパーク音楽堂

<ホール>
1. Chop Stics
2. あの太陽もっと幸あれ  作詞/作曲:佐藤公彦
3. 空と・海と・道と・君の顔(オリジナル)  作詞/作曲:三輪昌弘
4. Twinkling Winter(準オリジナル)  作詞:北野緑子/作曲:石崎伸二
<ストリート>
1. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
2. カントリーワルツ  作詞/作曲:長渕剛
3. 黄色い船  作詞/作曲:山田つぐと
4. 童神 〜天の子守歌〜   作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉
5. 花嫁  作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾

 久しぶり、また弾き語りを始めるきっかけとなった、東松山フォークジャンボリー以来のホールです。あと、音楽堂前でストリート・ライブもやりました。お客さんは、少なかったけどそれなりに楽しめました。しかし、体調は、今週半ばから最悪で、ひどい状況でした。この時期、体調万全の状態は、滅多にないのですが本当にひどかった。体調の悪さは、演奏にも影響するのですね。まあ、予定を歌いきれたのが、唯一の救いでしょうか。

 

★Folk Night 29

日時:2004年10月30日(土)  会場:18:00 開演:18:30〜
場所:Honky Tonk なんと、今回も行ったら2階でした!!!

曲目
1. カントリーワルツ  作詞/作曲:長渕剛
2. あの太陽もっと幸あれ  作詞/作曲:佐藤公彦
3. Tom Dula〜今はちがう季節   作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
4. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル) 作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘

 なんと、またホンキートンク2階で演奏しました。エントリーが多かったので2階にしたらしいのですが、ドタキャンが多くて、結局ひとり20分位の枠をもらいました。今日の昼は、作成中のCDの音録りに行ったのですが、風邪気味で鼻声で、またまたNGのようです。ホンキーは、昼間唄ったので、それなりに声が出ました。CDは、ライブ版にしようかな・・・ふと。

 

★ライブじゃないんだけど

日時:2004年10月28日(木) 開演:20:00〜
場所:伽草子

1. 暑中見舞い  作詞/作曲:吉田拓郎
2. 僕の唄はさよならだけ  作詞/作曲:吉田拓郎
3. 祭りのあと  作詞/作曲:吉田拓郎

 「伽草子」と看板出すだけあって、拓郎ファンの集う店でしょうか。あいにく、お客は おとひとりでしたが、「拓郎オンステージ第2集」を久しぶりに聴かせていただきました。ラウンドショルダーのJ-45も弾かせていただきました。どうも、J-45っていうか、Gibsonのギターって軽い気がする。マーチンが重いだけなのか、同じGibsonでもRB-250が重い(特に重い)のでそう感じるのか。
 また、都合がつけば行ってみようと思います。今度は、成田君でも誘って。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年10月22日(土) 開演:20:00〜
場所:熊谷アコースティック葡萄館

1. Doubt  作詞/作曲:北野緑子
2. 遺言詩  作詞/作曲:三輪昌弘
3. 踊り子  作詞/作曲:三輪昌弘
4. 明日は二十歳    作詞:柴田隆之/作曲:石崎伸二
5. のりぶー    作詞/作曲:三輪昌弘

1. 爪 作詞:松本 隆/作曲:吉田拓郎  
2. とんと御無沙汰  作詞:阿木耀子/作曲:吉田拓郎  
3. リトルレスポール  作詞/作曲:なんしー

 籠原から、初お目見えのお二人が来られていて、今晩はオリジナルをやる雰囲気。普段、やらない曲をやっちゃいました。あとは、なんしーさんがご来館かな。時間が余ったので、あと3曲やりました。今日は、満足ですが・・・ハーモニカの準備を忘れて・・・酔っぱらいです。

 

★2004トンボ公園音楽祭

日時:2004年10月17日(日) 開演:11:30〜
場所:男衾トンボの里公園広場

1. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
2. カントリーワルツ   作詞/作曲:長渕剛
3. あの太陽もっと幸あれ  作詞/作曲:佐藤公彦
4. Tom Dula〜今はちがう季節   作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
5. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル) 作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
6. 竹田の子守歌

 お天気も良いし、ももは走り廻ってるし、案の定泥にベショ!!。今日は、立ちでやりました。最近、立ちが良いみたい。気持ちよかった、それで最近で一番ミスしなかった。出演は、他に成田誠、独酔舎、男衾尺八クラブ、Gwanさん、カコさん、ラッキーカムカム、ドミナントメジャーセブン、LOVE Boneでした。打ち上げで、Gwanさん、カコさんといっぱいお話が出来ました。カコさんには、フレイリングを教わったりしてね。バンジョーには、研究と練習がまだまだ必要です。

 

