2007年のライブ活動



今年は減らしたので18本。初めての場所が多かったので、収穫も豊富でした。

最後にバンジョーが壊れてしまい、12月は休業状態でした。

★わかば結市 上広谷児童館にエアコンを送ろう 第1回チャリティーライブ
日時:2007年11月23日(土) 開演:18:30〜
場所:東武東上線若葉駅西口ひろば
1. Skating on the Harbourfront  作曲Chris Coole 〜真昼のまぶた 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
2. 昼休み 作詞/作曲:岩井宏
3. 旅立つ前に 作詞/作曲:城田じゅんじ
4. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs 〜麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
5. カントリー・ワルツ 作詞/作曲:長渕剛
6. トンネルの唄 作詞/作曲:朝比奈逸人

 寒い日でした。風も少しあったので、譜面台が倒れて大変でした。
 セッティング等も仁さん達に全部屋って貰って、昼間っからビール飲んで、いやかなり寒かったので日本酒入っちゃいました、良いライブだった。参加者は、フォーシーズン、あちひこ、はるち、おと、モスリンです。はるちさん、お久しぶり。
 続けて、イベントのような場所で行いましたが、ライブハウスなどと違い、皆さんライブを目的に来ているわけではないので、そんなお客さんに対してどのようにパフォーマンスするか、結構難しく勉強になりました。
 今年は、これで打ち止めでしょうか。あとは、お好み焼きやあたりで、のんびりと歌っていましょう。

 

★鶴ヶ島産業祭り 国際交流・ワークライフバランスコンサート
日時:2007年11月11日(日) 開演:10:30〜
場所:鶴ヶ島市役所1Fロビー 仮設ステージ
1. Skating on the Harbourfront  作曲Chris Coole 〜真昼のまぶた 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
2. 初恋 - Sally Gardens - 作詞:高石ともや/TRAD.
3. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
4. 涙そうそう  作詞:森山良子 作曲:BEGIN
5. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs 〜麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
6. 遠い空を想うとき 作詞/作曲:やなぎ
7. トンネルの歌 作詞/作曲:朝比奈逸人
スペシャル:フォスターメドレーwithモスリン(鼻笛)

 11月はほとんど仕事で休みが取れないのです。でも、予定しておいたライブはこなします。といったところで、鶴ヶ島第1弾!「鶴ヶ島産業祭り」のイベントに参加してきました。当日は、若干の雨模様といったところでしょうか。車で行ったために、祭りなのにビールが飲めなくて辛い。
 久しぶりにhiroさんに会いました。ますます、精力的に活動しているようでなによりです。おとは、3月くらいまで、頼まれた、息抜きをしたい、もう我慢できない、以外の土日はず〜っと仕事なので、11月は楽しみます。参加者は他にモスリン、hiro&solaでした。

 

★三人會 みちのく杜の都編
日時:2007年11月3日(土) 開演:18:30〜
場所:ラブミー牧場
1. Skating on the Harbourfront  作曲Chris Coole 〜真昼のまぶた 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
2. 初恋 - Sally Gardens - 作詞:高石ともや/TRAD.
3. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
4. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs 〜麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
5. 時には 作詞:智美/作曲:三輪昌弘 〜Amazing Grace(アメージング・グレース)
6. 500マイル 作詞:忌野清志郎/作曲:HEDY WEST

 三人會、初の遠征。それも杜の都仙台へ!あゆっち、大黒屋さん、バカボンさん、その他ご協力を頂いたみなさん、本当にありがとうございました。
 三人會、恐らく三者三様の個性が十分に出たライブだったと思います。スペシャルゲストがすごかった。また、ギターのチューニングが、1音半上がっているのに誰も気づかず、全員変だと思ってはいたが、やり通したのは偉い。
 参加者は、三人會のほかに、チャーリー坂本、バカボンHIDAKA、だるま食堂でした。またやりたいね。そういえば、会場近くの中古レコード屋がすごかった。

 

★Honky Tonkフォークナイト54
日時:2007年9月29日(土) 開演:19:00〜
場所:ホンキートンク
人が集まるまで、1曲回し。
1. 旅に出たのは  作詞/作曲:城田じゅんじ
メインというか
2. 風になりたい  作詞/作曲:吉田拓郎
3. 蕎麦屋  作詞/作曲:中島みゆき
4. 旅立つ前に  作詞/作曲:城田じゅんじ
マスターとセッションというか
5. クジラのスーさん空をゆく  作詞:神部和夫/作曲:吉田拓郎

