お耳は聞こえていますか(1)

おとの育児手伝い

「お耳は聞こえていますか」編


掲示板に「こんな時、どうしたの?」とか「うちのパパはこうなんだけど」など書いていただけると、

参考にします。パパになる方、なった方もどうぞ。


おと(一般的にはパパ、お父さん、主人、おやじ、darling、などと呼ばれるヒト)を中心に書いています。
配偶者さん(一般的にはママ、お母さん、奥様、嫁、・・・などと呼ばれるヒト)は、
フフーンと思うところがあるでしょうが、笑って許してくらさい。

これ以下のページを読むに当たって
おとの境遇
 おとの場合は、新居(賃貸2LDK)を持った。妊娠中お世話になった近く(自転車で5分以内)の病院で出産をする事に決める。両実家は、ここからかなり離れている(300kmと1000kmくらい)のですぐに助っ人(バーバ)を頼むわけには行かない。おとと配偶者さんだけで頑張るか。とまあ、こんな境遇でももが誕生したわけです。
おとの場合
 ももが生まれてもう6ヶ月です。お座りも出来るようになりました。寝返りが出来たり、支えていたら立ったりします。一緒にお風呂にも入れるようになりますよ。そろそろ、離乳食の開始かな?

「お耳は聞こえていますか」
その1

お耳は聞こえていますか
 首がしかりとしてきます。仰向けにして手を引っ張ると首がついてくるのが、4ヶ月くらいの発育のポイントだそうです。4ヶ月になっても首がしっかりしていないときは、早めに小児科医に相談した方がいいと思います。ももは、4ヶ月くらいで首がしっかりしてきて、寝返りも出来るようになりました。寝返りがうてるようになると、今まで見ていた世界と変わり、平面から立体的な世界観が出来るようになるそうです。この頃を境に、一気にいろんな事が出来るようになります。
 何かに支えられていれば、お座りが出来るようになり、6ヶ月目には支えが無くてもすわっていられるようになりました。両手でおもちゃなどを扱えるようになって、知能が急激に発達するそうです。お耳が聞こえているかどうか、確認してみましょう。配偶者さんの声は、いつも聞いていますし、もし聞こえて無くても雰囲気で感じることが出来ます。そこで、おとの出番です。女性より男性の音程は低いので、低い周波数も聞こえているか確認にもなります。
 お座りが出来るようになった赤ちゃんに、1m位の距離で後ろ(背中)から小さな声で声をかけます。名前を呼んであげればいいでしょう。「ももちゃん」聞こえていますか?
指しゃぶりとおしゃぶり

 手が動かせるようになると、指しゃぶりが始まります。人間は、と言うか哺乳動物全てかもしてません。生まれてすぐから、口で吸う本能を持っています。だから、指しゃぶりも自然な行為なのです。手が動かせるようになり、最初は偶然口のところに来るとペロペロしていますが、そのうちこうして動かせば手を口のところまで持って行けて、指しゃぶりが出来ることを覚えるそうです。赤ちゃんは、指をしゃぶることで不安や寂しさや、興奮などを静めることが出来ます。
 指しゃぶりの代わりに「おしゃぶり」を使っているお母さんもいます。おとは、最初はおしゃぶりには反対でした。みっともないと思っていました。ある日仕事から帰ってくると、おしゃぶりをしているではありませんか・・・。
 おしゃぶりは、良いのか悪いのか? 育児相談の時に尋ねてみますと、その先生の考え方は、
「指しゃぶりは、赤ちゃんが発育段階で通りすぎる一つの過程です。寂しいときや、眠くなったとき、お腹が空いたときなど、指しゃぶりでそれをまぎらわすようになります。指しゃぶりで心配なのは、幼児期になっても1日中指しゃぶりが続く場合です。おしゃぶりは、指しゃぶりの代わりと考えてください。幼児期になって指しゃぶりをやめさせるのは、大変ですが、おしゃぶりは自分の手ではないですから。こんな考え方もありますよ。」
 と言うことでした。実際、おしゃぶりで眠くなったときも愚図らずに寝るようになりました。外出したときも、いざというときにかなり効果的でした。おとと配偶者さんは「シャブ」と呼んでいましたが、愚図ったとき「シャブが切れたかな」とか「シャブをくれて」とか表現していたので、知らない人が聞くとちょっと異常な世界の人みたいでしたが。外出の時は、シャブが落ちないように服に留めておくclipみたいなのが売っていますのでこれを使いましたが、両手が自由に動くようになると自分で取ってしまいます。
 シャブで一番苦労したのは、やめさせるときです。本物のシャブでもこんなのかな、と思うくらい禁断症状が出ます。これについては、いずれ書きます。覚えていたら。

 おとは最初は嫌でしたがシャブ(おしゃぶり)は便利です。

くだらない話に付き合ってくださってありがとう。
「まだ付き合っても良い」と思われる方は、続きが出来ました。

予防注射は計画的に!! 次のページです。



HOMEは家族のページ/メニューに戻ります。

Copyright (C) 2000-2002 Kawahagi-3-Cycle