★第12回 アコースティックライブ 昔夢ライブ

日時:2004年10月16日(土) 開演:19:00〜
場所:昔夢

1. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
2. 眼をとじて  作詞/作曲:山田つぐと
3. おはようおやすみ日曜日    作詞:伊勢正三/作曲:山田つぐと
4. 赤い橋の向こうには  作詞/作曲:三輪昌弘
5. カントリーワルツ   作詞/作曲:長渕剛
6. あの太陽もっと幸あれ  作詞/作曲:佐藤公彦
7. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル) 作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
8. 竹田の子守歌

 明日の「トンボ公園音楽祭」の練習も兼ねて・・・って、ウソウソ本チャンですよ。最近、集まりが遅いので遅く始めるとか、誰もいませんでした。本当は、早く始めて早く終われるのが良いのですが。練習していった割には、出来は今ひとつかな?。明日は、少し楽になるでしょう。

 

★Miiya Caf アコナイト

日時:2004年9月29日(水) 開演:20:00〜
場所:銀座Miiya Caf

1. 花嫁  作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾
2. 涙そうそう  作詞:森山良子 作曲:BEGIN

 当日、台風の影響で雨風が結構強かった。午後から本社で仕事があったので、東京駅のロッカーにバンジョーを置いて仕事へ。それで、Miiya Caf獅へ向かったのですが、場所がわからん。雨でびしょびしょ。あの周りを3回以上まわって、鳥料理屋のおじさんが表にいたので、ビルの場所だけ聞いて、2回まわって、もう帰ろうと思ったときに見つけた。おとの出来?、今回はカバー2曲と決めていたので、始めての場所としてはそこそこだったのでは無いでしょうか。

 

★葡萄館アコースティック・セッションライブ

日時:2004年10月9日(土) 開演:19:40〜
場所:熊谷アコースティック葡萄館

1. Twinkling Winter 作詞:北野緑子/作曲:石崎伸二
2. 明日は二十歳  作詞:柴田隆之/作曲:石崎伸二
3. カントリー・ワルツ 作詞/作曲:長渕剛
4. 涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
5. 花嫁 作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾

 おと企画、葡萄館Acoustic Nightの特別編です。セッションありの乱入ライブです。関東に台風22号が直撃したので、交通機関がマヒして参加予定者が、来られないかと思いきや、大盛況でした。参加者は、出演順に
ひろじい、おと、なんしー、木戸堅太郎、おとちゃ!!!(ゲスト)、miti、熊谷亮介(TANI改め)、独酔舎、成田誠
うううん、実に濃いです。ひろじい、なんしー、成田君とセッションしました。最後は、mitiちゃんと全員で「ライブ」!!。おとちゃ!!!遠くから来てくれてありがとう。良かったよ。また来てくださいな。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年9月24日(土) 開演:20:00〜
場所:熊谷アコースティック葡萄館

1. Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. 花嫁  作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾
3. Tom Dula〜今はちがう季節   作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
4. おはようお休み日曜日  作詞:伊勢正三/作曲:山田つぐと
5. 涙そうそう  作詞:森山良子 作曲:BEGIN
6. 童神 〜天の子守歌〜   作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉
7. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル) 作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘

 おとと、なんしーとリトルなんしーしかいなかったので、いっぱい唄いました。あとで、10月9日のライブの打ち合わせ、「思い出のテトラポット」も何とか出来そうです。

 

★第11回 アコースティックライブ 昔夢ライブ

日時:2004年9月19日(日) 開演:19:00〜
場所:昔夢

1. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. 花嫁  作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾
3. 赤い橋の向こうには  作詞/作曲:三輪昌弘
4. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル)  作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
5. 涙そうそう  作詞:森山良子 作曲:BEGIN

 行ったら、誰もいなかった。最近、出足が遅いようです。練習せずに行ったので、演奏は・・・・。ま、こんなもんか。ZOOMのエフェクトを入れた様ですが、ちょっと使い方に難あり?ですか。うううううん、趣味だから仕方ないのかもしれないですが、カラオケ?銭湯?そんな感じでした。おとは、ひろじいさんの後だったので、ホール系のリバーブで難を逃れましたが。おとの「エフェクトの基礎知識」でも読んで、勉強してください。

 

★Folk Night 28

日時:2004年9月18日(土)  会場:18:00 開演:18:30〜
場所:Honky Tonk なんと2階です!!!

