薬師寺地区に伝わる七つの不思議な話

名 

説    明

三昧場

薬師寺北西に在り、戒壇当時は僧侶の斎戒沐浴をした
遺跡であるという。浮島があり弁天様がお祀りされていた。

藤丸塚

安国寺の後方路傍にあり、勝道上人(日光開山)の
父藤丸の墓と言う。

鷲塚

薬師寺六丁目寺山の北に在り、鷲宮大神を祀る塚である。
現在は御鷲山古墳と呼ばれ貴重な遺構であることが解明された。

独鈷水

薬師寺下陰より田中に至る坂の路傍にあり、その昔弘法大師の
独鈷証で地面を突いたところ清水が湧き出たという。

夏目坂

薬師寺下陰より東方に下る坂を言い、狐の嫁入り伝説の坂。

玉椿

成田より小金井に至る道路の路傍にあり。地下は中禅寺(日光)と
つながっているといわれ清冽な水が湧き出ていた。

磯ノ坂

八幡馬場より町田方面に通ずる坂を言う。


薬師寺地区の言い伝え伝承のペ−ジ

薬師寺八幡宮社務所