「痛効散」(第二類医薬品) 40包4,400円+消費税
                                                     製造販売元:救心製薬
  • 筋肉の緊張を和らげ、体表に停滞している水分の代謝を改善することによって、関節痛、神経痛、筋肉痛にすぐれた効きめを現します。
  • 服用しやすい分包顆粒剤で、携帯にも便利です。お子様からお年寄りまでご家族の皆様で服用していただけます。
  • 痛効散は次のような症状を目標にすると、筋肉の緊張を和らげ、体表に停滞している水分の代謝を改善することにより関節痛、神経痛、筋肉痛に優れた効き目を表します。

  • ♢関節に水がたまり,腫れて痛む。
    ♢四肢が重だるく痛い。
    ♢冷えたり,風に当たったりすると痛みが増す。
    ♢夕方や明け方になると痛みが増す。
    ♢筋肉が腫れたり,緊張があって痛む。
    • ●使用上の注意
      *してはいけないこと
    • (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
    • 1,次の人は服用しないこと
    •  生後三か月未満の乳児
    1、次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談下さい。 
            
     
    (1)医師の治療を受けている人。
    (2)妊婦又は妊娠していると思われるご婦人。
    (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
    (4)胃腸が弱い人。
    (5)発汗傾向の著しい人。
    (6)高齢者。
    (7)次の症状のある人     むくみ、排尿困難
    (8)次の診断を受けた人    高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
    2、次の場合には直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
    1,服用後、次の症状があらわれた場合
    関係部位 症状
    消化器 悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感
    (2)まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること
     症状の名称  症状
     偽アルドステロン症  尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。

    3,1ヵ月くらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

    4、長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。

    • 「効能」 関節痛、神経痛、筋肉痛
      「用法・用量」
      食前または食間に水またはお湯で服用すること。
    •  年齢  1回量  服用回数
       大人(15才以上)  1包     1日3回 
       7-14才  2/3包
       4-6才  1/2包
       2-3才  1/3包
       2才未満  1/4包
      (1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
      (2)1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させること。
      食間とは:食後2-3時間を指します。

    • 「成分」痛効散は、灰かっ食の顆粒で、3包(1包2g)中、下記植物生薬の抽出乾燥エキス2020mgを含有します。
    • マオウ   4.0g
       ヨクイニン  10.0g
       キョウニン  3.0g
       カンゾウ  2.0g
    • 添加物として乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルスターチを含有します。
    「保管及び取扱い上の注意」
    1、直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
    2、小児の手の届かない所に保管すること。
    3、他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
    4、1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。
    5、使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
    • いろいろな疾患や、医師から多くの処方薬を服用されておられる方、特殊な体質の方はこちらからご相談下さい。
    • 救心製薬株式会社 お客様相談室 電話:03-5385-3211(代表)
      受付時間:午前8時30分から午後5時まで(土、日、祝祭日を除く)

      救心製薬株式会社 東京都杉並区和田1-21-7