曲目
1. Tom Dula〜今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
2. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル) 作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
3. 花嫁  作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾

 う、ほほ〜い!!2階です。2回目です。30名近く入ったと思います。
 人数が増えたので1人の持ち時間が少なくなり、急遽、2Fでやることに決まりました。ミキサーは、近藤さん(プロのライブでミキサーをしてる人)でした。近藤さんは、何と!おとと同い年でした。おとは、早生まれなので、恐らく学年は違うと思いますが。
 心地良い緊張、楽しめました。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年9月11日(土) 開演:20:00〜
場所:熊谷アコースティック葡萄館

1. 待ち合わせの交差点  作詞/作曲:長渕剛
2. 一つの出来事  作詞/作曲:吉田拓郎
3. 風邪  作詞/作曲:吉田拓郎
4. カントリーワルツ  作詞/作曲:長渕剛
5. リトルレスポール  作詞/作曲:なんしー
6. 最後の夜汽車  作詞/作曲:甲斐よしひろ
7. 多摩蘭坂  作詞/作曲:忌野清志郎

 やっと名前を覚えた、木戸堅太郎。
 成田君に誘われて、レギュラーの葡萄館Acoustic Nightです。

 

★TANI企画 葡萄館アコースティック・ライブ

日時:2004年9月4日(土) 開演:20:00〜
場所:熊谷アコースティック葡萄館

1. そして満月  作詞/作曲:下田逸郎
2. 踊り子   作詞/作曲:下田逸郎
3. ひとひら   作詞/作曲:下田逸郎
4. そよ風の行方   作詞/作曲:下田逸郎
5. Doubt  作詞/作曲:北野緑子
6. 明日は二十歳(仮題)  作詞:柴田隆之/作曲:石崎伸二
7. のりぶー  作詞/作曲:三輪昌弘
8. 祭りのあと  作詞/作曲:吉田拓郎

 今日は、東京帰りです。ヤマハ楽器のグループインタビューに参加してきました。40〜50代のおじさんばっか8人集まって、ああでもない、こうでもないと話をしました。MIDIとかの専門用語が出るので、司会者のおねえさんはちょっと困った様子でした。
 葡萄館ライブは、おとが最初でしたが、お客さんがいなくてあまり盛り上がりませんでした。後半の方が良かったな。成田君、ライブ8連ちゃんは立派!!

 

★第10回 アコースティックライブ 昔夢ライブ

日時:2004年8月28日(土) 開演:19:00〜
場所:昔夢

1. ポプラ  作詞/作曲:河島英五
2. ひとりごと  作詞/作曲:河島英五
3. 祖父の島  作詞/作曲:河島英五
4. 時代おくれ  作詞:阿久悠/作曲:森田浩一
5. 旧友再会  作詞/作曲:河島英五

 今日は、行く前から河島英五と決めていた。しかし、・・・・「祖父の島」が上手くいかない。「石仏」に変えるかちょっと悩んだ。今回は、マナーがよくとっても唄いやすかったです。ホンキーのマスターのバイオリンが壊れちゃって、急遽、配偶者さんとモモにバンジョーを持ってきてもらいました。「旧友再会」を唄う前で、モモに「一緒に唄う?」って聞いたら、恥ずかしがってました。いつか、「河島英五withアナム&マキ」のように、一緒に歌えればね。

 

★森のコンサート

日時:2004年8月21日(土) 開演:15:45〜
場所:定峰キャンプ場

1. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
2. となりの町のお嬢さん 作詞・作曲:吉田拓郎
3. 春を待つ手紙  作詞・作曲:吉田拓郎
4. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル)作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
5. 花嫁 作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾

みんなで2曲。あれ?何やったんだっけ?? 確か落陽と夏休み

 ひろじいの反則技、受けがとっても良かったです。会場が自然に唄ってました。おとのバンジョーは、相変わらずです。吉田拓郎で出来そうな曲を前日選んで持っていきました。成田君、十分に仕事の憂さ晴らしになりましたか。1曲目で声を潰して大変そうでした。アマチュア、とりはカンジロウ(muff)さん。抜群の安定感でブルージーな曲を、まさにトリにふさわしい感じでした。その後、2曲セッションして、プロの時間へ・・・。
 プロのお二人は、超サービスです。しかし、それだけでは終わらず、2次会で来島さん、またまた唄ってもらって、ギターの4弦が切れちゃった。それを抱えて秋山さんも唄って。マスターとたつやさんもバイオリンとカホンで参加、おともつたないバンジョーをポロンと。
 来年は、もっと大勢出演して、楽しみましょう。  ・・・・・飲み過ぎた・・・反省!!

