変電所の建物




西日本鉄道北九州線皇后崎(こうがさき)変電所
回転変流機時代の建物が利用されている。
2000年11月に廃止された北九州線の皇后崎電停前にある。
廃止区間にあるが熊西分岐点からはあまり離れておらず
現在も筑豊電鉄に給電していると思われるので現役。
【2000年7月14日撮影】


 

阪急電鉄神戸線神崎川変電所
神戸線開通時からの建物と思われる。
煉瓦造りの建物が異彩を放ち存在感を示している。。
【2001年6月9日撮影】


 

阪急電鉄六甲変電所
こちらも神戸線開通時からの建物と思われる。
駅前の一等地にデンと構えている。
【2001年6月8日撮影】

 

熊本電気鉄道大池変電所
御代志〜大池間にあったが線路際でなく少し東側に入ったところにあったので車窓からは見にくかった。
御代志〜菊池間が廃止された後も黒石変電所ができるまで電気を供給していた。
現役時代に見学させて頂いたことがあるが、菊池変電所と同じ設備があった他、
大分交通から譲り受けてのちに黒石変電所で再起した200kWのセレン整流器が保管してあった。
旧北熊本変電所や菊池変電所のようにカラフルな外観でないのは目立たない場所だからだろうか?
建物自体は現存しており倉庫として利用されている。
【2000年5月1日撮影】


 



西日本鉄道天神大牟田線味坂変電所
天神大牟田線の上り特急電車に乗り東側の窓際に座って景色を眺める。
久留米を出て、宮の陣で甘木線が分かれ筑後平野の田園地帯を快調に走っていると
味坂駅のそばに変電所が建っているのが否が応でも目に入ってくる。
電車に電気を供給しているという威風堂々とした姿が存在感を示している。
【画像提供:加藤修二氏(CTC:筑紫トレインモデルクラブ)提供】




山陽電気鉄道旧飾磨変電所
現在倉庫として使用されている。
建設時期等は調査中であるが、回転変流機が4台設置されていたそうである。



西側の増築部分
この部分も倉庫として使用されている。
水銀整流器が2台設置されていたそうである。


変電所のページ トップ