K.Funakoshiのホームページ
 (主に「天文」、サブとして「数学とソフトウェア」)
              -ソフトウェアと数学の頁の入口はこちら-
                                                (プログラム解析への数学の適用)

                       



↑卓上三脚の小型望遠鏡:右手前はQuestar3.5、↑TeleVue Renaissance(10cm屈折)
 左奥はTAL-65(ロシア製65mmニュートン反射
 右奥はLOMO Astele 60mm(ロシア製マクストフ・グレゴリー)
 左手前はMAKSY60(60mmマクストフ・カセグレン)
      Questar3.5については、こちらを参照。また紹介YouTubeはこちら
      Renaissanceについては、こちらを参照
     ◆Questarのシリアル番号の体系は? 
     ◆Questar3.5の見え方(APQ100/640との比較)

 <来歴>1.Home-page open:2000年5月22日 
     2.Last update: 2022年11月27日(日)(雑記帳)
      (アクセス数:2009年5月→120,000 2010年5月→130,000 2017年3月→180,000)
  あなたは

番目のお客様です

1.自己紹介                     
2.星見道具他  
 Main Telescopes(Questar 3.5, Tele Vue Renaissance)Update(2022.11.4)
 Small Telescopes(TAL 65, LOMO Astele 60)
 ・その他のScope(LOMO Little MAK, TAL 35, 昭和レトロ玩具? 40mm卓上反射
 ・過去の望遠鏡:Carl Zeiss APQ100/640(1995年〜2019年まで所有)
           16インチドブNebulite(2013年〜2016年まで所有)
       
 ・星見の本他いろいろ紹介(Books)      
 天文の本のリスト                  

3.私のレポート            4.観望会の様子、その他紹介等 
 ・光学精度のこと            ・2001年石川町SLF  
 ・光学精度のこと(続き)        九州「大観望会」参加(2013年10月)
 アンタレス伴星を見る         Telementor Treffen2014紹介(ツァイス望遠鏡愛好者の情報交換会)
 ・分解能及び二重星の分離について    ・福島県いわき市の鬼ヶ城での観望会NEW             
 ・Sky & Telescope誌の面白い過去記事タイトル一覧                                            
 "Fuzzy Splitting"(ファジー理論の二重星分離判定への適用)の日本語訳 
 ・最近見直されてきたモノセントリックアイピースについて
 Poor man's orthoscopic(Tolles eyepieceの話)
 二重星の発見年代史
 天体観測の古典(19世紀アマチュア天文家の名著)を読む
 ・スミス提督の本から:M13
 小口径望遠鏡での驚きの記録集 
 TrapeziumのE,F星について  
 二重星の見え方の分類:Harshaw Scaleについて
 ・球面鏡の収差について
 ・アナログ天文測定器(ファイラー・マイクロメーター) NEW
 海外天文書紹介 NEW

 ◆あまり見かけない珍しい望遠鏡;
   レアな望遠鏡は?
   一見、逆向きのニュートン反射?(Brandon 3inch refractor)

 宮森谷について(日本人名で呼ばれる月の谷の紹介)   
ルベリエからガルレへの手紙(海王星発見へつながりました)
 ・非常に稀なMutual Planetary Transits(惑星の相互食の話)
 ・現在も現役の米国海軍天文台の26インチ大屈折望遠鏡

 ◆2017年はメシエ没後200年でした;
 メシエカタログ原典の紹介 
 ・メシエカタログ原典(1781年)全文の日本語訳 

 小口径望遠鏡によるシリウスBレポート集(私はまだ見ていません!)

 ◆望遠鏡に関係する光学理論の図解による紹介(この説明で不明な点があれば連絡下さい);
 ・【図解】中央遮蔽のある開口の回折像について(なぜ、第一回折リングが明るくなる?)
 二重星の回折像について 
 【図解】アポダイゼーションについて(なぜ、回折リングが弱められる?)
  ・【図解】光学精度の表現 
  ・眼の球面収差について 
  ・結像システムと畳み込み 
  エアリーの回折論文 
  →1834年の円形開口の回折に関する論文の内容紹介と日本語訳です。
   (参考)現在の求め方は「フラウンフォーファー回折」となります。
       これは、複素表現とベッセル関数を使うことが特徴です。
  ・【図解】MTFの話 
    →「MTF(Modulation Transfer Function)とは何か?」について簡単な
    解説を作成しました(Star Testingの本はここに書いてるMTFの概念を
    知っていることを前提として話が進んでいます)。
    これと関係する数学的な話は「結像システムと畳み込み」です。

 ◆(二重星測定)Filar micrometerの使用法 
       


5.用語等海外の天文雑誌をよむ為の
 天文関係基本用語/略語(The terms and Abbreviations of Starwatching)
 ・天文関係でよく使われる英語
フランス語の天文情報の読み方 

6.星見雑記帳(2022年11月27日(日)更新)
 2022年1月〜11月
 ・2021年2月〜12月
 ・2020年2月〜12月
 2019年1月〜12月 
  ・2018年1月〜11月 
  ・2017年1月〜12月 

  ※過去分の雑記帳はこちら

■掲示板はサービス終了のため閉鎖しました。

ご意見・ご感想は ccr61210(at)syd.odn.ne.jp (atを@にして) まで。