 皆さん忙しいというか、人数が少なかったので今回も1階でした。1階って、2階よりも緊張して、面白い。客席が近いからっていうのもあるし、明るいって言うのもあるが、何だかコミュニケーションが取りやすく、おとは好きです。あ、岩手が終わって、少し休憩していたので久しぶりのライブでした。
 人が集まるまで1曲回しで1曲使ってしまったので急遽「のりぶー」を演奏したような気がしたが、ライブメモを書くのを忘れていたので、記憶が定かではない。バンジョーも持って行ってたので、後半はマスターと3曲くらいセッション。相変わらず、ソロを振られると弱いです。

 

★岩手ミュージックキャラバン'07 土沢音楽祭8/5
日時:2007年 8月5日(日)開場:15:00 〜20:00
場所:花巻市東和町
1. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs
2. 赤い橋の向こうには 作詞/作曲:三輪昌弘
3. 麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
4. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
5. 原爆許すまじ(1番のみ) 作詞:浅田石二/作曲:木下航二
  〜夏休み 作詞/作曲:吉田拓郎

 とっても素敵な一日でした。やなぎさん、ほうほうさんに感謝です。そして、出演者の皆さんに感謝です。
 吉田拓郎は、広島のことを題材にした曲はない。「いつも見ていた広島」は、岡本おさみ氏の作詞だし、「唇をかみしめて」は広島弁だが広島を歌っていない。「制服」大阪が広島になっただけだ。8月5日という日に「原爆許すまじ」を歌おうと思った。全歌詞をネットで探していると、武田鉄矢さんが、「夏休み」は原爆のことを歌った歌だ、のような事を書いたブログに出くわした。「夏休み」を歌ってみた。すごく好きな作品だ。何だか涙が出てきた。
 岩手で、「夏休み」を歌った。少し、通じたと思う。

 

★Honky Tonkフォークナイト53
日時:2007年7月28日(土) 開演:19:00〜
場所:ホンキートンク
1. 暑中見舞い 作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎
2. ひとつの出来事 作詞/作曲:吉田拓郎
3. 蒼い夏 作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎
4. 戦争を知らない子供達'83 作詞:北山修/作曲:坂庭省吾

 今回は、人数が少なく、MC多目で一人4曲、ダラダラとやりましたが、それでも11時過ぎに終わりました。今回は、ギターです。一抹の不安は、最近バンジョーしか弾いて無くて、ギターの弦が硬いのです。その上、買い置きがミディアムしかなくて、弾けるかな?出来そうな譜面を、ガサッと持っていって、手に取った順番でやってみました。「蒼い夏」は、「風になりたい」のはずだったのですが、ま!いいか。スリーフィンガーが続いてしまって、構成的には良くなかったかも。
 ギターを弾いていたので、貴重な絵だ!というので、カメラマンがいっぱいでした。最初、ホンキーに出てた頃は、ギター弾き語りだったんですが。

 

★六角橋闇市
日時:2007年7月21日(土) 開演:19:00〜
場所:六角橋郵便局前(東急東横線白楽駅)
1. 朝日のあたる家(朝日楼) 訳詞:浅川マキ/作曲 アメリカ民謡
2. 紙芝居 作詞/作曲:岩井宏
3. どこにいれば いいんだろう 作詞:高石ともや/作曲:A.P.カーター
 原題 Where Shall I Be 
4. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘

 東急東横線の白楽駅へ行きますと、時代を昭和初期までさかのぼった(初期は産まれていませんでしたが)ような街並みがありました。仲見世といっても、浅草のように整然と観光地化されていなく、狭い路地に雑多な店がひしめき合っている所でした。
 毎月第3土曜日に、その六角橋で闇市と称すイベントがあり、おやじ本舗社員の風丸さんが仕切っているアコースティック・ライブがあるというので、独ちゃんのお誘いで三人會が参加してきました。イベントが終わってから、弱い雨が降り始めたので、晴れ男 風丸 恐るべし!といったところでしょうか。
 またやりたいな。

 

