産まれた〜その前に(1)

おとの育児手伝い

「産まれた〜その前に」編


掲示板に「こんな時、どうしたの?」とか「うちのパパはこうなんだけど」など書いていただけると、

参考にします。パパになる方、なった方もどうぞ。

「産まれた〜その前に」のときにおとが何をしたか。すべきか?大きなお世話?!
その1

一般論
 出産関係の本には、出産に当たって揃える物、たとえば赤ちゃんの物、配偶者さんの物などなどいろいろと書いてありますが、入院までには一通り揃えておきましょう。今更ながら必要ない物がいろいろとありましたが、無いと困る物もあります。
おとの場合
 取りあえず運転手として買い物には付いていきました。ほとんど店の外でたばこを吸っていましたが。注1 ちょっとどんなものか、店の中をのぞいてみるのも良いかもしれません。「こんなベビー服があるんだ」とか「これは何じゃ?」と思う物が色々あります。
 退院したあと赤ちゃんの生活の場用品も買っておきましょう。我が家は、ベビーベッドは使わずにベビー布団だけ準備しました。配偶者さんはしっかり者?なので、準備はばっちりと思っていましたが、いざ生まれてみると助産婦さん(看護婦さんだったかな?忘れた)に「お父さん、下の売店で、オコシトTジタイ注2を買ってきてください」と頼まれて、下の売店で「オコシトTジタイ下さい」と元気よく注文したらsizeを聞かれた。「普通です」と答えたが、ちょっとすごい物を買っちゃったみたい。産婦人科のある総合病院で良かった。
 おとの場合、配偶者さんが早めの入院をしたから、毎日、会社からの帰りに病院に行きました。これをめんどくさいと思ってはいけません。何処の病院も面会時間が決まっていて、午後7:00までとかですから後々のことを考えれば、行っておいた方がいいでしょう。面会時間の間に、買っておいて欲しい物とか病院で必要な物などを聞いておきます。そうすれば、それ以降電話がかかってくることは滅多にないと思います。病院に面会に行った方が、夜の自由な時間が逆に増えるというわけです。
(最近は、みなさん携帯電話を持っているので、チェックが入る可能性が大ですね。おとは未だに持っていない。)
注1 出産や赤ちゃん関係の店は、絶対禁煙。最近の店は「赤ちゃん関係」に限らず禁煙。「くだらないことに注釈を付けるな!」すいません。
注2 何だろう?褌みたいだったかな?もう忘れた。でも次の時は、我が家の何処かにあるはずだから、次は買わずに済むかもしれない。

くだらない話に付き合ってくださってありがとう。
「まだ付き合っても良い」と思われる方は、続きが出来ました。

どうぞ続きへ



HOMEは家族のページ/メニューに戻ります。

Copyright (C) 2000-2002 Kawahagi-3-Cycle