ルネサンスフルート・コンソート
ソフィオ・アルモニコ

ルネサンス・フルート・コンソートで奏でる

レオナルド・ダ・ヴィンチのクリスマス

 レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、美術に全く興味を持たない人ですら知らない人はいないルネサンス絵画の大家です。しかしなが ら彼と同時代のルネサンス音楽の大家ジョスカン・デ・プレといえば、クラシック音楽ファンの間ですらその存在をあまり知られていません。 でもあれほど素晴らしい芸術が咲き誇ったルネンサンス期に、「音楽」だけが低迷していたなんてことがあるでしょうか。
 残念ながら時間の芸術である「音楽」は、「美術」のように当時のままの姿で現在に残すことができません。「楽譜」は残っても「演奏」は、 時代の流れと共に風化し忘れ去られていく運命にあります。一方で作曲家と演奏家の共同作業である「音楽」は作曲家が亡くなった後も、 優れた演奏家によって新たな息吹が吹きこまれ、作曲家すら想像しえなかった素晴らしい形で再現される可能性が秘められています。 若いころのダ・ヴィンチは画家としてよりも、リラ・ダ・ブラッチョの名手として宮廷に出入りしており、音楽にもとても造詣が深かったようです。本公演ではそんなダ・ヴィンチと同時代に同地域で活躍していた、当時最高の人気を誇る作曲家たちの作品を集めてみまし た。21世紀に生きる5人の名手によって、新たな生命を吹き込まれた知られざる名曲の数々を、お話しや詩の朗読、ワイン、お茶菓 子と共に、気楽にお楽しみいただけましたら幸いです。ちょっと贅沢で特別なクリスマスの思い出になりますように!

ギャラリー鶉(じゅん)(チケット完売)
東京都豊島区目白2-8-1(JR目白駅より徒歩約6分)
2011年12月25日(日)2回公演
開場12時30分   開演13時
開場15時30分   開演16時

お陰様で、上記チケット完売しましたので、下記の通り緊急追加公演をいたしました。

カーサ・クラシカ
東京都港区赤坂3-19-9オレンジボックスビルB1F
2011年12月28日(水)
開場18時   開演19時

ソフィオ・アルモニコ
ルネサンス・フルート
菊池香苗・菅きよみ・前田りり子・国枝俊太郎
ゲスト ルネサンス・リュート
櫻田 亨
デュファイ:あがない主の恵みふかい御母
オケゲム: 死よ、そなたは矢で傷つけてしまった
アグリコラ:私は嘆きしか知らない・私の恋人はいいところばかり
イサーク:これほどまでに美しく・やけになった運命の女神よ
ムトン:嬰児生まれ
ジョスカン・デ・プレ:天使ガブリエルが遣わされ・サヴォアの娘・スカラメッラは戦争に行く
ジャヌカン: 戦争
サンドラン:甘き思い出/他
 
クリックで拡大