御霊祭=お盆について

みたままつり(御霊祭)の季節です。お盆というと仏教行事の観がありますが、仏教渡来以前から続く日本古来の先祖祭りの行事で、幽世から帰ってくるご先祖様を丁重にお祀り申しあげ日々の加護と子孫の繁栄をお祈りする大切な祭事です。

 

祭典日 

8月13日(迎え盆)先祖の霊が帰ってくる日
篝火を焚き、提灯を持ち墓地へ迎えに行きます。
※馬に乗ってやって来る(早く来てくださいの意)
8月14.15日ご先祖様を慰霊申しあげる日
8月16日(送り盆)ご先祖様が帰られる日
お昼ご飯をお上げすると、お帰りになられます。
牛に乗って帰ります(ゆっくりお帰り下さいの意) 

盆棚の飾り方

先ず祭壇を適当なところに設置し、白布で覆います。次に御霊屋(仏壇)から御霊代(位牌)、遺影を取り出し祭壇最上部中央に安置します。両側に榊や生花をもってお飾りします。そして『米、餅、酒、塩、水、魚、野菜、果物、菓子を順番に綺麗に盛りつけます。
※地域によって格差がありますが、薬師寺地区では、祭壇前に注連縄をはり、先祖の掛け軸を設置し丁重にお祀りします。

拝礼作法 二拝二拍手一礼
御神徳 子孫繁栄 家内安全

薬師寺八幡宮社務所