建築に伴う祭典

住宅や建造物を計画し築くうえで、おろそかにしてはいけない神事が色々あります。特に個人が住宅などを新築すると言うことは、一生の内で何度もありません。きちんと神事を行い家族全員が安心して住めるように致しましょう。

地 鎮 祭じちんさい

住宅・その他各種建造物の新築や改築、増築及び土木工事の始まりに際して、大地の守護神と地元の氏神様をお祀りして、神の恵みを頂き、土地の平安堅固と工事の安全を祈願する神事。

上 棟 式じょうとうしき

工事が始まり家の棟木を上げる時には、上棟祭を行います。昔から、建築工事中最も重要視されている神事です。上棟祭は、建物の守護神と匠の神様をお祀りし、現在まで進んだ工事への感謝と、今後の工事の安全を祈願する神事です。

竣 功 式しゅんこうしき

工事の完成をお祝いすると共に、安全無事に工事が完了したことを神様に感謝しつつ、此からの加護を願う神事。

宅 神 祭たくじんさい

いよいよ入居する日がやって参りましたら、行う神事が宅神祭です。これから住まう家に魂を吹き込むお祀りで、神棚は元より、水や火を扱う所を浄めて、安心して住めるようにする神事です。

埋 井 祭まいいさい

永年お世話になった井戸を埋める際に行う神事。水の恵みに感謝を捧げて、元の大地に還るよう願うお祭り。地域によって差があるものの、息抜きと称する竹(パイプ)を指し、梅の実とよしずを納めます。此にてウメテヨシと言われています。

※その他

安全祈願祭・起工式・定礎式・火入式・始動式・解体清祓式・などの祭典については、ご遠慮なく神社までご連絡下さい。