おとの育児手伝い

「6ヶ月〜9ヶ月まで」編


掲示板に「こんな時、どうしたの?」とか「うちのパパはこうなんだけど」など書いていただけると、

参考にします。パパになる方、なった方もどうぞ。


おと(一般的にはパパ、お父さん、主人、おやじ、darling、などと呼ばれるヒト)を中心に書いています。
配偶者さん(一般的にはママ、お母さん、奥様、嫁、・・・などと呼ばれるヒト)は、
フフーンと思うところがあるでしょうが、笑って許してくらさい。

これ以下のページを読むに当たって
おとの境遇
 おとの場合は、新居(賃貸2LDK)を持った。妊娠中お世話になった近く(自転車で5分以内)の病院で出産をする事に決める。両実家は、ここからかなり離れている(300kmと1000kmくらい)のですぐに助っ人(バーバ)を頼むわけには行かない。おとと配偶者さんだけで頑張るか。とまあ、こんな境遇でももが誕生したわけです。
おとの場合
 ももが生まれて6ヶ月が過ぎ、寝ていたのが、寝返りを打って、座って、ハイハイをして、つたい歩きを・・早い子はもう歩いたりします。もうそろそろ、おとのお手伝いも終わりかなと、最後の踏ん張りですね。

「もう、ここまで来れば安心」と思いきや
その1

座ったり、ハイハイしたり、歩いたりはまだでした
 お座りがしっかり出来るようになったと思うと、お座りからハイハイの姿勢になって戻れるようになりました。移動は、両手両足同時ハイハイから、交互ハイハイへと発展します。また、最初は支えていると立っていられるようになり、自分からつかまり立ちをしてみたりします。この両方の発展系が、行きたいところへ移動して、つかまり立ちをして物を取るとか舐めるとかの行動です。
 また、座れるようになったので、おもちゃ扱いが上手くなります。ももは、ライオンの形をしたタンバリンが好きで、上手に叩けるようになりました。でも、タンバリンの金属の部分(周りについているジャラジャラ)を舐めるので錆びてしまいました。
 「エエーアアー」言っていたのが言葉らしく?聞こえてきました。おととか配偶者さんに向かって、何か訴えている感じでお喋り?します。何かに向かって「エエーアアーバブバブ」と言ってる感じでしょうか?「バー」とやると喜んだり、とても面白い時期です。でも、危険がいっぱい。今回はそんな話からどうぞ。
何でも舐めちゃう
 何だか、どんな物でも舐めて確認しているみたいで、何でも舐めてしまいます。動かなかった頃は、それほど気にならなかった物も、寝返りが出来るようになればその周り、少し移動できるようになればその周り、ハイハイが出来る、つかまり立ちが出来る、つかまり立ちで移動と赤ちゃんの成長に合わせて危険な物は広がります。それで、その辺の物を何でも舐めてしまいます。危険な物もいっぱいあります。
 筆頭はタバコですね。それから、薬類、これには市販の風邪薬や便秘薬などと病院の薬などがあります。あと、洗剤や防虫剤、石油製品(灯油など)、おとの好物アルコール類、化粧水など飲めちゃう物。これらについては次のページで詳しく書きます。
 飲めないけど、飲み込んだり吸い込んだりして喉や食道を傷つけ、気管にはいると息が詰まって窒息したり、肺に入ったら肺炎を起こしたりする物に、ボタン、ピーナッツ、硬貨、クリップ、釘、ヘアピン、画鋲、輪ゴムなどがあります。その辺には、置かないよ。と言う物ばかりですが、月替わりにカレンダーをめくって画鋲を落としてしまい、見つからずにそのままにしておくと、赤ちゃんは視線が低く何にでも興味があるので、見つけて遊んでると言う事もあります。
 次は、刃物とか尖った物。はさみやカッターナイフ、鉛筆、ボールペンなど。切ったり刺したりして危険です。熱い物、やかんやポット、アロンなど。やけどの危険があります。ももが、やかんを舐めている写真がももアルバムにありますよ。石油ファンヒーターや加湿器の吹き出し口も危険ですね。石油ファンヒーターと加湿器を進めておいて何なんですが。ポリやビニール袋、ひも類などは、かぶったり首に巻いたりして危険です。スーパーから帰った後は、買い物袋はきちんと片付けましょう。
 我が家では、どんどん高いところ、引き出しなどの中へといろいろな物が整理?されて行きました。床とこたつの上は、何もない状態です。そうそう、テーブルクロスとかも立ち上がったときに引っ張って、ポットが落ちて、打撲+火傷なってこのになったら大変です。
 舐めて害はないと思いますけど、雑誌類は読んでその辺に置いておくと良く取られて舐められてしまいました。スリッパとか、玄関まで移動して靴を舐めてたとか、乾電池が口の中に入っていたとか、良く聞きます。取りあえず、一時避難として高いところに置きましょう。

くだらない話に付き合ってくださってありがとう。
「まだ付き合っても良い」と思われる方は、次のページへどうぞ。



HOMEは家族のページ/メニューに戻ります。

Copyright (C) 2001-2002 Kawahagi-3-Cycle