★Honky Tonkフォークナイト52
日時:2007年6月30日(土) 開演:19:00〜
場所:ホンキートンク
1. Nashville Blues 作曲:Earl Scruggs
2. 紙芝居 作詞/作曲:岩井宏
3. トンネルの歌 作詞:朝比奈逸人/作曲:高田渡

 どうも、カポをつけるとバンジョーのチューニングが大変狂うので、ナットが原因と思い(ナットがすごく高いので)作ることにしました。今付いているのはプラスチック製で、材料は元々持っていたのでそれに弦の溝を着ることにしました。一応完成したので、今は仮付けの状態です。音色は??劇的に変わったっていう感じじゃないです。チューニングの方は??うううん、これも今一です。ブリッジを削って、少し下げた方が良いかもしれません。そうすると5弦が結構低くなるので、5弦ナットを自作した方が良いかな。
 と、バンジョーをいじっていたので、いっそチューニングを変えてしまえ!!と言うことで、1曲目はNashville Blues Dmチューニングです。今回は、全曲マスターとやりました。おとは、セッション好きです。そういえば、上野牧場も、夜中の12時くらいまでセッションしてたなぁ。

 

★第2回 上野牧場フォークフェスティバル
日時:2007年6月23日(土)〜24日(日)
場所:上野牧場(茨城県小美玉市納場692)
23日(土)PM
1. Cripple Creek(アメリカ民謡)〜コーヒーブルース 作詞/作曲:高田渡
2. 初恋 - Sally Gardens - 作詞:高石ともや/TRAD.
3. 昼休み 作詞/作曲:岩井宏
4. どこにいれば いいんだろう 作詞:高石ともや/作曲:A.P.カーター
 原題 Where Shall I Be 〜Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs
5. トンネルの歌 作詞:朝比奈逸人/作曲:高田渡
24日(月)AM
1. Oh, Susanna(オースザンナ) 作詞/作曲:Stephen Collins Foster/訳詞:高石ともや
2. Hard Time Come Again No More 作詞/作曲:Stephen Collins Foster
3. 麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
4. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
5. 500マイル 作詞:忌野清志郎/作曲:HEDY WEST

 年に1回、上野牧場で行われているフォーク・フェスティバルに参加してきました。ここは、春と秋にブルーグラス・フェスティバルが開催されるほか、ハンマーダルシマー・オートハープ・フェスティバル、ドッグ・ワトソン・フェスティバル、カーターファミリー・フェスティバルが開催されています。今回は、PPM(パパミ)そのお仲間、モスリンさんと一緒です。初めての場所は、結構あがるのですが、今回はまあまあでした。
 初めて、オールド・タイムの人たちを見ました。ネットとかで、国内や海外のフェスで噂??されている通りでした。おとは、結構ああいうスタイル好きです。そのお仲間は、おとがオールド・タイムのバンジョーをネットで検索していたとき引っかかってきた、フィドラーの黒川かほりさんだったようです。なんか、どこかで見たことが。。。と思っていましたが、ああ、そうだったんですね。バンジョーのサポートは、なんと、今年の横濱バンジョー・フェスティバルのコンテストで優勝されて方だそうで、これも検索するとJeffreyさんだそうです。軽快なクロウ・ハンマー奏法で、ドロップ・サムは使っていらっしゃらない。見習わなければ。ちなみに、おとはドロップ・サム練習中で、本番ではまだ使えません。

 

★Myライブ金
日時:2007年6月1日(金)
場所:HOTコロッケ
1. 真昼のまぶた 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
2. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
3. 童神 〜天の子守歌〜  作詞:古謝美佐子/作曲:佐原一哉
4. 朝日のあたる家(朝日楼) 訳詞:浅川マキ/作曲 アメリカ民謡
5. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs
6. 銀河鉄道の夜 作詞/作曲:やなぎ
7. トンネルの歌 作詞:朝比奈逸人/作曲:高田渡

HOTコロッケに着いたときは、出演者3名。もう一枠空いていたのだが、かさはらさんが来て4枠埋まりました。1番手はgokiさん。ちょっと懐かしい洋楽です。2番手は、私。3番手が空きになっていたところ、かさはらさん。トリが、モーリーさんでした。爆笑です。
 
Foggy Mountain Breakdownは、Youtubeで流れているように、1回まちがったふりしてやり直せば上手くいく気がしました。あ、そうそう。Scruggsに合ったことがあるという、女性のお客さんがいました。gokiさんのお客さんでしたが。