 

★彩の国ミューズ・ロック・フェスティバル

日時:2004年8月8日(日) 開演:12:00〜
場所:秩父ミューズパーク野外ステージ

曲目
1ステージ目.涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
2ステージ目.Grandfather's Clock(大きな古時計)〜花嫁 作詞:北山修/作曲:端田宣彦、坂庭省吾

 1ステージ目は、順番が少し変更になりましたが、予定した曲です。うけ狙い!退屈しない!適当な長さがある。と言うことで選びました。2ステージ目は、独酔舎さんとコラボです。急遽、時間が空いたので頼まれたのですが、ウクレレとバンジョーの組み合わせも有りかな?っておもいました。ミューズパークの野外は、音がよくってとっても気持ちが良かった。
 1ステージ目の前に、無料休憩所で独さんとライブをやりました。これは、これで楽しかったです。

 

★三人会 Vol.5

日時:2004年7月31日(土) 開演:19:45〜
場所:Acoustic 葡萄館

バンジョー・コーナー
1. 眼をとじて  作詞/作曲:山田つぐ
2. 今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
3. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル)作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
4. 赤い橋の向こうには  作詞/作曲:三輪昌弘
5. 涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
ギターコーナー
1. そして満月  作詞/作曲:下田逸郎
2. 踊り子  作詞/作曲:下田逸郎
3. Doubt  作詞/作曲:北野緑子
4. 遺言詩  作詞/作曲:三輪昌弘
5. のりぶー  作詞/作曲:三輪昌弘

 前日が飲み会だったので、かなり調子が悪かった。演奏的にも、楽器が自分からこんなに遠くに感じたのははじめて。こんな日もあるんだな・・・。今回は、三人ともこれまでとはちょっと違った雰囲気を出していたが、何分集客出来なくて・・・・。ゲストの成田君は、さすがに安定してました。飲みたいけど気持ち悪い・・・・そんな一日でした。
 三人会は、これで冬までひとまず終わり。ちょっと期間を置きますか、ってことになった。それまでは、バラバラで一人の活動を続けていく。パワーアップして、また集まりましょう。

 

★Folk Night 26

日時:2004年7月24日(土)  会場:18:30 開演:19:00〜
場所:Honky Tonk

曲目
1. そして満月  作詞/作曲:下田逸郎
2. 踊り子  作詞/作曲:下田逸郎
3. ひとひら  作詞/作曲:下田逸郎
4. そよ風の行方  作詞/作曲:下田逸郎

 急に唄いたくなって、昨夜からコードのコピーをしました。1曲目が難航したのですが、なんとか出来ました。逸郎さんの詩は、短くておと向きです。曲の構成も、おとに似ています。内容と質は違いますが。
 飛び入りが多い日でした。昔夢に出てる人たちが、いっぱい来ました。今日は、例の三人が集まる予定だったので、一雨来るのを期待していたのですが、独さんが欠席で暑い夜でした。

 

★葡萄館うちわ祭りライブ

日時:2004年7月21日(水) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. 旅の宿  作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎
2. 暑中見舞い  作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎
3. Doubt  作詞/作曲:北野緑子
4. リトルレスポール  作詞/作曲:なんしー
5. とんと御無沙汰  作詞:阿木耀子/作曲:吉田拓郎
6. 赤い橋の向こうには  作詞/作曲:三輪昌弘
7. 君が好きさ  作詞/作曲:三輪昌弘
8. のりぶー  作詞/作曲:三輪昌弘

 調子に乗って8曲。ちょっと歌いすぎたかな。ユメリアの後遺症が残ってて、かなり歌いたくって、気がついたら8曲、楽しく歌えました。なんしー、TANI君、TANI君の仲間達でした。あとから、楽器を持たずに来た今井さんが、サウスポーで右利きのギターを持って4曲もやってくれました。今井さんは、葡萄館では3回目位お会いしてますが(あっちは知らない)、ハッキリ言ってファンです。感激の余り、握手をしてもらいました。全く、ミーハーです。

 

★第5回全国アマチュアフォークシンガーIN西仙ふるさとシンガーアコースティックサマーライブ

日時:2004年7月17日(土) 開演:14:00〜
場所:西仙北ぬく森温泉ユメリア

曲目
1. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. 赤い橋の向こうには  作詞/作曲:三輪昌弘
3. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル)作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘

 ま、感想は書きますまい。3曲ってとこが、味噌。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年7月9日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. とんと御無沙汰  作詞:阿木耀子/作曲:吉田拓郎
2. ポプラ  作詞/作曲:河島英五
3. ひとりごと  作詞/作曲:河島英五
4. 君を見つめて  作詞/作曲:三輪昌弘
5. のりぶー  作詞/作曲:三輪昌弘

 歌い手、おと一人。聞き手、マスター田中さんを含めて4人。葡萄館にしては良いんでは。やっぱ、河島英五はやってて気持ちいい。

 

