●家庭の幸せは神棚の設置から

神棚は國の祖先を敬い、その御恩に感謝する美しい国風の中に育てられてきた吾々日本国民としての家庭の中心をなすものである。 設置場所は家の中で一番清らかな所に設けるのは勿論のことであるが、普段お祀りするのに支障を来すようでも芳しくない。 日々奉仕するのに都合の良いところ、家族が毎日団欒するような、適当の所に南面また東面して設けるが良い。

●祀る神様とお札

先ず日本の総氏神様である伊勢の神 宮さんのお札「神宮大麻」を中心に、地元の氏神様、又特に信仰をしている神様のお札をお祀りする。

●神棚の扉が三つの場合

神棚の扉が三つの場合 中央「天照皇太神宮」大麻札,向かって右「氏神様大麻札」,薬師寺地区なら八幡宮大麻札 向かって左「信仰神社札」. 特に信仰する神社が無ければ閉じておいても良い。

●神棚の扉が一つの場合

神棚の扉が一つの場合 大麻札を重ねて奉安します。 一番上は「天照皇太神宮大麻札」,その下に「氏神様大麻札」 薬師寺地区なら八幡大麻札,その下に「信仰神社大麻札」 特に信仰する神社が無ければ無くても構わない。

●お供への仕方と供物類(画像をクリックすると大きくなります)

両側にお榊を揃え、正面にはお米(小皿にて向かって右)、お酒(一対)、お塩(小皿にて向かって左)、お水(中央)をお供えします。又季節の到来物もお供えします。 お供物は毎日取り替えるのが望ましいが、最低でも1日と15日には全てを交換してください。交換する際は、お米は洗浄してご飯として炊きあげ食し、酒や水、塩は玄関等に撒いていただくと良いでしょう。

■拝し方(お参りの仕方)

神棚を拝むには口をすすぎ身を清め心を平静にすることが大切である。
先ず一揖(いちゆう)軽くお辞儀をします。
次に再拝(さいはい)二回深くお辞儀をします。
次に二拍手(二はくしゅ)二回柏手を打ちます。
次に一拝(いっぱい)一度深くお辞儀をします。
最後に軽くお辞儀をして退く。 (柏手の後に、願い事を唱えても、胸に秘めても良い。)

■喪中の時の正しい神棚の祀り方

新年又は旧年中に家族親族の御身内でご不幸があった場合は、必ず神棚前面に白紙(半紙)を貼って 、50日あるいは49日迄の間は神棚のおまつりを慎んで「喪」に服しましょう。そして、49日、50日が過ぎ、「喪」が明けたなら、白紙をはがして、通常通りの神祭りを行いましょう。

次へ 氏神様へ

薬師寺八幡宮社務所