 

★Myライブmini
日時:2007年5月24日(木)
場所:HOTコロッケ
1. 暑中見舞い 作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎
2. 僕の唄はサヨナラだけ 作詞/作曲:吉田拓郎
3. 雪の降る朝 作詞:中原直美/作曲:三輪昌弘
-----
4. 戦争を知らない子供達ユ83 作詞:北山修/作曲:坂庭省吾
5. 近江の子守歌 作詞:浅田知司/作曲:堀田裕
6. 明日は二十歳(仮題)  作詞:柴田隆之/作曲:石崎伸二
-----
7. 爪 作詞:松本隆/作曲:吉田拓郎
8. 交差点 作詞/作曲:長渕剛
9. のりぶー 作詞/作曲:三輪昌弘

 3曲×3ステージ、こんな曲を演奏しましたが、順番は間違っているかも知れません。そう!おわかりの通り、今夜はギターの演奏です。Myライブminiにエントリーがあったので飛び入り参加してきました。エントリーは、Kazukanさん。忘れていたけど、以前どこかで。。。って、HOTコロッケで合っていました。本当に、オリジナルが素晴らしい。また、どこかでお会いしたい感じです。レコーディング中とかで、頑張って下さいね。

 

★やなぎさん火災お見舞いチャリティーフォークナイト
Honky Tonkフォーク・ナイト51
日時:2007年5月19日(土)
場所:ホンキートンク
1. 真昼のまぶた 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
2. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
3. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs
4. 銀河鉄道の夜 作詞/作曲:やなぎ

 やなぎさんのお家が火事で全焼。残ったのは2本のギターだけ。独さんが中心となってお見舞いチャリティーフォークナイトをホンキートンクで行いました。Foggy Mountain Breakdownは、練習では上手くいくのですが本番は??。録音しながら練習(緊張感を持って)するしかないのかな?
 久しぶりに日が変わりました。3人會が勢揃いしたけど、昼間の雷雨だけで、夜は平穏でした。

 

★箭弓稲荷神社 奉納アコースティック・野外ライブ
日時:2007年4月28日(土)
場所:東松山・箭弓稲荷神社
1. Cripple Creek(アメリカ民謡)〜コーヒーブルース 作詞/作曲:高田渡
2. 初恋 - Sally Gardens - 作詞:高石ともや/TRAD.
3. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
4. 麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
5. Hard Time Come Again More 作詞:ムロケン/作曲:Stephen Foster
6. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs
7. トンネルの歌 作詞:朝比奈逸人/作曲:高田渡

 東松山・箭弓稲荷神社でライブがありました。場所は、箭弓稲荷神社の神楽殿で奉納?ライブの文字にはまいりました。Hard Time Come Again Moreやトンネルの歌を奉納して良かったのやら。
 9組ぐらいでたのかな?1番手でした。一杯も飲まずにやるのは、初めて?ぐらいなので妙な緊張が。。。どうしようかと迷っていたのですが、朝の11時から飲むわけには行かないし。途中で、喉がかれて大変でした。Foggy Mountain Breakdownは、弾き始めたのは良いが、限界のスピードで入ってしまったので誤魔化すのがしんどかったです。
 途中、雷が鳴って大雨で1時間ぐらい中断しましたが、無事に全出演者の演奏が終わりました。帰りは、せっかく東松山に行ったので、独ちゃんと焼き鳥を食べて帰りました。なに、演奏が終わってからは飲みましたよ。神楽殿にビール持ち込み可か、事前に聞いておけば良かった。

←会場はこほんな感じ

ステージから見た感じ→

  

★Sunny Spot HAPPY Live
日時:2007年4月20日(金)
場所:Sunny Spot
1. 涙そうそう 作詞:森山良子 作曲:BEGIN
2. Foggy Mountain Breakdown 作曲:Earl Scruggs
3. トンネルの歌 作詞:朝比奈逸人/作曲:高田渡

 クロウハンマーでFoggy Mountain Breakdownはどう?って感じでやってしまいました。いやー、Sunny Spotに行く前に、西口の飲み屋でモツ煮、ゲソ焼き、もろキュー、ねぎまをつまに、生中×1、レモンハイ×4をやったもんで、「涙そうそう」はヘロヘロでした。フォギマンさえ出来れば今日は満足です。Sunny Spotは、4周年と言うことで、バンジョーの師匠にも合いました。
 さすがに、飲み過ぎると帰りの電車が辛いわぁ〜。