★アコ趣味ライブ

日時:2004年7月3日(土) 開演:12:30〜
場所:大宮ソニックシティーイベント広場

曲目
1.Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2.Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
3.黄色い船  作詞/作曲:山田つぐと
4.Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル)作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
5.Tom Dula〜今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
6.空と・海と・道と・君の顔(オリジナル)  作詞/作曲:三輪昌弘
7.涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
8.童神 〜天の子守歌〜  作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉

 夏、夏、夏、ココナツと言っても以外と涼しかった。暑いんだけど湿気がなかったからね。ソニックシティーの大きな建物で、会場は日陰になって条件は良かったのだが、風が・・・・。miti君、マイクまで倒しちゃって。
 おとはと言えば、相変わらずのミストーンのオンパレードだったが、1曲もまともに出来なかったのは始めて。猛省です。「涙そうそう」では、結構な人数が足を止めて聞いて下さった見たいですが、おとは緊張のまっただ中。周りを見る余裕がありませんでした。なんでも瞬間最高視聴率を記録したとか。アコ趣味には、こんな楽しみ方もあるんだな。オリジナルで、何人の足を止められるか、勝負かな。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年7月2日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
3. ちんさぐの花〜涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
4. 童神 〜天の子守歌〜  作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉

 明日のアコ趣味の練習を兼ねて葡萄館へ行った。参加者は、なんしー、おと、モスリン、路上をやってると言ってた女の子、TANI、それとギャラリーが4人。まあまあ、盛況の方か?。インストを練習しようと思ったが、「涙そうそう」のリクエストで、急遽歌モノへ。あまり、歌うと明日声が出なくなる(そんなことはないのだが)この辺で終了。最近、バンジョーが多いなぁ。

 

★第8回 アコースティックライブ 昔夢ライブ

日時:2004年6月19日(土) 開演:19:00〜
場所:昔夢

曲目
1. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
2. Tom Dula〜今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
3. ちんさぐの花〜涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
4. Grandfather's Clock(大きな古時計)
5. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル)作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘

 前の席が安キャバレー状態でやりにくかったが、どんな場所・どんな状況でも引っ張って来れなきゃね。チョイト、たべすぎ。miti君の「ライブ」をみんなでやった。楽しかったよ。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年6月18日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. 素顔 作詞/作曲:長渕 剛
2. あの唄はもう唄わないのですか 作詞作曲:伊勢正三
3. 木枯らしに抱かれて(1フレーズ) 作詞作曲:曲:高見沢俊彦
4. ポプラ 作詞作曲:河島英五
5. 祖父の島 作詞作曲:河島英五
6. 私を待つ人がいる(1フレーズ)作詞:高石ともや/作曲:アメリカ民謡
  原題 Thereユs Someone Waiting For Me
7. 柳の木の下に 作詞:高石ともや/作曲:A.P.カーター
  原題 Burry Me Under The Weeping Willow
8. 花嫁 詞:北山修/曲:端田宣彦・坂庭省悟

 ハッキリ言って、いっぱい唄った。ハッキリ言って、酔っぱらいだった。なんしー+TANI+おとでカーペンターズをやった。

 

★Folk Night Special Vol.2 「五人会」Acoustic Live

日時:2004年6月12日(土)  会場:18:30 開演:19:00〜
場所:Honky Tonk

曲目
1. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. おはようおやすみ日曜日  作詞:伊勢正三/作曲:山田つぐと
3. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
4. 黄色い船  作詞/作曲:山田つぐと
5. Tom Dula〜今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
6. 童神 〜天の子守歌〜  作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉
7. 空と・海と・道と・君の顔(オリジナル)  作詞/作曲:三輪昌弘
8. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜時には(オリジナル)作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘

 普段と客層が違うので、かなり緊張しました。だって、一番前の席まで一杯だったのですから。出来は、まあまあかな?良い楽器に助けられたみたい。ホンキートンク始まって以来のお客、とマスターが言ってました。そんなことはないと思いますが、2階から椅子を降ろしたりして、本当に満員御礼でした。
 今日の出演は、
 おと えいしょう ゲスト:モスリン 独酔舎 miti ひな
でした。ひなは、今回を持って一時休業とのことで、残念です。まあ、喧嘩別れしたわけじゃないので、いつでもまた一緒にやって下さいな。

 

★Folk Night 24

日時:2004年6月5日(土)  会場:18:00 開演:18:30〜
場所:Honky Tonk

曲目
1. 風の街  作詞:喜多条忠/作曲:吉田拓郎
2. 僕の唄はサヨナラだけ  作詞作曲 吉田拓郎
3. 暑中見舞い  作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎
4. リトルレスポール  作詞/作曲:なんしー
5. 祭りのあと  作詞/作曲:吉田拓郎
6. おまけwithマスター  竹田の子守歌

