人 生 儀 礼

帯 祝 い

懐妊五ケ月の戌の日に、岩田帯を妊婦の腹に巻き安産を願う。

命   名

赤ちゃんが産まれて七日目に命名をしてお祝いします。(お七夜)

お 宮  詣 り

生後百日目(目安)に初めて氏神様に詣でて成長健全を祈念する儀式。

七 五 三 参 り

三才五才の男児。三才七才の女児に、その歳まで成長したことを感謝、更なる成長を神様に祈願する儀式。

十 三 参 り

干支が一回り数え13才になったら神様に感謝のお祈りをします。

成 人 式

満二十歳を祝い、祖神の加護や祖先の導き、両親,兄弟に感謝の誠を捧げる。

結 婚 式

夫婦一体となって苦楽を共にし手を取り合っていくことを、祖神の前で誓い、ご加護を戴く儀式。

厄 除 祭

古来男子25,42、61才、女子19.33.37.61才が厄年とされ、この年には神様の加護を頂くよう願う儀式。  

長 寿 祝

還暦60才、古希70才、米寿88才、白寿99才それぞれに長寿を神様に感謝申し上げます。

年 中 行 事

例 大 祭

ご祭神に尤も縁の深く重いお祭り。秋祭りと合わせて行われる事が多い。

正    月

正月は各家が門松を立て神様をお迎えし、清浄を保つため注連縄を張ります。七日目にはずし、15日目に焼く習慣があります。

節   分

立春の前日を節分と言い、炒り豆を撒いて災厄を祓います。

ひ な 祭 り

3月3日にはお雛様を並べ、子供の成長を祈願します。

春 祭 り

自然の恵みに感謝し、動植物を始め産業の発展促進を祈願します。

端午の節句

5月5日におこなう、男子の出世開運を願う行事です。

夏 祭 り

各神社で、風鎮祭、湯立祭、天神祭、八朔祭などが行われます。 祇園祭も有名です。

夏 越 祓

神社で茅ノ輪をこしらえ、潜ることで半年間の罪を祓います。

秋 祭 り

一年間の豊作を産業の繁栄を神様に感謝するお祭り。


薬師寺八幡宮社務所