 

★Myライブ春分の日
日時:2007年3月21日(水)
場所:HOTコロッケ
1. カントリー・ワルツ 作詞/作曲:長渕剛
2. スカボロフェアー 訳詞:高石ともや
3. 昼休み 作詞/作曲:岩井宏
4. 道草 作詞:岩井宏/作曲:加川良
5. 500マイル 作詞:忌野清志郎/作曲:HEDY WEST
6. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘

 今年2回目のHotコロッケ。出演は、1番手が私、2番手が“ひだまりココア”、3番手が“大沢孝至”、4番手が“阿漕囃子(あこぎばやし)”、そして5番手があの“モーリー”と言う面々。“ひだまりココア”さんのボーカルの女性は、たしか深谷出身とのこと。おとは、初対面の人と話すのは苦手(こう見えても人見知りがひどいのだ!)なのであまり話が出来ませんでしたが、すごく良かったです。“大沢孝至”君は、普段バンドをやっているとかで、格好良かったな。友人が亡くなったとかのMCだったけど、さみしいよね。“阿漕囃子(あこぎばやし)”さんは、たぶんおとと同じくらいの世代か?。やっぱり、バンドって良い。最後が、モーリーさん。皆さん、ぜひぜひ体験を!

 

★ホンキーフォークナイト夢鹿蔵編
日時:2007年1月28日(日)
場所:小鹿野町 夢鹿蔵
1. トンネルの歌 作詞:朝比奈逸人/作曲:高田渡
2. 麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
3. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
4. 500マイル 作詞:忌野清志郎/作曲:HEDY WEST

 ホンキーフォークナイトの出張ライブでした。出演は、 春山、おと、ちえ(ひな)、渡部 譲、miti、ひろじい、曲者、さち(いろは)、福男(ドミナント)。その他に、ちえちゃんの「生活の柄」のサポートと最後に春山と「上の向いて歩こう」のセッションをやりました。PA近藤さんの作る音はとっても気持ち良いです。

 

★Sunny Spot セッション
日時:2007年1月17日(水)
場所:Sunny Spot
1. コーヒーブルース 作詞/作曲:高田渡
2. 柳の木の下で  訳詞:高石ともや/作詞/作曲:AP・カーター

 Sunny Spotは、特にイベントの入ってない日は、マスターとセッションをやっています。この日は、仕事で東京に出ていてその会合の新年会の後、Sunny Spotに寄り道をしました。
 ブルーグラスのセッションをいっぱい聞かせて頂きました。久しぶりのフォギマンも聞きました。キースチューナでグイングインやる小川さん?(お名前は、違うかも)の技も最高でした。楽しい夜でしたが終電が。。。。

 

★Myライブ増刊号
日時:2007年1月13日(土)
場所:HOTコロッケ
1. Cripple Creek コーヒーブルース 作詞/作曲:高田渡
2. トンネルの歌 作詞:朝比奈逸人/作曲:高田渡
3. 朝日のあたる家(朝日楼) 訳詞:浅川マキ/作曲 アメリカ民謡
4. 麦わら帽子 作詞:吉澤敏子/作曲:三輪昌弘
5. 真昼のまぶた 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
6. 夕暮れ通り 作詞:みみん/作曲:三輪昌弘
7. 500マイル 作詞:忌野清志郎/作曲:HEDY WEST
 2007年初ライブは、HOTコロッケから始動しました。今年もよろしくお願いします。最後の「500マイル」のチューニングがかなり怪しかった以外はまあまあ良い出来でした。コーヒーブルースは予定して無かったのですが、いつもの癖でCripple Creekの続きでやってしまいました。曲数が入らなくなると思い焦りましたが。
 本日の出演者は、カレイド、深田、成田誠、あんどモーリーでした。カレイドさんは、良くある男女二人ユニットで、女子歌いイーの男子ギターのみのパターンではなく、しっかりハモリも入っていたりしてGoodでした。久しぶりに、成田クンと「どうしてこんなに悲しいんだろう」をセッションしました。こらこら!急にソロ振るなって!C調は難しいので。



HOMEは家族のページ/メニューに戻ります。

Copyright (C) 2007 Kawahagi-3-Cycle