 ブルーグラス風は、しばらく封印しておこうと思ったのですが、ホンキーのマスター(まーちゃん)は逆に、「こんな時だから、やりたいよ」と。そうかな〜と思って、少しずつやっていきましょう。マスター「バンジョーの差し入れしたいね」って。そうだね。
 自分の演奏の他に、こんけいいち(のこぎり)さんのバックをバンジョーでやりました。突然、やろうよとなって、バンジョー借りてマスターのマンドリンと合わせました。「峠の我が家」はサビのコードが最後までわからなかった。ごめんなさい。今日は、レギュラー・メンバーの参加が少なかったので、一人あたりに十分時間がありました。おとの演奏は、成田君がお休みだったので、吉田拓郎を中心にやりました。途中から、マスターのマンドリンと、たつやさん(たっちゃん)の裏かほんが入ってくれて楽しかったです。結構、うけたのではないでしょうか。また、成田君がお休みの時にやります。

 

★乱交?Acoustic Night

日時:2004年5月29日(土) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
バンジョー
1. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. Tom Dula〜今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
3. 空と道と海と君の顔  作詞/作曲:三輪昌弘
4. アメイジング・グレース〜時には  作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘

 毎週やってるAcoustic Nightの企画ものでした。なんしー+ぽあん、おと、独酔舎と言う古手と、TANI君達の若手の競演?でした。今日から、バンジョーをGIBSON RB-250に新調しました。しかし、乱交・・・は、ちょっと、ネーミングが・・・・。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年5月14日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. A Day In The Life  Words & Music by Lennon-McCartney
2. リトルレスポール  作詞/作曲:なんしー
3. カントリーワルツ  作詞/作曲:長渕剛
4. ポプラ  作詞/作曲:河島英五
5. ひとりごと  作詞/作曲:河島英五
6. のりぶー  作詞/作曲:三輪昌弘
7. 君を見つめて  作詞/作曲:三輪昌弘

 おとの他に、サバイバルいとう+野田さんが来た。いとうファミリーだったので、先に演奏してもらった。いつもながら、サバイバルいとうの後はやりにくい。楽器を持ってこなかったなんしーさんに、無理矢理D-28を持たせて歌わせた。音的には、ヤイリよりマーチンの方がスッキリしている様な気がした。ドレットノートを持つなんしーの証拠写真撮った。あと、TANI君と名前知らない若者が来ていた。
 君みつは、声が変だな〜と思っていたら、一人でこんなに歌ってたんだ。反省!。

 

★アコースティック・コンサートVol.2

日時:2004年5月8日(土) 開演:13:00〜
場所:サンクス国分寺富士本店中庭(来客用駐車場ではありません)

曲目
1.  アルファベットの歌
2.  Tom Dula〜今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
3.  Amazing Grace(アメージング・グレース)
    〜時には(オリジナル)  作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
4.  童神 〜天の子守歌〜 作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉
5.  竹田の子守歌 日本民謡
6.  涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN

 普段、夜しか演奏しないので、日光と暑さと別の緊張感があり、普段ミスしないフレーズを間違える間違える。インストは、悲惨でした。お客さんの反応は、バンジョーの生音をあまり聞く機会が無いので、新鮮だったようです。バンジョーというと、スリー・フィンガーのとても早いフレーズを想像してしまうので、おとののんびりした弾き方が良かった様です。(実は、早弾きが出来ないだけなんですけどね)
 今回から、小室等さん似の仙人みたいなミキサーの方が、スピーカーとか提供してくれて前回よりも演奏者や聴き手の環境が良くなったみたいです。お客さんは、30名くらい、ピーク時には50名くらいいたかも知れません。サンクスの裏だったのですが、表の通りまで音がもれるので、信号待ちの車にも聞こえてました。
 今回は、男女デュオが2組も出演でした。久しぶりです。良いですね。憧れます。そう言えば、ホンキートンクの仲間にも居たんですがね。プロの出演もありました。普段はクラブとかでピアノを弾いたり歌ったりしている女性でした。CD買うの忘れちゃった。地元(国分寺界隈?)出身だそうです。

 最後に、地元ケーブルテレビのJ−COMが来て取材をしていきました。取材といっても、全部撮って行きました。出演者全員に名前と、曲順を聞いて。おとは、書いた曲順忘れて、適当にやってしまいましたが。1週間ぶっ続けで1日3回、2chで流れるそうです。そんなことなら、もう1回演奏り直させてもらいたい。

 

★三人会 Vol.4

日時:2004年4月24日(土) 開演:19:45〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
 ギターコーナー
1. Secret Agent Man Words & Music by P. F. Sloan & S. Barry
     Japanese Lyrics by K. Imawano & R. Nakaido
2. Day Dream Believer Words & Music by John Stewart/Japanese Lyrics by ZERRY
3. 青い瞳のステラ、1962年夏・・・ 作詞:水甫杜司/作曲:上綱克彦
 バンジョーコーナー
4. Amazing Grace(アメージング・グレース)
    〜ねえ・あなた(オリジナル)  作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
5. 童神 〜天の子守歌〜 詞:古謝美佐子/曲:佐原一哉
6. 竹田の子守歌 日本民謡
 ギターコーナー
7. のりぶー 作詞/作曲:三輪昌弘
8. 君が好きさ 作詞/作曲:三輪昌弘
9. 君を見つめて 作詞/作曲:三輪昌弘

 「稽古不足を幕は待たない〜」・・・特に「竹田の子守歌」は練習不足でした。まあ、いつものことではあるのですけど。いかんいかん!ちゃんと練習しなければ。ホンキーのマスターに、大いに助けられました。反省会で、色んな話聞けたし、結構充実した回ではありました。今回は、ゲストに「ひな」が来てくれました。軽快なトーク、演奏、さすがです。+えいしょうくんにも止められなかった雨を、見事晴れにしてくれました。これで、3人が揃ったライブの降水確率は、80%となりました。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年4月9日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. 伽草子  作詞:白石ありす/作曲:吉田拓郎
2. 素顔  作詞/作曲:長渕剛
3. 一つの出来事  作詞/作曲:吉田拓郎
4. 蕎麦屋  作詞/作曲:中島みゆき
5. すなおになれば 作詞/作曲:吉田拓郎

 3曲目くらいまで声が出ないもんで、ノーMCで歌いきってみました。実は、1曲目はGRAYをやるつもりだったんだが、声が合わなかった。今日は、おととなんしーさん、あとから来た独酔舎さんが「こちら八丁堀」を披露。なんしーさんのオリジナルGood!!。今度、1曲プレゼントしてもらおうかな。

 

★Folk Night 23

日時:2004年4月3日(土)  会場:18:00 開演:18:30〜
場所:Honky Tonk

曲目
1. どこにいれば いいんだろう 作詞:高石ともや/作曲:A.P.カーター
   原題 Where Shall I Be
2. 森かげの花 作詞:高石ともや/作曲:アメリカ民謡
   原題 Wildwood Flower
3. 柳の木の下に 作詞:高石ともや/作曲:A.P.カーター
   原題 Burry Me Under The Weeping Willow
4. ワルツを踊りましょう 作詞:高石ともや/作曲:A.P.カーター
   原題 Kitty Waltz

 すごく好きな曲達で、始めて歌いました。ハモリがなくても出来そうな選曲をしました。Honkyのマスターが、マンドリンとバックコーラスをしてくれました。楽しかった。また、何時か演奏ります。今回は、とっても緊張しました!!。

 

★音蔵フリーライブ Vol.4

日時:2004年3月27日(土) 開演:16:00〜
場所:音蔵
出演者:さきむらとしゆき マコジンマル(おと) ユキとチエ YAMATO 南 振也 中川貴文

曲目 今日はバンジョーだけ!!
1. Twinkle, Twinkle, Little Star(キラキラ星)
2. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
3. Tom Dula〜今はちがう季節 作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
4. Oh, Susanna(オースザンナ)〜Camptown Races(草競馬)
5. 眼をとじて 作詞/作曲:山田つぐと
6. Amazing Grace(アメージング・グレース)〜ねえ・あなた(オリジナル)作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
7. ちんさぐの花〜涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
8. 童神 〜天の子守歌〜 歌:山本潤子/詞:古謝美佐子/曲:佐原一哉

 音蔵は、やっぱ緊張する。今回は、お客さん=出演者みたいな感じだった。皆さん素晴らしい演奏でしたね。あとで、録ったMD聞き直してみると悲惨でした。出演者の他、mitiひろあが飛び入り(乱入)出演でした。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年3月26日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. 僕の唄はサヨナラだけ 作詞/作曲:吉田拓郎
2. 暑中見舞い 作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎
3. 白夜 作詞:松本隆/作曲:吉田拓郎
4. 風の時代 作詞/作曲:吉田拓郎
5. のりぶー 作詞/作曲:三輪昌弘

 拓郎さん三昧。以前から歌いたかった「風の時代」を何とかやってみたがアレンジが煮詰まらず、かなり失敗作。「僕の唄はサヨナラだけ」のハモニカも一寸頂けなかった。テレキャスターを持った若者が、すごい声で歌っていた。出演は、あとTANI君だけだったけど、お客さんは多かった。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年3月19日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目 今日はバンジョーだけ!!
1. Cripple Creek(クリップル クリーク)〜Grandfather's Clock(大きな古時計)
2. Twinkle, Twinkle, Little Star(キラキラ星)
3. Camptown Races(草競馬)〜黄色い船  作詞/作曲:山田つぐと
4. Tom Dula〜今はちがう季節  作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ
5. 涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
6. 童神 〜天の子守歌〜 作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉

 絶対出来ると思っていた演奏が、本番では出来ないものだ。ギターなら、間違えても何とかなるのだが、単音の組み合わせでメロディーを作っていくバンジョーは、全く何ともならない。昔、孝の事を「束で覚える」とか言って笑っていたが、そのまんま我に返ってきた。ソロ・バンジョー・・・何とかしよう。今日は、この選曲で20分強持ったので、しゃべりを入れると、30〜40分くらいのハーフステージは、バンジョーだけで行けそうだ。

 

★葡萄館 三人会vol.3

日時:2004年2月14日(土) 開演:19:45〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
ギター
1. It Never Rains In Southern California(カリフォルニアの青い空)
    Words by Mike Hazlewood/Music by Albert Hammond
2.  狼になりたい  作詞/作曲:中島みゆき
3.  明日は二十歳(仮題)(準オリジナル)  作詞:柴田隆之/作曲:石崎伸二
4.  君を見つめて  作詞/作曲 三輪昌弘
バンジョー
5.  Chop Stocks
6.  Tom Dula 〜眼をとじて 作詞/作曲:山田つぐと
7.  Amazing Grace(アメージング・グレース)〜ねえ・あなた(オリジナル)  作詞:三川智美/作曲:三輪昌弘
8.  ちんさぐの花 〜涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN

 バレンタインデー+スキーシーズン+お誕生日関係が重なって、お客さんは少なかったですが、それなりに声の出たライブでした。しかし、バンジョーの下手さは相変わらずで、音蔵フリー・ライブにちょっと不安を残す結果となりました。ま!余興と言うことで、ご勘弁下さいまし。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年2月13日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. 今宵最後のブルース  作詞/作曲:長渕 剛
2. 風邪  作詞/作曲:吉田拓郎
3. 一つの出来事  作詞/作曲:吉田拓郎
4. 蕎麦屋  作詞/作曲:中島みゆき
5. 木枯しに抱かれて   作詞:高見沢俊彦/作曲:高見沢俊彦
6. 石仏  作詞/作曲:河島英後
7. 港からやってきた女  作詞/作曲:甲斐よしひろ
8. すなおになれば  作詞/作曲:吉田拓郎
9. 最後の夜汽車  作詞/作曲:甲斐よしひろ

 お客さんが誰もいなかったので、好き勝手やりました。明日の三人会で声が出るかどうか兼ねて。このくらいなら、なんとか持ちそうです。ただし、最初の4曲は流して歌ったので、明日はどうなる事やら。

  

★Folk Night 21

日時:2004年1月17日(土)  会場:18:00 開演:18:30〜
場所:Honky Tonk

曲目
1.  木枯しに抱かれて  作詞/作曲:高見沢俊彦
2.  ホームにて  作詞作曲 中島みゆき
3.  とんと御無沙汰  作詞:阿木耀子/作曲:吉田拓郎
4.  旧友再会フォーエバーヤング  作詞/作曲:吉田拓郎)

 雪でした。雪が降ったら1曲目は「木枯らしに抱かれて」、降らなかったら「眠れない夜」と決めていたので(どういう選曲じゃい!)、今年のホンキーはこんな1曲目から入りました。今回は、独さん、えいしょう君、成田君・・・・などなど、はちみつぱい三昧でした。

 

★葡萄館Acoustic Night

日時:2004年1月9日(金) 開演:19:30〜
場所:Acoustic 葡萄館

曲目
1. 狼になりたい  作詞/作曲:中島みゆき
2. おまえの家  作詞/作曲:中島みゆき
3. 蕎麦屋  作詞/作曲:中島みゆき
4. ホームにて  作詞/作曲:中島みゆき

 昨年、ホンキートンクで「蕎麦屋」を歌って以来、どうしても中島みゆきが歌いたくなっていた。「狼になりたい」はとっても気持ちよかった。しかし、フィンガー・ピッキングの下手さは相変わらずで、「おまえの家」は散々だった。「ホームにて」はキーを間違えたかな?5capoの方がいいみたい。
 今年最初のアコナイ。出演者は、なんしー、おと、TANI、モスリン、よしくん、名前はわからないがヤマハFGを持ったストリートの若者。Tani君のJ-50が治って(買ってすぐ入院したみたい)とてもうれしそうだった。ギブソンもいいなー。

 



HOMEは家族のページ/メニューに戻ります。

Copyright (C) 2004 Kawahagi-3-Cycle